CALENDER
<< April 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



2―5 対ヤクルト 引いた尾は長そうだ
 今日のフジテレビ739。
 ちゃんと実況用のアナウンサーたてて、普通の中継。昨日の中継反省したか・・・・。かなりの苦情あったんじゃないかなぁ。
 でも、あの磯山さやかってタレント。ちょっと声のトーンがうざい。なるべく話を振ってもらいたくない。(八つ当たりか?)

 本題は、パス。
 ・・・・そういうわけにもいかんか。

 逆転されてからの藤川投入。
 納得いかんねぇ。だったら、あの中日戦の温存はなに?
 
 それが尾を引いて、負けてる場面での投入?
 だったら、中日戦へ投入しとけよ!(決して結果論じゃなく。)

 勝たなくちゃならない試合には、いいPを惜しむなく投入せい!負けてる試合は、しっかり休ませろ。これが鉄則。
 それを崩し、勝つべき試合での温存策が、すべて裏目に出る。今日なんか藤川投入は避けられる場面。これで明日、能見投入、接戦で藤川投入で連投や。中日戦投入で、昨日、今日休ませたほうがどれだけ得策か?

 セオリーや流れを見誤ってはいかん!(この見極めが一番できているのが落合監督だな。)

 それと、レッド。責任感じちゃって、挽回しようと肩に力入りすぎ。
 あと、矢野。少しリードがパニック状態。頭の休養が必要に思う。
 寅吉のようなシロウトに読めるリードで、しかもここでカーブなげさせたら危ないぞって思ってるのにそれを投げさせてしまう。リフレシュや!
 どうか、野口を少し使って欲しい。特にイガーの時。野口のモチベーションの維持、矢野の頭のリフレッシュに。(矢野のバッティングがいいだけに勇気がいるが・・・・・、今は責任感じて力み過ぎ。)

 なんか、早いとこ尾を切らないと中日が遠ざかる。4月だからとか、シーズンが長いなんて考え捨てて、フルスロットルで追いかけとかなぁ、あかんで。それで息切れしたらしょうがない。先を考え、気付いたら竜の背中が見えなかったって言って、2位狙いなんて意味ないこっちゃ。

 もう今季2度目の3連敗や。ほんと、たのむで!
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
1―2 対ヤクルト 引いた尾の長さがきにかかる・・・
 今日、東京地区のTV放送は地上波・BS・ケーブルどれを見ても無い。
 年に何回かの不毛地帯?って思ってたところ、フジテレビ739っていうケーブル(スカパー)で放送あり。ただし有料で契約が必要。

 そこで早速契約。映った。、映ったって喜んでいたら、この放送が最悪。
 解説が加藤博一と斉藤明夫。それに磯山さやかっていうタレントで実況を担当。聞いてると、野球好きのオヤジ上司が部下の女の子を無理やり野球観戦につき合わせて、グダグダとウンチクを賜ってるって感じ。

 聞くに堪えない。こんなんでは即解約したほうがいいかと思える。とてもお金をいただいてお見せするような商品と違うで、フジテレビ!
 まぁ、明日もう1日様子を見て決断するか・・・・。

 ここから本題です。
 昨日の今日で尾を引かないはずがない。
 
 問題はいい方向に引くか、悪い方向に引くかだ。
 2003年は、例の読売戦の後いい方向へ引いた。(もっとも、引き分けで負けなかったっていうのが大きいが・・・)今回は残念ながら後者だった。

 チーム全体に昨日の悪夢を否定または、取り返そうといらぬ力が入っていた。(特に、矢野選手)またも、好投安藤を見殺し。

 昨日の藤川温存というテーマに沿って、橋本の連投を余儀なくされる。
 昨日の藤川温存の課題を今日からのヤクルト戦にずらすことができてれば、昨日・今日の展開は変わっていただろうなんて考えてしまう。

 やはり、「流れ」が戻っていないうちに、ひとつの試合に課題を2つも設けてはいけないな。(中日に勝つということと、藤川を休ませるってことね。)二兎を追うもの、一兎も得ずって言うしねぇ。(昔の人の言うことは、信じないといけないね。)
 
 まぁ、藤川がブルペンでシャカリキになって準備していなけりゃ一兎は得たってことになるのかな。でも代わりにハシケンが心配。江草もね。

 こんなこと書いてる寅吉が一番尾を引いてるかもしれん。(笑)
 でも、この尾がちょっと長そうな気がするのは、寅吉だけだろうか。交流戦まで引っ張ちゃったねんてことがないよう祈りたい。(そうなったら、暗黒のGWになってまうじゃないか・・・)

 明日は、能見?杉山?いずれにしても昨日の試合のことより、若いPに勝たせ自信をつけさす。ことにチームとして集中して欲しい。それが、引いた尾を短くさせることになる。ぐぁんばれ!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
8―9 対中日 相手の捨て試合を熨斗つけて返上
 絶句・・・・・・・・。

 いちばんやっちゃならない試合や。
 相手は、1勝2敗で充分。この試合は、先発の落合を降ろした時点で捨て試合。2番手久本の調子が悪かろうが続投させた。

 思えば、この久本を攻め疲れ、「このへんでいいやろ!」なんて感じで完全に攻めきらなかったことに甘さがあった。

 しかし、レッドの落球やオッキーのエラーを責める気にはならない。責められなくてはいけないのは、7点差ありながら不安定なピッチングしかできないエースと呼ばれる選手だろう。

 やっぱり、そっくり返るっていうのを気にしすぎじゃないだろうか。それを気にするあまり、なんていうのかな、「後に壁を背負って、つまり背中を壁につけてボールを投げてる。」って感じとでも言うのだろうか。後への引きが足りなく、手先だけで投げてるって感じ。しかもこれで威力のある球投げようとすると結構疲れる。スタミナも消耗する。そうゆうふうに見えて仕方がないんだが。

 イガーは、そっくり返っても、その強靭な足腰でこれを支え、体全体を鞭のようにしならせて(てこの原理ね。)投球する。それが彼のスタイルと思っていたのだがいかがだろうか。

