CALENDER
<< July 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



2−7 対東京ヤクルト 1点への拘りを捨てる
 まぁ、変な拘りを持たず、選手の力を信用して上げれば、こういう結果になる。
 1点を取るのに、汲々として、殻に閉じこもっていた姿は、そこには無い。
 みんな振りが鋭くなり、長打の率が上がって来た。

 これを気づかせてくれたのは、良太だったのかも知れない。
 ベンチウォーマーーから、代打、スタメンへと階段を登る途中で、その思い切りの良さを忘れる事がなかった。
 ただし、良太がここまで残れたのは、ボールを振らないという姿勢かもしれない。 
 ボール球に手を出さず(時折見すぎてしまう感があるが)、好球必打で思い切り良く振り抜く。
 その打撃で、4番で常時出場している兄貴の貴浩のHR数と並んでしまった。
 
 この良太の打撃が、全体に波及して来ている。
 つまり、和田監督の柄に合わない、汲々とした野球に合わない良太が一番力を発揮したって事だ。
 その和田監督の野球に合わそうとしたメンバーは、どれも不振に陥ってしまったのと対照的だった。
 
 このところ、和田監督の采配も、あきらめなのだろうか、変な1点に拘ってチマチマした作戦を取る事が無くなってきた。
 それが、タイガースの打撃にいい影響を与えている。
 皆が良太の好球必打で、思い切りよく振り抜く打撃を始めた来た。
 まぁ、時すでに遅しかも知れないが、和田監督が払った高い授業料だったということだろう。

 これからどこまで巻き返せるかは、わからん。
 それでもチームの方向性が出始めた事は確かだ。
 今日は、このところ酷使気味の鶴にも勝ちがついたし、少し休ませたれよ。
 いい方向に向かう事を願ってやまない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
9−2 対横浜DeNA 殻に閉じ込めなければ連敗脱出
 まぁ、自分自身が殻に閉じ込めてたって事、わかったんじゃないか。
 1点に拘るといながら、1点しか獲りに行かない野球を押し付けた。
 挙げ句、見事にこのところの得点は1点止まりだ。
 それが、余計な事しなけりゃ、今日のように4本のHRが出て、5得点のビックイニングができ、合計9得点を挙げたわけだ。
 まぁ、もともとこれくらいの力がある打線だから、タイガースベンチが殻に閉じ込めるような采配を振るわなけりゃ、当たり前のように仕事をする。

 しかし、自分の「1点への拘り」ってやつが、如何に無意味で、選手の持ち味を殺していたか、これで気づかんと、和田監督の先はないわな。
 「1点に拘る」っていうのは、聞こえがいい。
 自分自身で、その言葉に酔ってしまい、“1点を獲る”ことが至上命題のようになり、その先の得点に考えが及ばなくなっている。
 だから、「1点しか獲りにいっていない」采配に映る。
 すべてが、オートマティックに、決め事だけを行う。
 それが失敗したときは選手のせいになるかのごとく、選手を殻に閉じ込める。
 これが、今の低迷の原因だ。

 何故、今日その「1点しか獲りに行かない」呪縛から解き放たれたかは、わからない。 
 タイガースベンチが開きなおって、何もしなかったからかも知れない。
 そう言う事をする前に、1発が出たからかも知れない。
 良太の3ランも、2アウトだけに、打つしか無かったからだからかも知れない。
 それでも、ベンチの間違いに気づくきっかけにはなったんじゃないかな?

 ベンチをもっと選手を信用し、選手が動き易くする事をもっと考えればいい。
 そこから、再スタートする気くらいにはなったんとちゃうか?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−3 対横浜DeNA 暗黒へ加速が始まった
 ベイスターズに連敗。
 明日負けるようなことがあれば、ベイスターズもタイガースには追いつけると本気で思うややろ。
 上位のチームは、ベイスターズ同様、タイガースに星を落としては行けないと考える。
 つまり、ベイスターズと一緒に括弧で括られるわけだ。

 まぁ、藤井が先発というだけで、昨日2安打の隼太をスタメンから外す。
 藤井くらいの左を打てんようではしょうがない。経験させるには絶好の左腕なんだが・・・・・・。
 どうも。隼太を将来の主軸に育てる気が見えない。
 単に右投手用のコマにすぎないと思っているのか?
 そうやって、殻に閉じ込めていくんだろう。

 その辺に気づかんようでは、本当に暗黒に突入するぞ。
 すでに、真弓監督が暗黒の入り口までは持って来ている。 
 和田監督が、それを加速させる役割になってしまうんか?
 本人は自分がしていることに自覚があるんかいな?

