CALENDER
<< May 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



1−3x 対北海道日本ハム メンドクサーでサヨナラをクラッタ
 ファイターズの中継ぎは、外人Pばかりやね。
 先発は、面倒くさー(メンドーサ)で、勝ったぁー(カーター)で、喰らった(クロッタ)って変な名前ばかりや。
 そんで、唯一の外人や野手のベテランだ(ミランダ)にサヨナラを喰らった。
 
 これで、先の西武戦から3連敗。
 折角、パの上位2チームと五分で来たのに、交流戦の最下位が近づいてしまった。
 これも、なにも、和田の勢いを殺す采配、選手起用の所以だわなぁ。

 今日はパの球場だから、DHがない。
 それで、大和を9番に置くという起用が出来ないもんだから、やっと外した。
 外したはずが、8回のノーアウトで上本が出ると、今日ヒットを打っている緒方に大和を代打。
 誰が見てもバントしかない起用。
 緒方のままのほうが、相手にはプレシャーがかかるんじゃないのか?
 いつも言う事を聞く大和には、一番バントのサインが出し易いか?
 まぁ、このチャンスも結局、頼りの両外人が凡打し、得点にならず。

 9回は、本来福留から代打を出さにゃイカンのだけど、その福留が出塁したから、当然清水に代打と思ったが、そのまんま、さんまのまんま。
 この間、これで日高を起用し、失敗したもんだから、もう代打を出せない。
 その清水にバントをさせようとして、失敗。

 この清水に、新井兄を起用か、次の能見にセッキーという起用が筋、っていうか、勝負賭けるにはそれしか無いでしょ。(新井兄とセッキーが逆という考えも有るけど・・・・)
 そういう勝負が賭けられんから、サヨナラを喰らう流れになる。
 すべては、和田自身が身近ら蒔いた種なんだから。

 今日も、7、8、9番は、専守防衛の布陣。
 清水なんて、能見の方が打つんじゃないかと期待される。
 9回の攻撃のうち、3回を最初から捨てている布陣。
 これじゃ点を取れんよ。
 この辺の考え方を改めんと、交流戦で一気に貯金を吐き出すでぇ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−13 対埼玉西武 最下位西武にボコられた
まぁ、点を取りたくないように選手を並べちゃ、勝てんわ。
 休ませた方がいいような大和が2番。
 この大和は、代打も出せない聖域選手。
 その代わり、9番に置いた緒方には、躊躇なく代打が出せる。
 その為の打順じゃないのか?

 本来なら、大和が9番。
 緒方が9番なら、2番に俊介。
 ほんとは、ライトで今成を使い、新井兄弟の間に挟む。
 2番に緒方で、9番が梅野。
 これが、普通に今の調子と点を取ることを考えた打線やろ。

 昨日の日高起用もそうや。
 何の為に開幕から梅野を1軍ベンチにいれとるんや?
 なんで、キャンプから今まで日高が2軍やったんや?
 それをいきなり起用して、息が合わなかったって、馬鹿か和田は・・・・・。

 まぁ、危機管理がまったく出来ない和田やから、しょうがないんやけどな。
 和田に危機管理て言うのがあれば、優勝旅行に奈々を同伴なんてさせへんはずやし。
 本人は、「芸(能)人をつれて歩いて、皆を羨ましがらしたろ。」くらいにしか考えておらへんのやろうけど、普通の常識人で危機管理が出来れば、こんな馬鹿の事なんかしない。
 誰が、羨ましがる分けない。影で「色ボケが、後でヒドイ目に合うぞ。」って言われているのがオチだとわかる。
 そんなことも、わからんとイケシャアシャアと、女つれて優勝旅行に来る奴なんぞに、指揮を取られたくはないわな。
 
 こんな馬鹿が監督やっているにゃから、今アクラスにいるのは選手達のがんばり以外の何物でもないわ。
 それを、邪魔して、悪方向に持って行こうとするのが和田采配。
 はやく、このスパイス野郎を更迭せんと、中日、ヤクルトに追い越されれるど。
 パの最下位に、ボコられとるんやからな!

 阪神、どうでしょう。
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5−7 対埼玉西武 勝負を賭けない将は必要なし!
 しかし、和田は勝負を賭けられない。
 というより、なんで守備固めのような先発メンバーを組むのだろう?
 野球って、点取りゲームだって知ってる?

 先発メンバーの7、8、9に自動アウトのようなメンバー。
 9人で攻撃するDH制のメンバーで、自動的に3アウトを献上する。
 9イニングで27アウトで試合が終わる内、3イニング9アウトを最初から献上しているのも同然。
 タイガースは、6イニングで戦っている。

 そりゃ、バット持って、振るんだから、たまには当たる。
 そんなのは、ピッチャーも同じ。
 ピッチャーと同じような期待値しか無い打者を、ピッチャーが打席に立たないでいいDH制なのに3人も並べる。
 はなから、点は取りたくないって言っているのも同じやぞ。

 普通は、攻撃主体でメンバーを組み、終盤リードしているところで守備を固める。
 和田は、逆の事をやろうとしている。
 守って、守って、チャンスで代打で点を取るっていう考えなら、チャンスにちゃんと勝負を賭けなくてはいけない。

 6回裏、もう一息でライオンズに止めを刺せる。
 マートンと新井兄の連打で無死1、2塁。
 ここで福留。
 普通は、ここから代打攻勢。
 良太の長打に期待もよいし、緒方や俊介にバントを臭わせプレシャーを賭けさせるのもいい。

 よしんば、ここで福留を打たせても、次の大和には最低限代打やろ。
 外野フライを挙げられる良太を使うか、切り札セッキーで勝負やろ。
 センター守れる人間は、まだ控えにいくらでもいるやろ。
 ここで、勝負を賭けられんから、結果こうなるんやで。

 メッセだって、最低ここで点が入ってと思っていたはずだし、この攻撃ぶりに、「なんやねん!点を取る気あるんかい!」って鬱積する思いが有ったと思うぞ。
 それが、次の回に同点に追いつかれる要因となったんじゃないか?
 
 9回だって、追いつかなきゃイカンのだから、俊介に代打で良太を出さんといかんのやないか?
 俊介が終わったら、ゲームセットやぞ。
 俊介が出てからなんて、悠長な事考えている場合やないで。
 良太の1発に期待せんといかんのやないか?

 まぁ、和田のここが勝負という場面で、腰を引いちゃうのは何度見た事かわからん。
 これだから、和田が監督じゃ勝てないって言われる。
 はやく、球団も気づかんと、せっかくのチャンスのシーズン、棒に振るで、ホンマ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−0 対千葉ロッテ オセロが続いて、ロッテに勝つ
 交流戦に入って、5連勝の千葉ロッテ。
 対するタイガースは、●○●○●とオセロ状態。
 どっちが勝つか?