 それにしても、エースをたて是が非でも勝ち越しを狙った今日の1戦。思い通の展開に、相手が捨てた試合を熨斗をつけてお返ししてしまった。
 これは、尾をひくでぇ。大袈裟でなく、これで当分っていうか、中日が走るだろう。交流戦いかんでは、5月に独走態勢を築くかもしれん。
 シーズンを振り返るとき、「この1戦が・・・」というターニングポイントになる試合だった。惜しむらくは、その1戦の主役を中日に差し出してしまったこと。

 どうやら、失った「流れ」は、戻ってこないようだ。

 願わくば、この1戦が2003年の巨人戦の引き分けた試合のように、チームに渇を入れ、引き締めなおす1戦となることを祈るばかりだ。

 それほど重い敗戦だった。ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
6―3 対中日 ハシケン初勝利
 とりあえずおめでとう!橋本健太郎プロ初勝利。

 新人でシーズン当初から1軍定着。ナイヤガラドロップ(表現が古いで・・・)のようなチェンジアップを武器に中継ぎに定着。勝ちゲーム、負けゲーム問わずよく投げてくれた。その甲斐あっての初勝利だ。おめでとう。
 いいストレートも持ってるのだから、もう少し組み立てを増やせば、来年くらいには先発もかのうじゃないかな。(スタミナもつけてね。)

 それと、急遽先発となった筒井和。ひそかに期待してたんだが。
 例のスピード違反発覚から、期するものもあったと思う。それがちょっと空回りしてる感じだ。将来性豊な左腕だけに、もう一度チャンスを上げたい。ぐぁんばれ!

 やっぱり、今岡がおかしい。気になるところだ。
 シーツ先生も、クリーンナップは、力んじゃうんかなぁ。広島では、守備から入って、バッティングは付録状態のときよく打った。4番に据えたら、えらく調子を崩したのを思い出す。今岡3番、スペンサー5番、シーツ6番という打順も視野に入れとかんといかんかなぁ。

 なにはともあれこれで1勝1敗。明日はイガーでなんとかがんばって欲しい。中日を走らすわけにはイカンからねぇ。

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
1―6 対中日 重苦しい試合の行く末は・・・
 いつも中日戦は今日のような重苦しい展開になる。

 チャンスはつくるが、決定打がでない。そんなタイガースをあざ笑うかのように、中日は少ないチャンスを確実にものにする。
 相撲で言うと、はっけよいでバーッと寄っていくんだが、その間にしっかり廻しをつかまれ、グッと踏みとどまるとあとは、一気に押し出されるって感じだ。
 これが、中日との決定的な差になっている。個々の成績なんか比べたらターガースが勝っているのに、チーム力として劣ってしまっている。これって何なんだ?

 本来中日とは似通ったチームカラー。投手陣の良さで守り勝つ野球。攻撃は1発に頼るより、機動力と繋ぎ重視。
 でも、その考え方の徹底振りが違うんだよねぇ。
 
 フジモンがレッドを3塁に置いてのバッティング。その後の満塁の時の、叩きつけての内野安打。あれをあのときにやって欲しかった。(または、セーフティ・スクイズとか・・・)そこでできるかどうかが、荒木・井端のコンビとの差になってる。

 今岡のバッティングがおかしい。守備の負担が出てきてるんじゃないだろうか。前へのダッシュ力が欠ける今岡のサード守備は不安が多い。コンバートは、逆に守備の負担を増してる気がするのは寅吉だけだろうか?

 タイガースが中日を止めなくちゃ、独走を許しかねない。あと2戦、ぐぁんばれ!

 PS 下やんどうしたんだろう?心配です。
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
アンダースローが好き
 今日テレビで、ロッテVS西武戦を見ていた。

 渡辺俊介。いいねぇ。真下から手が出てくる、正真正銘のアンダースロー。

 何故か寅吉は、昔からアンダースローのPが好きだ。
 我、阪神には目立った選手がいないのが残念。でも上田二郎さんなんて好きだったよ。(かなり、サイド気味ででしたけど。)
 田淵の後、大学日本一になった東海大からのドラ1ですよ。1年目は谷沢と新人王を争った。あの読売との最終決戦の年、22勝を挙げた。その読売戦の先発Pだ。

 他では、阪急の山田、足立のアンダースローコンビ。印象に残ってる。
 広島時代のアンダースローの本格派、金城も速かった。
 
 アンダースローには、なんかアウトロー的な匂いと孤独感みたいのがあって、寅吉を惹きつける。(邪道の香りがするっていうのかな。)
 阪神にも、アンダースローのPが欲しいぞ!(完全個人的希望)

 久しく、本格的なアンダースローを見てなかったので、この渡辺俊介の登場は寅吉を喜ばせる。
 だが、交流戦では大きな壁となる。きっと、この渡辺も阪神戦に登場するんだろうなぁ。ちょっと、複雑な気分。

 それはさておき、明日から中日戦。ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
8―3 対横浜 能見プロ初勝利!
 やっと、勝ちがついたね。
 これから、新人王目指してがんばって欲しい。
 決め球(特に縦の変化)に不足感があるが、今日ぐらいキレがあればなんとかなるもんだ。問題は、疲れが出る梅雨時から夏場。ここでどうキレのある球を維持できるかが鍵やねぇ。それがないと、このころ1軍に上がるであろう三東君にとって代わられるかもしれん。
 
 まぁ、それも「想定内」ってことで。能見+三東で2桁勝ってくれれば、よしでしょう。(もっとも、それぞれががんばってくれることがベストですよ。)

 これで今週は、4勝2敗。悪い「流れ」もなんとか断ち切れたかなぁ?
 真価は次の中日戦で問われるだろう。ここで負け越すようなら、中日を走らせてしまいかねない。なんとしても勝ち越して、中日にスットップをかける。(なんか、前回の対戦と立場が逆になっちまってるが・・・・)

 ローテも表で勝負。今シーズンを占う大きな一番だ!

