CALENDER
<< August 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



13−1 対横浜 やはり、甲子園がいいやねぇ
 打線が爆発。
 久々の甲子園を懐かしむように、ブラゼルがHRで口火を切った。
 ヤクルト戦で最後に1発出て、吹っ切れたかな。
 ラミレスに差をつけられ、若干あせりもあったと思うが、それもあれで吹っ切れたって感じ。これから、また量産体制に入れるか。
 焦らずとも、東京Dを本拠地にするラミレスと甲子園のブラゼルでは、そのHR数のもつ意味合いは大違いであるとは誰もがわかっている。
 ブラゼルこそが、HRのKING of KING’Sであることは、万人が認めるところだ。

 でも今日の殊勲は、2回の裏の攻撃で、ヒットを放ち、Pまで打順を回した藤川俊だと思うぞ。
 これで、3回の攻撃がマートンから始まり、3得点に繋がった。
 ここをあっさり凡退して、3回がPから始まるのとは雲泥の違いだ。それほどの価値のあるヒットだ、グッド・ジョブ!

 まぁ、この前の3回の表の横浜の攻撃で、満塁でPに打順が回ってしまう不運があった後だけに裏の攻撃が1番から始まるっていうのが効果的だった。
 しかも、満塁でPの清水の打球をトリが見事なプレーでさばいて、ダブルプレーにし、一気にチェンジ。横浜の打順を1番に回さなかった。
 藤川俊のヒットと、このトリのプレーが、その後の一方的な展開を決定づけた。

 一つのヒット、ワンプレーがその後に大きな差を生む。
 他人のふり見て我がふり直せ。
 他山の石として心に刻んで、気を付けてもらいたい、。
 タイガースってよく、同じことしでかしてしまう傾向があるからね。

 それえも、甲子園に帰っての初戦を取れたのが大きい。
 もう、甲子園での 試合は、すべて勝つぐらいのつもりで行かんとイカンからなぁ。
 まして、下位チームとの試合は尚更落とせんよ。
 もう明日から9月。
 決戦の9月だ。ラストスパートの時期を迎えた。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
12−5 対東京ヤクルト まだまだ、終われない、虎の意地
 20安打12得点。
 今のタイガースには、打ち勝つ以外に勝利を呼び込む術がない。
 前回のカープ戦も22得点の試合だけだもの、勝てたのは・・・・。
 それでも、何としても勝って、甲子園に戻るという、選手の意地が打たせた試合だったね。

 それでも、久保の中四日登板はいただけないなぁ。
 タイガースのローテで唯一、試合を作ることが期待できるPだ。ちゃんと間隔を空けてあげれば勝利を期待できる。
 故障で抹消中のマエケンやここへ来て調子落ちのGの東野を差し置いて、最多勝だって狙える位置にいる。
 久保で確実に勝つ。
 これが今の先発陣で大きな連敗をしないための最良の策ではないだろうか。
 先のG戦から久保の間隔を詰めて、結果その試合を落とすだけでなく、その後のローテが苦しくなり、連敗を喫した。
 同じ過ちはすまいと思ってくれればいいのだが、どうやらその反省は内容だ。
 きっと、スタンリッジや能見が戻るまで、久保に無理強いして、乗り切ろうという腹なんだろう。
 なんとも気の重い起用法だ。

 福原は、中継ぎの短いイニングのほうが球威があるストレートを放れる。
 ある意味、リードを許している試合や、大量リードにおける中継ぎに適任かもしれない。
 だが、鶴は違う。
 本来、先発として育てなくてはいけないし、先発Pの数にも苦労している現在、鶴が先発に戻ってこなくてはいけない。
 今日の9回も、威力のあるストレートを投げていた。先発の時には見られなかったストレートだ。
 だが、勝負球が高い。これを痛打されて失点してしまっている。その勝負球の甘さは、モチベーションの低さからくるもののように思える。
 秋山が台頭してきて、年上の鶴が負けまいという気持ちがあって当然だ。また、先発で勝負したいと願っているだろう。
 その為には、いくらモチベーションが上がらなくても、結果を出していかないと行けない。
 ベンチも上手いこと競わせながら、育ててほしいよなぁ。

 もう選手だけでも、「虎の意地」を示すしかないと、先日書いたが、どうもすいう雰囲気になってきた。
 果たして、ベンチと選手が上手くいっていないチームが優勝できるのだろうか?
 過去の例は、やはり一体となって戦うチームが有利であることを示しているが、そこは「虎の意地」で覆してみるのも面白い。
 さぁ、甲子園に帰ろう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
9−2 対東京ヤクルト 新人・秋山に教わる
 ひたすらに勝ちたい、そう願う気持ちが、余計な邪念を振り払う。
 高卒・新人の秋山のピッチングには、そういう気迫が感じられた。
 現在の順位とか、連敗中だとか、援護がすくないだとか、相手が好調ヤクルトだとか、一切関係なし。
 ただ、プロ入り初勝利に向けて、城島のミットをめがけて投げ込む。その姿勢が生んだ、勝利ではなかったか。

 ただ、采配面で、今日は秋山を5回で降板させた。
 前回のG戦での失敗からなのだろうけど、逆じゃないんかなぁ・・・。
 前回のG戦こそ、リードしている5回で継投に入って、是が非でも初勝利を挙げさせておいて、2戦目の今回はイニングを延ばしていく、これが常道だろうに。
 なんか、その場の雰囲気だけで、継投を考えているように見えてならない。
 長期的な構想を持って戦ううべきペナントレースと一緒で、秋山をいかに育てるかは、ちゃんとした計画があるべき。
 場当たり的な起用だけで、この若き芽を摘むようなことだけは、してほしくないな。

 打線も、昨日最悪だったマートンが、急上昇。
 毎日、反省と研究をかかさないマートンは、ちゃんと復調できるってもんだ。
 終盤、金本に代えて浅井が外野で起用。左から、マートン・浅井・藤川俊の布陣。
 この外野の守備力は強い。先のG戦でも、6回からこの布陣にしていれば、秋山は勝ちをとれたかもしれん。
 やはり、外野はちゃんと走って、取って、投げられないとねぇ・・・・。
 この布陣の外野が一番安心して見ていられる。(平野が入っても可だけどね。)

 さて、明日でロードが終わる。
 もう負け越しも決まってしまったが、それでも最後を勝って甲子園に戻るのと、勝って戻るのとでは大違い。
 この3連戦の勝ち越しもかかっているし、今週を五分の星で終わるってこともあるし、って邪念だらけやんけ。
 そんなことより、ただひたすらに勝利を目指すことが大事だと、秋山に教わったんだっけ。
 みんな、秋山を見習って、明日の試合を戦おう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−6 対東京ヤクルト 貧打は続くよ、どこまでも〜♪
 マユミ・カントク ノー・タリーン
 虎はもうじきおしまいだ
 桜井ちるちる林もちる
 故障のアキキは長生きで
 先発ピッチャーは、リハビリだ