 タイガースは、先発藤浪が好投。
 対する涌井もいいピッチングだったが、ワンチャンスをものにし、2点を取ると、藤浪、呉と繫いで完封リレーで逃げ切った。
 終盤に崩れて来た藤浪も、今日をきっかけに吹っ切れるか?
 そうなれば、伊東監督とブラゼルに感謝やなぁ。

 勝負の分かれ目は、7回の千葉ロッテ。
 クルーズにぶつけて、いつもの終盤のコントロールの乱れが出て来た藤浪。
 このクルーズに代走・根元。
 今江には、四球でコントロールが定まらなくなっている。
 角中は、ピッチャ返しをはじくが、なんとかファーストでアウトを取って、2アウト。

 ここで、伊東監督が選んだのがブラゼル。
 確かに、1発の怖さがあるが、ブラゼルの特性として、ボール球を振る。
 どうしても、打ちたい気にはやり、少々のボール球にも手を出してくる。 
 正直、これは助かった。

 ここで、藤浪が一番嫌なのは、バラついてきたコントロールで、ボール球を見極められる事。
 甘くなった球を小さいスイングで的確にミートされる事。
 左打者。
 悪いが、ブラゼルは左という事以外に、当てはまる物は無い。
 ここで、先程代走に使った、根元がでてきたらどうなっていたかは解らない。
 一番嫌なのが、根元のようなバッター。

 そう言う意味で、先に代走で根元が使われた事は、藤浪にとって、ラッキーだった。
 逆に和田は、こういう起用を逆から見て、勉強しなくてはいけない。(でも学習能力が欠如しているので、無理かなぁ・・・)
 和田の選手起用は、今日の千葉ロッテのような起用が多い。
 相手が、何が嫌なのかをなんにも考えていない、自己満足の為だけの采配。
 これが、相手にどんなに喜ばれるかを、知るべきやなぁ。
 今日は、伊東さんにゴチになりました。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−5 対千葉ロッテ 本拠地でロッテに5連勝を許す
 対千葉ロッテは、昨年は負けなしで、交流戦では好相性。
 パの上位2チームと適地で5分で終えて、甲子園に戻って来た。
 ここは、しっかり初戦を取って、あわよくばという考えもちらつく戦い。

 得てしてこういうときの和田の策が裏目にでる。
 DHは、当初の予定通り新井のお兄ちゃん。
 藤岡が先発だから、サードは良太という、和田のセオリー起用。
 藤岡が左だから、福留も外して俊介の起用。
 なんか、和田の型にはまった起用やなぁ。

 金本が、デイリーで書いていたけど、マートンをDHで外野に緒方を使うって言うのも手やだと思うわ。
 マートンのこと守りに関しては、ゴメスのファーストより落ちるように見える。
 外野の守備をしっかり固めて戦うのも、ひとつの方法だと思う。
 今日もマートンの守備で、追加点を奪われるというシーンがあったし・・・・。

 岩田はよく粘っていたけど、継投のタイミングが遅れたわな。
 どうも、ランナーを置いての継投っていうのが、失敗している。 
 まぁ、和田はある程度結果が出ないと動けんタイプやから、どうしてもピンチでの継投になる。 
 呉くらいの力が有れば別だが、今の相手にリードを許している時に出せるPで、ランナーを背負ってからの継投で結果を出せる程のPがブルペンに居ない事くらいわかっていそうなんだが・・・。 
 そんな状況で出される鶴もかわいそうではあるが、そこで結果を出せない弱さを反省する必要はあるかな?
 和田の見る目の無さから、過度の期待を背負っているのは、、逆の意味ではチャンスなんやからなぁ。

 良太と今成の併用。
 大和のレギュラー化。
 無死1塁は、どんな状況でも送りバント。
 っていうのは、もう和田に中の鉄則なんやろう。
 どんな事があっても曲げへんのやな。
 そおが、今シーズンもタイガースの足かせとなっていることには、永遠に気づかんか?

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−3 対福岡ソフトバンク パの上位と五分とは、上等だ
 綱渡りのような勝利。
 タイガースもミスは有れど、ホークスもおつきあいでミスってくれて、それがちょっとホークスが多くって、1点差になったって言う感じ。
 能見もホークス・中田も、ピリっとしない投球内容ではあったが、能見が多くの三振をとり、その分得点を1点少なく切り抜けていた。

 しかし、かってのタイガースキラーの中田も、なかなか勝てなくなったねぇ。
 もともと、荒れる事が絞りづらさを感じさせ、それが好投に結びつくPさから、適度に荒れるのは持ち味なんだけど、ちょっと度が過ぎると今日のような投球になる、諸刃の刃なんだよね。

 トリが復調気配で、得点に絡む。
 今回の不調期は、比較的短いほうか?
 これ位で止まられていれば、3割は打てるんだけどなぁ。
 その分、ゴメスが下降気味。っていうか研究され始めたね。
 まぁ、それでも球に1発、それも効果的なのを打てればいいんだけど・・・・・・。

 ゴメスが下降線を辿ると、どうしても長打が足りなくなる。
 シーズン当初には、マートンも長打を打っていたが、今は鳴りを潜めている。
 そうなると、良太をもっと使わんと行かんのやないか?

 和田は、どうも今成優先を考えているようだが、今タイガースに必要なのは、良太の長打だと思う。
 どうしても今成を使いたいのであれば、福留に代えて、ライトで起用する方が、得点は増す。
 2番の大和も少し休ませ、緒方か田上を使うってみてもいい。
 そうして、選手を使う事で、後半への体力がつく。
 まぁ、和田は目先の事ばかりで、先なんか考えていんやろけどなぁ。

 交流戦のスタートは、ビジターでパの上位2チームとの対戦と言う厳しいカードだったが、ベンチの怠慢を選手がよく補い、5分の星で終われた。同じカードの首位・広島が4連敗だけに、これは大きい。
 このまま上手く乗って、交流戦を乗り切りたい。
 その為には、甲子園へ戻ってのホームの戦い、これはしっかり勝って行きたいところ。
 和田にできるんかなぁ?

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−4 対福岡ソフトバンク 和田のやる事は、訳解らん
最終回の福留の盗塁死。
 2点差のランナー。
 打線は上位に廻る。
 無理して得点圏も、同点のランナーではない。
 長打が出れば結果は一緒。
 失敗のリスクを冒し、スチールに行く理由は、あるのか?

 もともと、和田はランナーをセカンドに置く事を究極の目標にしている。
 それは、試合に勝つ事より、得点を挙げることより、和田の中では優先事項とされている。
 だから、どんな場面でも送りバント。
 それがダメなら盗塁っていう思考回路なんと違うかな?
 そうとしか思えん。
 一度、ファンの前で説明してみてくれや、和田の意図するところをよ!