 PS レッドの足、大丈夫やろか?
    主力の故障は一番堪える。くれぐれもケガには気ぃつけやぁ。
    (豊も欠けたことだし、やはりレッドのサブに赤松を上げておくべきじゃないだろうか。)

 ぐぁんばれ!タイガース

 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
3―2 対横浜 杉山君やっと開幕、初勝利!
 苦労して摑んだこの1勝大事にして欲しい。
 だてや、酔狂で18番を背負ってるわけではないはずだ。(しかも松坂世代の一人だし。)

 シーズン直前でのフォーム変更など寅吉をびっくりさせてくれたりしたが、今日を見る限りいい方向へ向かったようだった。
 
 きょうの杉山君を見て、一番参考にして欲しいのは中村のヤス君だ。
 読売との今シーズンの初登板、スギ君は打たれながら試運転を終えた。そして、今日の先発のチャンスを得た。スギ君も何度か1,2軍を行ったり来たりしているが、どんなときも勝負して(打たれて)2軍落ちが決まっている。
 中村のヤス君よ、どうせ2軍に落ちるなら打たれて落ちろよ。打たれることもなく2軍行きじゃ後悔しか残らんじゃろう。君は1度として、打たれての2軍落ちを経験したことがないじゃないか。
 「ここで打たれたら、ここを抑えないと」って2軍落ちがちらついて四球を連発。ストライクを取れずに2軍落ちじゃ、なんにもなんないしょ。「どうせ、落とされるのなら、一か八かでエイ、ヤーだ。」って投げ込めば、道が開けてたかもしれん。
 話がスギ君の初勝利からずれたが、寅吉はそう思う。

 また、豊はやはり故障らしい。残念。
 自称阪神タイガース評論家さんも、言ってるようにラッキーボーイだっただけに、残念。寅吉も代わりは赤松が見たかったが、藤原もがんばってくれ。

 また、ここのところ巷でうるさい、2番藤本、関本どっちがいいかって論争。ほんと勝手な論争だが、寅吉はyahooの掲示板で見たpontax_2ndさんの書込みと同意見だよ。フジモンも岡田監督も正田・和田コーチも読んどいて欲しいわ。

 あと例の清原発言ね。
 いいじゃないですか、そういう暗黙のルールがあるなら。でも、それを言うなら、大差の試合でのHRや打点は公式記録にカウントしないっていうようにせんと。(メジャーの盗塁記録はそうなってるって言うじゃない。)井川の自責、防御率、にも関わるんだ。ランナー無しならわかる。(特に前任のPが残した得点圏のランナーを返せば、前任のPの自責点になる。)それを考えたら、最善策をとって当然。

 桑田も、上原が防御率のタイトルを争っているときに、満塁の走者を残し引き継いだ時に、いくら大差がついてるからといって、打者金本にサインに首を振り、ストレート勝負するのだろうか。(まぁ、桑田くらい自分勝手な人間ならできるかもしれんが・・・)イガーは、今は不調だが、長いシーズンを見れば、防御率のタイトルに絡んでもおかしくないPだ。ここでの1点、2点の自責は、最後にものを言うかもしれん。そこをわかって発言しているんだろうか。それをわかっていて言ってるとすれば同じPとして、悲しむべきそんざいだな。

 だいぶ、話が逸れた。清原のくだらん負け惜しみには、これ以上つきあっておれんのでこれにて終了。

 今日の試合、HRだけの得点だったのは、ちょっと気がかり。
 明日は、能見くんか。(足は大丈夫かいな?)
 初勝利へみんなで援護してやり〜や! ぐぁんばれ!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
1―3 対横浜 3重苦(読売戦後、三浦、桧山のスタメン?)
 読売戦後の「燃え尽き症候群」ってか。

 それに相手投手が三浦じゃ、はなから勝負は見えてる。やるだけ無駄でしょう。不戦敗にしてくださいよ、って言っているようだったね。

 今年も、三浦とヤママサには降参かい。こう同じ投手にやられるのは、構造的欠陥があると思うのだが・・・・。なんとかしてくれ、正田・和田コーチ。

 桧山のスタメン時の勝率が、なんて声が聞こえてきた。(まだ、始まったばかりじゃないか!)
 でも、今日はスペンサーの方が、三浦にとってはやっかいじゃなかったかなぁ。桧山の攻め方は、三浦の中に完全にイップットされている。(なんか、桧山が三浦を打った時のイメージがないんだよねぇ。一応データ見て、三浦の相性がいいから使ったのではないかと思うんだけど・・・。
 そうじゃなければ、昨日の活躍とボールをしっかり見極められるスペンサーの方が三浦への圧力になるにきまってるでしょう。寅吉はボールを振らないシェーンをかっている。
 特に、初回の選手会長のタイムリーの後のチャンス。スペンサーだったら、やだったろうねぇ、浜の番長さん。

 安藤君も好投報われずだったけど、勝負どころでのポカは反省せねば。去年の中継ぎの時のようだった。次はがんばれ!

 もう連敗はいやだねぇ。ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(2) |
11―2 対読売 遅ればせながらの初勝利
 やっと勝ったねぇ。
 ちょっと遅かったじゃないか。便秘がやっと出た〜っ!って感じかな。
 
 欲を言っちゃいけないかもしれんが、内容イマイチ。やはりチェンジアップがすっぽ抜けてハーフスピードの打ちごろになる確率がまだまだ高い。(阿部のときなんか、HR2本ともそれでしょう。)

 キャンプの時から、フォームがそっくり返るからどうのこうのと修正してたらしい。(久保コーチの指摘?)なんかそれで、楽して手先で投げてる感じになってる気がするんだが・・・・。体全体で投げてないから、チェンジアップが切れない。イガーは、高校時代・デビューしたてのころから、そっくり返ってたとおもうんだけど。
 きっと、久保コーチの指摘は正しいんどろうけど、そうして楽なフォームで投げるには、イガーはまだ若すぎるんとちがうかなぁ。
 寅吉は、そっくり返っても、勢いのある速球とキレ味鋭いチェンジアップで三振を取るイガーをもうしばらく見ていたいぞ!

 なには、ともあれエースに勝ちがついたことで少しは変わってくるかもしれん。

 あと、スペンサー君はボールを振らんねぇ。ホント!これから夏場に向かって、もっと打つようになる気がする。ぐぁんばれ!

 ここのところラッキーボーイ的要素を持っていった豊君。ケガしたんだろうか。普通、豊に守備固めはないよねぇ。桧山使いたいだけなら、打順を考え秀太と入れるところが逆だし。心配や〜っ!