 マユミ・カントク ノー・タリーン
 虎はもうじきおしまいだ
 戦いつかれて死のロード
 アンドウ フクハラ 燃え上がる
 さよならさよなら甲子園

 マユミ・カントク ノー・タリーン
 虎はもうじきおしまいだ
 蔦が取られた甲子園
 あほうあほうとファン啼き
 うかぶマユミの薄笑い

  マリリン・モンロー ノー・リターンby野坂 昭如

 今日の試合を見て、近々スワローズに抜かれる気がするわ。
 大体、中四日で回しているメッセンジャーをなんで7回も続投するわけ?
 中継ぎに信頼できるPがいないから?
 だったら、中四日で先発させんなよ。
 中四日で回す限りは、徹底した球数、またはイニングでの制限が必要やろ。
 それができての中四日や。
 思いつき、その場しのぎで支配を振るっているから、そうなる。
 ほんと、ノー・タリーンや。

 あとは選手でがんばるしかないで、ほんまに。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−6 対広島 打ちすぎた翌日は・・・・
 お決まりのように、貧打が待っている。
 まったく絵に描いたように、そのジンクス通りになるチームやな。
 昨日の感覚が残っていて、いくらでも打てる気になり、知らず知らずに大振りとなり、ボール球に手を出す。
 その通りやないか!
 まったく、そのための対策も準備もないんやな、このチームは・・・・。

 さしていいとも思えんスタルツにあわやの完投を許す寸前。
 また、新しい苦手を開拓してしまったか・・・・。
 これじゃ、優勝なんて言葉に出すことさえ恥ずかしい。もっとスワローズを警戒しておいたほうがよさそうや。
 これで、Gび3タテ、広島に負け越し、明日からの神宮のスワローズ戦が気が重い。
 またも、神宮のS戦で引導を渡されることになるちやもしれん。
 悲観的なことばかり言って申し訳ないが、そう思えてしまう戦いぶりだ。

 寅吉は決して、真弓監督が嫌いではない。
 選手時代の真弓に、人一倍応援を送ってきたほうだもの。
 でも、監督には向いていない。
 できるだけ早い時期に、お引き取り願ったほうがよい。
 タイガースの能天気なオーナーが、続投希望とか聞くが、どこを見てそんなこと言っているんだか。
 見識を疑われるやろ。
 オーナーなら、選手から「選手の力だけでも優勝する。」などという発言が出てきた時点で、その背景をちゃんと調査せな。
 まぁ、このお方がオーナーになられてから、タイガースはろくなことがない。いわば「疫病神オーナー」なんやけどな。

 GとDが潰しあっている間になんていう皮算用は、自分のとこが潰れてしまっては、役にたたない。
 こんどは、SとTが潰しあっている間にって、GとDが思うだろうよ。
 なんとか、甲子園に戻るまでの最後のカードだ。
 意地っていうものを見せてほしいもんや。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
22−8 対広島 派手な連敗脱出を喜べない理由
 広島の野村監督も、真弓監督と同様の傾向がある。
 Pの役割分担が不明確なところだ。
 最後に投げて10点とられた梅津なんて、あんな場面で投げるPと違うやろに。あんな場面で投げさせられて、モチベーションが保てるわけないわな。
 もっと、シーズンをにらんで、投手起用をしてこなかったツケが回ってきたんやな。
 まぁ、真弓監督より熱さが表にでるだけ、多少はましかなって、程度で、決して“カープの切り札”っていわれるような監督かって思える。1年目だけに評価は、難しいかもしれないが・・・・。

 タイガースだって同様だ。
 江草・渡辺・西村ってゆPを、勝っても負けても投げさせ疲弊させた挙句、肝心の終盤で使えるかどうか不安な状態にしてしまった。
 先発も、能見・岩田が故障すると、もうなにがなんだかわからん起用をし始めた。
 この先発陣でよくやっているっていう声も聞くが、その危機管理こそ監督の仕事だ。
 故障者は、毎年必ず出る。他球団だって、すべての選手が揃っているなんていうことはない。故障者が出てからの危機管理が大事だ。
 それを、簡単に目先のことだけしか見ないで、ローテの中心の久保を、中四日とか、スタンリッジに中四日で投げさそうとするとか。
 中四日で投げさすには、それなりの準備と調整が必要だ。
 厳密な球数制限とかしながら、中四日に備える。それが、最低限なされる準備だ。Pがいないから、間隔詰めてなんて、短絡的な考えで上手くいくわけがない。
 この連敗は、真弓監督のその短絡的思考が招いた結果だと言える。
 それを、同じく短絡的な野村カープに救ってもらったって感じだ。

 しかし、これで明日、貧打状態になったりして・・・・・。
 よく猛打爆発の翌日は点が取れないっていうこともよくある話なんで。・・・、不安やなぁ。
 明日はスタルツか。いやな感じがする。

 あっ、山脇コーチって、まだサードコーチやっているんやなぁ。
 はやいとこ代えといたほうがええで。
 今日の藤川俊の3塁憤死だって、回したコーチがいかんあわ。
 カープの外野陣の肩や、とった時の体勢、もとっきく点差や状況、何一つ読めてへんもん。
 相変わらずの「壊れた信号機」状態やもの。
 大事な場面で、とんでもないことしでかすで、そのうち。

 まぁ、明日の結果見ないと、今日の勝ち方がよかったかどうかはわからんよ。
 連敗が止まったっていう結果だけは良かったけどね。
 もうひとふんばりして、甲子園へもどろうや。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−5 対広島 黒虎の効力も消えうせる、愚かな采配
 強い黒虎も、こんな采配をしていては、勝てない。
 なんで久保が先発????
 間隔詰めて、ただでさえ疲労から失点するケースが増えている最近の投球だぞ。
 一体、選手の状態をみているのだろうか?
 単にローテ苦しくなったからって、軸となって働いてきた久保に更なる無理強いをして済まそうなんて・・・・。
 正直に、自殺行為じゃないか?
 ちゃんと、感覚与えて、ローテを廻してあげれば、最多勝争いをするPなんだぞ。

 平野が危険球を受けた7回の攻撃もそう。
 何で、当たっているトリにバント?
 ここで、バントさすような、信頼度が低い打者を3番におくなや。
 平野の危険球で、少なからず燃えていた選手会長の気持ちを汲み取れ。
 こういう采配を振るうから、選手の気持ちが離れていくんと違うか?