 こういう事やっていては、交流戦王者のホークスには勝てん。
 7回の無死1、2塁もそうや。
 鶴岡にバント。で、これが失敗。
 もともと、鶴岡がバントが出来ん事くらい、過去の試合見ていて解らんか?
 どうしてもバントなら、ピンチ・バンターでも使わんかい!
 それより、鶴岡に代打で、一気に勝負にでんとイカンところと違うか?

 鶴岡がアウトになってから、セッキーというより、鶴岡にセッキー。
 本当にバントして同点狙いなら、俊介でも田上でもいいから、代打でバント。
 2、3塁で、新井兄弟。
 大和のところへ行けば、そこでセッキーというのも手だ。
 なんか、勝負の賭け方のピントがづれているんと違うか?

 まぁ、やっと大和に代打を出せるようになたのは、ほんのわずかな進歩か?
 和田にしてみれば、不本意極まりないんやろうけど、世間が許さないわな。
 まぁ、和田に代行出すのが一番の効果的な策なんだと思うけどな・・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
7−6 対オリックス ミスを帳消し、長打の魅力
 和田の采配ミスを消してくれたのは、新井の3ランとゴメスの1発。
 こんだけ自分ミスを消してもらっても、和田の単打至上主義は変わらんのだろうか。

 ランナー出れば、どんな事をしてもバントで送る。
 今日のように、相手は新人の東明、こっちも不安定な榎田。
 決して、1点勝負で決まるとも思えない。事実7点取らんかったら勝てないという試合。
 なのに、和田は「1点しか獲りにいかない。」
 東明なんか、1回で潰せていたはずなのに、榎田が1点を守りきれるとでも思っているのか?
 
 「まずは1点」という考え方に支配されすぎていて、一気に勝負を決めに行く事が出来ない。
 だから、戦力を余して負けたり、戦力を使い切って慌てたりする。
 その優柔不断に映る采配が、終盤のもつれを呼び、中継ぎが疲弊する。
 結局、シーズンの終盤には、息絶え絶えで、という状態になるんだなぁ。

 それでも、和田は、長打の良太は使わんで、今成を重用する。
 ゴメスより遥かに少ない打席で6本もHR打っているんだけどねぇ。
 緒方だって、今は守備を考えても大和より使ってみる価値あるンと違うか?
 大和は少し休ませた方がいいんと違うか?
 それでも、黙々とバントのサインに従う大和が好きなんやろなぁ。
 もう、送りバントに采配のすべてを賭けてるもんなぁ、和田。

 点が入ろうが入らなくても、バントしてれば満足なんやろなぁ。
 そんな将に勝敗を預けられんよなぁ。
 負けたけど、森脇の方がメリハリ効いた采配しとったもんなぁ。
 そんな、和田を救ったのは、和田が嫌いな長打だったのが皮肉やなぁ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−12 対オリックス 和田の発言は裏目に出る件
 今日の試合の前、
 「阪神・和田監督が攻略図 オリ西攻略のカギは初回!先制パンチ!」
 なること言ってたらしいけど、やっぱり逆に出たなぁ。

 和田の発言は、ことごとく逆に出るんだから、いい加減自分でも気づけばいいのに。
 同じような事ばかり繰り返す。
 今日は、初回に藤浪が平野に四球を出した時点で、やな予感。
 折角、バントしてくれたのに、処理をミスしてピンチを広げる。
 球自体は悪くないように見えたが、力んで制球がままならない感じ。
 あっと、言う間に3点を失い、和田の攻略図は逆転された。

 あとは、オリックスのなすがまま。
 やりたい放題にやられ、上がって来て登板の機会が無かった秋山が、やっと出番というと、すぐ落とされそうな内容の投球しかできん状態になっている。
 これじゃ、秋山も早晩、打者転向ってことになるんじゃねぇ?

 今日は、大和を途中交代。
 投手交代の都合で、大和のところに秋山を入れた事によるが、代わりのセンター緒方が活躍。
 どうやら、大和の聖域は、止めたようだ。
 これなら、いつでも大和に代打を出しても行けるって事とちゃう?

 本来、緒方を1、2番に置いておきたい。
 左だし、足が有るので、チャンスメーカーとして育てたらよろし。
 今のうち、チャンスを掴めよ。
 和田は、そう長くチャンスはくれんからな。 
 下手すりゃ、Wリョータのように、Pによって、併用なんてことになるんじゃないかな?

 まぁ、余り考えの無い、願望だけで生きている監督や。
 采配で勝てるなんて誰も思ってはいないから、選手がガンバルしか無い。
 あすは、選手だけで勝つつもりでね!

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−1 対横浜DeNA またも、緒方に代打・俊介って、意固地になっとるんかい?
 和田って言う奴は、変にプライドだけが高い。
 批判を受けると、逆に意固地になって、同じ事を突き通そうとする。
 それが如何に無意味な事は、自覚が全然ない。
 まぁ、そういう自覚がある人間なら、愛人を優勝旅行に同伴させるなってことせんだろうけどな。

 一昨日は、俊介に代打・柴田。
 あれも、同型の左右の違いだけの代打に意味があるかと書いた。
 それが、今日は緒方に俊介。
 左右の違いで、全くおんなじ発想。

 逆に、今日の方が勝負を賭けるチャンスだから始末が悪い。
 Pの岩崎に、新井の兄ちゃんで、1死1、3塁の勝負代打策。
 同点だけに、点を取りに行くということで、好投の岩崎に代打を出すには、ヨシだろう。
 しかし、その新井の兄ちゃんが倒れて、2死1、3塁で緒方に代えて、俊介はないやろ。
 代えられた岩崎もガッカリやろ。

 俊介は、決めに行く打者でなく、チャンスメークのバッターちゃうか?
 この場面、勝負に行っているんなら、セッキーを投入するんと違うか?
 なんで、新井が倒れると勝負のトーンが落ちちまうんだ?
 ここでセッキーを使っちまうと、なんかあるんか?
 そうやって、戦力余して、負けて来たんと違うか?

 結局、トリのHRと良太の満塁からの代打の一打で勝てたからよかったものの、そうでなければこの代打策の失敗は致命傷だわな。
 決して、セッキーなら打てていたという訳ではない。
 勝負に行ったときの姿勢の問題を言っている。

 それと、大和は代打を出せない聖域・選手なのかい?
 いっまでも、大和の時に代打は?と思ったときが何回かあった。
 よく勝負強いって言ういい方されているが、所詮2割5分程度のバッターだ。
 期待値が高すぎるんと違うか。
 センターでもセカンドでも、代わりの選手がいるんだから、勝負に行くときは代打も必要と違うか?