 久々の勝ち越し。次は横浜戦。師曰く「読売戦の後の横浜には気をつけろ!」って。ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
0―9 対読売 完敗で乾杯・・・・・
 こういうゲームになるべくしてなった。

 6回表、レッドのセーフティ(もっとやればいいのに。あそこは絶対セーフになる、。)が決まって、1死1,2塁。
 もう言い飽きた気もするが、ここでフジモン。いとも簡単に、初球から打ってくれるもん。ホント見事だよ。歯茎男は大助かりってか・・・・。
 きょうの「寅吉な人」では、あの瞬間に大敗を確信しました。

 レッドに続いてセフティを仕掛けるとか、その振りするだけでもずいぶん違うと思うのだが。歯茎男は100球までだぜ。なんとか球数放らせて、中継ぎを出させれば、3点差くらいはなんとかなるものなんだがねぇ。
 もう初回に3点取られた時点であきらめてるような攻撃振りだよ。

 8回のチャンスもフジモンに代打。ここに代打だったら、ボールを振らないセッキーか、今一番ノリノリの浅井君で行って欲しかったなぁ。
 なんか、今年の阪神は劣勢になると、無抵抗に見えるのは寅吉だけだろうか。それにしても、ここんとこのシーツ先生。ことによったらジョージ?って感じですよ。

 まぁ、こんな完敗、そうそうあるもんじゃないって思って、厄払いに乾杯でもして忘れましょう!

 明日こそ、イガー頼むぜ〜っ!
 (それにしても福ちゃんと入れ替えた意味が不明じゃないでしょうか。)

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
8―5 対読売 すべては中村泰が・・・・
 今日は、ここで阪神快勝!これで明日イガーで勝てば「流れ」が戻る。そんな意味ある1勝だ。って記事書く予定だった。

 彼が出てくるまでは・・・・。そう彼の名は、中村 泰広。新人当時からその切れ味鋭いスライダーと速球を武器に、星野監督に見込まれ、1軍キャンプを送る。(あの久保田くんや江草・杉山の自由枠コンビをさしおいてですよ。)岩瀬2世の期待を背負い1軍デビュー。

 が、しかしここで我々は、彼の大きな欠陥に気付く事になる。「ストライクがなげられないのだ。」それは、キャンプの紅白戦やオープン戦では見られなかった現象である。つまり、公式戦に入ると同時に現れた欠陥だった。即2軍に落とされた。1軍で通用するための心臓を作るために。

 2軍での彼は、好投を続ける。ストライクも入る。2軍レベルでは、見下ろしてピッチングができる。(もとよりその球は1軍レベルに達している。)その後、何度か1軍登録されるが、敗戦処理的に使われるだけ。

 そうこうしてるまに3年目。1軍で通用する心臓ができたか。
 答えは、今日出た。(本人が出したといってもよい。)8点差の楽な場面。流れは一方的に阪神が握っている。(この前の球児のピッチングがそれを確固たるものにしていた。)3者連続HRでも打たれたっていい場面。まして下位打線。これ以上ない場面。

 「こんな、楽な場面で使って、ずいぶん俺をなめてるじゃないか。」って思えるか、「こんな楽な場面でもダメっだったらまた2軍落ちだ。」って自分を勝手に追い込んでしまうのか・・・・。

 彼は後者だったみたいだ。またストライクを投げることができなかったのだ。
 これが何を意味しているか、彼自身が一番わかっているだろう。寅吉は彼の居場所が崩れていく音を聞いた。

 もうすぐ、杉山君が1軍登録される。入れ替えの相手は、間違いなく彼だろう。(そして、今シーズン再昇格のチャンスは、ないかもしれん。)

 桟は、今日が開幕戦。緊急登板の事態でもあり、情状酌量の余地ありとみる。だた、速球に去年ほどのスピードとキレがないのが気がかり。(それが、今日だけのものか、そうなってしまったのか?)2軍では抑えとして活躍してたらしいのだが・・・(フォームもこころなしか、こじんまりしていたような気がする。)

 それと、あの回の継投については物議をかもしそうだが、あれでいいでしょう。(吉野をもう少し前ー清水のあたりで使う手はあったと思うが。)

 といことで、明日のイガーのピッチングの比重が高くなってしまった。
 そろそろ、エースのお目覚めを願いたいものだ。

 ぐぁんばれ!タイガース。

書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
70周年記念ビール(発泡酒)が当たった!
ビール
 デイリースポーツに載っていた、球団70周年記念ロゴ入りのビールプレゼントに応募。(といっても、いつもの通り、ワイフが応募してくれたのだが)見事、当選した。

 プレゼントは、アサヒ・スーパードライと本生(発泡酒)の2種類あったが、ワイフは安い発泡酒の方が競争率が低そうだと、こちらに応募した。ほんと、こういうカンは、恐ろしいほど利くのだ。バンザーイ!今月のビール代が浮いたぞ〜!デイリーさん、ありがとう。(過去、井川のサイン入りTシャツ、井川のIRON NERVESグッズの4点セットに続いて当選3回目ですよ!)

 という、個人的に目出度い報告は別にして、対戦も一巡して、読売・中日に負け越し、他は勝ち越して8勝6敗1分けで同率であるが首位。
 いいんだか、悪いんだかちょっと判断しづらい成績となった。

 しつこいようだが、いい「流れ」できたものが、ちょっとしたこと(読売との緒戦、終盤無死満塁無得点)で手放してしまったのは残念。ここしばらく、コツコツとした戦いが続くのではないかと思う。

 今週は読売と横浜。
 トリ君の処遇についても外野がうるさくなっている。こういうときは、和田コーチに聞け!トリ君、フキモンの攻守交替時の全力疾走も和田コーチの提案と聞く?きっと力になってくれる。暗黒時代の阪神を背負った男だ。

 それと赤星君、「明日も勝つ!」は、かっての虎のプリンスが叫んでから、禁句とされてたんやでぇ。チームどころか自分のバッティングまでくるってるやんけ。(頼むで、新庄はん!)

