CALENDER
<< May 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



6−3 対西武 試合をつくりヤス
 案外、先発で一番計算できてたボギー。
 それが突然の降板を余儀なくされた。試合は2点のリードを許した序盤だ。
 この難しい状況で、試合を壊さず、逆転へと結びつけたのはヤスの好救援に他ならない。この試合の立役者だろう。

 思えば、今日のような試合の勝ち方は今シーズンお目にかかってない気がする。
 逆転し、終盤にもう一押しで突き放す。
 ある意味、強さを感じさせる勝ち方なんだけど、これは先発が崩れた時に、試合を壊さず逆転を待つ中継ぎ投手の充実が無くてはできない芸当なんだ。
 SHEが崩壊して以来、タイガースでは、こういう勝ち方が困難になってきた。
 ひたすら、先制したのを先発からJFKで守り抜く、これのみが唯一の勝ちパターンとなっていたんだから。

 それゆえ、先発が早くに崩れようものなら、ギブアップ。
 本来、中継ぎに粘ってもらってる間に、奮起すべき打線も、淡白を絵に描いたようにタンタンと試合を進めて、そのまんまっていう試合展開を何度見てきたことか。
 それもこれも、先発が壊れたあとを支えられるPがいなかったからなんだ。
 そこを担ったのが、今日のヤスだ。グッドジョブ!

 だが、これでボギーに代わって、ヤスがローテ入りすることになりそう。
 それは、それでヤスにとってのチャンスでもあるからいいのだけど・・・。
 チーム事情からすれば、先発が崩れた後の、いわば第2先発的役割が果たせるPが他に見つかっていないだけに、難しい。

 きっと、2軍落ちした能見とか江草がこの役割を果たすべきなんだろうけど、結果がでてない彼らはいつ上がってくるのだろうか。
 いまさらながら「SHE」の持つ役割の重要性を知る。
 05年の優勝は、「SHE」が立派に機能していたからに他ならない。
 「SHE」の面々よ、奮起せよ。

 それと、ジェフの代役は、吉野って言うのは無理なんだろうか。
 球威からして、ヤスが適任なんだが、先発・第2先発的中継ぎ・ジェフの代役といくつ体があっても足りないくらいに、ヤスへの期待値が高まっている。
 これは、ヤスにとって大切なことだ。
 しかし、チーム事情から、先発に回ることが決まった以上、他の役割を果たす人材を探さざる得ない。
 どうか、吉野をもう一度、試して欲しい。
 吉野もラストチャンスと思い、奮起せよ。がんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3−1 対西武 ベテラン
 ベテランの力による連敗脱出。
 しかし、交流戦での勝ち投手がシモやんだけとは・・・・、情けない。

 今まで、シモやんの時は、信頼厚い矢野がマスクをかぶることで決まっていた。また、シモやんのリードには、矢野の極端なまでの慎重なリードがあっているといってよかった。
 しかし、矢野の離脱により、シモやんの新しい相方に選ばれたのは狩野であった。
 先のロッテ戦で滅多打ちにあい、ボコられ続けただけに、ここで野口という手もあったろうが、選ばれたのは狩野だった。

 これで、狩野がポスト矢野の一番手に指名されたことは明白だった。
 ここで、シモやんのようなベテランの投手と組ませてもらえるって事は、狩野にとっても大きな経験だし、シモやんにとっても新たな役割を担うことになる。
 昔、ホークスの城嶋を育てたのは、当時のベテランPの工藤であったと言われる。
 狩野・下柳の関係もそうなれれば、価値ある抜擢となるんだけど。
 幸い、シモやんも首をふることなく、狩野のリードに応えてみせ、6回を1失点に抑えることができた。
 途中のピンチなんかも大変だったろうが、実戦教習と思い打たれて見せるところもあったんじゃないだろうか。
 狩野に取っては、収穫の多い一戦だったろう。
 まだまだ、上を目指し、がんばれ!

 試合をひっくり返し、追加点を入れたのは、今岡と桧山の暗黒からの生え抜きのベテラン。
 岡田監督のベテラン偏重とか批判は多々あれど、タイガースを乗せるには、この2人が打つことだ。
 特に、今岡に少しずつだけど光が戻ってきた気がする。
 こういうチームがピンチの時ほど、君たちの力が要るんだ。がんばれ!

 さて、なんとか連敗が止まったわけだけど、ここで一息入れてる時間はない。ベテランの力で連敗を阻止したら、若い力で勢いをつける時だ。
 期待してるぞ!林・桜井、がんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |
0−10 対千葉ロッテ ボコられる2
 えっ、今日も負けたんか・・・・、しょうもない。

 また、5回裏に無死2,3塁で点を取らんかったんか。
 まぁ、いつものことや、別に驚かんよ。

 ほう、それでそのあと福原がボコられたんやなぁ。
 それが、福原スタイルやさかい、かまへんのと違うか。

 あとは、いつもの淡白攻撃かい。
 もう、見慣れてさして悔しくもないやん。
 
 思い出すでぇ、あの暗黒時代。
 いつも、こんなん繰り返しやさかい。
 昨日今日タイガースファンになった人は大変やけど、こちとら40年のタイガースファンは7、こんなんなんぼでも経験してるんやから、別にどってことないやん。

 しかし、なんで月曜なのに野球やってるん?
 こんな日野球やったらあかんでぇ。
 矢野もいなけりゃ、ジェフもいないんやから・・・。とっとと中止にせなあかんやろ。
 まったく、だから負けてまうんやで。ホントt。
 って、八つ当たりしても、やっぱり、悔しい〜っ!