 7回の2死満塁。
 今日もノー感じの大和に代打は考えん方のか?
 ここで、良太で勝負という事を考えんのが不思議や。
 ベンチには、鶴岡も坂もいるしなぁ。
 この間のように、ベンチが空になって、没収試合の危機なんてこともあり得んし・・・。
 それほど、大和を聖域化している意味はなんかあるんか?
 一番長打を期待できる良太をベンチに置いておく采配と同じくらい疑問やなぁ。

 これで、次から交流戦だ。
 この和田のベンチワークでどこまで行けるかは解らん。
 それでも、選手はみ〜んな、応援しとるからなぁ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−0 対横浜DeNA メッセ、めっさカッケー、また完封
今の貧打状態のタイガースに勝つ手段は、これしか無いっていう勝ち方。
 メッセが、先の読売戦に続いて完封勝ち。
 甲子園で3試合連続完封って、村山、バッキー以来だってね。
 まぁ、スピード、コントロール、非のうちどころのない内容。グッドジョブ!

 しかし、なんで緒方を途中交代させたんかな?
 盗塁失敗の懲罰交代か?そうとしか見えん代え方やったけど・・・・・。
 守備固めが必要な選手とも思えんし・・・・・。
 緒方に1番打者として、経験を積ませて育てていく過程じゃないのか?
 行ければ行っていいというような権限をあたえているんかい?サインなのかい?
 何れにしても緒方に責任はナインと違うか?
 行ければ行けで、失敗したなら、それも経験で、そうして成功率を高める術を知って行くんだからな。
 サインなら、出したベンチが悪いんやろし、それを自己判断で調整せいって言う方が無理あるわ。

 緒方は大きく育って欲しいんよなぁ。
 大体和田は、小粒好きだから、ちまちました選手の型にはめここうとするからダメなんよ。
 長打もアリ、足もある、そういうトップバッター、まぁ、真弓のような(監督でなく選手のときの)トップバッターになて欲しいんよな。
 そういうポテンシャルを、殻に閉じ込めて欲しくないんよ。
 なんか、そういう意図を感じる交代だけに気になるなぁ。
 これじゃ、上本が戻れば、上本、その上本も西岡が戻れば西岡って、とって代わる路線が敷かれているようで納得いかんなぁ・・・・。
 緒方、めげずがんばれや!

 相変わらず、鳥谷が底。
 また、どっか故障しているんと違うか?
 打球の追い方もイマイチ力強さがないし、スィングも同様。
 あまり、故障を口に出さない選手だけに心配や。

 ゴメスもヒットは出たけど、まだまだ心配。
 打ちたい病で、ボールを追いかけ始めているのが気がかりや。
 もっと、呼び込むよようにならんとイカンと違うか。

 明日は、交流戦前の最後の試合。
 また、和田が「勝って勢いをつけて、交流戦に」なんて言っていたから気がかりではあるが、是非勝って、勝ち越したい。
 なんせ、相手は最下位の横浜なんだから・・・・。
 岩崎も3勝目目指してがんばれや。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−3 対横浜DeNA 勝負を賭け方が間違っとらんのか?
 3点リードされた、8回裏の攻撃だ。
 今日ノー感じの俊介からの攻撃。
 当然代打なのだが、出した代打が柴田。
 確かに、右と左は違うかもしれんが、同じようなタイプの代打。
 あい手にすりゃ、同じようなもんさね。どっちも怖かぁないよ。

 本当なら、ここで今成でしょ。
 この間の試合で両リョータをスタメン起用したから、当然今日もと思っていたけど、何故か前回井納を打っている良太を使って、今成をベンチに。
 良太の後が、鶴岡、俊介ってどうなの?
 良太の後が今成で鶴岡って言う方が得点になるんと違う?
 その今成が残っているんだから、まず今成からでしょ。

 そんで、次のPのところで新井の兄ちゃん。
 チャンスが拡大すれば、緒方や大和のところでもセッキーで勝負っていう図式を描かんといかんのと違うか?
 なんで、俊介のところから勝負賭けて代打出しとんねんのに、同じような柴田やねん。 
 柴田は代走要員にでも取っておいたらよろし。
 まだ、田上の方が納得できるで・・・・・・。

 そして9回裏、1死1、2塁で良太に代打のセッキー。
 まず、良太に打たしてみい、そのあとでセッキーやろ。
 さっき、セッキーを使わなんだから、また戦力を余して負ける言われるのが嫌で、無理矢理出した代打に見えるで。
 そんで、ゲッツーだから、笑わせるよなぁ、和田のインケツ采配は・・・・・。

 それに、初回だわ。
 緒方がヒットで出ると、すぐに大和でバント。もう何回も見た景色。
 1点先取されて、強打の横浜に、このところの能見の調子を考えて、1点でどうしようというのだろう?

 Pは立ち上がりに一番苦労する。
 1点もらって、少しは守りの気持ちがある立ち上がりに、緒方に痛打を喰らった。
 井納も少なからず動揺しているだろう。
 つけ込むには一番いい時。緒方は足もある。
 一気に攻略しに行っていいときだと思うのだが、わざわざ1死与えて、落ち着かせてしまった。
 ここで、今日の井納を好投させてしまたっと言っていい。
 こういうことって、多すぎるんじゃないのか?
 いい加減、学習したらどうだ。天下の愚将さんよ・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−3 対広島 でかした、岩田。粘りのピッチング
 初回、3球で1点取られた時は、どうかと思ったが、いつも岩田が立ち上がりで苦労する四球がらみの失点ではなかったのが救い。
 大体、岩田が勝てないいで苦労していた時は、立ち上がりの制球の乱れからランナーを貯めて、ガツンとやられる。
 その後立ち直ってみせるが、終盤に同じようにガツンとやられて負け投手って言うパターン。
 確かに、援護も少なかったんだけど、どうしても勝ちを負けが上回ってしまうPだった。

 ところが、今年の岩田はちょっと違う。
 立ち上がりを積極的にストライクを取りに行く事で、いい投球テンポを作り、味方の援護を待つスタイルができてきた。
 今日も、ポンポンと初球、ストライクを取りに行っている球を上手く打たれた。
 決して、悪い球ではなかっただけに、決して慎重になりすぎての四球連発という点の取られ方ではなかっただけに、十分立ち直りを期待できたし、その通り立ち直った。
 結局、早いうちに打線の援護も有って、勝ち投手になれた、。
 今季3勝目、グッドジョブだ!

