CALENDER
<< January 2004 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



いよいよ、キャンプイン
いよいよ、キャンプインだ。やっと、野球が見られるね。スカイAでは、また連日「猛虎キャンプレポート2004」を放送してくれる。

 一昔前には、考えられないことだよねぇ。TVは、いつもジャイアンツ中心。せいぜい、ジャイアンツ戦の中継のあいまに流される、他球場の途中経過とやらで、阪神のことを知ることくらい。キャンプ情報だって、ジャイアンツばっかりで、阪神のことは、なんか事件でもおこらないかぎり放送されなかった。

 でも、今はCATVやスカパーなどのおかげで、存分にみることができるもの。ジャイアンツ戦の視聴率が下がるのもわかるよね。以前は寅吉のように、途中経過聞きたさに仕方なくジャイアンツ戦の放送を見てた、他球団のファンがみんな自分の好きな球団の放送を見られるようになったのだからね。

 ということで、このキャンプの見所。
 なんといっても鳥谷の実力。(フジモンとのシュート争い)
 新外国人の実力 モレル・キンケードは当りか、はずれか。
 故障からの復活 浜中・久保田・太陽・福原
 若手の成長   桜井・狩野・喜田
 というところでしょうか。

 加えて、寅吉なりのみどころ。
  藤川・金沢のボーダーラインからの脱出。
    このままでは、1軍半が彼らのポジションに定着してしまう。確実な1軍戦
  力となりうるラスト・チャンスと見ている。
  浅井のブレーク
    大卒3年目、もう目を噴かなくては。いつまでも第3の捕手にあまえていた
  ら、そこで止まってしまう。
  浜中の復活
    復活と呼べるほどの実績があるかどうかは疑問だが、今シーズン、フル出場
  に近い実績をのこさないと、結局、今のポジションで終わってしまう予感がす
  る。

以上かな。それにしても、楽しみ。楽しみ。
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
カツノリ・トレード
キャンプインまでは、何かと話題に乏しく、ひまだなぁと思っていたところ、「カツノリ・トレード」のニュース。ちょっと、ビックリですよねぇ。

 カツノリは、練習熱心だし、ムードメーカーでもあるし、結構気に入っていたんですが。結構勝負強いバッティングもあり、代打の切り札(ポスト八木)にもとの期待もしていたんだけど、ここ数年出番も激減、本人にとっては出番が得られそうなチームへという希望はあったのでしょうが、読売はまずいでしょうって感じです。

 なんと言っても、今年のドラフトの目玉、野間口(シダックス)と一場(明大)の両名とつながりをもつカツノリですよ。(スカウトじゃないんだから、そういう期待のしかたはないんじゃないとの声が聞こえそうですが。)なんか、微妙に影響がありそうで、なさそうで。

 まぁ、阪神よりは出番が増えることは確実。矢野、野口に浅井・中谷・狩野が控える捕手陣に食い込むより、阿部の控えがチョー薄い読売捕手陣の方が出番を得易いでしょう。本人のためと思うことにいたしましょう。

 それより、早くキャンプインして選手達の姿が見たいものです。また、スカイAでは「猛虎キャンプレポート2004」をやってくれるでしょう。楽しみ、楽しみ。
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
いや〜っ、去年はいい年だった!
なんせ18年ぶりですからね。寅吉にとって2回目の優勝ですよ。85年と03年ね。その前は知らない。寅吉が阪神を応援するようになったのは、読売V9の初期の頃だからね。だから、あの最終戦で優勝を逃した73年は知っている。今も、クルッと三振したカークランドの姿が瞼に焼き付いている。85年の優勝は、そりゃ嬉しかった。なんせ野球見るようになって、初めて知る贔屓チームの優勝だから。日本シリーズのチケットを徹夜で並んでゲットしたものさ。あの西武球場の第2戦。思い出すのは、バースのホームランより、意外な俊敏な動きでバックホームで刺したバースの動き。あれから、18年だもの。

 まぁ、星野監督には感謝だな。あの85年から続いた低迷に終止符を打ってくれたわけだから。おっと、92年は、最後まで優勝を争ったけっ。あの、最後のヤクルトとの決戦。広沢(当時はヤクルトだよ。)にマイクがホームラン打たれた試合が良く取り上げられるけど、寅吉はその後の試合で、三塁線の打球をオマリーが止めたが、どこへも投げられずで同点にされたシーンを思い出す。あれは、残り4試合となった時だと思う。くやしかったねぇ。あれからヤクルトは黄金期に、タイガースは再び低迷することになった。

そんな、タイガースを優勝させたんだ。確かに、低迷期タイガースに移籍してきた選手がみんな、「こんな練習しない球団はない。」とよく言っていた。ノムさんのように、理論で説いて聞かせるも、聞く耳をもたないそんなチームになってたんだよ。「甘ったれの子供の集団」てノムさんが言ってたよなぁ。(それでも、可愛いチームだったけど・・・・。と甘やかせてしまうファンの一人でした。)そこに、星野さんだ。もう、タイガースを変えるのはこの人しかいなかったろう。変わらなければ、黙って縦縞を脱がされる。かっての中日でもチームの1/3が入れ替わっている。これは、ぬるま湯につかっている選手たちは、冷水をぶっかけられたことだと思いますよ。しかし、この恐怖心がタイガースを変えたよなぁ。そこへ、金本や伊良部といったプロ意識の塊のような選手の補強。たゆまぬ競争意識の注入。そして、優勝。感謝、感謝ですよ。

 まぁ、最後は日本一をみやげに勇退を飾って欲しかったけど、タイガースにとっては目標が残ったってことで、よかった気がするよ。85年は、全部成し遂げてしまい、翌年から失速状態。だいたい、ここ数年日本一になったチームの連覇がない気がする。連覇したのは、ヤクルト(92年、93年)、西武(97年、98年)と日本一を逃したチームだ。

99年、00年のダイエーは逆パターンで、日本一になった後、リーグは連覇したが、日本シリーズで負けている。ここで、勝手に04年も阪神−ダイエーのシリーズで阪神が勝つって期待してる愚かなファンになってしまっているんだなぁ。

  なには、ともあれ04年の阪神タイガースを応援させてもらいます。

     「ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。