 なんとかせいよ。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |
3−14 対千葉ロッテ ボコられる
 いや〜っ、言葉を失ったね
 杉山はじめ出てくる投手、みんなボコられて、挙句アニキも最後にボコられちゃた。
 オリックスにボコられた後だけに心配してたんだけど、やはりパの最下位にやられるチームが首位チームにかなう分けない、そんな内容だった。

 やっと、赤星・関本の並びに戻ったと思ったのに、いきなりバント失敗の併殺。これじゃ、追い上げる気力も失せるというもの。
 なんか、この並びの持つ良さが、しばらく使わないことで錆付いた気がしたのは寅吉だけだろうか。
 
 矢野も抹消されたことだし・・・。なんか長引く予感がする。
 こうなると、もう勝負どこではない状態になってるよね。
 いかに満足できる戦い方を示せるか。
 新しい、狩野、桜井といったメンバーに託すだけになってしまいかねない。
 いまさら言ってもってことだけど、チャレンジャーの気持ちだけは忘れんどこや。所詮、セの5位のチームやし。

 できれば猫を食む鼠のごとく、追い込まれたあとの開き直りみたいなものに期待したいんだけど・・・・。これってやっぱ、甘すぎるんだろうなぁ。
 明日のロッテ戦は、虎の意地を見せてくれ。
 それが甲子園のファンへの義務だと思うぞ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−7 対オリックス 男を下げた
 いろいろあるわね。
 「呪いのマーチ」とか呼ばれた広島猛虎会から発した応援。
 やったとたんに連敗で「呪いのマーチ」とフアンの間で呼ばれるようになる。
 あれを聞いたときに、そのせわしないリズムに、聞いているほうがプレッシャーをかけられてるような気がしたものだ。

 元々は、「魔王」っていう曲が原曲らしいけど、沢田研二の「6番目のユウウツ」に似てることもあり、これが原曲らしいと「セリーグ6番手のユウウツ」じゃないかと批判されもした。

 こうなると、最初にやった応援団も意地になり、連発したりした。
 もう、タイガースの応援という主旨をはなれ、「こんなことで俺達が考えた応援をやめられるか!」っていう応援団の見栄を守るためのものになってしまった。
 縁起が悪いって言われた時に、素直に意見を聞いていれば、応援団の「男も上がった」のだろうけど、ここで意地になってしまったため「男を下げた」

 また、昨日の敗戦の後更新された、広沢コーチのブログで、この応援が選手に不評で、できればやめてもらいたいという趣旨の記事が載るに当たって、いよいよこの応援を無理やり行ってきた応援団の「男が下がった」

 実際、応援の好き嫌いで影響もあるのかも知れないが、9連敗も、今回のオリックスに対して連敗も、広島に勝てないのも事実だ。
 それを応援のせいにしちゃいけない。(決してしてるつもりは無いのは分かっている。)
 優勝候補にありながら、5位に低迷している今日、一番男を下げているのは、タイガースの選手に他ならないのだから・・・・。

 でも応援のあり方は難しいよね。
 今度1回、まじめに考えたいとおもうんだけど・・・・。
 寅吉は、昔のピッチャーがモーションを起こすと、波を打ったように静まり返り、息を潜めて結果を待つ。
 バッターが打った瞬間、または空振りの球がキャッチャーミットに吸い込まれた瞬間に、湧き上がる歓声が好きだった。
 なんか、野球を見てるって気がしたんだ。
 心の中で、なんとかしてくれって祈りながら・・・・。これも十分な応援だと思っていたけどね。

 まぁ、そういう意味じゃ、この連敗にもめげず応援はし続けるよ。
 でも、次は少し批判的になっていくんだろうけど・・・、そうなる前になんとかせいや。ほんと、男を上げて欲しいと祈ってるわ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−2 対オリックス 弱さが板に付く
なんか、フツ〜に弱くない?
 チャンスを作ってもものにできない。
 こっちのPが好投すれば、相手のPにそれ以上の好投を許す。
 弱いチームの典型だね。

 折角、ホークスと互角に渡り合い、上げ潮ムード漂う中で、連勝中とはいえ、パの最下位球団に互角以上の戦いをされちまってる。
 弱いチームって言うのがそうでしょ。
 強いチームに一所懸命挑んでいい戦いをするくせに、普通のチームに簡単に負ける。

 だからって、タイガースを見捨てるわけでも応援しないわけではない。
 そんな状態は、いやというほど経験してきたファン歴の長さが寅吉の自慢でもある。
 でも、ある意味ここ数年見せてもらった強いタイガースのイメージを捨てる時が近づいてるのかもしれない。
 この交流戦の5割前後で終わりそうな予感もするし・・・・。
 でも、それには明日は絶対かたなくちゃ。

 赤星が戻ったら、1番赤星、2番関本で行ってみれば・・・・。
 やっぱり、いい形の時を思い出させないといけないと思うよ。
 5分で進んでいっても、残り試合数は減っていくわけだから、いつまでものんびりしてられんでしょうに。 
 なんか、04年の状態にかぶってくるこのごろなんだなぁ。
 早く、その危惧を振り払ってくれ!
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3−1 対福岡ソフトバンク JFKの方程式
 JFKが勝利の方程式と呼ばれて久しい。
 この方程式って言うのは、いろいろ条件がある。いわば条件式のIF式のようなものだ。

 IF、6回終了時点でリードがある場合。
 これが大前提となる。
 K,Jを繋いでFで締めくくる。っていうのが方程式だ。
 これが、うまく機能しないでここまできていた。
 何故って、先発が早く崩れ、6回終了時点で相手にリードされていることが余りに多かったから・・・・。

 今日のシモやんは、グッドジョブ!
 ホークスノ和田をむこうにまわし、よく1点で凌いでくれた。
 こういう展開になると、「JFK」の持つ強みが発揮できる。
 
 打線はなかなか追加点を取れる場面で、取らず緊張感を維持したまま「JFK」に繋いでくれた。なんて皮肉で言ってるんじゃないんだよ。
 案外、こういう試合は、追加点がジャンジャン入って、「JFK」抜きで勝てそうなんて思う展開になると、思わぬ隙が生まれたり、「JFK」が空きすぎて感覚を失うなんて事にもなりかねんからさ〜ぁ。
 ナンテ、やっぱり皮肉だよ。
 