 いつもの年のように、ここまで争ってきたのに、終盤の下位チームとの対戦で引導を渡されてしまうっていうのを繰り返すムードだ。
 ベンチがアホなら、「選手の力だけでも勝つ」のと違うのか?
 ここで、選手の力みせないで、どうする。
 また、いつもの年のように終盤の失速でCS争いで終わらせていいのか。
 ここを踏ん張らないと、ズルズルいくぞ、ヤクルトだって迫ってきているし。

 せっかく、金本も「日光江戸村の忍者」スタイルを卒業したのに、黒虎の勝ち運をも消してしまう、愚かな采配。
 後は、選手の団結でこの危機を乗り切るしかないんだ。
 もう、ベンチワークに期待はできん、って言うか余計なことだけはしないように祈るだけだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−3 対読売 こうなることは、わかっていたとはいえ・・・・
 小嶋だ、秋山だ、メッセンジャーの中四日だとか言われていたこの3連戦。
 Pが不足しているのは明明白白。
 超ラッキーな好投でもないと、3つとも持って行かれる危惧は大きかった。
 期待は、Dの投手陣に沈黙させられて、3タテを食らったGが、焦りからタイガースのPを打ちあぐねてくれること。
 それには、第1戦のPが、好投して焦りを誘発させなくてはいけない。
 それが小嶋が、逆に火をつけてしまい、初戦を失ったことでタイガースに焦りを生んでしまった。
 それが、Gの福田、朝井という裏ローテPを打ち崩せなかった要因になった。
 下柳が単に不調で2軍落ちしているのならもったいない。
 初戦は下柳で行くほうがよかった。2戦は秋山を試して、3戦目が鶴っていうのが、寅吉が考えていたローテだったんだがねぇ。

 まぁ、岩田・能見の2人を欠いて、ここでスタンリッジまで離脱したタイガースがよくやっているという見方もある。
 だが、Gだっってグライジンガーを故障で欠いて、クルーンも離脱が多く、松本も離脱が長かったが、個々の位置にいる。
 Dだって、要の井端を欠いているし、Pだって、やっと揃ったところだ。
 タイガースがとくやっているのか、逆に抜け出せるチャンスをものにできないベンチワークが問題か?
 寅吉は、後者であると思うんだが・・・・・。

 今日のゲームは、触れるのもつまらん。
 これで、対Gを負け越してしまった。救いは、残りの対戦がすべて甲子園ってことだけだな。
 きっと、最後で能見・岩田の復帰に期待しているのだろうけど、そうそううまくはいかないだろう。
 その辺の危機管理ができているとはいえない。
 久保一人でGとDと戦わなくてはならない。
 メッセンジャも当初の粘りがなくなっている。
 かなり苦しい台所だ。

 ロードの成績も折角五分に戻したのに、これで借金が「3」だ。
 DとGに各1回3タテ食らっているのを、ほか(横浜)で「3」埋め合わせしている。
 DとG以外の対戦を簡単には落とせない。
 来週は、まずSとの対戦だ。
 神宮のS戦は、このところいい思いがない。今年は引導を渡されることがないよう、心してかかれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3−8 対読売 有利と言われた対戦成績も五分になり
 まぁ、博打的な秋山先発も5回2失点の期待以上の好投やったんだが・・・・。
 もう1回。次の回の打席が回るまでの、つまらんプランが台無しにする。
 せっかく5回を投げ、勝ち投手の権利をもったんや。
 後は、決死の中継ぎ総動員で勝ち投手の権利を守ってやらんかい。

 打線は、チャンスをことごとく無駄にし、HRでしか得点できない。
 もう1点取っていれば、いくら優柔不断なベンチでも、6回から継投に出てこれたろうに。
 ある意味、打線が秋山を見殺しにしたといっていい。
 Gがフラフラの福田を5回でしっかり見切ったのと対照的だった。
 もっとも福田を5回まで持たせてしまった、タイガースの拙攻がイカンのだけどね。

 シーズン当初3タテもして、対戦成績を優位に進めてきたのに、例の雨天中止2試合で1試合だけ実施された甲子園の対戦で延長戦の末敗れた試合から、対戦成績の潮目が変わった。
 あのとき、勝ち負けでGに苦手意識を植え付けられるかどうかの大事な試合と書いたが、その通りになってしまった。
 あそこから、一気に対戦成績が5分とされてしまったからね。
 これで、DとGに対して、不利な状況を招いている。
 シーズン当初の3すくみの状態から、DはGにもTにも強く、GはDに弱くTに強い、TはDにもGにも弱い、そんあ感じになってしまっている。
 これは、これからの戦いに不利以外のなにものでもない。
 ただでさえPがいないのに、苦労するぞ。

 なんか、このベンチワークを見ていると、とても優勝を争っているチームのそれに思えない。
 なんか、腰を折られるっていうか、燃えないっていうか、能天気な真弓監督を見ていると、湧き上がるものがないんだよね。
 きっと、選手もそういう感じなんじゃないだろうか。
 今一度、「選手の力だけでも勝つ!」って言った気概をみせなくっちゃいけないだろう。
 ベンチワークに期待してもしょうもない。
 寅吉は、選手そのものに期待する。(ってそれでいいのだろうか?)

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5−12 対読売 寝た子を起こす、タイガース
 昨日までと立場が逆転。
 連敗中といえ、横浜と読売では相手が違う。
 その読売は中日と戦っての貧打で、タイガースは横浜と戦っての猛打だった。
 お互いの相手の投手力の差を考えれば、今日のような結果もあり得るってこっちゃ。

 小嶋はどうしちゃたんだろう?
 結果を出さないと、すぐに2軍におとされるってことが、プレッシャーになって、慎重になりすぎているんじゃないだろうか、
 春のキャンプやオープン戦のときのキレもなければスピードもない。
 「なんで、こんなPを先発させるんや?」っていう状態だった。
 思えば、今甲子園で戦っている球児のように、「北陸のドクターK」の異名をとって、甲子園を沸かせたときのピッチングの面影すらない。
 もう一度、あの時の気持ちに帰って、ピッチングをして見ないか?小嶋君。

 しかし、2番手に鶴って、昨日よかっただけに、3戦目の先発にと思っていたのだが・・・・・。
 どうも、先発を作る気がないのと違うか?
 明日が秋山で、明後日がメッセンジャーの中四日っての、本当なんか?
 大体、あせってスタンリッジを中四日でっていう発想が、スタンリッジの故障を招き、先発不足に輪をかけ、ロードの連敗を呼んだのと違うか?
 それを、また懲りもせず繰り返そうっていうのか?