 岩田も結局二桁敗戦を数えた。
 力からすれば、逆になっていいのに、どうしても負け数の方が多くなるPになってしまったか?
 去年と同じ展開やなぁ。
 5割になると、負けが込み出す。
 何が原因なのかしっかり考えた方がいい。
 暗黒時代の藪とか川尻がそうだったから、藪コーチによく聞くといいかもな。

 ここでベイスターズに3タテでも喰らったら、和田監督の進退に関わるんじゃないか?
 本人がそれくらいのこと考えて臨まんと、暗黒に歯止めは利かない。
 どうも和田監督に、中村勝広臭を感じるこのごろなんだ。
 もっとも、勝広さんは新庄や亀ちゃんを抜擢して使ったけどなぁ・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−5 対横浜DeNA 殻に閉じ込める采配
 最下位独走のベイスターズ。
 そのチームに、どちらが最下位かわからんような試合をして敗れり。
 対戦成績も互角で、調度いいレベルの戦いになってしまった。

 しかし、昨日の和田監督の談話。
 「殻の中で野球をやっているという感じがある」って、それってまさか選手の事じゃないよな。
 その殻に閉じ込めちまったのが、自分の采配だって事、気づいているんだろうな。
 その殻の中で野球をやっているのが和田監督自身だって事、自覚しとるんかいな?

 ランナーが出ればバントすればいい。
 やれ右をしろ、大和には終盤に桧山を代打に送る。
 オートマティック野球。すべて、自分がこさえた殻だろうに。
 それを自覚せず、選手のせいにしていたら最低の監督だ。

 和田監督には期待したんだけどなぁ。
 やっぱり、真弓監督時代の中核をになっていただけに、無理だったんかいなぁ?
 最近では、ベンチで目が泳いでいるし、呆然とする事もしばしば、今日なんて逆転されたときなんか、泣き顔のように映ったもんなぁ。
 まさか、こんな自体になるなんて、つゆとも思わんかったんだろうなぁ。
 あの真弓監督の後だ、本当に「ちょっと、スパイスを加えるだけで」上手く事が運ぶとばかり考えていたんだろうなぁ。
 それが、スパイスを加えた途端、料理の味が台無しになってしまった。
 そう言う事態に対応する準備も、危機管理もできてなかったんだろうな。
 そもそも、スパイスの調合を誤っちゃたんだから、台無しだよなぁ。
 
 さて、これからどの方向に向かうのか?
 まさかベイスターズと、ずっと最下位争いをする気じゃないやろなぁ・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−4 対中日 言うだけ番長
 若手の起用とか、攻守に渡り1点に拘るとか、“ただ言ってみただけ”っていうのが試合を見ているとわかる。
 選手起用でもそれに応える選手も、すべてが中日の方が上。はるかに1点に拘る野球をしている。

 思えば野村監督が就任した時、最初のミーティングで名指しで怒られたのが今の和田監督。
 確か、野村監督が就任した感想を聞かれた時に、「監督が変わっても、やる事は同じですから・・・」的な事を応えたのだと思う。
 それを聞いた野村監督が、「まっさきに変わらなくてはいけないのが、和田などベテランだ。同じ事をやって来て、毎年勝てなかったんだろ!」と怒られた訳だ。

 きっと、今のタイガースの選手は、当時の和田監督と一緒なんやろ。
 「真弓から和田に監督が代わっても、やる事は同じだ。」そう思っているんじゃないか。
 そういう考えをしていた人間が、真弓監督の中核のスタッフだった人間が監督をやっているんだから、そうも思われても仕方が無い。

 そこで、1点に拘るとかいって、ザル同然の守備体系を敷き。「1点しか獲りに行かない」ような作戦をとる。
 勢いとか、流れなんか一切関係ない。自分のそう言う作戦に酔いたいだけなんだから始末が悪い。
 結局、1点を汲々として獲りに行き、1点を悠々と相手に与える。
 点を取るのはせこく、あげるのは気前がいい。
 弱いチームの典型に成り下がった。