 しっかりしろ、鳥谷。
 打てないでバントを命じられているんだ。
 しっかり、やらないと。
 だいたいこういうインケツ曳いている状態で、スリーバント失敗を恐れて、強行すると、最悪のダブルプレーって結果に終わることが多い。
 バント失敗でも1アウト、って考えて、しっかりやらすべきだね。

 トリが持ち直さないと、反攻に転じられないんだから。
 やはり、下位において楽に打たすところからはじめたいね。
 オット、赤星がいないから、トップバッターがいなくなっちゃうじゃないか?
 う〜ん、桜井でも行ってみる?
 去年の交流戦でスペンサーの1番をやったくらいだから、あながちありえない考えじゃないと思うけど・・・。

 ともあれ、ホークスと敵地で1勝1敗は想定内でしょう。
 この後は、上げ潮のオリックス。
 心してかかりたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−2 対福岡ソフトバンク セが全敗の日に
 華を咲かせたのは、桜井かな。
 あの憎っき杉内から2安打。追い込まれてからはコンパクトにセンター返しだ。バッティングのポテンシャルの高さを窺わせる。
 あとは守備ってことだけど、今日は際どい当たりも無かったせいか無難にこなしてたよ。
 そりゃ、身のこなしとかは、まだまだうまい外野手に比べることはできんレベルだけど、杉内から安打した打撃は、それを補って余りあるものがある。
 まだまだ、見たいぞ!
 この交流戦をアピールの場として、がんばれ!

 ここにきて先発陣が立ち直り気配なのは、いい傾向だ。
 今日も福ちゃんが、6回を1失点で凌いだ。
 ストレートの走りもよくなってきた。けど、こういう時に勝てないのも、福ちゃんらしさといえば、そうなんだよなぁ。

 今年の交流戦は、2試合マッチだけに、連敗は避けたいところだ。−2と+−0では、大きく違う。
 ある意味、強豪チームにいかに連敗しないかが、この交流戦を勝ち越すカギになる。
 その意味でも、明日は負けられない。
 
 今日の善戦を喜んでいいのは、セが全敗したことで、上位との差が開かなかったということだけだ。
 後は、DH起用の場を与えられた浜ちゃんとアピール成功の桜井だけや。
 明日は、試合の結果でも喜べるように、頼むで!

 ぐぁんばれ!タイガース 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−0 対横浜 ヤスの泰は、安泰の泰に
 これで完全に1軍定着かな。
 1点を争うタイトな戦い。しかも味方はチャンスは作るがなかなか得点に結びつかない、Pにしたらイラツクような展開。
 良く耐えた。
 そして、良く抑えたと思う。グッドジョブ!

 新人の年から期待され、ただ一人新人で1軍キャンプに抜擢されたのも、その非凡なるスライダーのキレだった。
 決め球がなく伸び悩む新人や若手Pが多い中、最初から決め球を持ってるヤスは、ある意味即戦力を約束されているかに見えた・・・、あの重大なる欠点に気づくまでは・・・・。

 そのスライダーの切れ味から、左のセットアッパーを期待されていたヤスは、中継ぎ起用されることが多かった。
 そこで、チャンスを物にしないと、ここは絶対抑えて認めてもらわないと、そう思う程ヤスは、ストライクが入らなかった。
 ノーコン、ノミの心臓、いつしかそんなレッテルが貼られるようになった。逆に、スライダーのキレは健在で、それ故尚、期待され続けることに成るのだが、チャンスを物にすることができなかった。

 大卒で、社会人を経てのプロ入りだけに、即戦力として物になりたい、与えられた育成期間は短いというプレッシャーもあったのだろう。
 それが、1球の失投も許されない中継ぎの場面でより大きな重圧となっていたのかも知れない。

 それが、2軍で先発起用されるようになると、例の欠点が影を潜めた。
 先発ゆえの、長いスパンでの結果が求められることで、9回を3点以内に抑えれば上等といった見られ方が、ヤスを重圧から開放したのかもしれない。
 こうして、先発投手として最後の居場所を求めたヤスは、去年1軍で先発し勝利を挙げた。
 今年のキャンプでは、ポスト井川の候補の1人であったも、注目度はさほど高くなかった気がした。
 逆にそれが幸いしたのかもしれない。
 1軍昇格後、例の結果を出せなかった中継ぎでも、負け試合の中とはいえ好投を続け、無失点を続けた。
 そして、掴んだ先発のチャンスが今日だった。

 多分今日の好投で、1軍ローテに割って入ってくるべきところなんだけ・・・・。。
 残念なのは、交流戦に入って、2連戦が続くため先発の頭数を減らすかも知れないということだ。再び、中継ぎ起用って言うことも考えられる。
 ジャン・福原・ボギー・下柳・杉山と5枚あれば回っていってしまう。
 しかし、左の先発という利点は大いに魅力だ。どうか、ローテに安泰の印を打って欲しいんだけどねぇ。
 ここまで辛抱してきたんだ、もう少しチャンスを待ってみよう。
 きっと、いい結果が待ってるはずさ。がんばれ!

 これで、横浜とは互角になった。
 交流戦後、借りをかえさなけりゃいけないのは、広島と読売だな。
 その為に、これからの交流戦をなんとかいい成績で乗り切ってくれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(4) |
6−0 対横浜 らしさを取り戻す
 やっと、タイガースらしい試合ができれきた。
 先発のオスギも、らしいといえばらしいピッチングで、タイガース初の完投・完封で2勝目を挙げる。
 本当は、オスギこそ井川の穴を埋める一番手であって欲しいんだよね。
 スケールやポテンシャルからして、相手を押さえ込むっていうピッチングができるのは、オスギしかないと思うんよ。それは、福原や安藤とは、違ったスケールをもってるPなんやね。

 もう一人、藤田太陽に同じ要素を感じて、期待し続けた寅吉の言うことだから、半分節穴かも知れんけど・・・・。
 太陽だって、故障さえなければ、今頃福原・安藤でなく、杉山・太陽が右の柱になってたかも知れんしねぇ。
 何は、ともあれ一昨年の交流戦で松坂と投げあったときの気迫あふれるピッチングが忘れられん。
 間違いなく、柱になれるPだと感じた。伊達に18番を背負ってるわけじゃない。背番号にふさわしい内容を見せてくれ。がんばれ!