 中四日で回すメジャーは、球数による制限をキッチッと守っている。それゆえ可能な中四日なのだ。
 それをスタンリッジのような球数の多いタイプに、散々完投とか7,8回まで引っ張って、130球を超える球数投げさせといて、中四日なんて、自殺行為だろ。
 それを、こんどはメッセンジャにするのか?
 何故、鶴じゃだめだったんだろうか。
 それより、スタンリッジの抹消を決めた時点で、今日の試合の先発を鶴にって思わなかったのだろうか?
 不思議や。

 順番で言ったら、鶴、小嶋、秋山やろ。
 まぁ、2軍から江草の先発抜擢があってもよかったが・・・・。
 なんか、勝負どころを間違えるベンチなんだとねぇ。
 せっかくの、Gに息の根を止めるチャンスやったのに。
 これで、また息を吹き返しちまった。やっかいなことやで・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
10−4 対横浜 3タテ5連勝で首位堅守
 まぁ、ここは負けられないところや。
 GとDで食い合っている間に最下位横浜との3連戦だ。確実に勝っておかないと・・・・。
 しかし、食い合うどころかDがGを3タテしちゃって、2位に浮上してきた。ちょっと、不気味やなぁ。
 これで、ローでも5割になったし、黒虎のユニホーム様様やね。

 好事魔多しって言葉を思い出す。
 このところエース級の活躍をしてきたスタンリッジが腰痛で、登録抹消になった。
 先に下柳が2軍落ちして、鶴が中継ぎ降格で、6人必要な先発陣がもともと1人足りなかったところ、これで4人足りなくなった。 
 実際、久保とメッセンジャーの2人しかいなくなったのだから、安藤の先発も窮余の一策だったに違いない。
 なんとか、勝ち投手になったものの、最下位横浜相手に大量援護をもらいながら、6回途中までしか投げられなかったのは、大いに不満だ。

 鶴が9回に登板。
 先発で投げている時とピッチングが違う。
 力のピッチングで、フォームにも迫力があった。こういうピッチングが本来の鶴の姿なのではないかな。
 このほうが、づっ〜と、勝てると思うのだが・・・。
 もう一度先発に戻して見てもよい、そう思わせる投球だった。

 後は、小嶋にもうワンチャンスと高卒新人の秋山の抜擢が噂される。
 大体、優勝するときは、神がかり的活躍をするラッキーボーイが出てくるもだが、秋山とかがそうならないとも限らない。
 でも寅吉的には、江草か筒井を先発に起用してもらいたいところなんだが・・・。
 絶対に左の先発Pは必要だ。
 下柳をを落とし、能見・岩田を欠いているローテだけに、左のPがローテに入って活躍してくれないと困るよ。

 横浜を3タテして連敗中のGとの週末決戦。
 お互いにPがいないだけに、ノーガードの打ち合いになることが予想される。
 こういうときに、救世主的に好投してくれるPが出てきてくれるところが優位になるのだろう。
 ここは、最低勝ち越しておきたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
11−2 対横浜 甦る、ダイナマイト打線
 復刻版のユニに乗せて、ダイナマイト打線が甦る。
 といっても、実際寅吉は、このころの「ダイナマイト打線」と呼ばれたタイガースを知らない。
 寅吉の知っている、最も昔のタイガースは、江夏が新人でその剛速球でセリーグを湧かし、村山さんがエースで君臨と投手陣は充実していたが、打線は4番をカークランドが勤めていて、毎回貧打に泣く、投高打低のチームだった。
 それでも、当時を知らなくても、このユニがかもし出す雰囲気に、「ダイナマイト打線」が思い浮かぶ。

 ブレゼルが2発。林も2発、トリが一発の計5発の花火が横浜の空に舞い上がった
 これをバックに久保が悠々のピッチング。
 なぁ、ちゃんと間隔あけてあげれば、ちゃんとピッチングするんやから、じたばたせんとローテを守らしたらよろし。
 久々の安心して見られるゲーム。ベンチワークを必要としないゲームだったね。
 最後の川崎は、落ちるチェンジアップみたいな球覚えんと厳しいなぁと思わせたが、それでも得点差に守られ1失点で切り抜ける。

 トリと金本を除くメンバーが、すべて3割に乗せる。
 トリも、貪欲に諦めず、3割狙ったがいい。まだ、間に合うやろ。
 そりゃ、恐ろしい打線やな。
 このユニ着るのにふさわしいって言えば、言える。
 どうせなら、このユニをビジター用に正式採用してもよいのと違うか?
 もちろん、“日光江戸村の忍者”スタイルの、金本、平野、マートン、林には、ちゃんとソックス出すように指示してね。
 そうそう、白の縦縞入れてもいいんとちゃうか・・・・・。

 これで、ロードは6勝7敗。
 借金は、あとひとつ。
 明日、しっかり返して、無借金でGとの週末決戦に臨みたいね。
  
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
12−8 対横浜 HAPPY BIRTHDAY FUJISYUN
 プロ入り第1号のホームランが、自分の誕生日に飛び出た。
 それも、1点を勝ち越した後、城島を敬遠された場面。ここでダメを押した貴重な一発だ。
 
 今日の打席、一歩間違えれば、浅井も控えていたので、セッキーを代打に出されても不思議じゃない場面。
 誕生日だから、打席を与えてくれるほど、プロは甘くない。
 打席に入った、藤川俊の構えを見てわかった。
 バットを振れるようになっている。
 シーズン当初は、どちらかというとコンパクトにミートしていく打撃に見えた。構えもそれなりにこじんまりと、どこからでもバットを出せるように考えた構えだった。
 それが、今日の打席に入ったとき、まるで新井の構えを真似たような大きな構えに、「さぁ、いらっしゃい。」とでも言うようにゆったりバットを構えている。
 プロの1軍で開幕からベンチ入りしながら、少しずつ自信をつけ、力をつけて、バットを振ることができるようになった。そういう証の構えだったに違いない。
 おめでとう!そして、グッド・ジョブ、フジシュン。

 しかし、こういうどつきあいには、負けられないよね。
 清水もメッセンジャーも調子が悪く、序盤から打ち合いの様相を呈した試合だった。
 まぁ、真弓監督特有の、次の回に打席が回るから、とりあえず続投的な采配で、窮地に陥った感はあるけど、よく選手たちが補ってくれた。
 このへんの見極めがちゃんとできないと、ベンチの仕事がなくなるんと違うか・・・・。
 少しは学習してほしいね。フジシュンを見習わないといかんぞ。