 その同点の援護弾を打ったのは大和。
 これがプロ入り初HRだと。
 そういやぁ、もうチョッとでHRっていう当たりを何回か見たが、フェンスオーバーは見た事がなかった。
 このところ、一時のどん底を脱して、いい当たりが出てきたから、これをきっかけにしたいよなぁ。
 だたし、HRの後の打席で、少しスイングが大きくなっていたので、注意。

 今日は、両リョウタをスタメンで使うというオーダー。
 何でもっと早くこうしなかったかなぁ。
 ただし、今成と良太の打順が逆だとおもうんだけど、どうも愚将・和田の評価は、良太より今成が高いらしい。
 長打力を考えれば、良太の方が怖いと思うんだけどね・・・。
 ただ、その良太が下降線。
 訳の分からん使い方されているうちに、打ちたい病で崩れて来ている。
 ゴメス、鳥谷、良太が今、底かな?

 「今は、まだ無理する時じゃない。」といいながら、思いっきり無理している、愚将・和田。
 呉も、今日はスピードに迫力が欠け、変化球主体のピッチングだった。
 鶴岡がファールフライを落とした後、キラにストレートを狙い打たれた。
 まぁ、連投の結果かな?
 ほんとうに、「まだ、無理する時期じゃない。」だけどねぇ・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−2x 対広島 愚将極まわり
 この間の中日戦。
 ベンチ空にして、一歩間違えれば没収試合というあの試合。
 この天下の愚将は、「わかっていた。」んだと。
 それでも、賭けたらしい。
 まったく、これほど大馬鹿物とは思わんかったよ。

 試合展開に夢中になって、気づかなかったほうがまだ可愛げが有る。
 まぁ、ほんとのところは解らんが、この自己保身だけに長けた、見栄っ張りの愚将は、「気づかなかった。」「あれは自分のミス。」なんて反省をするより、そうして取り繕う道を選ぶんだろうけど、その方が、よっぽど「自分は馬鹿です!」っれ言っているような物なのに、それさえ気づかんのだよ、この愚将MAXは・・・・・。

 選手を使うところで使い切らず、のこさなアカンとこで残されない。
 まったく、危機管理はおろか、選手起用の術さえ知らない。そんな奴が指揮を取るんだから、今日のような接戦に勝てる訳が無い。
 大体、福原を抹消した時も、「今は、まだ無理をさせるところじゃない。」って、お前が無理させたから、故障したんじゃんないのか?
 その、まだ無理させる時期じゃないのに、安藤にイニング跨がせ、呉にも跨がせ、十分無理させとるんと違うか?
 次は安藤がいかれるど!

 こういう言行不一致が、この天下の愚将・和田には多すぎる。
 本当は、自分は何にも考えてなくて、自分の首を繫ぐ為だけに躍起になっているのが、見て取れる。
 まぁ、今季最低でもCSにでないと、自分の首が危ないのは解っているから、シーズン当初より、明日なき戦いだ。
 こんなんで、CSでても、おまえは首や!
 こんな、愚将で戦う不幸をこれ以上、ファンにさせたらアカンよ。ホンマ。

 和田の解任こそ、タイガースの最大の補強になるんと違うか?
 
 あっ、今日は緒方がグッドジョブ。失敗も成功のマザーや。
 上本の居ない今、1番は、緒方か田上しか居ないと思っいる。
 チャンスだ、がんばれ!
 
 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−0 対読売 和田が見てるだけで連敗脱出
 メッセンジャーと菅野の投げ合い。
 お互いに付け入る隙を与えない内容。
 その菅野のわずかばかりの隙を突いて、1点を挙げたタイガース。
 
 そのチャンスも、もう打って行くしかない状態で、回も浅いし、代打も考えられん。
 天下の愚将・和田も、ただ見てるだけしかできない。
 こういう状態しかタイガースが勝つ術がない。

 メッセの好投で、継投時期を考えるまでもなく、ただひたすら完封を祈る。
 和田に出来る事は、それだけだ。
 それが功を奏した。

 マートンが体調不良、福原が内転筋を痛めて抹消。
 ただでさえ貧打状態に陥っているのに、戦力的には厳しい状態。
 メッセが出来るだけ長く投げて、直接呉び繫ぐしか無い。
 結局、シーズン当初から福原を無理使いしたがために招いた事態。
 その呉との継投も、9回をどうするかしか考えなくて良かったのだから助かった。
 和田の馬鹿チンは、打たれても居ないメッセを変える度胸等無いから、ひたすらベンチで完封を祈っていただけやろう。
 
 これで。9連戦をすべて負け越して3勝6敗で終えた。 
 どこにも3タテを喰らわな方のが奇跡。
 中日戦で見せた、ベンチがそこを突く「おバカ采配」を見て以来、もう和田には何も言えん。
 これほど危機管理が出来ていない愚将が、3タテを喰らわず過ごせたんだから、メッセに感謝せいよ。

 次は、交流戦前の広島、DeNA戦。
 世紀の愚将・和田がこれ以上、チームの足を引っ張らない事を願うばかりや。
 あいつが動いたら、交流戦前に5割が危なくなるんやからな・・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3−6 対読売 早くもツケが廻って来た4連敗
 今日の和田の采配に誤りはなかったろう。
 有るとすれば、9回の大和のところでの代打起用。
 昨日もそうだが、まだ大和は代打を出されないような聖域の選手じゃない。
 勝負に行くときは、行くべきだと思う。
 本来なら、あそこは勝負でセッキー。

 山口がいやがって歩かせれば1死満塁。
 サヨナラのチャンスは拡大する。
 例え最悪のゲッツーでも、延長10回はトリからで、Pはマシソンという展開。
 対山口より分はいい。(トリは山口からヒット打ったけどね。)

 榎田の見切りも良かったと思う。
 打たれると行った結果が出ないと動けないベンチにしては、珍しくスッパッと決断した。
 しかし、後ででる勝ち試合のPが疲弊してしまっている。
 安藤、加藤、福原というベテランが4月からのフル回転で悲鳴を上げかけている。
 スピードは鈍り、変化球はキレを失って来ている。
 4月からの勝ち試合が予想外に多かった為、登板が多くなっている。
 序盤は、中継ぎ崩壊と言って、彼らしか頼るPが居ないかのように使われた。

 思えば、去年も同じような物。
 勝ち試合も、僅差の負けも、大量リードでも、終盤に彼らの登板を強いた。
 結果、そこそこの勝利を得て中盤までは読売に競いかけてはいた。
 その影で、彼らを補うべき投手陣のメンバーを見つけられなくなっていた。そうして彼らの疲労が重なる終盤に登板を制限せざる得なくなり、失速。
 今年も、同じようなことが繰り返されようとしている。

 3人に代わるP。
 4点差有れば任せられるP。
 僅差負けの試合を維持するP。
 作ろうと思わんと作れんよ。
 ちょっと使って、打たれたといっては、下へ下げて、入れ替えてばかり。
 1回の失敗で、見切られていたら、なかなか出てこんのと違うか。

 二神だって玉置だって、見るべきところがあれば、そういう扱いをして、作って行かないと。
 結局3人を使って、疲弊して、そのツケを払う事になる。
 今は、4月のツケが廻っている。
 和田は、そのツケに当分追われるのじゃないかな?