 シーツに当たりが出てきた今日この頃。あとは、今岡にらしさを取り戻してもらいたい。
 率はそこそこ格好つけているけど、“チャンスに強い”ことが何よりの今岡らしさなのだから・・・、まだまだ不満だぞ。がんばれ! 

さぁ、タイガースが徐々にだがらしさを取り戻しつつある中、逆に横浜は去年までのらしさを取り戻しつつある。
 ここは、きっちり3ついただいておかにゃ・・・・・。
 対戦成績も早いとこ五分にしておきたいし、どうも広島との対戦成績が逆に見えてしょうがない。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |
4−1 対横浜 喜田剛トレードの陰で
 ついにというべきか、突然というべきか、喜田剛と広島の山田とのトレードが決まった。
 将来のクリーンナップとして期待され続けた喜田だったが、1軍で思い出に残る活躍の場はなかった。
 広島でもポジションは厳しいけど、ガンバレ。

 もう一人、喜田と同じく将来を期待され続けた桜井が、プロ入り初の1軍。
 初打席は、代打で三振だった。
 右の代打のポジションは、今狙いどころだ。ガンバレ!

 そろそろ、序盤好調だった選手なんかが、下降線に入る頃だ。
 Gの内海も負けたことだし、高橋尚も負けが付くようになった。
 横浜の好調にも陰りがみえてきた。
 タイガースの不調に光明はなかなか見えないけどね・・・・。

 ということで、ジャンも一時の不調(日本の野球へのアジャストに戸惑ってる部分が大きいのだけど)も、そろそろ脱してもらわんど、ダーウィンも待ち構えてるよってに・・・・。
 ということで、今日は久々(初めて)の好投で、連敗のストップと自身の3勝目をゲットした。
 やはり、こういう活躍してくれないと、井川の代償が高くつくことになる。がんばれ!

 今日は連敗が止まるとともに、タイガースの勝ち方ができた試合かと思う。この調子で、まず横浜との対戦成績を戻そう。

 あと、赤松が抹消されたけど、代走要員としての使い道があったんじゃないのかなぁ。残念。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(3) |
2−3 対広島 負けに不思議の負けなし
 完全にカープの下行ってるもんなぁ。
 「勝とう!」という意識付けからして違って見える。
 こんな状況でこそ、全力疾走を見せて欲しいもんだ。

 きっと、タイガースのチーム力はここまで落ちていたんだ。
 去年の追い込みで、中日と2強などと思っていたのは、大きな勘違いと言わざる得ない。
 他球団がシーズンを諦め、若手などの育成に当てた試合に、タイガースが乗っかって怒涛の追い込みとなったと分析するほうが正しかったのか?
 それでなくても、選手は1つづつ年を取り、ベテランは確実に衰えと戦わなくてはならない。
 対してそれを突き上げるべき選手が出てきたかというと、今年の狩野と去年の林くらいかな。
 鳥谷も4年目の成長を期待されたが、同期の青木との差を広げられるばかりとなっている。

 それに対して、横浜・広島はタイガースにカモられて来た悔しさをバネに牙を砥ぎ、爪を磨いていたんだ。
 試合を見ていて、相手チームの溌剌さと、下を向くタイガースの選手の暗さばかりが対照的に目にしみる。
 もう、頭を低くして、相手の前褌を遮二無二取りに行く姿勢を見せるときなんだ。そうしなければいけないレベルのチームなってしまったと知ることだ。
 今度は、こっちがカープに胸を借りなきゃいけない。
 おっと、次の横浜にも胸を貸してもらわないと・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |
1−6 対広島 ハイ それまでヨ〜
 自らの対広島戦7連敗を省みず、プロ入り以来6連敗中の新人・青木高に初勝利を献上する、人のいいタイガースと植木等さんに捧げます。

 阪神だけが生きがいなの           
 お願い お願い 負けないで
 てなこと言って その気になって       
 三日とあけずに JFK           
 他に選手が いるじゃなし           
 ベテラン頼みは 序の口で           
 ハシケン江草を こき使い          
 打たれたあげくが              
 ハイ それまでヨ
 フザケヤガッテ フザケヤガッテ
 フザケヤガッテ コノヤロー

 この外人 掘り出し物           
 絶対活躍 大丈夫             
 テナコト言われて その気になって
 外人野手は  シーツだけ
 せっかくためた 井川資金
 すっかりはたいて かってみりゃ
 みてくればかりの ポンコツで
 びっしょり汗かき
 ハイ それまでヨ
 フザケヤガッテ フザケヤガッテ
 フザケヤガッテ コノヤロー

 私たちが 井川の穴
 絶対埋めて 見せましょう
 テナコト言われて その気になって
 優勝候補が 大まちがい
 先発投手が まるでダメ
 打線は チャンスを作るだけ
 初回に点を 取られたら
 あとは、淡々
 ハイ それまでヨ
 フザケヤガッテ フザケヤガッテ
 フザケヤガッテ コノヤロー
 泣けてくる

 原曲作詞:青島幸男氏
 
 尚、この詩はフィクションであり、実在の人物及び出来事には一切関連がございません。念のため。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | trackbacks(2) |
2−7 対広島 もはや、苦手と言っていい?
 あの最下位のスワローズでさえ、グライジンガーが取られた初回の4点を追いかけ、同点にして終盤まで勝負を持ち込んだ。
 片や、タイガースはシモやんが初回に失点した4点を、いつ取り返すでもなく、チャンスを作っては、潰す繰り返し。
 結局、見せ場を作ることなく、追加点と許し、ダメを押される。