 今日の試合は、お互いオールド・ユニを着ての試合。
 タイガースは、黒(正確には濃紺)ユニの復刻版でプレー。
 当時の「ダイナマイト打線」を彷彿とさせるバッティングを見せた。
 でも、ストッキングは、ちゃんと見せるようなオールド・スタイルの着こなしをしないと、このユニの格好良さが伝わらんと違うか?
 マートン・平野・金本は、ストッキングを出したほうが絶対に似合うよ。
 金本なんて、“日光江戸村の忍者”かと思ったもの。なんとかして欲しい。

 さて、ロードの出だしの連敗を取り返すべく、今日で3連勝。
 まだまあ、借りは返さんといかんからね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
9−6 対東京ヤクルト ロード初の勝ち越しを決める
 正確に言うと「京セラドーム」のタイガースのホームゲームだけに、「ロード」とは言わんのかもしれん。
 でも8月末までの甲子園を離れた試合を「死のロード」と呼ばれているとすれば、これもその中のカードとして数えてもよいのではないだろうか。

 先制された後、新井、金本の兄弟アベック弾も出て、序盤を5−1とリード。
 昨日、スワローズの勢いを止めて、今日はタイガースのペースで試合を運べる、そう思ったのもつかの間、下柳がヤクルト打線に捕まる。
 元々、8月には弱く、ヤクルトとの相性も良くない。
 そんな中の先発だから、5回を持たずに降板。残したランナーを安藤がしっかり返され、同点とされる。
 6回に前倒しになった西村は、デントナに1発を喰らい、ついにリードを許す展開となった。
 まぁ、バーネットを降ろした後、山岸に抑えられていたのがイカンのだけど、どうも一度リードを奪うと安心するのか、なんでもないPに簡単に抑えられることがある。
 
 そして、先制と逆転の一打を喰らったのが、またもの相川。
 しかし、相川には横浜時代からよく打たれる。
 相川対策って、真剣に考えているんかね。
 大体、タイガースは、決まったPに抑えられるし、決まった打者によく打たれる。
 スコアラーのデータがおかしいのか、分析する力がない首脳陣なのか、対策どおりにできない選手のせいなのか不明だが、いいかげん何とかして欲しいもんだ。
 
 まぁ、そんあこんなのゲームだが、8回の裏に新井の2ベースからブラゼルのショートフライを落としてくれて、一挙に逆転へと流れを掴んだ。
 やっぱり、ミスは流れを変えるんだね。あな恐ろしや・・・・。
 金本の同点打、城島の逆転打と続き、仕上げはマートン。
 完全に戻ったね。右方向のあの当たりが多くなれば、また率が上がってくる。
 
 トリは、あそこで1本打っておかないと・・・・。
 この辺に、何年たっても3割が打てない理由がある。マートンの一打で決まっているとはいえ、あまりに淡白な打撃。
 もっと、ヒット1本に執念をもってもいい。そうしないと、永遠に3割は打てんと思う。
 
 さて、今週は3勝2敗1中止と勝ち越すことができた。
 上位に足踏みもあって、これだけ負けてもまだ、首位争いをしているツキもある。
 来週は、横浜とGとの6連戦。
 先週の分を取り返すような活躍を期待する。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−3 対東京ヤクルト 連勝を止める意義
 ヤクルトの10連勝で止めたことに意義を見出すゲーム。
 それ以上の意味は持たなかったといっていい。
 
 謎のスタンリッジの7回続投。
 単に6回の裏に打席が回らなかったというだけで続投させてしまう能天気な采配。
 どうみても背筋痛からの復帰のスタンリッジは、6回でアップアップ。
 確かに、無失点できていたが、球威・コントロールともに限界であることは素人でもわかる。
 それを、代打を送り交代という打席が回らなかったがために続投させ、いらぬピンチを招く。
 浅井をセンターに入れるのであれば、浅井を9番のピッチャーのところへ入れて、次のPを8番に入れればなんの問題もない。
 そんなことさえ考えが回らない、なさけないベンチ。

 それゆえ、スタンリッジが7回にランナーを残して降板したときには、完全にひっくり返されると思った。
 素直に下位の頭から西村でよかったのだが・・・・・。
 ここをなんとか凌いだのは、ベンチのチョンボを選手が補ったということだろう。
 
 しかし、采配で勝てる試合は、年に何回もないと言われているが、タイガースを見ていると采配で失う試合は年に何回あれば済むんだろうって言う気がする。
 頼むから、普通に采配してくれんかなぁ。
 それでも、ヤクルトの勢いを一旦止めたのは大きい。
 これで、明日からまた出直しという気にさせれば、多少精神的に優位かもしれぬ。
 下柳がヤクルトとの相性が悪いのが気がかりだが、なんとか勝ち越して欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 選手 | comments(0) | - |
6−9 対東京ヤクルト 勢いの差を見せ付けられる
 やっぱり、今セリーグで一番強いのはヤクルトだ。
 タイガースに勝ち越したGを3タテ、タイガースを3タテしたドラゴンズも3タテ、9連勝で京セラドームへ乗り込んできた。
 しかも、先発は相性の悪い館山。
 対するタイガースは、やっと連敗を「5」で止めたばかり。
 久々の大阪でのホームゲームだが、先発は若い鶴。
 ちょっとばかり、分が悪いってもんだ。

 この勢いの差っていうやつが初回から表れた。
 ポテンでもなんでも効果的に得点に繋がるスワローズと、チャンスもトリのゲッツーで新井の長打が1点にしかならないタイガース。
 追加点も効果的に取れるスワローズに対し、タイガースは得意の拙攻続き。
 結局8−2という大差がついてからの追い上げ。
 しかも、2点差に迫った8回裏の攻撃のあと、9回の表で1点取られ、3点差に引き離される。
 この1点が効いたねぇ。
 ランナーが一人出ると一発で同点というシュチュエーションが、ランナーを2人溜めないといけなくなった。
 事実上、この1点が勝負を決めた。

 やらないでいい点を与え、取らなくてはいけない点を取らないで勝てるわけがない。
 4回の裏の2死3塁で金もとの場面。
 あそこは、どんなことしてもサードランナーだけは、返さないと・・・・。長打狙いより、確実にヒットゾーンに打球を落とすべき。
 それができない金本の現状が寂しい。
 あそこの1点は後々効いてくるのだが、それを取れないタイガースの現状。
 ここが、スワローズとの差だ。
 こうしてまごまごしている間に、去年と同じようにスワローズまで、絡んでくる可能性が大きい。
 明日は、この勢いをなんとしても止めておかないと・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
10−6 対広島 3連発のあるシーズン
 城島・桜井・狩野がレフトスタンドへ3連発。
 85年のバックスクリーンへのバース・掛布・岡田の伝説の3連発。
 03年は、浜中・片岡・アリアスの3連発。
 いづれも優勝へ礎となる3連発。
 今年の3連発は、連敗を「5」で止めて、勢いを取り戻す3連発。
 3連発の年は優勝するというジンクスに習いたい。