 今週は、地味に戦い、地味に勝つ。そんな野球を期待する。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 寅吉の宝物 | - | trackbacks(0) |
1―2 対中日 虎の皮が剥がされた・・・
 まぁ、「流れ」の悪いチーム同士の第3ラウンド。
 どちらも、勝ちたくないよ〜っていいながら試合してる感じ。(ピッチャーは除いてね。)

 最後は、いつものように押されまくっていた中日がワンチャンスでうっちゃり。っておなじみの場面かい!(ほんと、ナゴドではこのパターンにはまる。去年は1安打で負けたこともあったっけ。)

 なるべくしてなった結果かね。やっと1軍登録された桟原の使いどこがあったきがしたんだが・・・。それにしても能見はなにかあったんかなぁ。いくら内容がわるくても無失点で3回降板はないやろ。故障でないことを祈る。

 しかしトリ君は考え時に差し掛かってしまったね。まったく、打てる気がせん。去年の状態に戻ってしまってる。中西 太さんに教わったことを思い出せ。現状の打線を切っているのは間違いなくトリ君だ。そして、こういう「流れ」のときは、そういうところへチャンスがまわってくる仕組みになっている。(去年の前半の桧山のパターン。)

 勝つことが優先なら、現状では、今岡セカンド、ショトにシーツ、サード関本、ファーストにスペンサー、ライト桧山という布陣も考えなくてはならないかも知れん。(スペンサーのファーストが問題だけど、守備力も今より上かもしれない・・・)
 しかし、トリ君には将来のタイガースを牽引して行ってくれなくては困るのだ。そんな、布陣を敷かれたら、なかなか戻ってこれんぞ。1日1本のヒットなんて小さいことを言ってないで、もっとアグレッシブに行って欲しい。7番8番の打順を守ることにキュウキュウしているのでなく、赤星からトップバッターを奪う、そんな意気込みが必要じゃないか。
 寅吉は鳥谷に期待してる!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
2―1 対中日 兆しを感じて
 悪い「流れ」が変わってくるかもしれん。

 前半は、守備のミスも多く、好投(ほんといい調子だった。)安藤を見殺しにするような内容だった。
 この流れを断ち切ったのは、他でもない中日だった。その中日が犯したミスにことごとくつけ込むことができた。逆に、何とか前半のミスに中日のつけ込む隙を摘んだ安藤の好投がそれを呼んだのかもしれん。

 同点の場面も、本来はフジモンの場面。ここで、初スタメンのセッキーがその特徴をいかしたバッティングをみせることができた。
 最後の決勝の場面でも、守備要員の豊と代打起用のフジモンの起死回生のバッティング(ほんと、打つしかない場面ではがんばれるんだけど・・・)、このところアリアス化(外角のスライダーを振り回してしまう)に悩むシーツ先生の決勝打へと繋げた。

 どれも、HRでしか点が入らない呪縛からも抜け出られそう。後は、アニキの復活とトリの飛躍待ち・・。
 どうも、アニキは、横浜戦でのシーツ敬遠、アニキ勝負の場面からおかしくなっている。いつもは、インパクトの瞬間から力を込めて押し込んでいくバッティングが、すでにトップから振り下ろすじてんで力みきっている。これが打ち損じの多発という現象に現れてしまっている。
 トリは、苦手の内角に意識がありすぎ、外角も見えなくなっている。外を見せて内で勝負という昨年の攻められ方を意識するあまり、今年は逆のパターンで攻められていることに気づいていない。
 和田コーチたのっまっせ!

 まぁ、今日のようなゲームの積み重ねが再び「流れ」を引き寄せることになる。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
5―6 対中日 下に恐ろしきは、・・・
 「流れ」って奴。

 せっかく「流れ」を取り返すチャンスがやってきた。完全な負けゲームを9回で追いつき、勝つ。これで「流れ」はこっちのもの。明日から、再び快進撃!って台本になってたはずじゃ・・・・・

 そこで、下に恐ろしきは「流れ」って奴になる。一度手放した「流れ」って奴は、そんなに簡単に戻ってはこなかった。

 よ〜く考えてみよう。(♪お金は大事だよ〜、って言ってる場合かっ!)
 得点は、すべてHRによるもの。1発でなければ得点できない、「読売症候群」にはまったままだ。

 この現状を打破すべく赤星が、「決めてやる!」って力んじゃって三振。サードに進んだランナー(中日のパスボール)を返せない。スクイズも考えていい場面でしょう。(赤星もバントはうまくなかったが・・・・)せめて、思いっきりたたきつけてでも、ランナーは戻ってこれた。好調な打撃が赤星に過信を生み、力みを生んだ。「流れ」がこっちにあるときは、ポテン・ヒットなんかが出たりするんだが・・・。(バットにあてないとなんにも起こりません。)

 そして、悪いときには悪いところへ廻ってくる。ここまでインケツをひいてきたフジモン。(更なるインケツ大魔神は、打てたのだが。)
 ここは、代打関本もありかと思った。延長になってからの対岩瀬を考えての温存策じゃないかと思うが、目先の同点なくして延長はない。結果論じゃなく、関本の対応力に期待したい場面だった。ここで同点(HRじゃなしに)にすることができれば、悪しき「流れ」は去りゆくものなんだがねぇ。

 結局「流れ」を変えるにいたらず、3連敗。
 HR以外の得点はいつ見られるのだろう。もう、一気に「流れ」を引き戻すことは不可能。ひとつずつ確実に得点し、ミスをなくそう。そうすれば自然と「流れ」は戻ってくる。ちょと、時間がかかるけどね。(まぁ、それまで混戦は続いているでしょう。)そして、今度は「流れ」を手放さないよう注意してくれ。

 もう一度、ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
1―8 対読売 初めての連敗
 「流れ」というものがある。
 1試合ごと、1イニングごと、そしてシーズンをとうしての流れ。
 それぞれに、行ったり来たりしていて、なかなか摑み辛いもんだなぁ。

 ほんの些細なことがこの「流れ」って奴を、向こうにやったり、こっちにきたりさせている。

 一昨年、星野監督はこの「流れ」って奴に、ずいぶん気を使っていた。「流れ」を相手にやらぬよう、そんな隙を作らぬよう細心の準備をしていた。幸いそれが、終盤(優勝決定の間近まで)3連敗をしないという驚異的な結果となって現れる。昨年の中日も落合監督がいかにこの「流れ」って奴に気を使って、采配をふっていたかわかると思う。

 そこでだ、やはり気になるのは一昨日の勝ゲームでの終盤の無死満塁。1点を確実に取ることを忘れたような攻撃振り。(まずは、外野フライを打てるバッティングをせい!って星野監督なら怒っているだろう。)

