CALENDER
<< July 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



5―5 対中日 安藤、奇跡の脱出劇
 まぁ、なんというか負けなくてよかった。
 圧倒的に押し捲って、選手も全部(若竹だけ残ったけど・・)使って、それでも勝ち越すことができないでいた。
 
 まぁ、8回のセッキーが1塁に歩いたところで、代走を出さなかったこと。
 トリのあわやの2ベースで、戻ってこれなかったセッキーが3塁に行ってから、初めて代走に大和。
 前半で、わけの分からん代走の上本を使ったのも無駄遣いだが、ここで大和を使うなら、セッキーが1塁に歩いた時点で使っとかにゃぁ。
 大和ならホームへ突っ込ましていたかも知れないし、相手のミスを誘ったかも知れない。
 後は、その後の平野のバッティング。
 確かにいい当たりだったんだけど、あそこはいかに汚い当たりを打つかという場面。
 鋭いライナーを打って、ゲッツーの危険性より、叩きつけてのボテボテを狙う場面。9回裏の浅井のような当たりの方が良い場面。

 結局、攻めて、攻めて、攻めきれず、12回まで戦うことになる。
 そして、問題の安藤の登板。
 11回こそ、味方の攻守に助けられ、3者凡退に討ち取ったが、12回に先頭の大島を出した時点で、大きく流れはDへ傾く。
 何とか森野をと思っていたところ、ボークを犯し、ランナーが得点圏に・・・。
 自信なさ気な安藤に森野を敬遠させる。
 ここで、代打・野元が送りバント。
 当然、バントさせて、空いた1塁に和田を敬遠というのがベンチが描いた青写真だったのだろうが、ブラゼルには伝わってなかったのと違うか?
 思い切り突っ込むと、サードへ送球し、フィルダースチョイスとなってしまった。
 
 無死満塁の大ピンチ。
 そこまでの安藤の状態から、大量失点が免れない状態になってしまった。
 後は、安藤が開き直っての奇跡を待つしかない状況。
 だが、その奇跡は起こった。
 それは、和田が力んでボール球を振ってくれたことによる。
 あそこは、外野フライでいい場面。
 和田がそういう気持ちで打席に立っていたら、安藤は、このピンチを脱出できなかっただろう。
 だが、和田は完全に自分で決めに行っていた。まぁ、そう思っても仕方が無いほどの安藤の状態だった。
 だが、結果は全くの逆。
 和田を抑えた安藤は、後続を討ち取り、このピンチを見事に脱出した。

 過程はどうであれ、この結果に安藤の自信が甦れば、今日の試合が意味を持つ。
 逆に、それしか今日の試合の価値が見出せない戦いだった。
 過程だけから見れば、完全に「負けに等しい引き分け」だったのだから・・・。
 これで、明日の試合の勝敗が大きな意味を持つことになる。
 明日勝てれば、今日の引き分けが生きてくるのだが・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―2 対中日 難しい競って勝つことを成し遂げる
 今日のような展開を何度見たことだろうか。
 塁上を賑わせるが、得点は挙げられない。
 味方のPは中日を抑えているが、ワンチャンスを物にされる。
 そうしているうちに回は進んで、結局終盤に追いつかれ、逆転される。
 これが、対中日の接戦の流れだということが、身に染み付いている。

 今日の久保は、絶好調。
 立ち上がりこそ、それゆえの慎重さが裏目に出て2点を失うが、それ以降付け入る隙を与えない。
 打線もすぐに追いつき、城島の逆転のHRが出てリードを奪う。
 しかし、この後が続かない。
 中日得意の接戦に持ち込まれる。

 しかし、今のチーム状態が、この接戦にも勝利できる雰囲気を作り出している。
 球児のイニング跨ぎのリリーフはあったが、それはそれで、「絶対に勝つ!」という執念の表れ。
 今日の策としては悪くはない。(毎度毎度じゃいけないけどねぇ・・・)
 首位に立ち、負けられないと言う強い意識が出てきた。
 これが良い方向に向うのか、逆にプレッシャーとなるのかは、これからだ。

 DGDと続くこの9試合。
 まずは最初の山場。
 ここを勝ち越していければ、8月戦線に希望が持てる。
 そういう意味で、最初の試合の勝利は大きい。
 さぁ、行こう!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6―3 対横浜 勝ちに行く姿勢の違いを見せる
 今日の“デイリースポーツ”のコラムで江夏さんが言っていた。
 「昨日の試合で、先発が清水でなくランドルフというところに、横浜が本当に勝ちに行こうとしているのか疑問だ。」
 そうなんだよねぇ。
 どうもベイスターズは監督と選手に乖離した溝が出来ている気がする、
 そんな横浜の清水に、今シーズン何度やられてきたか・・・・。

