CALENDER
<< February 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Google



阪神VSタイガース
 1軍居残り、及び昇格を賭けた、1,2軍合同キャンプの紅白戦が2日間に渡って行われた。
 ここまで安芸でキャンプを張っていた2軍メンバーは、この紅白戦で認められ、今日の帰阪メンバーから外れたいとこと。
 逆に沖縄・宜野座でキャンプを張ってきた1軍メンバーでアピールが不足してしていた面々や1軍枠が確定していないメンバーも、この2試合で自分の地位を固めたいところ。

 目を引いたのは、白仁田、小嶋の両投手。
 二神、藤原なんて話題をさらっているが、案外開幕のベンチには、この2人がいるかも知れない。そう思える投球だったし、自由枠入団の2人は、今季の新人に負ける気もさらさらないだろう。
 加えて若竹がよかった。
 是非、1軍に交えて欲しいねぇ。

 逆に、金村、杉山は、残念ながら開幕1軍はアウトだろう。
 開幕に照準なんて言い訳が出来る立場でないことも重々分かっているはずだし、ここでこのようなピッチングをしているようでは、下で一から作り直さんといかんだろ。
 特に杉山は、年々小ぶりなピッチングになっている。
 あの交流戦で松阪に投げ勝ったピッチングは、遠い昔のようだ。
 それを取り戻すだけの、必死さみたいなものも見えないし、キャンプレポートで映る練習ぶりも、なんかローテ確定投手のようなのんびり振りにしか見えなかった。
 残念ながら、もうその潜在能力を開花させることが困難になってしまっているのではないだろうか。
 次代の右のエース候補と思っていただけに残念でならない。

 打者では、高濱に雰囲気を感じる。
 体もしっかりしてきたようだし、故障癖さえ解消できれば、その打力をいかす方法を考えてやりたい選手だ。
 育成から1軍に残った田上もその守備力は高そうだね。
 でも、それはマートンの守備に不安がある裏返しというわけで、打撃の調子が上がらなければ浅井や藤川にチャンスが出てくるってことだわ。
 
 寅吉的には、センター1番に平野の起用を推すんだけどね。
 センターの守備で一番期待でき、経験値が高い選手だし、2番の小技が苦手な平野には、出塁率に拘ってトップバッターにさせたほうが、打撃を変えやすいと思うのだが。
 どちらかというとダボハゼ的に来た球すべてに喰らいついていくのが従来のスタイルだが、1番で出塁に拘ることで四球を選ぶことを覚えれば、赤星の代わりが勤まると期待しているんだけどね。
 そうすれば、2番に関本を使えるし、大和や上本を使う余地ができる。
 まぁ、上本はちょっと、いいとこなしだっただけに残念だけど・・・・。

 これで明日から、1軍でポジションを賭けた戦いが始まるわけだが、今回逃した中では、甲斐の潜在能力が高そう。
 開幕までにどこまで巻き返せるか期待したいところだ。鳴尾浜で牙を磨いて欲しいね。
 ベテランの高橋光は、全く持って安心。
 守備を鍛える必要のない選手だから、2軍においているが、開幕には右の代打の切り札としてベンチ入りしていることだろう。
 がんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(2) | - |
キャンプ雑感
 今日は祝日なので、家でゆっくり「猛虎キャンプレポート2010」を見る。拡大3時間枠の放送で安芸の2軍キャンプの模様も紹介され、興味深く見させてもらった。
 しかし、家にいながらこうしてTVでキャンプの模様が見れるなんて、便利な世の中になったなぁ、なんて思わず感心してしまう。

 さて、沖縄1次キャンプは、第3クールに入り、実戦形式の練習が増える。明後日には、日ハムとの練習試合も組まれ、1軍定着を狙う若手にはテストが目前に迫っている感じだろう。
 ここまでのキャンプを見ての感想を取り留めなく書いてみる。

 筒井が良い。
 去年の1軍で投げた自身がついたのだろうか、新人の頃のような伸びやかさがフォームに戻ってきている。
 サイドスローを試したり、回り道はしたけど、やはり今の形が良い。
 腕の振りにも強さが感じられ、球速もアップしているように見える。もっともスピードガンでの球速はどうあれ、体感的な球速が上がっているという感じなんだが。
 岩田・能見といる左の先発。
 下柳も入るのだろうけど、筒井も面白いと思う。(どちらかというと先発タイプの気がするんだけど。)
 そうなれば、左腕王国の誕生だね。

 新外国人のマートンは、どうなんだろう。
 守備面で、赤星の穴を埋めることは、とうてい出来そうもない。
 バッティングは、シーツに良く似た感じ。外のボールになる変化球の見極めができるだろうか。
 打つときに、軸足がバタつくのも気になる。
 外野を狙う若手には、チャンスだが、寅吉にとっては、ラインバックのようにシーズンに入って変わってくることを期待しようか。

 その外野を狙う若手。
 寅吉的には、2年目を迎える柴田に期待していたんだが、どうも重めに見えて仕方がない。
 もっと俊足を生かした、軽さとかキレが目立たないといけない選手なんだろうけど、パンチ力見たいのを見せようとし過ぎてないだろうか。
 代わりに、新人で1軍キャンプに抜擢された藤川俊のほうが、そういったアピールが出来ている。
 赤星の穴埋めが、一番の狙い目だけに頑張って欲しい。あっ、2軍スタートの甲斐も見てみたいんだけどね。
 もっとも、寅吉は、センターで一番に平野がはまってくれることが良いと思っているんだけどね。

 鳥谷の動きがいいね。
 なんか、ひとつステージを上がったように見える。
 3割なんて言ってないで、首位打者とかトリプル3とか、大きな目標を抱いてもいいと思うぞ。

 以上が、ここまでのキャンプで目立ったところかな。
 実戦に入るともっと変わって来るんだろうけど、上本とか野原将とか、アピールが不足しているようなので、実戦で結果を出さないとイカンだろう。
 ますます厳しくなるが、がんばってや!
 また、気がついたことがあれば、書いてみたいと思う。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。