 早く自分の間違いに気づき、正さないといけない。
 もう、今シーズンでは取り返しのつかないところに来ている。
 来季からの巻き返しを考える上で、今までの考えを改めるべきだと感じる。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−6 対中日 零封されて、リスタート
 オールスター明けの再スタート。
 和田監督は「4、5月の戦い方を思い出す。」って言ってたけど、ほんと思い出したわ。
 打てない打線、と穴だらけの守り。
 まったく、4、5月の戦い、そのものだったなぁ・・・・。

 オールスター期間中、「再度一点に拘る野球をする」って言って、金本や新井にバント練習までさせてたそうだが、そうやって「1点に拘る」のが選手の打撃を萎縮させて「1点しか獲りに行かない野球」になっているのが、まだ気づかない。
  
 「熱くなれ!」ってかけ声は勇ましかったが、自分はピンチになるとベンチで目が泳いで、そわそわしている姿が映し出される」。全然「熱さ」を感じられない。
 これじゃ、ファンんも熱くはなれんわなぁ・・・・。

 今日は、隼太も使わずじまい。
 若手の切り替えを言う割には、行動が伴わない。
 まぁ、「風呂屋の看板」野球。(「ゆ」ぅだけって)といわれても仕方がないいんと違うか?
 
 まぁ、お決まりの零封されてリスタートしたのだから、今までの間違いを反省し、軌道修正できるか?
 はたまた、意固地になって、破滅への道を辿るかは、トップの和田監督次第なんだろうけどね。
 反省のないところに進歩なしやで。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−2 対読売 どうせなら、隼太にくれてやったら良いのに
 なんで3打席凡退で代えるかな。
 目先1勝がどうとかのレベルはとうに越してしまっているのだから、両リョウタや大和、隼太を育てる為に試合を使うにも有りやろ。
 まぁ、良太は、育てる部分は終わっているがな。もう、戦力となる域に入って来ている。

 チャンスで隼太が3度凡退。
 どうせなら、徹底的に使って、今日の試合の責任を負わすくらいじゃないといかんやろ。
 隼太をどう育てるのか?
 将来といっても、そう遠くはない時点で、チームの主力にしたいんじゃないのか?
 そうであれば、今日の森腓鬚れてやって、その勝敗を背負わせても構わんのじゃないだろうか。
 3打席で気を使って代えたとて、もう十分自分の責任を感じているだろうし、それで気が軽くなる訳じゃない。
 どうせなら最後まで挽回のチャンスを与えて、この試合の命運を握らせればよかった。

 7回の裏。
 良太のP強襲のヒットで満塁の場面。
 本来、ここで隼太の打順。
 こういう日は、徹底的にその選手にチャンスが回る。
 それで、潰されればそれまでだ。
 逆に、ここで打てば一気に突っ走る可能性もある。そういう修羅場の経験を多く積ませとかな、主力には育たんよ。

 前も、チャンスで大和に回ると、必ず代打を出しよる。
 それが、決まり事のように、オートマティックだ。大和が得点圏打率が高い事も、その日の打撃の調子がいい事も無視だからなぁ。
 そうやってたら、いつまでたっても大和をレギュラーにできんやろ、と常々思って来た。
 ここで、それを隼太にしたら、また中途半端な選手を作るだけになる。

 オールスターの前の最終戦。
 Gは貯金が「20」でタイガースは、借金が「10」。
 勝負とかどうとか言っていられない。
 バックホームが出来ない外野手の前にヒットを打たれて同点にされたり、8回の裏でマートンに代走を出さないで、大和のヒット制の当たりがセカンドで封殺されたり、「1点に拘る野球」の中身が怪しいと感じるこの頃。
 せめて、将来図をどう描くのかは毎かくに見せて欲しいと願うのだが・・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3−4 対読売 良太・隼太・亮太
 いい並びやな。
 明日のクリーンナップかも知れんしなぁ。
 まぁ、良太が一日の長で、活躍が秀でているが、もう一人のリョウタの今成も、キャッチャーとしての問題はあれど、バッティングは、注目に値するものがあるし、隼太は、プロ初ヒットを記録して、明日への弾みをつけた。
 この下位打線、良かったんじゃないか?