 清水は低目への制球が命綱。
 ここを振らせて、カウントをかせぐピッチングに、今日の低めに広いストライクゾーンは有利に動いた。
 7回の一気攻撃が始まるまでわずか2安打に封じられる。
 まったく、「何度同じPにやられれば気が済むんだ!」とも言いたくなるような攻撃だった。
 ただ、今年のタイガースは好投しているPでも、バテて球威やキレが少しでも落ちれば、一気呵成に攻め込むことが出来る打線だ。
 7回の攻撃は、一体いつ終わるのか?とでも思えるような繋ぎのバッティングで一挙6点を挙げる。
 この攻撃、HRや長打なしに、ヒットの積み重ねで挙げただけに価値がある。

 それにしても、横浜再生に三顧の礼で迎えられた尾花監督だが、今のところその手腕を生かしているとは言えない。
 もれきくところによれば、試合中の居眠り疑惑や選手たちを卑下したような言動があるとも言う。
 ピッチングコーチとして卓越した手腕を発揮し、「優勝請負人」的に言われたこともあった。
 他人の監督のことをとやかくは言えないが、やはり「名コーチ必ずしも名監督ならず」ってことなんだろうか。
 手腕や采配は買えることも出来るが、離れた選手の気持ちを戻すのは難しいよね、真弓監督!
 
 勝ちに行く姿勢がこれだけ違うチームに取りこぼしてはいられない。
 GとDで潰しあっている間に、確実に白星を稼ぎたい。
 苦手・清水を攻略し、ここは3タテのチャンス。
 確か今年は、Gを相手に3タテを1回したきりだったと思う。
 明日は、2度目のチャンスになる。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―2 対横浜 後半戦早々に首位を奪う
 ちょっと、早すぎるのかも知れない。
 なんせ、タイガースは8月にはいると、例の「死のロード」が待っているのだから・・・・。
 たしかに京セラドームを使えるようになったし、冷暖房完備の高速移動ができる交通機関で、もう「死のロード」は死語だと言う人間もいる。
 だが、天然芝で浜風の広い、広い甲子園をフランチャイズにしたタイガースにとって、人工芝で狭く、常に1発の恐怖の有る球場で試合が続くのは、身体的にも、心理的にもきついんじゃないだろうか・・・。
 その、ロード直前にして首位に立った。
 この勢いでロードを乗り切るか?

 試合は横浜に先制を許すも、すぐブラゼルが同点の一発。
 その後、新井の粘って粘ってのタイムリーで勝ち越すと、金本の2ベースから、城島のドウテンタイムリーと打線の軸が機能する。
 心配は、トリとマートン。
 マートンは慣れない日本の蒸し暑い夏とここまでの疲労とで、少し下り坂かなぁ。
 トリはこの辺でなんとかしないと間に合わんぞ・・・、3割。
 まぁ、この2人が打ち出したら、大変なことになっちまうんだけどね。
 まぁ、巡具利で、うまくカバーしあえばいいよ。
 全員好調、全員絶不調では、波が大きくなりすぎて困るからなぁ。

 それにしても、スタンリッジは投げるたびに安定感を増している。
 緊急補強しておいて良かったねぇ。
 先発の不足事態の中、7勝を挙げてくれて、久保と共にローテの軸にまでなってくれている。
 スタンリッジがいなかったらと思うとゾッとするね。
 下手すりゃ、楽天の朝井とのトレードはタイガースが名乗りを挙げていたかも知れない。
 しかし、栂野も不運だよね。
 相思相愛の横浜から、Gに横槍を入れられ、仕方無しに入団。
 そのGは次から次へとPを補強。
 なんで自分を指名したんや、と思ったことだろう。
 それで、結局楽天にトレードだもの、あの時おとなしく横浜に入れておいてやれば良かったのにねぇ。