 久保は今回も不安定。
 ずっ〜と、ローテの中心で回ってきて、この夏場に間隔を詰めるという無謀な起用されて、調子は下降気味なのがわかる。
 うまく使ってあげれば、最多勝争いをしていても不思議じゃないピッチングをしてきていただけに、夏場でバテ気味なのは気がかり。
 それでも、今日は打線の奮起に助けられ、2桁勝利に到達。
 勝ち星が何よりの薬だけに、これを機に再び久保らしいピッチングを取り戻してもらいたい。

 このところのセは、完全に下克上。
 ヤクルトが、犬でいることを脱して、Gを3タテ。
 横浜もDに、今日は敗れるも勝ち越しを決めて、お陰で広島に1勝1敗1中止のタイガースが首位に返り咲いた。
 しかし、ここにこて一番取りこぼしが怖い中、その下位チームの調子が上がっているのが不安材料やね。
 簡単には勝てなくなっているのは、事実だ。

 まぁ、昨日の中止がよい結果をもたらしたかも知れない。
 思えば、85年もあの航空機事故から、連敗が始まり、それを止めたのも猛打で勝った試合だったと思う。
 それから、連勝をして首位に出て、ゴールへと進んだ。
 なんか、85年とかぶる今年のチーム。
 3連発も出たことだし、連敗も止まった。
 後は、85年を再現するだけだね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6−7 対広島 「死のロード」一直線
 まぁ、無死1,2塁のチャンスを無にして、満塁から相手のPに打たれれば、勝つことは難しいわな。
 あの時の桜井の走塁にタイガースの甘さみたいな物が垣間見えた。
 きっと、キャンプなんかで、そういう練習なんてしていないんだろうねぇ。
 しかも、終わってみれば安藤が許した失点が、決勝点。
 タラレバだけど、こんな試合でもあそこを抑えていれば同点まで持っていけたんだよなぁ。

 9回も、トリのセカンド・ゴロで1点を返したが、あそこはアウトを与えはいけない場面。
 どうしても、ランナーとして残らなければいけない。
 1点は返しても、ランナーがいなくなり、アウト・カウントが増えるってことは、Pが落ち着いてしまうってことなんだ。
 あそは、ファールで粘って、四球を奪い取るべき打席だ。
 それができるトリだけに、残念な場面だった。

 返す返すも、焦り過ぎ。
 Gの3戦目に久保を持ってきて、Dの3戦目に中4のスタンリッジなんていう考えが、焦り以外の何者でもない。
 もっと、「勝負はまだ先や」って、ドンと構えていればよかった。
 Gの3戦目に小嶋でも、安藤でも先発させるくらいの余裕を見せておくべき。
 6連戦が続く8月は、どうしても先発が6枚いる。
 これを、間隔を詰めて、無理して廻すことなど必要ない。6人目を探しながらでも残り5人のローテをしっかり守って戦えばいいのに・・・・。
 
 大体、無理したり、焦った方が、自ら崩れていくのが勝負事の常だ。
 仕掛けるには早すぎるタイミングだったし、口では「今の時点での順位は関係ない。」って言っていながら、それに一番拘って、焦っていたってことが、相手に見透かされてしまうんだよなぁ。
 まぁ、今のタイガースベンチにそれを言っても無駄かも知れない。
 その仕掛けが失敗に終わると、そのお釣りが大きい。
 見事に、今日で5連敗。
 これは、すべてベンチワークの失敗に他ならない。
 後は、本当に選手だけの力でも勝つという強い意志しかない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−10 対中日 3タテ喰らって、4連敗

 もう、何を言わんや、やでぇ。
 こうも、コテンパンにやられると、もうあきらめもつくわ。
 やはり、小嶋の先発には、この状況では厳しすぎやろ。
 何度も言うけど、小嶋の先発なら、G の3戦目やろ。負けてもいい状態は、あの時しかなかったもん。
 それを、無理して久保を先発させよって、負けてもいい試合を、勝たなくてはいけん試合にしてもうた。
 結局、ここで歯車を狂わせちまったんだよねぇ。

 まぁ、ロードの出だしで、1勝5敗とは、たいしたスタートを切ったものだ。
 これで、GとD以外の試合は、落とせなくなったねぇ。
 来週、5勝1敗が最低のノルマやで。
 本当は、今週3勝3敗の五分でいけば、来週は4勝2敗でOKだったんだけどねぇ。
 Dも生き返らせたし、ナゴドじゃ、勝てないっていうのが染み付いちまったし。これで2度目の3タテだからなぁ。

 この辺の策の打ち方が下手なんだよね、うちの監督。
 勝ち負けだけじゃなく、いやらしい負け方ができないと、この先GとDに置いていかかねないよ。
 もう、今日は愚痴しかでないから、早く寝るよ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―4 対中日 後手に廻る
 デイリースポーツによると明日の先発が小嶋らしい。
 スタンリッジの中四日を避けるためのローテ変更とのこと。
 それならば、Gの3戦目だろう。
 ここがローテの谷間だった。ここを小嶋等で凌げば、久保が中6日と、いつも通りの間隔で投げることが出来たし、スタンリッジも中6日空けることができる。
 それを、久保とスタンリッジに無理をさせる、特攻ローテを組んだのがこの6連戦だったはず。
 それを、この6連戦の負け越しが決まってから、チャラにするって、出来るわけがない。

 大体明日の、小嶋が先発だとすれば、そのプレッシャーたるや半端じゃない。
 このとこと低調な打線。女房役の城島は故障の疑いがありあり・・・・。
 今日で、1勝7敗のナゴドの中日戦。しかも3タテを喰らう可能性がある、大ピンチ。
 しかも、ロードへ出てから2カード連続の負け越し。
 開き直って、思いっきり行くしか、道はないだろう。
 それは、そうゆう使い方をした、ベンチワークの失敗だ。

 しかし、今シーズン、初先発のベテランもベテラン、ヤママサにこうも簡単に抑えられるかね。
 元々、苦手にしていたPだが、いくら苦手のナゴドでの試合といえども、いまさら抑えられるわけにはいかんやろ。
 本来なら、今年引退試合をやる状況に追い込まれていたPなんやっぞ。
 下柳よりも、金本よりも、年寄りなんやぞ。
 ここからも、打線が低調期に入った事が分かる。