 えっ、試合?
 さぁ、結果は、良く覚えていないなぁ・・・・。
 かっての暗黒と呼ばれた時代のように、一部の選手の活躍に一喜一憂して、試合結果には知らん顔。あの感覚が戻って来たよ。
 今の、寅吉は、この3人。
 これが活躍したらいい。

 あとは、Pで生きのいいのが出てこんかなぁ。
 鶴は、大分安定して来たし、力がついているが、そのピッチングを見ているだけでワクワクするようなPが出てこないか期待する。
 どうも、タイガースのファームは、Pの球速を落として、こじんまりとまとめようとするような指導ばかりしている気がする。
 きっと、一番生きのいいのは、ザラテなんだろうなぁ。想像がつくよ。

 まぁ、明日はオールスター前の最後の一戦。
 せめてGに一矢を報いたいところだが、それより3人の活躍を期待しているんだよなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−2 対読売 隼太は、上げただけ?
 なんか人数合わせのようで、使おうという気配すら感じない。
 ファームで打撃が絶好調との事で上げたのだから、調子がいい今、使わないでいつ使うのだか?
 昨日なんて、代走準備かなんかで、代走要員なら田上でも再昇格させればいいのに、隼太を上げたのは、その足に期待したんじゃなくって、打撃に期待したんじゃないのかなぁ。
 まさか、いまさら1軍の雰囲気をなんて言うんじゃあるまい。 
 それはキャンプで済んでいる。
 開幕早々ファームへ落としたのは、戦力として見込みがないからだろうし、今上げたのは戦力として見込めるからなはずだ。
 なんか、やってることが一貫性がないと感じるのは、寅吉だけだろうか?

 試合は、このところのタイガースを牽引してきた、「Wリョウタ」の新井、今成の両リョウタが不発で、読売に完封を許した。
 結局、この2人が当たらないと、打線が動かない。
 既存のメンバーは、シーズン当初から不振を続け、もはや慣れ子になってしまた。
 いまさら、完封されても驚かん。
 そう言う意味で、隼太を起爆剤として投入する事ができると思うんだが・・・・・。
 そういう期待はせんのかな?タイガースベンチは・・・・。

 明日は、なんとかせいよ。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |
2−5 対東京ヤクルト 守れない外野手というハンデを背負う
 断っておくが、寅吉は金本のファンである。
 金本がタイガースにもたらした力、残した功績は言葉にできないものがある。
 しかしながら、現在バックホームができない外野手としての金本には、はなはだ疑問である。
 というか、そういう外野手を守らせるタイガースベンチに疑問を感じる。

 結局、中村のレフト前ヒットで還られてしまった得点が、実質のだめ押しとなる。
 金本のもう一打席に期待して、失った1点でもある。
 これが、和田監督の言う「1点に拘る野球」なのだろうか?
 1点を捨てる野球に見えて仕方がない。
 しかも、得意の前進守備での結果だ。
 あの位置で、バックホームが出来んのだから、前進守備自体が無意味に近い。
 どうせなら、定位置から後ろで、頭を越される事を警戒しておいた方が、なんぼかましやろ。

 結局、一事が万事でこの調子。
 だから、勢いにも乗れんし、来た流れを掴む事も出来ん。
 相手は、困ったらレフと狙いでくる。
 それを、レフトに打たすリードが悪いなんて言い方で、誤摩化していては、タイガースは根本から良くはならない。
 今一度、首脳陣がレギュラーの条件を明確にした方がいい。
 果たして、バックホームができない外野手を守らせるべきか、どうか?
 その答えが打線と、和田タイガースの明日はないと思うぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3x-2 対東京ヤクルト 間違った拘りを捨てる
 よく最後の大和のに盗塁のサインを出すのを我慢した。
 少しは、タイガースベンチも進歩したようだ。
 「1点に拘る」とかいって、こういう場面では、サインを出してしまいそうになる傾向にあっただけに心配した。
 ホント、よかった…。

 先の中日戦では、上本に無謀な盗塁を試みさせ、失敗している。
 それをちゃんと反省したってことなのかな。

 今日の場面は、失敗しても同点、引き分けだっただけに、鳥谷に託すより、一か八かの自分の選択に酔ってしまい盗塁のサインを出す確率が高いと思っていたから意外でもあったけどなぁ。
 それでも、盗塁して成功してしまったら、鳥谷は歩かされる確率が高いので、その辺も考慮に入れたかな?
 いずれにしても、今日の選択は、よかったってことでいいね。