 これで、対広島戦が6連敗なんだと・・・・。
 なんか、広島にこうすればタイガースに勝てる、恐れるに足りないぞ、と思わせているようだ。
 去年まで、今季の最初の3連戦までは、いつやられるかとビクビクしながらタイガースと戦っていたカープが、このところ完全に対等以上の気持ちで戦ってい気がする。
 
 対して、タイガース投手陣、とくに先発は「先に点をとられちゃいけない。」というプレッシャーが、余計な力みや慎重さになって、蟻地獄にはまるかのように、繰り返し初回に失点してしまう。
 あの、ベテラン・下柳でさえ、この波に飲み込まれてしまっている。

 こうなると、はっきり広島を苦手チームとして意識したほうがいい。
 元々、去年の中日でさえ、手を焼いたチームなんだ。
 先発投手陣に陰りがあるタイガース投手陣うぃお攻略してしまうだけの力がある打線だ。
 しっかり、研究してかかることだね。

 あと、矢野の衰えみたいのを感じるこのごろ。
 ハシケンのWPだって、普通の矢野なら止められると思うんだけど・・・。
 むかし、オスギがや久保田が、矢野さんが止めてくれるので、思い切って投げられましたといった信頼感が揺らいできた気がする。
 概して、年齢による動体視力の衰え、これだけはどうにもならないと、広沢コーチが引退の際、言っていたのを思い出す。
 杞憂であって欲しい。
 狩野が正式な後継者となるまで、もうひとがんばりしてもらいたい選手だから。

 明日は、絶対に負けられない。 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(5) |
8−6 対東京ヤクルト 矢野を補え
 今日のキャッチャーの使い方を見てると、矢野に何かしら故障があるんどろうなぁ。
 想像するに、抹消を考えなくちゃならないレベルなのかもしれない。それくらいでないと、今日の展開から、最低代打での起用はあったはずだ。

 しかし、この非常時に狩野の台頭といい、今日起用した野口の活躍といい、捕手陣の頑張りが目立つね。
 狩野も今日引き継いだ野口のリードを見て、また矢野と違った勉強ができているだろう。
 もっと、もっと成長してくれ。がんばれ!

 野口もベテランとしての起用に、うまく応えてくれた。
 いつ来るともわからん出番に備えて、コンディショニングを整え、相手のデータを集め、見方のPの特徴とコンディションを掴み、コミニュケーションを取っておく。難しい役割をこなしてくれている。グッド、ジョブ!

 後は、返す返すも先発Pだ。
 今日もジャンは、3回と持たなかった。
 これは、Pそのものの責任もあるが、キャッチャーのリードの責任もある。狩野もうまく引っ張れるタイプとまごついてしまうタイプとあるようで、ジャンは後者のようだ。
 この辺のリードの仕方なんかは、矢野から学んでおかないと。といっても、一朝一夕には無理なんだけどね。
 こっちの面でも、矢野を補えるようになってくれ。

 しかし、大型連敗のあとの4連勝。
 今年唯一相性のいいスワローズからだけど、それはそれで価値はある。
 ただ、来週の交流戦前の6試合。今年借りを作っている、広島・横浜戦、これがある意味試金石になるだろう。
 ここで、借りを返せるか、否かで、今シーズンが見えてくる。
 先発Pの踏ん張りどころだ。
 狩野・野口も矢野をしっかり補ってくれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(3) |
3−2 対東京ヤクルト さぁ、借金返済モードへGO
 3連勝ってか。
 まだまだ、あの9連敗の罪は晴れんぞ!

 何故か、スワローズに対しては、いい戦いができている。(って最下位チーム相手なんだけど・・・)
 元々、中日と並びタイガースが苦手としたチームで、92年の優勝争いで破れたトラウマか、長いこと、スワローズの方が試合運びがうまいという印象を植え付けなれてきた。
 しかし、古田プレーイングマネージャーになってから、どちらかというと外人打者に頼った荒っぽい野球をするようになった気がする。
 まぁ、岩村が抜け、石井、五十嵐の後ろがいない現状では致し方ないかもしれない。
 でも、こういうお得意さん候補は大事にしたい。

 今年は、広島・横浜の逆襲にあって、下位に低迷することになったけど、東京ヤクルトと中日からその分を取り返さないと、ソロバンが合わんわな。
 もちろん、読売にもしっかり借りを返させてもらわんとイカンガー。

 しかし、オスギはいいピッチングしているにも関わらず、勝利投手がちらつくと、変調をきたすよなぁ。
 もっと自信をもって、相手を見下ろすような気持ちで投げてくれると良いんだが・・・・。今季未勝利ではしょうがないかね。
 今日で勝ちが付いたので、大きく変わってくれることを期待するよ。
 スロースターターとか言われるけど、それはシーズンの初勝利を意識しすぎるからなんじゃないのか?
 大概1つ勝つと、その後は乗っっていく傾向にあると思うんよ。
 福原・杉山がしっかり、ローテで回ってくれないと、巻き返しが効かないからね。

 それにしても、明日は誰が先発?
 怖いもの見たさの、ヤス?
 ジャンの中四日か?
 いずれにしても、今4流れを失わないようにお願いしたい。
 「JFK」もそろそろ一息入れさせたいしね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(4) |
5−3 対東京ヤクルト ボギーで良しとするか
 寅吉のゴルフといえば、「ダボがパー」というレベル。
 目標は108、ってとこなんだね。
 だから、ボギーなんて、寅吉にとってはバディーに価する。

 このタイガースのボギーも、散々ファンを不安にさせながら、気が付くと5回を1,2点で抑え、勝利投手になってしまっている。イッツ、ボギースタイルってやつだね。
 ランナーを良く出す、四球を含めて常に塁上にランナーが賑わっている、それでも致命的な失点をこうむらないのは、荒れ球のせいか、絞り込めないんだろう。
 見てるほうは、大変くたびれるPなんだけど、適当に勝ち星を重ねていくタイプと見た。

 この連敗中に一番成長したのは、林かもしれない。
 左右問わず主軸としてゲームに臨んだ経験は、左を苦にするどころか、完全にクリーナップを打つべき素材であることを再認識させた。
 1塁守備にもついたし、これからはフル出場の主軸としての責任がかぶさって来るだろう。頑張れ!