 やはり、打線の建て直しが必要。
 セカンドにセッキー入れて、ライトに平野。マートンがレフトに廻って、金本を代打に戻す。
 守備力と打線の繋がり考えたら、これしかないやろ。
 ここまで、後手に廻って、いまさらやけど、いまさらの小嶋先発に賭けるなら、バックもちゃんとしてやらんと・・。
 いい結果を出す為に、最善の手を打つことが、今求められている。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―4 対中日 苦手を作る
 ナゴド。
 今日で1勝6敗。借金「5」
 森野
 対戦打率が5割をこえるとか?
 中田、山本昌。
 それに岩瀬。今日みたいに絶不調のピッチングでも得点できない・・・。

 元より、苦手を作るのが好きなチームだ。
 いつも同じ打者に打たれ、同じPに抑えられる。
 Gでも長野に毎度毎度痛打を喰らっているし、スコアラーが悪いのか、それを分析できないコーチのせいか、はたまた、言われたとおりに出来ない選手のせいなのか?
 いずれにしろ、優勝を目指すにしては、情けない。

 今日の試合は、鶴がよくプレッシャーに耐え、ゲームを作った。
 しかし、打線が下降線を辿っている。
 振れているのが、トリとブラしかいない。
 そこいらじゅうで打線が切れる。好調の平野(月間MVPオメ)も下降気味。マートンが不調の波に入ると得点力ががた減りだ。
 しかも、城島の様子が変だ。どうやら故障しているみたい。
 これじゃ、多くを期待できやしない。

 好調なセッキーをつかえないのも痛い。
 セカンドでセッキー、平野を外野でという布陣も考えたらどうだろう。
 金本の肩は、まだまだ守備力を考えれば不安が大きい。
 ここは、再び代打に専念、だっていままでそれでこおまできたんだし。
 外野は、マートン・浅井・平野でどうだろう。
 6番にセッキーを入れることで打線が機能する気がするんだが・・・・・。

 いかん、今日の試合ね。
 8回に1死1,2塁でトリが2―3から、ボール球振って三振。
 あそこで勝負あったね。
 岩瀬が以前の岩瀬で無いから、1点差なら面白かったが、ここで得点できなかったのが渡辺の投入になり、無死から和田に打たれる。
 結局ここで2失点で3点差になってジ・エンド。
 まぁ、野球が下手だってことはわかった。
 あとは、必死に喰らいつくしかないでしょ!
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―9 対読売 だから、久保じゃないって言っているのに
 今日の先発、せっかく中6日で廻して結果が出ている久保を無理して、中5日でGにぶつける必要があったのだろうか。
 それでなくとも、このところのピッチング内容から、下り坂に入っている気配のある久保なのに・・・・。
 ここは、新戦力に期待するか、安藤を持ってくるかという博打を打っていい試合だ。
 それで負ければ、3タテさえされなければ良い3連戦だと、嘯いていればよい。
 逆に、それで勝利すれば、Gのダメージはこの上ない。

 それを久保を先発に持ってくることで、Gにタイガースも必死だと読み取られてしまう。
 久保も絶対に負けられない試合との、余計なプレッシャーを感じることになる。
 加えて、次の中日戦への皺寄せを余儀なくされる。
 どこに勝っても、1勝は1勝と思えばよいのだけどねぇ。
 大体、こういう試合は、無理して意気込んだ方が負ける。
 案の定、久保は2回に自滅。
 これは、そのプレッシャーのなせる業だと言っていい。

 対してGは、初戦のグライジンガーは不安定要素だが、昨日・今日の内海・東野で勝ち越しは読み込んでいたはずだ。
 1,2戦の結果が逆になったとはいえ、この3戦目を物にし首位にかい返り咲いた。
 経過はどうあれ、原監督の思惑通りの3連戦となった。
 また、そうさせてしまったのがタイガースのベンチだった。
 今日、久保を温存させていたら、原監督には、そのタイガースの余裕が不気味に映ったに違いない。
 そういう負け方をしてこそのベンチワークだと思うのだ。

 今日の試合は、久保が5点を失った時点でギブアップだった。
 明日からの中日戦の先発を考えても、勝ちパターンの中継ぎは使えない。
 結局、敗戦へと流れるP起用で、追加点を許す。
 城島が引っ込んだ時点で、白旗を揚げたも同然だ。
 城島の交代が故障でないことを祈るのみだが・・・・、清水と若竹は経験を積んだということ以外何者でもない。
 
 なんか、2年前の後半戦、Gに全然勝てなくなって、逆転された悪夢が甦る。
 真弓監督には先を見据えての、危機管理をお願いしたいよ。
 これで、明日からのナゴドの中日戦で、負け越したら、踏んだいけったりになってしまう。
 鶴にも大きなプレシャーが懸かるだろう。
 それも、試練と思い、負けるな!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
8―4 対読売 平野でもHRが打てる東京ドーム
 昨日とは逆に、チャンスをものにできた一戦。
 対するGは、昨日のタイガースの如く、ヒットはでるが攻めきれない。坂本のボーンヘッドなどあり先発のメッセンジャーが7回まで投げることになった。
 メッセンジャーは、日本の野球ではいかに丁寧に低目へ投げるかをよく学習している。元々球威はあるから、高めに浮かなければさこそこ投げられる。先発転向が功を奏した。

 さて、結果駄目押しとなった平野のHR。
 本人は冗談で、オールスターの時にHRを狙うと言っていたように、首位打者争いをしながら今季のHRは0だった。
 その平野が、Gの2番手ロメロから、綺麗にドームランを放った。
 確かにジャストミートした打球ではあったが、決してオーバーフェンスというような当たりではなかった。(平野ゴメン)
 だが、ここ東京ドームでは、HRになってしまうから不思議や。
 平野だって、ここをホーム球場に試合したら、脇谷よりHRは打てるんと違うか?
 外野フライがHRになるんだから、率だってもっと上がっている。
 それ故、ここのHR数と甲子園を本拠地にしたHR数を同列には扱って欲しくはないわな。
 ブラゼルも、ラミレスに2本差つけられたからって、そんなに力むことはありゃしない。
 リアル・HR王は、甲子園をフランチャイズにしたブラゼルであることは揺らがないからね。

 さて、今日の試合の最後を締めくくった久保田。
 脇谷に2ランを喰らって失点を記録した。
 久保田のフォームに迫力が失せている。以前は、セミ・トルネードと言われたように、バックスクリーン側に捻りを少々加えながら、これを解く力を利しての投球に見えた。
 今は、どちらかと言うと上へと伸び上がるかのような、捻りより上下の運動により投球している。
 これでは、打者からも見やすく、あわせ易い。
 なまじスピードがあるゆえ、あわせられるとよく飛ぶ。
 以前なら、その球威で押し返した投球が、捻りの力が無くなっている為に、きれいにはじき返される。
 これが、現状の久保田じゃないだろうか。
 セミ・トルネードが出来なくなたった訳はわからんが、今一度その球威を取り戻さんと復活は無いんじゃないだろうか。