 つまらん意地で、間違った「1点に拘る野球」って言うのは、早く捨てた方がいい。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4−1 対中日 なんで鳥谷にバントをさせるか?
 今日は結果から見ればいい結果。
 良太が2点目をたたき出す、あと数センチでHRという当たりで、苦手のヤママサを攻略。
 やはり、勢いに乗る選手は重要。
 上手く、利用して、上手く育てて欲しい。

 しかし、腑に落ちないのが、8回の鳥谷の送りバント。
 なんで、ああゆうことをするんかなぁ?
 3点差の8回やで、ここで打たさんで、なんでクリーンナップを任せているんや?
 こういうところでクリーンナップにバントさせるような野球させとるさかい、いつまでたってもチマチマした勢いに乗れない野球になってまうのと違うか?
 ベンチは、どう思ってサイン出しとるんかいな?
 これが、和田監督の言う「1点に拘る」ってことかいな?
 違うと思うけどなぁ・・・・・。

 大体、前任の真弓監督の時から、鳥谷にバントさせて良い結果に繋がった試しがない。 
 選手のモチベーションを下げる以外、なんのメリットもない。
 そんなことは、ずっとベンチにいたんだから、十分わかっているはずなんだけどなぁ・・・、和田監督は。
 それでも、鳥谷にバントのサインを出してしまう程、精神的に病んでしまったんと違うかなぁ。
 そうとしか、思えんもの。

 今更だけど、中日に勝ち越した。
 これは偏に、良太や大和の活躍に依るところが大きい。
 こういう勢いに乗っていかなぁあかん時に、自ら勢いを削ぐような采配をするからなぁ。
 結局、良太や大和が作った「勢い」をベンチがみんな削いでしまうことになるんよなぁ。
 そんな、ベンチの妨害工作に負けないで、がんばれよ、良太、大和。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−2 対中日 初勝利を目指すなら、阪神戦がお徳
 だって、必ずやその希望を叶えてくれるもの。
 今日はドラゴンズの大野に、気前よく初勝利のプレゼント。
 そのうち、こぞって新人の初先発には、タイガース戦でってぶつけてくるんと違うか?

 まぁ、今のタイガースに、昨日の勝ちで「ガラッと変わる」ようなことはない。
 大和や良太、今成を辛抱強く使い、育てる時期やからなぁ。 
 そういうチームに、昨日の1勝で波に乗るような劇的変化は起きない。

 しかし、最後の上本のスチールは、サインかい?
 ありゃ、マートンが怒るわな。
 百パーセントセーフじゃなけりゃ、走っちゃ行けない場面やろ。
 詰まらんとこで、慎重に1点に拘るって、1点しか獲りに行かない野球しているくせに、ああいうところで博打を打つんかいな?
 どうも、理解に苦しむんよなぁ。

 きっと和田監督をはじめとするタイガースベンチもパニックっているんやろ。
 シーズン前は、わずかなスパイスで、優勝争いができると思っていたのに、この有様や。
 もう、どうしていいのかわからんようになっているんと違うか?
 采配が支離滅裂やからなぁ。
 せめて、良太、大和、今成を戦力にするという部分では、ぶれずにやって欲しいわ。
 今や、希望はそこしかないからなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |
1−0 対中日 薄氷を踏んで連敗ストップ
 まぁ、なんとか連敗は止まった。
 勢いの乗る若手起用がささやかれ始めたこの試合。
 新井、今成の両リョウタは、スタメンも大和はベンチ。
 ピッチャーが吉見という事で柴田の起用となったようだが、右でも今の大和は使って上げたい。
 守備を見ても、大和の方が上だと思うんだけどね。

 そんな中で、唯一の打点は4番の新井さん。
 マートンの2ベースがきっかけでの得点。
 今日は上位で得点を挙げた形だが、どうしても下位の若手に目がいってしまう。
 もう、目先の勝利より、彼らの活躍に期待してしまう程の位置になってしまったってことかいな。