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−4 対読売 勝負の出来ない指揮官で戦う悲しさ
 これほど、切なく、もどかしく、悔しい事はない。
 勝負に行って、最後まで勝負せず、途中で撤退してしまう指揮官。
 残された兵士は、討ち死にするしか無い。
 まったくもって、指揮官の風上にも置けない、情けなさ。

 荒木に代わる新井の兄ちゃんで1点を返した7回の裏。
 3点差が2点差に詰まり、1死1、2塁。
 一気に勝負に出る場面。

 敵将の原もここはヤバいと、西村を久保にスイッチ。
 本当にブルペンとの回線異常なのか、時間稼ぎか解らんが、それほどここを勝負どこと考えて久保の投入。
 タイガースは、このところ打撃がノー感じの大和。
 本当は、左の坂を代打に送るべきところ、何を思たか新井の代走に起用。
 先日の代走の出し忘れに懲りたか、俊介でもいいのに坂を代走に起用した。

 それでは、大和をどうするのかと思えば、そのままや。
 ここで勝負のカードキラんでどうするか。
 坂を代走で使ってしまったら、良太しかいまい。
 1発長打の怖さで、勝負を賭けるのが当然。
 このピンチに、西村に代えて久保や、今が底の大和にはどうにもならん。
 和田の事だから、セーフティでもやろそうとしたんかいな?

 ここで、切り札の良太、セッキーを温存した為に、2人を効果的に使う場面がなくなった。
 9回に使ってはみたものの、順序も逆やろし、田上には代打を出すのに柴田はそのままや。
 延長に入っての外野の守りを気にしたんかいな?
 良太サードで今成ライトでいけるやん。
 柴田のところから代打やろ、普通。

 まったく。選手の起用にプランが無い、アホ指揮官。
 これでよく監督をやっているよなぁ・・・・。
 この馬鹿の為に、失った試合は数多あれど、得た試合は皆無やぞ。
 それには、こうしたちゃんとした理由があるかんやから、しょうがない。
 
 ひとつ、このアホ指揮官の好みはハッキリわかってきた。
 良太よりは今成が好き。
 田上は、余り好きじゃない。
 伊藤和は、何らかに指示であんまり派手に活躍されては困る。
 まぁ、つまらん見栄の固まりってことなんだけどなぁ・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−2x 対中日 和田が出ると負けるんやなぁ・・・
 今や、タイガースの疫病神やなぁ、和田。
 こいつが動いて、上手くいった試しが無い。
 監督なりたてで、パファーマンスでマウンド行って以来、上手く行かないので封印してたはずが、こんな時に行きおった。
 和田がマウンドへ行った瞬間に、いや〜な予感がしたもんなぁ。
 そういう運を持った奴っているでしょ、疫病神っていうやつ。

 今日は岩田が粘って、援護ない中よく投げた。
 7回で岩田を見切ったのも良いだろう。
 8回に福原が打たれたのは仕方が無い。
 ポンポンとアウトを2つとって勢いに乗って、無造作に投げた初球をルナに叩かれた。
 確かに外人への初球の入り方としたら不注意だ。
 これを責められるのは鶴岡だな。
 ひと呼吸置かせるか、初球を変化球のボール球で入る、細心の注意が必要だった。
 1発だけを警戒しなくては行けない場面。
 悔いても悔やみきれん配球や無かったろうか?

 そして、9回の表のチャンス。
 良太は2ボールノースとライクからの3球目をストライクに取られたのが痛かった。
 あそこがボールなら大きく違ってはいたろう。
 逆に最後も大振りすぎたな。
 外野フライでOKを念じて、ミートに徹していれば、三振はなかった。
 
 福留は、もはや語れんなぁ。
 今日、左が先発でも使うってことは、当然あの場面で代打なんて出せんでしょう、和田は・・・・。
 本来なら、とっておきの切り札セッキーの出番なんだけどね。
 あそこで、2割そこそこのバッターに切り札切れんようじゃ、勝負は見えている。
 その結果が、裏のサヨナラに繋がる。

 そういう後こそ、ビッタっといって延長に入るためにも呉を使うべき場面。
 頭の中だけで延長の事だけ考えて、目先の状況分析が出来てないから安藤なんかを投げさせる。
 流れは、ピンチを凌いだ中日側に動いている事もわからん。
 結果、切羽詰まって、マウンドへ自ら出向くという、疫病神的行動しかとれなくなる。
 初戦で選手を使い切るという、全く危機管理が出来ていないアホさ加減を露呈した監督や。
 こんなパフォーマンスが有効に作用する事は無く、逆に荒木に見透かされ、初球をサヨナラされる。

 こっちは、早く和田とサヨナラしたんやけどな!
 奈々は早くサヨナラできて、よかったんと違うか?(7年も続いたら早くはないか?)

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−7 対中日 育成上手なタイガース打線
 奈々対零だな、和田!
 しかし、同期の高卒Pとして競うべき藤浪が未だに完封、完投さえないのに、相手の濱田には、プロ初先発で初完投、初完封までプレゼントとは恐れ入る。
 前も言ったけど、ほんと他球団の若手には大サービスで育成して上げるからたいしたもんだよ。
 そのうちに、タイガース戦でデビューしたいって他球団の選手が列をなすぞ。
 これで、濱田を苦手にして、岩崎の竜キラーも終焉て事になるんかいな。
 まぁ、これも昨日に試合の大チョンボのツケじゃないのか。
 
 しかし、大和と鳥谷が完全に下降線で落ちて来た。
 1番は日替わりで、ゴメス、マートンの前が機能しなくなると、こんなもんなのかも知れない。
 田上が調子良かった時に、もっと使って、こういう時に1番にハマるようにしてたら良かったと思うわ、ホント。
 そういう備えってっていうのが、下手なんよなぇ、和田。
 危機管理がまったくできない指揮官って、そもそも監督失格なんやけどなぁ。

 キャンプで練習もしていない、大和のセカンドや、今成のライト、挙げ句今成のセカンドなんて付け焼き刃を平気で出来る神経が解らん。
 柴田が1軍に上がっているんだけど、本当ならこういう時こそ緒方なんじゃないのか。
 その為にキャンプを過ごして来たんじゃないのか?ファームでも結果出しているんと違うか?