 あれが、今シーズン阪神タイガースにあった「流れ」って奴を手放した瞬間だと思う。あれからHRでしか得点できない状態に陥っている。イガー、福ちゃんのローテも裏目に転じ、次の中日戦に心配を残す。

 優勝した年、序盤の読売戦で楽勝ムードを追いつかれ何とか引き分けて、星野監督が「自分のミスを選手が補ってくれた。負けなくてよかった。」と言った試合があった。あの時、野球は何がおこるかわからないから、最後まで気を緩めたらあかんってわかったはずじゃなかったか。
 あの試合は、負けずに引き分けたことで、「流れ」を手放さず、その教訓をもって「流れ」を呼び寄せることができた。

 ほんとに、あの瞬間今シーズンの「流れ」を手放したかもしれん。
 これを再び呼び寄せるのは、太陽のピッチングでしかない。明日の中日戦。苦手ナゴヤドーム。太陽気迫の復活ピッチングを見せてくれ!そうすれば、「流れ」は戻ってくる。ほんと大事な1戦だ!
 ぐぁんばれ!太陽、ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(3) |
2―4 対読売 見るべきとこなしやね。
 そろそろ、下り坂かなぁ。

 チャンスは作るが、タイムリーが出ない。犠牲フライさえ上げられない。そんな、攻撃をしてるとチームの調子は落ちてくる。
 調子よく勝っていると、見過ごしがちな面がだんだん大きくなる。

 昨日の最後の満塁で無得点。ここに、今日の兆候があったのでは・・・・

 点を取るときは、キッチリとろう。
 シーズンは長い。しっかりした試合運びをしないと、いずれほころびが出てくるものだ。今日の試合は、それを気づかせてくれたことだけが収穫としておこう。

 PS 橋本君は面白い戦力になりそうだ。ぐぁんばれ!

書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(2) |
8―1 対読売 機動力を使うって言うのは・・・
 貯金5の壁を気にしてたのが嘘のようだ。

 小雨?(結構降っていたけど・・・)の中決行された、今季初の阪神ー巨人戦。いつ中止になるんじゃないかと気にしながら見てたけど、明暗を分けたのは5回の表裏の攻防。

 1対1でここまできた両チーム。ここで試合が成立するため、どうしても得点が欲しい。
 読売は、1死から、四球で出た仁志が盗塁を敢行。(ことによったら、エンド・ランかもしれないが・・・)見事、矢野に刺され憤死。今シーズンの目標に機動力の駆使を掲げながらなかなかそれができない(あたりまえか。)堀内監督は、ここで機動力を駆使しようとあせった。ぬかるんだグランド、矢野と下柳の連携、状況を見ていない。

 対して、その裏の阪神は、ヒットで出た赤星を慎重に送る。これは、グランド状況及び裏の攻撃という状況とフジモンにバントをさせるという教育の面をもってよい作戦といえる。
 これを読売のキャッチャー阿部のミスにより、無死1,2塁となるやいなや、ダブルスチールだ。これは、赤星が2塁にいくことで、もう盗塁はないという読売サイドの安心感につけ込んだ見事な作戦。

 「堀内さん、機動力っていうのは、こう使うんだよ!」って教えてあげてるような感じだった。
 このとき、今日の勝負はあったと思った。野球の質がタイガースの方が1枚上を行ってるって思えた。読売のベンチも同様に感じたはずだ。(感じていなければ、アホや!)

 かくして、その後は一方的展開になる。ばんざ〜い!

 今日は、江草の成長度合いも見ることができ大いに有意義だった。また、雨の中、戦った選手たちは、くれぐれも風邪などひかぬ様気をつけて欲しい。(故障とか体調不良とかが一番心配。)

 2軍では、快速赤松も絶好調みたい。まだまだ、タイガースの機動力は増しそうだ。やはり野を駆ける虎は、巨人ののろい動きの上を行くだろう。

 明日も、心してかかれ!イガー、あとは君の番だ!ぐぁんばれ!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(2) |
貯金5の壁、ありやなしや・・・・
 いいスタートを切ったと言っていいでしょう。

 でも、昨年もここまでは来たんだよね。しばらくは首位を走っていたし。貯金が4つ貯まって、ここで勝てば勢いに乗って突っ走れるかって時が何回かあった。そして、その度に打ち砕かれて、5割に後退。この繰り返し。貯金5の壁なんて言われていたっけ。

 今年は、早くも貯金4となり、貯金5へのチャレンジ1回目。相手は読売。そして、ナゴドの中日と続く。ここは、ひとつの試金石と見たい。

 対読売戦は下馬評の低いチームが勝つと言われる。ここは、要注意。なんてたって、下馬評は圧倒的にタイガース。まぁ、ここまでの戦い方(チーム打率、防御率どれをとっても圧倒してますから。)をみれば明らかなんだけど・・・・。こういうときこそ、なめてかかって痛い目に逢うことが多い。(どうも長年タイガースファンをやってると悲観論になりがちだ。)気を引き締め、チャレンジャー精神を持ってぶつかって欲しい。(なんせ、相手は昨年のAクラスチームですから?)

 そして、相性最悪のナゴド中日。ここでの戦い方だよ。ローテも表同士。力対力の勝負。きっと落合が一番気にしてるのは阪神だよ。なんせ投手スタッフが一番充実している。ここを走らせたくない、って思ってると推測する。川上、ヤママサが出てくるし、阪神を止めにかかってくるのは必定。
 今年からベンチ入りしてる、島野さん、和田コーチに期待したい。
 
 この6連戦を勝ち越せれば、明るい明日が見えてくる。負け越すようなら、しばらくダンゴ。(このダンゴの時の戦い方が下手なんだよね。競った優勝争いの経験もないし。)

 貯金5の壁を越えて、ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
2x―1 対横浜 初のサヨナラ勝ち!ホッ・・・・
 最高にヤバイてんかいだったよねぇ。

 試合は押し捲っているのに点が入らない。挙句、横浜にワンチャンスをものにされ、1点奪われ抑えのエース大魔神登場。最悪の展開。

 大魔神がかっての大魔神だったら。もっと早く大魔神に見切りをつけ、クルーンが抑え役だったら。タイガースは、手痛い1敗を喫していたところだ。

 しかし、一抹の寂しさを覚えるが、大魔神はもう大魔神じゃなかった。9回の大魔神登場に、皆内心ヨッシという気になっただろう。まだまだ、今年はついている。
 ちょっと気がかりなのは、最初のバッターのトリー谷。なんか無気力の三振(失礼!ファーストゴロやった。)に見えたぞ。ここは、どうしても出塁するというか、大魔神にガツンとかましてやるという気迫を表に出して欲しかった。
 以下のバッターは皆そう見えただけに、残念!