 「熱くなれ!」ってお題目を唱えての今シーズン。
 ベンチも試合も寒いばかりで、熱くはならなかっただけに、せめて若手選手の熱い活躍を見たいわな。
 良太も、声だけでなく打撃も熱くなりつつあるだけに、このチャンスをものにせいよ。
 案外、来シーズンのタイガースの4番を打ってたりしてなぁ。
 それくらいの気持ちで、がんばれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−3 対読売 オートマティックベースボール
 もう最下位のほうが近くなっているんと違うか?
 今日も恐怖の下位打線と、シーズンを捨てている上位打線のコントラスト。
 それなのに、今日もチャンスで大和に代打・桧山。
 
 昨日は、百歩譲って西村との相性を考えれば仕方がないかも知れんが、今日はないやろ。
 これで、得点圏で強い大和に、どんどん経験を積ませとかなアカン時やろ。
 これじゃ、いつまでたっても大和がイッチョマエにはならへんぞ。
 
 まったく、終盤のチャンスでは、若手には代打・桧山と最初から決めてるんかい?
 無死、1死でランナー出たら、迷わず送りバント。
 ランナー3塁で、無死、1死はクリーンナップ以外はスクイズ。
 皆、最初から決まっていて、その通りにオートマティック化してしまとるんと違うか?
 これで、どうやって強くなるんかいなぁ・・・・・。

 そう言う中で、チャンスを掴んで来た良太は、すごいね。
 今日も2安打だし、最後の打点は見事やで。
 来年は、このままクリーナップ打ってるかも知れんなぁ。
 今は、無我夢中なんだろうけど、絶好のチャンスやで。
 自分の地位をしっかり確立できるようがんばりや。
 もう、希望は良太のがんばりくらいしか無くなってしもうとるさかいなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5−7 対読売 悪くはないんじゃない?
 今日のメンバーは、活力があった。
 ただ、勝つ力は、なかったってところか。

 天敵の杉内に対し、良太や大和、今成が臆せず立ち向かい、上位打線より遥かに杉内攻略を果していた。
 惜しむなくは、能見の調子が下降線であり、打線の援護を守りきれなかったこと。
 どうも能見は不調のサイクルにはいってしまったようだ。
 シーズン当初のキレが失われ、コントロールも覚束なく、高めに浮く球が増えた。
 好調の読売打線が許してくれる訳はなく、簡単に攻略されてしまう。

 逆転を許した後も、よく食らいついてチャンスは作るが、決定打が産まれない。
 8回の満塁のチャンスでは、大和にチャンスをあげて欲しかった。
 確かに、桧山は対西村10割でHR2本とカモにしていたが、大和は得点圏5割を超す打率を誇っている。
 ここで桧山を使わなくては、どこで使うのかという場面かもしれない。
 満塁で、ゲッツーが一番怖い場面。
 1点に拘るのなら、大和の勝負強さと足に賭けて、チャンスを与えても良かったと思う。
 代打・桧山はその後でも良かった気がする。
 ここで、チャンスを与える事で、今日のメンバーの意味を持たせる事が出来たと思うのだが・・・・・。

 上位がさっぱりで、新井兄弟が揃って猛打賞。
 下位打線の若手ががんばった試合だけに、勝って自身をつけさせたかった。
 ただ、こういうスタメンで杉内KOした意義はある。
 少し、こういう活気溢れるメンバーで戦う事を続けてもいいのじゃないか。
 ある意味、今年一番「熱く」なれた試合だったかも知れない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3−6 対読売 実力差、かくも隔たりき
 もう、Aクラスで優勝を目指すチームとBクラスのチームの戦いと言うムード。
 お客さんにならないように、意地は見せたいところだが、初回でそんな思いはぶっとんだ。
 4失点で立ち上がっては、いくら澤村が今一の調子でも、追いつける術はない。
 何しろ、満塁のチャンスが最大のピンチになってしまうタイガース打線だ。
 ヒットは読売を上回る12安打を放ちながら、3得点で完敗。

 「熱くなれ!GO FOR THE TOP」の「GO FOR THE TOP」は、諦めなくてはいけない状況ではあるが、「熱くなれ!」は、見せられるやろ。
 今シーズン、ファンとしては一度も熱くなれた事がなかった。
 タイガースベンチも、熱くなって戦った事があったのだろうか?
 それが全然伝わってこない。
 このままでは、本当につまらないシーズンとして過ぎて行く。