 さて、これで1勝1敗。
 勝ち越すにこしたことは無いのだけど、3タテを喰らわなければいい状況。
 明日無理して久保で行くより、ローテを崩さない余裕を見せるべきと違うかなぁ。
 このところ当番の無い若竹の奇襲先発とか、2軍から小嶋を急遽上げてきて先発させるとかも面白いと思うのだけど・・・。
 GとD、どちらに勝っても1勝は1勝なのだから。
 それでも、やっぱり勝って欲しいんだけどね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―6 対読売 流れを手放す試合をしちまった・・・
 初回、トリが内野安打で出塁。
 故障明けのグライジンガーは、立ち上がり不安が一杯。そのPが一番落ち着くのが最初のアウトを取ることだ。
 まぁ、それをコチラから送りバントという形で献上してやるんだから、グライジンガーは随分助かっただろう。
 
 そのグライジンガーがブラゼルの打球をスネにあて降板。
 これを、普通の調子ならタイガースの天敵であるグラうジンガーの降板がツキがあると見るか、攻略できそうな状態のグライジンガーが降板したことがツキがないとおもうかは、その後の攻撃に懸かっていた。
 緊急登板の野間口を攻略し、一気に突き放せばタイガースの流れとなる。
 その野間口を、チャンスは作れど、悪運が尽いている野間口から得点を挙げられない。
 この野間口を5回まで持たせてしまったことで、この試合の流れがGにいってしまった。

 ただ、初回のバントこそがタイガースが流れを手放す最初の要因だった。
 東京ドームのG戦で、1点の先制がどれほどの意味をもつのか?
 実際タイガースだって、小笠原のHRでの1点を先制されても、さほどの焦りは無かったはずだ。
 それより、再三のチャンスを潰すうちに、取られた2点の追加点のほうがはるかに痛かった。
 それを、タイガースは初回から出来るチャンスに、送りバントで手放した。
 この送りバントで、得点に結びつく確率はどれほどのものだろうか。
 その成功率と合わせて再考したほうがいい。

 結局、潰せそうで潰せない野間口を持たせた故、Gのペースで試合を運ばれた。
 投手起用も含めて後手に廻ったタイガースは、8回に阿部に決定的な3ランを献上。
 勝負あった。
 この辺が、タイガースベンチの甘さなんだよね。
 阿部まで廻さんでよいのに、ランナーを気にしすぎて、相手の術中に陥っていく。
 「飛んで火に入る夏の虫」ならぬ、「夏の虎」状態だ。

 今日の試合は、この3連戦の流れを左右する大事な一戦だった。
 故障明けのグライジンガーを立てなければいけなかったGの台所も、明日、明後日は、内海・東野と揃っている。
 対してタイガースは、メッセンジャーと中5日で久保というローテらしい。
 本来は、今日を勝って、3戦目は久保でなく、ローテを崩さない余裕を見せるべきところ。
 だが、今日の一戦でそうも言っていられない。
 3タテされる危険性も大きくなった。それほどの今日の試合だった。
 これも、前の甲子園の一戦で負けたのが大きかったかなぁ。
 あの一戦、Gにタイガースに対する苦手意識を持たせるか、逆に逆襲の手ごたえを感じさせるかの分かれ目だった。
 それが、今日の一戦に繋がり、今後の対戦の流れを左右してきそうな予感がする。

 それを払拭する為には、明日いい形でタイガースらしい勝ち方をするしかない。
 メッセンジャーは不安一杯だけど・・・・・。
 なんとか、頼むぞ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
8―7 対中日 ゲームプラン無き戦いを制す
 これで、対中日の対戦成績が五分になった。
 ようやく、最初のナゴドで喰らった3タテを清算できたってことだ。それでも次のナゴドで最低勝ち越さないと、本当の意味での清算にはならないか。
 まぁ、ロードへ出る前の最後の一戦を何とか勝利し、首位を守ったのは良かった。

 下柳は、8月の勝利が少ない。
 8月には入ると、ピタッと勝てなくなるPだ。
 それは、今日の立ち上がりを見ても分かる。何故か球は高く、慎重に立ち上がっているように見えるが、それがダルそうに映る。
 今日も初回にHR2本で3失点。1点を返してもらった、2回にもHRで失点。
 結局、降板した6回までに4本のHRで5失点だ。
 それでも3回から、森野に2本目のHRを喰らう6回までほぼ完璧と言ったピッチングを見せたのは、ひと汗かいて体にキレが出てきたからなのだろうか?
 だとすれば、試合前の準備の工夫で今後の立ち上がりを改善できそうだが・・・。

 それにしても、今日もチグハグな采配が目に付く。
 初回にトリのヒットの後、平野に送りバントのサイン。って3点差だよ。
 今日の下柳の立ち上がりから、1点づつなんて言ってられん展開でしょ。
 率のいい平野は、送りバントが上手いとは言えないし、逆にバントサインで萎縮させ、その後のバッティングを狂わせた。
 相手のPの岩田がアップアップの状態だけに、もったいなかった。
 これが無ければ、初回で岩田を潰していたかも知れん。

 それと、8回の久保田。
 久保田の起用を言っているんじゃない。
 久保田の登板とレフトの守備固めを同時にするなら、久保田を6番に、9番にレフトの藤川俊を入れるべき。
 百歩譲って、この回を久保田が抑えて、裏に廻る打順で代打をと考えていたなら、久保田を諦めて、球児を投入する時点で、球児を5番のブラゼルのところ。9番にファーストでセッキーを入れるべきだろう。
 そのまま球児を、打順が絶対に回る裏の攻撃の9番に入れたことで、球児に代打と言う手は打てない。
 その危惧がそのまま8回裏の攻撃に出た。
 球児が四球を選んだからとか結果論を言っているのではない。
 むしろ、9回のピッチングを残してランナーとして塁に出る危険性を考えて欲しいと言っている。
 9回に球児にもしものことがあるとすれば、8回裏の出塁が原因となるかもしれない。
 むしろ、そうなりかけていたのが事実だ。

 ベンチワークのミスを選手が必死にカバーしてきたのが、ここまでのタイガースの戦いだ。
 もうそろそろ、ベンチも学習してくれないと・・・。
 来週は、ロードでいきなりのGとDとの6連戦。
 代走の出し忘れや、だいだのを余したり、守備固めの布陣を間違えたりしていたら、それが命取りになる。
 ベンチと選手が一体になってこそ、道は開けるのだから。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。