 葛城も評価を上げた一人。
 今年に期するものがあったんだと思う。
 その必死さが、喜田や桜井、桧山などを凌いで今のポジションを掴んだ。
 元来、オリックスの自由枠で入った逸材だ。
 これから花を咲かす事だって夢じゃない。
 ここのところ、立命館OBが1軍ベンチに多くなった。
 赤松・藤原も頑張れ!

 9連敗の後だ、ただの連勝で浮かれちゃいられない。
 まだまだ、甘い顔はするもんか。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |
3−2 対読売 明けない夜は無い、止まない雨は無い
 ふっ〜・・・・、長かったねぇ。
 得てして昨日のようなショッキングな負け方をした後に連敗が止まるって言うのもよくある事なんだよね。
 (これ、昨日の試合後の記事に書いたんだけど、Tigers.netさんのおかげで、サーバーが混み合ってるとかで、記事が消滅させられちゃったんだ。まったく!)

 効果的なHRが2本。
 永らくHRが出てなかったアキキと、1番になってから出塁に重きを置いたわけじゃあるまいが、長打を忘れたトリに出た。
 途中のチャンスを物にできず、結局「JFK」に頼るのも、ある意味「タイガース・スタイル」だ。

 結構「負」のイメージしかない福ちゃんが連敗ストッパーになったのは、ある意味不思議。
 寅吉のイメージでは、連敗スターターだったり、連敗中のショッキングな負けを演出するPという気がしてたんで・・・、ゴメン。

 まぁ、連敗はいつかは止まる。
 シーズン通して負け続けたチームは存在しないのだから。
 大事なのは、この後の戦い方だ。
 崩壊状態の先発投手陣と中継ぎの再編。
 思ったより層が薄いことが分かった打撃陣。ここも打順の再編がいると思う。
 早いとこ5割に戻すために、今年の戦うスタイルと勝ちパターンの確認をしておかなきゃ。

 立ち止まってる暇は無い。
 あとは、這い上がるのみだ。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(4) |
5−6 対読売 最後の砦崩壊す
 1回書いて、「記事を投稿する」ボタン押したら、サーバーが混み合ってるとか出て、バッバクアップとってなかった記事は消えてしまった。

 もう一度書き直せばいいのだけど、そんな気力が今はありません。

 今日は、勘弁してね。

 ぐぁんばれ!タイガース     ホントに・・・・・。
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(6) |
1−7 対読売 もう、やめてしまえ!
 優勝を意識することも、3位以内でプレーオフへ進出することも、貯金・借金を数えることも、連敗中であることも、すべて全て止めてしまえ!
 シーズン前には戦力が厚く見えていたタイガースだが、こうしてみると見せかけの戦力が多かったってことかい?

 ピッチャーも左腕王国とか言われて、舞い上がっていたんじゃないのか?
 結局、誰一人として井川の穴を埋められないどころか、穴を拡大してるかのようだ。
 打者も、金本頼りから抜けきれない。
 主軸を打てるべく若い打者は、未だ現れず、またその可能性を秘めた選手は見あたらない。
 もはや、今シーズンを語るより、近い将来の危険性に備えることを考えるべきなのか・・・・。

 得てして、連敗中などうまくいかない時はこんな風に考えがちだ。
 そう見えるのも、無理もないことなんだけど、ましてあの暗黒時代を知る身にとって、金本・矢野の衰えた後のことを想像するに、どうしてもあの時代が被ってきてしまう。
 85年の優勝メンバーが次から次へと抜けて行き、少年隊なんて呼ばれた、大野や中野がレギュラーとして出場してたころだ。
 もう、あの時代にもどるのは御免だ。

 Gは、いい状態だ。
 2003年のタイガースを思わせる部分もある。昨年のGが02年のタイガースに被るように、しっかり建て直しを図っている。(選手の補強方法には?なんだけど)
 それでも、今の主軸が衰えたときにどうなるかという不安が付きまとっているだろう。
 ただ、今年のGは侮れない。
 このへんで、しっかりタイガースの存在感を植え付けとかないと、なめられて終わってしまう気がする。

 もう、余計な考えは全て止めて、「虎の意地」を見せることだけを考えたらよろし。
 そうすれば、まだまだやるべきことが浮かんでくるはずじゃないか。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | trackbacks(3) |
交流戦ユニ
 あちゃ〜っ、やっちゃったね。
 今シーズンの交流戦用ユニホーム
 正直、12球団一の品の無さとケバさ、ガキっぽさを感じるのは寅吉だけだろうか・・・・・。

 コシノ・ヒロコさんのデザインだそうだが、名のあるデザイナーがデザインした野球のユニホームで、良かったといえるものが一度も無かったっていうのも歴史が物語っている。
 交流戦だけのシャレのつまりでも、我慢できないなぁ。

 折角、交流戦での復刻ユニホームシリーズが好評だったんだから、続ければいいのにね。
 例えば、この「濃紺のユニホーム」強そうだし、いいと思うよ。
 または、江夏・田淵の「黄金バッテリー」時代のこれ。万年2位とか言われた時代だけど、強かったよ。
 あとは、奇をてらっているけど、「輝流ライン」と呼んでいたこれ
 歴史を紐解けば、まだまだ見たいユニはいっぱいあるよ。

 このアストロ球団みたいなのは、勘弁してもらいたいな。
 昔の「日拓ホーム・フライヤーズ」の7色のユニホームの中にあったような感じだ。
 折角の伝統だ。
 うまく利用して、ファンサービスに繋げて欲しいんだけどね。