 タイガースのファーム見てると、現状に甘えてるように映る選手が居る。
 名を上げれば、森田とか中谷・・・・。
 どうせ上から声もかからんから、これでいいやって顔して、のんびりファームを満喫している。
 その内、野原のように首を切られて初めて解る。
 ファームで上に上がろとギラギラしてるのは、隼太、一二三、緒方、北条、西田くいかな。
 その内結果出してるのが、隼太と緒方やから、どっちか上げた方がよかったんじゃないのか。
 上本の代わりが出来るのなら、緒方だと思ったが・・・・。

 いずれにしても、鳥谷のスランプが長くなる傾向にあり、大和が深刻な状態だけに、起爆剤になりうる若手は必要。
 福留もそろそろ見切りを付ける時期に来たし、田上、緒方でセンター、ライトを大和と争わした方がいいんじゃないかな。
 寅吉なら、そうするんだけど。
 自分とこの若手の育成は下手やからな、タイガースは・・・・。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6−3 対中日 梅野の大仕事、和田の大チョンボ
 12回の表。
 この回に得点を入れられなければ、引き分けしか無い場面。
 良太がヒットで出て、無死1塁。
 どうしても得点が欲しい和田は、得意のバントのサインを出すのかと思った。
 が、しかし思い切って打てのサインだったとの事。

 後続のバッティングを考えてのことか、和田にしては今季一番の判断。
 打った梅野は大いに賞賛されるべきで、これでまた打てる捕手として一歩を踏み出したわけだ。
 近鉄の優勝を決めた時の北川のHRを思い出したわ。グッド・ジョブ!

 しかし、この回の代打・梅野の起用の裏で、和田はとんでもないチョンボをしでかしていた。
 ベンチ入りの野手を全員使い切り、裏に投げる呉をいれて、9人しか残っていない。
 つまり、裏の守りに控えが居ないという事になった。

 これは、どう言う事を意味するか。
 例えば、裏の回に西岡と福留のような激突が起きる。1人は病院へ搬送なんて事態になる。
 その時点で、タイガースが何点リードしていようが、没収試合となり敗戦が確定する。
 よしんばそういう事故が無くても、ピッチャー返しのライナーが呉を襲う。
 腕や手に受けて、投球が出来なくなる。
 呉は、病院へも行けず、外野当たりに置かれ、他のP経験者の野手(鳥谷とか)が投げざる得ない。 
 外野とその野手が抜けたポジションと2つの穴があるなか、プロとして投げた事が無いPが投げる事になる。

 そんな事は、滅多に無いって思うかい?
 西岡と福留の事故は滅多に無いことかもしれんが、起きた事実だ。
 真弓のとき、野手が足りなくなって、西村に外野を守らせた事があった。
 この日の過程は、あの時の真弓よりヒドイ。

 たかが、1回の守りくらいなんとかなるやろ、的に和田が考えていたとしたら、危機管理の爪の先程も無い大馬鹿野郎だ!
 この日たまたま上手く言っただけの結果に満足してたら、この男に危機管理なんて出来る訳がない。
 いずれ、手痛いしっぺ返しがくる。
 それほど大きな大チョンボだと思う。

 それに比べれば、7回の新井兄(逆転の走者)に代走を出さなかったことんど、可愛いチョンボだ。
 しかし、切り札のセッキーを送って、なんで代走を出さな方tのだろう?
 次の回から守らせて、もう一打席という訳でなく、坂に交代してるし、分け解んない!

 中学時代の経験を買って今成のセカンドて言うのも恐ろしい発想だが、12回の守りを考えれば、その恐怖は小さい。
 あの時、事故が起これば、間違いなく和田は、“世紀の愚将”として、球史に名を残した事だろう。
 勝った事より、無茶苦茶後味がわるい戦いだった。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−13 対東京ヤクルト ユウヘイに何度もボコられて
 しかし、タイガースほど同じ打者に何度も打たれ、同じPに繰り返し抑えられるチームはないんやないか。
 相手キャッチャーの中村悠平には、この3連戦で12打数8安打?ってサービスし過ぎやろ。
 雄平でも今日の2ホーマーで、通算4号なのに3本はタイガース戦や。
 挙げ句に荒木にも2ホーマーで、プロ入り後いままで1本しか打ってない選手なのに、新たな苦手を育成しいようとしている。

 しかし、この期に及んでセカンド・大和って、キャンプでセカンドに入っているの1回も見た事ないで。
 こういう準備も無い、付け焼き刃的な起用をするから、和田に一貫性が無いって言われる。
 今成も外野守らせられたし、そんならキャッチャーで使って見ろや、ってことになる。

 しかし、勝負どこで勝負に行けない。
 7回の2死満塁。 
 どう考えても、大和に代打やろ。
 この回で点を取らんかったら、この試合は終わりや。この時点で1−7やから、3点くらい返したら、またわからんようになる。
 八木も一杯一杯の感じが出ていたが、大和はここのところ低調であり、今日はノー感じ。
 チャンスで強いという面もこの3連戦では影を潜め、打率も急激に下降中。
 こういうバッターは、決まってボール球に手を出す。打ちたいという過剰の意識がせ選球眼を狂わせる。
 結局。2ボール1ストライクから、高めのボール球に手を出しポップで終わる。
 この試合の敗戦が決定した瞬間だった。

 ここで、セッキーでも代打で出せば、結果はどうか解らんが、納得は行く。
 ここが勝負どこと思ったからこそ、新井兄を代打に送ったんじゃないか?
 2死満塁だ。
 ノー感じの大和より、セッキーで勝負が当然。
 セカンドの守りも、守るだけなら坂も荒木もいる。
 絶対に点をとるんだという姿勢を見せる事が大事。
 大和にそのまま打たせる事で、この試合を捨てた。9割方捨てて、大和の奮起待ちってとこか?
 そんな余裕があるんかいな?