 このキャッチフレーズを決めた時の気持ちを思い出して欲しい。
 ファンを失わない為にも、「熱い戦い」を見せなくては、明日はない。
 もう、順位どうのこうのより、タイガースの明日を信じられる「熱い戦い」を見せてくれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1−3 対広島 ペナントからドロップアウト
 広島に連敗で5位に転落。
 打線が少しは上向くと、Pが崩れる。
 昨日、今日とワイルドッピッチにて、点を与えるお粗末ぶり。
 
 もうペナントをどうのこうのと言えない状態に入った。
 今日の試合で、丁度半分を終えたが、5位という結果がタイガースの実力を現している。
 岩田も、去年と同じで5分の星になると、また負けが先行する。
 どうしても勝ち越せないPというのが板についてしまった。
 
 球児の離脱だとか、城島の不在とか、理由にしてたらあかん。
 「1点に拘る」とかいいながら、1点しか獲りに行かない野球をしてしまったツケなのだろう。
 今一度、ベンチが前半戦を反省し、総括しておかないと、後半の巻き返しはなくなる。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |
3−4 対広島 1点に拘るはずが・・・・
 球児が不在で、榎田が去年のキレを失っている。
 神懸かり的切れ味を誇った筒井が下降線。
 最後の逃げ切りに不安を残すタイガースに2点リードは、あってないようなものだった。

 本来、7回のピンチで筒井が、前田と天谷を切って捨てたところで、タイガースの勝ちは九分九厘決まったはずだ。
 それを9回の2死から、逆転されるて言うのは、なにかしらの理由がある。
 単に抑えの球児の不在だけで片付けられる問題では、ない。
 最後が振り逃げの間に逆転て、前代未聞やろ。
 かっての小林の敬遠の投球が暴投になりサヨナラ負けを喫した試合以来やな。

 1点二拘ると言ったかけ声はまだしも、結局その為の準備を何一つしていなかったって事なんだ。
 1点に拘る=送りバント、スクイズって図式しかなく、守りには何一つ1点に拘る事はしていない。
 せいぜい、わけのわかrん前進守備くらいか・・・・・。
 これで、接戦に勝てと言う方が無理だわ。

 「熱くなれ!」っていうキャッチフレーズを掲げながら、全然熱くない試合をしている現況。
 タイガースベンチが、どこで1点に拘るのか、自ら熱くなっているのか?
 それを反省しないと、同じ過ちは何度も繰り返されることだろう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5−9 対東京ヤクルト つかの間の逆転劇
 2点のリードを許した5回表。
 タイガースの猛攻が幕を開ける。
 安藤自らのヒットを皮切りに、トリの同点打、新井の逆転打。
 良太のヒットを挟んで、浅井の犠飛、大和のヒットで小宮山のショートゴロの間に5点目。
 正に怒濤の攻撃で、久しく貧打に悩まされた鬱憤と、初戦の逆転負けの憂さを晴らすかのようだった。

 この逆転で、安藤が5回裏を1点に抑え、2点のリードを保った状態で、勝ち投手の権利を得た。
 これで、交代してと思ったが、6回も続投の決断をベンチが行った。
 確かに安藤は勝ち運に恵まれず、好投しても援護がなく、勝ち投手になれない試合も多々あった。
 だからこそ、今日は早めに繫いで勝ち投手にしてやりたかったところだが、筒井が初戦で信用を失っている。加藤、渡辺も連投している。福原は居ないとなると、繫ぐ投手がいない。
 ここは、ロングができる久保田と行きたいところだが、まだ信用は回復していない。
 そういう事情での続投は、裏目に出る。

 結局安藤がピンチを作り1点差になってから加藤の投入。
 ランナーを置いての加藤は、信用度が薄いはずなのだが、加藤しかいなかったのだろう。
 結局スネ夫こと田中に逆転スリーランを喰らってジ・エンド。
 もう、タイガースには、ここから反発する力は残っていなかった。

 まぁ、いままでがんばって来た投手陣が、打線が少し上向きになると、崩れ出す。
 よくある噛み合わせの悪さやなぁ。
 ピッチャーも少ない援護でがんばって来た疲れがでるころやし、球児は居ないし、しょうがない部分がある。
 弱い時は、投打の噛み合わせも悪い、逆にそれが悪いから弱いのかもしれない。
 結局、今年のタイガースはそういう状態であるってことなのか、そういう状態にしてしまったのか。
 今一度、ベンチはよく考えて、対策を練って欲しいもんだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。