 まぁ、最悪の敗戦は免れただけに帳消しにはなるけど、本人は反省をしていて欲しいぞ。
 それと、能見。ナイスッピッチ!勝ちがつかなかったのは残念だけど、プロの試合はこういうことが往々にしてある。ヤクルト戦での負けがつかなかったのといって来いとでも考えておいてくれ!
 きっと次は打線が援護してくれるよ!ぐぁんばれ能見!

 なんとかいい状態で読売を迎え撃つことができそうだが、阪神ー巨人線は下馬評が不利なほうが勝つことが往々にしてある。心してかかって欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | - |
4―1 対横浜 再点火や!
 安藤君、よかったね!
 新人の時以来の先発勝利。完投も可能だったろうけど、久保田ハルクにも早くセーブをつけてあげないと・・・。これから、守護神として活躍してもらわねばならないからねぇ。まぁ、内容的に完投と同等の評価をしてあげてよいでしょう。

 実は、今シーズンのローテションを期待されるPのなかで、安藤君が一番心配だった。
 優勝した年、日本シリーズでホークスに自信を崩されて以来、慎重になりすぎる帰来があった。そてまで、中継ぎとして自信を築き上げ、向かうところ敵なし、つまり相手を見下ろして投げてきたのが、あの時から相手を見上げるようになってしまっていた。昨シーズン中、そのトラウマに付き纏われ脱することができずにいたまま、先発転向となった。ほんと、心配だったよ。
 でも、先発なら1,2点の失点ならゲームをつくれるというところが、安藤君のトラウマからの脱出に役立ったようだった。(中継ぎはここ一番、1点の失点が命取りになる、そんな場面での起用が多かった。)
 大胆に、かつ細心に、攻めの投球ができていたと見た。

 今シーズン、先発として活躍が期待できる内容だったよ。

 明日は、能見くんかな。今度は、いい面をみたいものだ。ぐぁんばれ!

 PS アニキ、300ホーマー おめでとう!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
2―2 対横浜 戦いすんで・・・・・
 いい試合だったかな?

 横浜はミスも目立ってたし、三浦で落とせない試合だったし、まぁ引き分けでよしでしょう。

 我タイガースは、というとどうでしょう?
 9回まで福ちゃんの完投ペース。内容もよく完投勝利を疑わなかったでしょう!あの、8回の矢野君のレフトへの大飛球。いつもの浜風が吹いていればスタンドイン。残念。
 11回のチャンスでのアニキ。力入りすぎ。(それが魅力でもあるのですが・・・)あのPなら、軽〜く、決め手欲しかった。
 それと、フジモン。送りバントの練習せい!これから、試合前のバッティング練習はバントだけやってろ!いい2番打者とは何か、よ〜く、考えて欲しい。いいバッティングセンスを持ってるだけに惜しい。(昨年のアテネで宮本によく勉強させてもらったんじゃないのかね。)

 まあ、愚痴ばかりになりそうなので、いいとこを・・・。
 久保田ハルク。今日は力みも消え、ナイスなピッチング。今後のストッパーとしての活躍に期待。それと、球児とジェフ。君らが今年のタイガースの戦い方の核だ。がんばってくれ!
 福ちゃん、もう一回言うが、ナイスピッチ!
 でも、去年の中盤から勝ち運に恵まれてないのが気がかり。早く払拭して欲しい。

 また、明日からだ。安藤頼んだぞ!ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
9―10 対広島 5連勝ならず!
 イガーのピッチングがすべて・・・・。

 あんなピッチングじゃ、勝てるはずがないよねぇ。
 それが野手にまで伝染する。選手会長も、キャンプから守備練習を怠ったツケがまわってきたか・・・・。
 やはり、今年の内野(コンバートしたばかり)の連携など、キーになるかなっと思っていたが、早くもそれが出た。心配されてた、セカンド・ショートでなく、ファースト・サードというのも皮肉かね。

 抑えの久保田ハルクは、ちょっとかわいそうだった。今日の流れの中で抑えるのは至難のわざだ。球威・球の走りとも悪くなかったと思う。広島のハルクに対する得意意識と今日の試合の流れの悪さが今日の結果だ。割り引いて考えていいんじゃないかな。

 しかし、各チームとも抑えに苦労しそうだねぇ。(中日・岩瀬はどうだろう?)ハルクは、スッキリ忘れて立ち直って横浜戦に臨んで欲しい。

 それにしても、これで5試合連続9点。でも負けちゃった・・・・。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(2) |
9―4 対広島 日はまた昇ったか?
 藤田太陽、勝投手おめどとう!
 寅吉はうれしいよ!君はエースになれる素材だといつも言っていたけどこの勝ち星をきっかけに、高く昇っていってくれ!

 今日のピッチングは、少々期待はずれの面もあった。もっとストレート主体にビシバシ行くのかと思っていたのだが、復帰戦ということで大目に見たい。

 それと、吉野の登板の時からの矢野のリードが外一辺倒でちょっと解せなかった。もっと内を突いて打者を起こしておかなければ、外のボール球を振らせることができまい。
 太陽の勝ち星を消すまいという慎重な安全策のリードに徹していたのだろうが、その安全策は危険と知って欲しい。おかげで吉野と藤川の良い面が殺されてしまっていて、寅吉は大いに不満だった。

 あとは、フジモンのバッティング。やっと当たりがでてきて本人は、ホッとしてるかもしれないが、状況を考えた2番バッターのバッティングができてない。2番打者は3割打つより、試合の中でいかに状況に応じたバッティングができるかだ。(優勝した年、アニキは3番で2番バッターの打撃をしていたことを思い出して欲しい。)

 まぁ、ともあれ4連勝はめでたい!油断せず、ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
9―2 対広島 3連勝や!
 下やん、ナイスピーやね。