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | trackbacks(2) |
汗と涙の甲子園
 今日は打てん黒田の先発が予想されるから、雨天中止。
 ということで、最近話題の高校野球に触れておこうかな。

 西武の裏金発覚に端を発した、アマチュア野球への利益供与の問題は、高校野球の特待生問題へと飛び火。
 高校野球憲章に反するって事で、特待生を有していた高校から自己申告をさせたら、出るわ出るわでたいへんなことになっちゃたようだ。

 でも、これて当の高野連は予想外っていうようなコメント連発してるけど、我々にとっては、当たり前のことだという認識しかないんだよねぇ。
 昔から、甲子園に出場するような野球強豪高っていうのは、全国各地にスカウト網があって、優秀と目される選手を自校に入学させるため、あらゆる手段を使うことくらい、誰でも知っている。

 甲子園出場が生徒獲得や自校のレベルアップなどの最高の宣伝媒体であることが示されるにつれ、新興高校では、この傾向が強くなる。
 手っ取り早く、優秀な選手をかき集め、甲子園に出場し名を高めるってわけだ。

 だから優秀な中学生(シニア等で活躍した選手中心)に、高校からスカウトがやってくるっていう話も良く聞く。
 そこは、スカウトがやってくるから、契約条件だって示される。
 それが、入学金免除や学費免除、その他もろもろが含まれていることは周知の事実だ。

 何も、プロ野球のドラフトから裏金が始まるわけじゃない。
 もうこの時点で、金額の大小はあれ、立派な栄養費が横行していることになる。だから、プロに指名されるくらいの選手になれば、栄養費をいただくことぐらい、至極当たり前のことであり、それができない球団は、誠意のかけらもない球団と映るって事だね。

 これは、選手だけじゃない。
 甲子園出場を目指し、優秀な選手を集めるには優秀な(といわれている)指導者も必要となる。
 だから、甲子園常連監督なんていうのは、引く手あまたで、そういう高校から高額な契約金や付帯条件をもって迎えられる。
 ある意味、監督も獲得競争がある。

 特待生制度がどうのこうのの問題じゃない。
 それを、「純粋な汗と涙の甲子園」として売っていこうとしている高野連、朝日新聞、毎日新聞、NHKなどが無理に取り繕うからこうなるんだよね。
 今の甲子園は、利権の金にまみれた大会なんだよ。

 よく、特待生制度がないと、金のない優秀な選手が進学できないなんていう論理をいうこともあるが、特待を受けるような選手は、少なからずシニアなどで活躍した選手で、そこにいたるまでの金銭的負担に耐えられる環境であったことは間違いないわけで、決して高校の授業料がままならないようなレベルの選手ではないと思えるんだけど。
 
 まぁ、今回プロ側から始まった裏金問題に、アマ側の責任(アマ側から要求したり、そういう環境があるっていう指摘)を問われたことに応える形になっているんだけど、実際甲子園レベルの高校は、ある意味で立派なプロなんだよね。
 「プロ高校野球」
 ここの選手獲得にはドラフトはないから自由競争。
 条件の上限もないし、制約もない。(本当はあったんだけど、高野連を中心に見てみぬ振りしていたってことで、プロ野球の裏金と同じレベルなんだ。)

 だから甲子園大会を、純粋な汗と涙の感動的な大会っていう認識こそ変えたほうがいい。
 文部科学省がやっと手に入れたギャンブル利権のトトが不振らしいが、甲子園大会を題材に高校野球くじでも発売したほうが、よっぽど役に立つと思うよ。

 何を言いたいのか整理が付いてない気がするが、高校野球(甲子園大会を中心に繰り広げられている高野連の存在。)にアマチュアリズムなんていうものは存在しないし、幻想でしかないって事。
 故に、もっとプロ野球予備軍としての位置づけを与えてやって、運営していくのも方法かも知れないと思う。
 クラブチーム化して、純粋なクラブ活動の高校野球は高体連に任せて、「プロ高校野球」は、ジュニアリーグ選手権としてでも行ったらどうだろう。
書いた人 房 寅吉 | プロ野球 | comments(0) | trackbacks(1) |
0−2 対広島 明日の扉を開く者は、いないのか
 今季5度目の完封負け。
 7連敗でGW中の勝ち星は、いまだなし。
 赤星は負傷欠場を余儀なくされ、安藤は未だ戻らず。
 クリーンナップの打率は、揃ってここ数試合、1割台。
 先発は、誰も彼も先制を許し、中で食い止めるべく中継ぎは炎上。
 頼みの綱の「JFK」もJとKも打たれだし、Fは出番さえない状態。
 八方塞がりっていうんだよね、こういう状態。

 ないをやっても勝てない。
 そんな状態なら、思い切って去年の一番言い状態に戻してやればいい。
 これって、ずいぶん前から言っているんだけどね。
 1番は、赤星に代えて代役の赤松。(経験を積ませておこうよ。無駄にはならんから。)
 2番は関本。(調子も戻ってきてるし、守備位置はサードでね。)
 3番シーツ。(アドバイスして上げてよ。オマリーさん。)
 4番金本。(よくも悪くも、アニキしかいないでしょ。)
 5番林。(浜ちゃんの変わりに、ポジションゲットせよ。)
 6番鳥谷。(やはり、この辺がちょうどいいんじゃないの。)
 7番矢野。(狩野との交代でがんばってよ。)
 8番藤本。(8番を打つには十分でしょ。
 これでいってみませんか。

 後は、先発投手陣の奮起だね。
 思い切った登用しようにも、人材がいないし、現状のメンバーの奮起を待つしかない。あとは、「SHE」の復活を。

 もう、なにも言うまい。
 ここで踏ん張るしかないんだから・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(4) |
5−11 対広島 SHEの崩壊がもたらしたもの
 04年以来の6連敗。
 悲しい響きの6連敗。
 Bクラスの哀愁漂う6連敗。
 