 序盤の山場の9連戦。
 勝ち越してスタートしたいが為に、能見とメッセをつぎ込んだ。
 結局その2人の試合を落としたんだから始末が悪い。
 毎年GWの成績は、芳しくないのがタイガースだ。
 これから、ナゴドで中日、甲子園で読売と厳しい戦いが続く。
 余裕ぶっこいている暇なんかないのと違うか?
 GWが終わったら、下位に飲み込まれていたなんてことにならんよう頼むで、ホンマに。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−1 対東京ヤクルト 鶴と梅で恩返し
 昨日の上本の交代、エラーの懲罰ではなかったようだ。
 右親指の骨折。
 現場で観戦していたんで、それほどの怪我を負ったようには見えなかった。
 去年といい、今年といい、上本はレギュラーを掴みかけては、怪我で手放す。
 そういうサイクルになってしまっているのが気がかり。

 その上本を抹消。
 代わりにファームで3割を打って、好調の荒木が登録。
 その荒木が8番で先発。
 大和を1番に入れて、俊介が2番、キャッチャーが梅野と、大幅に若返ったスターティングメンバー。
 
 相手のナーブソン左だからか、昨日3安打の今成に代えて良太。
 それほど右に拘るのだが、上本の代わりのセカンドは、荒木の左。
 確かに坂も左だし、ファームを見てもセカンドが出きる西田も左、しかも打率は1割。
 右は北条ができるかしらんが、打率が1割そこそこじゃ上げる訳にはいかんわな。

 いっそ、関本をセカンドでって策も有りやと思うが、若手登用に踏み切ったと見える。
 最終オプションで、大和のセカンドもあるかと思うが、キャンプから外野一本で練習してるから、今成のキャッチャーと同じ状態なんやろなぁ。
 
 でも上本を欠くと1番バッターもかける事になる。
 今日は大和が繰り上がったが、1番バッターのタイプではない。本来大和は下位に置いた方が持ち味が生きるタイプだと思うが・・・・・。
 どうせなら、登録早々の荒木を1番でとも思うが、相手が左なので、そこまで思い切れないってことで、妥協の産物感がありあり。
 田上とか緒方とか荒木を試す時だと思うけどなぁ・・・・・。
 いっそ、俊介が1番の方がまだ良かったかもしれない。

 ただ、そんな来るしまぐれのラインナップで臨んだ試合をなんとか勝つ事が出来たのは、鶴と梅野のバッテリー。
 鶴を強気のリードで引っ張った梅野は、得点に絡む打撃でも貢献。
 鶴は、スピードこそ今一でも、シュートを上手く使って、攻める投球ができていた。
 
 鶴のフォームが、昔の平松に似て来た。
 カミソリと異名取るシュートを武器に、読売キラーとして名を馳せ、江夏、堀内とビック3と言われ、セリーグに一時代を築いたPだ。
 鶴のストレートが140中盤くらい出れば、シュートを武器に、思いっきり覚醒できると思うんだが、いかんせん130キロ台のストレートじゃ心もとない。
 平松2世を目指し、精進して欲しい。

 それが、ほんとうの鶴の恩返しになるんだから。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−5 対東京ヤクルト これを取りこぼしと言う
 正に、その典型的な試合。
 本日は神宮球場へ、今季2度目の参戦。
 こっちの先発は4連勝中の能見。スワローズは前回打ち込んだ木谷。
 まぁ、普通タイガース有利と思うわな。

 そんなことで油断した訳じゃないけど、スタメンに良太の名はなく、今成の起用。
 まぁ、右左に拘っただけだと思うけど、このサードの右左の併用案は、もう引っ込みがつかないレベルなんやろう、和田の中では。
 いくら良太の成績が良くても、今成の打率が2割そこそこでも、良太が三振2つしたら、すぐ今成。
 良太は、タイガースでHR率で言えばダントツやろ。
 今成と併用させられても、チーム1の6本のホームランを生んで居る。
 普通は、福留をはずしても良太ははずさない。

 きっと、良太は今成と併用されながら、20本のHRヲ放ち、3割前後の打率を挙げても、今成と併用されるのだろう。
 それほど、サードの右左の併用に拘りが見えるもの。
 それは、和田の送りバントの拘りと共通のもの。
 そうしなければ行けないという、自分のメンツ、逃げ口上。

 そんな、スタメンが機能せず、今成は3安打で猛打賞だったが、最後の当たりくらいかな、ちゃんとしたヒットは。
 なんか、長打は無いので怖さは少ない。
 ゴメス、マートンの後ではいささか見劣りがする、ただひとつ右が続いた後の左と言う事以外は・・・・・。

 まぁ、能見は確か、神宮のヤクルトには相性が余り良くないはず。
 そう言う中で、こういう余裕をぶっこいた策を弄すと、大概は裏目に出る。
 大体、和田が大言壮語したり、明るい見通しや、意欲を語ると、結果は逆目だ。
 今日も、和田が勝利の為の布陣より、自分の着案を通すために組んだ布陣で逆目に出た。
 これを、取りこぼしって言うんだよ、和田君!

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−6 対広島 他球団の若手は育成上手
 ほんと、自分とこの若手は育てんくせに、他球団の若手はよく育てる球団だ。
 これで大瀬良に2度目、新人王に向けて育成中だわ。
 去年は、横浜の三嶋をよく育て、今年は開幕Pにまでした。
 これで、大瀬良は、マエケンに次ぐ広島の苦手Pになったわけだ。
 CSで広島と当たる可能性も高いのに、これじゃマエケン、大瀬良で去年の二の舞やないか。
 絶対、優勝して、マエケン、大瀬良が使えない状態で当たらんと行かんようになったわ。

 いつも不思議なのは、3ボール、ノーストライクになるでしょ。
 次の球、必ず見送るんよ。
 そのくせ、3ボール、1ストライクになると、必ず手を出すんよ。 
 あれって、決まり事なんか?

 3回の裏、ノーアウト1、2塁から岩崎がバント失敗で1アウト。
 上本は、3ボール、ノーストライクから、ど真ん中を見送り。
 そして、次の高めの球に手を出して、ショートフライ。
 打った球はボールだったし、見送ったのはど真ん中。
 3ボール、ノーストライクで見送ったなら、当然次も待てじゃないか?
 
 それより、3ボール、ノーストライクから、まるっきり打つ気がないのはいかがなものか?
 真ん中の甘いところだけに絞って打つ気でいないとイカンのじゃないか。
 当然、3ボール、1ストライクの後の方が厳しい球が来るんだし、2ストライクまでは甘い球に絞って、打つ気でいないとイカンやろ。
 甘い球以外は全部見逃してっもいいんだから、まだ三振にはならへんし。
 Pも3ボール、1ストライクでは、打ってくると思うから、厳しいとこへ投げようとするから、そうそう甘い球は来ない。
 逆に3ボール、ノーストライクでは、四球は出したくないし、相手も打ってこないと思うから、簡単にストライクを取りにくる。
 打つんだったら、こっちやと思うんだけど・・・・・。
 逆に見送って四球狙いなら、2ストライク取られるまで、見送っとかないと。

 今日は、この3回の攻撃で、大瀬良を生き返らせたんじゃないかな。
 上本が、3ボール、ノーストライクからの球を打っていたら、3ボール、1ストライクの後の球を見送っていたら、展開は変わっていたはずなんだけど。
 タラレバかもしれんが、固定観念が流れを引き寄せられず、相手にやってしまった攻撃となった。
 この辺の訓練が足りんのかな、和田君!

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。