 今日は中継がなくて苦労したよ。
 CATVのスカイAもGAORAも、阪神のホームゲームでないから、中継ないし、Jスポーツもやってない。年に何試合かあるんだよね、こんな日が・・・。

 でも寅吉はインターネット・ラジオで中継をゲット!
 懐かしいラジオ中継で応援。昔は、泣く泣く途中経過だけを聞くために読売の試合を見なくちゃならなかったり、読売戦しか中継しないラジオを聞いていた。読売戦が雨で中止(昔の後楽園球場には屋根がなかった。)にでもなろうものなら、代替として阪神戦の中継がないか期待した。

 でも、今はCATVやスカパーなんかで、贔屓チームの試合をほとんど見られるようになった。読売の視聴率が下がるって、あたりまえだよね。決して、イコール野球人気の低下には結びつかんよ。

 おっと、話が逸れたね。
 今日の勝利は大きいよね。長谷川への苦手意識も払拭できたろうし、乗っていけるきっかけになるよ。
 
 鳥谷もいいスタートがきれたみたいだし、ブレークして欲しいね。

 今日はこれから、スポーツニュースのはしごだ。
 あと、明日のデイリーで勝星シールをしっかりゲットしなくちゃね!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
試合がない日に思うあれこれ
 大きなお世話かもしれないが、他球団も気になるよねぇ。

 中日 投手陣がいいという前評判だが、ドミンゴが欠けるとそれなりに苦しそう。山井が2戦目の先発だし。抑えの岩瀬は良いにしても、投手陣の評価はタイガースと変わらないのでは?
 やはり、守備力とウッズが加わった打線が驚異。でも充実の内野守備にウッズの守備力がどう影響するか・・・・。

 読売 毎度戦力は一番。采配は6番って。やっぱり監督がほくろ(黒星)じゃねぇ。選手の士気も下がりまくりでしょう。選手への責任転嫁をやめて頭をさげられるか、その時期が早ければ早いほど、立ち直ることができる。つまらんプライドをどこで捨てられるかだね。

 ヤクルト いつも戦力が足らないのに上位に顔を出す不思議なチーム。それは古田の力に拠るところが大だ。今年はどうか?

 広島 やはり戦力、特に投手が足らん。今は勢いに乗ってるが長いシーズン必ず戦力不足のツケはやってくる。気力だけで乗り切れるか?

 横浜 よくわからんチーム。打線は打つが点がはいらん。野球が下手ってこと。若い芽も出ており、ここも投手次第。でも、大魔神は見る影がないねぇ。寂しさを覚えます。

 どこも、問題を抱えているよね。戦力は読売。穴が少ないのが中日ってことかな。ここにタイガースが勝つには、勢いが必要。優勝した年のように、「勝ちたいんや!」を合言葉に、へんな星勘定せず突き進むことを祈ります。
 それには、次の広島戦が大事です。ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
9―5 対ヤクルト 連勝や! 能見の心臓?
 能見君の初登板。
 高井に一発くらったので、ちょっと動揺したね。あのまま負ければ「能見の心臓」なんて言われたりしてたかも。
 よかったねぇ。打線の奮起で逆転勝ち。「能見の心臓」が「ノミの心臓」かどうかは、次回に持ち越し。頼むよ!次は挽回して、初勝利をつかもうよ。

 でも、アマ時代にノムさんが、能見はいい投手だがプロで活躍するためには、球種特に落ちる球が必要だ、って言ってたのを思い出した。今日のピッチングを見て、シンカーかチェンジアップが投げられれば、もっとピッチングの幅が拡がるように思える。更なる進化に期待しましょう。

 スペンサーも実力?を発揮しつつあり、シ-ツとのコンビもはまってきたような感じ。いい流れに乗って行きたい。

 次の広島戦、相手は3連勝で乗っている。苦手の長谷川も阪神線用に温存してきたし、阪神も裏ローテ。ここの戦い方に、真価が問われる。引き締めていって欲しい。

 PS アニキ、バースデイ・アーチおめでとう!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
9―1対ヤクルト 今シーズン初勝利!
 なには、ともあれ勝利はめでたい!

 勝ったときには、いい面だけが見えるねぇ。それに、相手Pが格落ちになるとよく打つよ。でも、選手にとっては、重石がとれるだけプラスだろう。

 昨日は、きついこと書いたが勝つとすべて忘れてしまう。これが虎キチ(阪神ファン)の性ってやつ?
 ちゃんと反省すべきは、反省して欲しい。(って何か反省することあった?)

 ちょっと、理解に苦しんだのは、安藤君の登板。まぁ、登板間隔を考えての調整登板だと考えるのが妥当だが、ちょっとね・・・・。
 雰囲気に慣れさすべきPは、他にもいる気がするしねぇ。安藤君に不安をかんじてるんかねぇ。岡田さんは・・・・。

 でも、福ちゃんのピッチングは、グーでしたね。今年は、勝ち負けを去年の逆になるようがんばって欲しい。それでこそ、本当の復活となるのだから。

 明日の戦いが重要だね。誰が投げるんかねぇ。不安と期待がいったり、来たり。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
1-6 対ヤクルト 開幕戦敗れる!
 待ちに待った開幕戦。
 見事、ヤクルト(古田)にもてあそばれたって感じ。
 ヤクルト組易しっていう驕りが隙となり、そういう隙を古田を中心とするヤクルトは見逃さないよ。

 やはり、キャンプの時から危惧していた、「勝ちたいんや!」って気持ちの現われが感じられないまま開幕戦に臨んじまった。ヤクルトなら普通にやれば勝てるだろうって思ってたのが見え見えだった。

 ヤクルトの青木の出塁への執念。見習って欲しいね。赤星、藤本。
 
 阪神で気迫が垣間見られたのは、スペンサーと鳥谷くらいか。矢野の急ごしらえで、バッティングになってないし、無理して間に合わせるなら、野口を使う手もあったろうに。

 まぁ、今日負けたことで、目を覚ましてもらえればお安いもんだけど。今日の負け方になにも感じないようなら、またあの日に逆戻りの予感が・・・。

 優勝した年も、井川で開幕を落としたことが、ゲン担ぎの唯一の拠り所だ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。