 これで、どっぷりBクラスに浸かったわけだ。
 当分、こんな戦いが続くことを覚悟しとかないと・・・・・。
 しかし、先発が早々に点を奪われ、反撃するにもクリーナップがノーヒットだもの、届くわけがないやな。

 昨日は、ジャンを引っ張り失点を重ね、今日は福原を代えると失点。
 確かに今日の状態を見ると、簡単にジャンに代打を送れなかったわけだと、妙に納得させられてしまう。
 昨日や今日の場面で投げさせられるPがいないいてことだな。

 05年の優勝は、「JFK]はさることながら、リードされてる試合でも終盤まで勝負を持ち込ますことができた「SHE」の存在があった。
 元来、完投能力が低い投手陣において、唯一完投能力がある井川が抜けたことで、中継ぎの果たす役割の重要度は増していたはずだった。
 幸い、昨年はハシケンの故障、江草の先発転向などで崩壊していた「SHE」が、揃って元気だった(と思っていたんだけど・・・)今年は、中継ぎの充実で、井川の穴を埋めるはずだった。

 しかし、序盤の失敗により、いとも簡単にハシケン、桟原が2軍落ち。江草一人に重圧がかかることになった。
 その酷使により、江草も失点を重ね、「SHE」が崩壊。
 これが、6連敗の大きな要因でもあると思うんだ。(それだけじゃないんだけど・・・・)
 今、代役候補は渡辺やヤス、今日登板した伊代野って事になるんだけど、どれも経験不足は否めなく、今日のような場面では、不安を隠せない。

 「SHE]の崩壊は、タイガース投手陣の崩壊に繋がると言っていい。
 ある意味、「JFK」より大きなキーになりえることだし、福原・安藤の故障より大きなファクターになっていると言って過言でもないはずだ。

 若手を使え、打順を変えろ、エンドランを多用せよ、とうるさい外野の声に耐え、よく辛抱している岡田監督ではあるが、この中継ぎ投手陣の崩壊が一番堪えていることだと思う。
 挙句、首痛を圧して健闘しているレッドも欠くことになる可能盛大だし。
 うるさい外野には、これで林・赤松が常用され嬉しいかも知れないが、もっと大事な要素があるってことだね。
 (今一番、思い切りがいい狩野をもう少し使うって言うのは賛成だけど。)

 まぁ、この連敗を止めるというか、現状を打破する特効薬はないだろう。
 今の位置をうろうろしながら、中継ぎに経験を積ませつつ、「SHE」の役割を果たせる面子を探しておくしかない。
 その面子が決まってから、逆襲が始まるものだと覚悟して見ていこう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | trackbacks(1) |
6−7 対横浜 満身創痍の創意工夫
 実際、一死満塁でトリの見逃し三振で勝負あったわな。
 手は出さんといかんだろう。
 相手の吉見は、トリよりジャンの方に気を使った投球をしているように見えたのは寅吉だけだろうか。
 
 大体、無死満塁のチャンスは、最初のバッターが凡退すると点にならないとよく言われる。
 満塁での残塁コレクションが好きなタイガースなんて特にその傾向が顕著だ。
 最初のバッターがジャンだっただけに、トリの役割は重要だったのだが・・・・。
 
 もう、勢いとか不調というレベルではないのかも知れない。
 アニキの足は相当やばそうだし、今岡もホント、バネ指が完治しているのかね?まるで、去年の手術前のような状態に見えてしょうがないんだけど。
 投げる、ジャンも抜糸さえまだしてないわけだし。
 健闘しているレッドだって、首が痛いのをおしての出場なんだし。

 チーム自体が満身創痍なわけだから、それなりの工夫が必要となる。
 アニキが決めに行かず、後ろへつなげるような雰囲気を作らなくちゃならない。今の今岡が後ろでは、どうしても決めに行かざる得ないことになる。
 やはり、赤・関で1,2番を組み、林を5番において、今岡を6番に下げ、トリで挟む。
 そういった工夫が必要なのではないだろうか。

 いつも、この頃に5連敗するといっていても、横浜にカモられた04年を思い出さざる得ない。
 結局借金4を背負ってBクラスに落ち込んだ年だ。
 あの時と同じで、当座5割復帰が目標となるのか?
 本当にチームとしての弱体化が始まっているのか?
 去年の最後の怒涛の追い込みをして姿を思い出して欲しい。
 貧打、残塁症候群を乗り越えて、得た打順をもう一度試してみてはくれないだろうか。
 あの時の気持ちを思い出す、工夫を望みたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(4) |
0−4 対横浜 見下ろされる悲しさ
 多分、シモやんで必勝体制なんて事は眼中にないんだろう。
 先発が三浦っていう時点で、横浜に見下ろされちまってる。ヤママサの時の中日と同様だ。
 こうなると、なにもかも通じない。

 相手の三浦は、完全に見下ろしちまってるから相手が良く見える。
 多少のピンチを切り抜ける術は、いくらでも思いつく状態だ。
 対するタイガースは、三浦を見上げちまってるから、他が良く見えない。三浦の調子や自分がなにをなすべきかなんて、考える余地がない。
 見下ろされ、見上げてしまった時点で勝負があったということだね。

 しかし、こうも毎年同じ投手を苦手にしてると、見下ろされる機会が増えることはあれど減ることはないのでは・・・・。
 早くも、内海や高橋尚など新たな苦手になりそうな雰囲気満々だし。
 なんせ三浦に苦手意識を持ってなさそうなのが林だけだもの。
 他に、そういう存在が出てきてくれないかね・・・、とないものねだりをしてみる。

 GWは、「JFK」にとっての大型連休になってしまいそうだ。
 これで4連敗で借金が2。
 この時期にいつも5連敗くらいはしているんだけど、借金3は勘弁して欲しい。
 返済に、勝ち越し3カードが必要だし、3タテでもしないと一気に完済できない。ほんと、頼むで。
 明日は、勝って甲子園に戻りたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(1) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。