CALENDER
<< February 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Google



阪神どうでしょう?
 今日の中日との練習試合。
 同一リーグ同士の試合だし、苦手中日との試合だから興味深くみていたんだけど・・・・。
 実際、どうなん?

 スタンリッジや鶴は、この時点では、実績通りの投球だと思うけど、榎田、伊藤和、白仁田は問題抱えているよなぁ。
 投手陣は、能見、岩田、メッセ、スタンまではできているが、残りを藤浪、岩本、鶴あたりと、ベテラン安藤あたりが競う事になるんだろうけど、寅吉的には、岩本、安藤かと思っている。
 藤浪は、徐々に慣れさせ、交流戦後くらいにローテで回せるようになれば可なんじゃないかな?
 岩本、安藤がばてた頃、藤浪、秋山あたりがでてくればいい。それくらいに考えておいた方がいいかな?

 中継ぎは、鶴にまたがんばってもらうし、榎田もここの方がいいかな?
 渡辺と筒井は、ここが持ち場だし、福原、加藤を加えてシーズンを乗り切るしか無いかな?

 抑えは、久保ってことだけど、万が一ダメなら、松田の抜擢、久保田の復活頼みになってしまうから、不安が大きいなぁ。
 寅吉的には、能見の抑え説を提唱していたんだが、シーズン中にそんなことが起こると、ピンチってことだなぁ。
 実際、対G戦などで、9回に坂本、阿部に廻った時に、どうも久保が抑えるイメージが思い浮かばんのよねぇ。
 能見なら、抑えきる場面がイメージできるんだけど、それって寅吉だけかい?

 逆に打線。
 西岡、福留の加入は大きいと思うんだけど、どう使うかだね。
 寅吉的には、上本と隼太は使って欲しいんよ。
 この2人は将来のタイガース、それもごく近い将来の、核となる選手だと思うだけになぁ。
 
 そうすると西岡をどうするかだけど、3塁の練習させとかないかなぁ。
 西岡、上本の1、2番が脅威になるとおもうんだけど、今のキャンプの状況からすると、大和が2番って感じやなぁ。
 今日の隼太は、だいぶアピールしてたけどなぁ。

 そこで打順
 1 サード    西岡
 2 セカンド   上本
 3 シュート   鳥谷
 4 ファースト  良太 (コンラッド)
 5 ライト    福留
 6 レフト    マートン
 7 センター   伊藤隼
 8 キャッチャー 藤井 (日高)
 9 ピッチャー    代打 右 関本 新井兄 左 桧山 (コンラッド)(日高) 代走 大和
 これが、寅吉の希望打順だけど、完璧なジグザグでしょ。コンラッドも下位を打つくらいなら、外国人使う意味ないし、4番(クリーンナップ)が打てないようなら控えに敷いた方がいい。そこで、去年の実績で良太の抜擢。お兄ちゃんは、難しい気がするなぁ。守る場所も無いし。
 
 ただ、現状で見える予想打順は、
 1 セカンド   西岡
 2 センター   大和
 3 ショート   鳥谷
 4 ファースト  新井兄 (良太)
 5 ライト    福留
 6 レフト    マートン
 7 サード    コンラッド (良太)
 8 キャッチャー 藤井 (小宮山)
 9 ピッチャー   代打 右 関本 (良太) 左 桧山 伊藤隼 代走 上本
 こんな感じになるんじゃないだろうか?
 なんか、もろそうな気がする。(新井兄の名前のせいでなく・・・・)
 上本、隼太が使えんのももったいない気がするし、なにより7番打たす為の外人補強じゃないやろって感じ。
 今日のHRが本物なら、4番を打たせた方がいいやね。スイッチの4番なら、攻撃の幅が広がるってもんだしなぁ。

 以上が今日までの予想。
 これから実戦が増えて、さらなるふるいにかけられるんだろうけど、どう言う状態で開幕を迎えるか?
 故障者が今後でるかもわからんし。
 一番心配なのは、昨年の采配の反省を和田監督がちゃんとしているかだ。
 また、「1点しか取りに行かない野球」を繰り返せば、早期に崩壊する危険性大だからなぁ。

 阪神どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |
虎鳴曲
 猛虎キャンプレポート2013」(スカイAスポーツ+)のテーマソングの題名でアケオメ!
 プロ野球の正月、キャンプインということで、久々の更新。
 やはり、虎は鳴いてちゃいけない、吠えないと虎じゃないでしょ。

 昨シーズンは、和田のチマチマ采配に、あきれかえり最後は更新の気力さえなくなてしまった。
 やっと、リハビリを終えて、更新できるまでに戻って来たので、キャンプインに合わせて更新を始めます。

 このリハビリ期間中、いろいろ考えたんよ。
 自ら、選手を縮こまるこうな采配を振るっておいて、「殻に閉じこもっている。」て選手の生にするような、和田の困った采配ぶり。
 結局一軍の将たる物が、一番やってはいけない部下に責任を取らせて、自ら延命を図るような真似をして続投を得たこと。
 自分がコーーチの時は、将の真弓に責任を取らせ、後釜に納まったという経緯が有りながらだ。
 これじゃ、選手もついて行きたがらんでしょう・・・・、などど憤っていたわけだ。

 「熱くなれ!」っていうキャッチフレーズは、変わらない。
 「熱くなれ!」って、お前がな!って和田自身に言ってやりたいフレーズだな。
 去年は、自分の思う通りにならなくなると、完全にフリーズして凋落を加速させた。
 危機管理が、全然出来てない事を露呈した、愚将の象徴のような采配ばかりだった。

 本人が言っている、「Change Chance Challenge」の3Cって言うのは、真っ先に和田自身が実行すべき課題だろう。
 和田自身が、あの「1点しか取りに行かない」チマチマ采配をChangeして、WBCによる負担など不確定要素の強いシーズンのChanceを生かし、覇権にChallengeする姿勢をみせないといけない。
 それが出来んようなら、早期に職を辞する覚悟をもって、臨んでもらいたい、またそうでなくてはいけない。

 さて、今シーズンは今までの「ぐぁんばれ!タイガース」という応援一辺倒の立場から、もっと「阪神どうでしょう?」という疑問符的な立場でタイガースを見て行こうと思う。
 もう、闇雲に応援すれば済む状態でないことは確かだし、シーズン前の予想では、おそらくタイガースはBクラス予想が主であると思うし、和田の疑問采配も変わるという保証も無いし、やや懐疑的に、「ほんとうにタイガースはこれでいのか?」という目で見ていかないとイカンと思う。

 「猛虎キャンプレポート2013」(スカイAスポーツ+)では、新鮮力として、藤浪や西岡、福留等の新加入の戦力に舞い上がっているが、本当に機能するか、的を得た補強なのかは、まだまだ確信できてはいない。
 キャンプ中も、今年の戦力に対いしての問題点と今シーズンの戦い方等の面を見て行こうと思う。
 それでは、気を入れ直して、今年もよろしくです!
 
 今年の、「阪神どうでしょう?」
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。