 まぁ、後半戦、といっても厳密には試合数的にはもう後半戦に入っているんだけど、のスタートとしては上々。
 ただ、調子を上げてきている中日も気になり始めた。
 明日は、一日天下にならぬよう、しっかり横浜戦の勝ち越しを決めたいね。
 大体、横浜に一番苦戦しているんだからなぁ、困ったもんだ。
 これからは、取りこぼしができない状況が続く。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4―7 対広島 おきざりにした悲しみは・・・
 今日が最後の前半戦。
 明日からはオールスターブレイクだけに、総力戦で戦える。
 広島は、エースのマエケンを温存し、登板させてこなかった。
 昨日は、盛り上がるサヨナラ勝ち。
 勢いを今日に持ち込んで、3タテ、真弓監督初の5連勝。
 あわよくば、首位でオールスターブレイクへ突入という、対広島3連戦の最後。

 その目論見を木っ端微塵にしたのが、先発の上園とそれを放置したタイガースのベンチワーク。
 確かに、久々の先発。
 今空いている6番目のポストに、今日のチャンスを生かそうと慎重になるのは、良いのだが、逆にそれは上園の持ち味を半減させてしまう。
 シーズン当初はローテ入りしていたのだが、上園より悪いPもいたのだが、何故か真っ先にローテをはずされた。
 なんか、使われ方の不信感、ベンチの自分への信頼感が無いことを感じ取っていたのかもしれない。
 ここで、挽回しローテ復帰に、並々ならぬ覚悟があったのかもしれない。

 従来から、立ち上がりが悪いPだ。 
 初回にピンチを招き、開き直って脱出すると、波に乗ってくる。そういうピッチングをするPなんだ。
 それが、初回のピンチに開き直れず、ズルズルと深みにはまっていってしまった。
 これは、きっと、以前の扱いから、簡単には開き直れない心理状態になっていたのだろう。
 結局、広島のサンドバックになってしまった。

 上園にとって不運だったのは、相手のカープが無得点の重圧って言う言い用の無い呪縛から昨日逃れてしまったこと。
 余計なプレッシャーがひとつなくなったカープ打線は、上園を餌食にした。
 それでも、現状の戦力と調子から言って、まだまだタイガースには勝機があった。
 ベンチに前半戦最後の一戦を「絶対に勝つ!」という強い意志がありさえすれば・・・。

 2回を4失点の上園を3回も続投させた。
 確かに、3回の裏に打順がまわるので、この回までは・・・、っていうのはわからんじゃない。
 だが、それは通常の戦い方の時。
 今日は、前半戦の最後、総力を結集して勝ちに行くべきゲームじゃなかったのか。
 上園が好投してても簡単に代えるくせして、こういうときに無意味に引っ張るのは何故なんだろう。
 結局、この3イニング目で岩本に2ランを打たれ、6点差となってしまった。
 まさか、またベンチでフリーズ状態になってたんじゃないでしょうね、真弓監督。

 上園を置き去りにしてしまった、悲しみは、最後の一戦を失うと言う結果になった。
 タラレバの世界だけど、もう1イニング早く継投していれば・・・、あの時新井が打って、2点差にまで迫っていれば・・・・、なんて言っても始まらない。
 すべては、打つべき手を打てなかったベンチワークの失敗だもの。
 オールスターブレーク中によく反省して、後半戦の役割分担をしっかり決めておいてくれ。
 今日はGも一緒に敗れたのが、救いかな。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5x―4 対広島 負けられないやね!
 4試合連続の完封負けのチームを相手に鶴は好投していた。
 こういう時のチーム心理は、無得点のイニングを積み重ねるに従い、いいようのないプレッシャーが段々と重くのしかかる。
 0点の回を続けるたびに、また完封されるんじゃないのか、もう得点を挙げられないんじゃないのか・・、そういう不安にさいなまれる。
 鶴はそのプレッシャーに乗じてピッチングを組み立ててれば良かった。

 しかし、そのカープの不安をタイガースが取り除いてやったとは・・・・。
 浅井のチャージは、しょうがない。たtだ、後ろにだけはそらしてはいけない。
 無死1塁なら、今の広島相手にたいしたピンチじゃない。
 後続をひとりひとり丁寧に討ち取っていくことで、勝手にプレッシャーから凡退してくれるはずだった。
 それを後逸し、無死3塁のピンチとしてしまった。
 ここでの1点は、2点差が1点差に迫る為の1点ではない。
 広島にとっては5試合ぶりに得点をあげるという、画期的な1点になる。それは広島の完封負けという呪縛から開放される1点なのだ。
 これを、バッテリーミスで易々と与えてしまった。
 逆に、ここを無得点に終わらせたら、広島の無得点イニングは永遠と続いていたかも知れない。
 もちろん、岩本の同点HRもなかったことだろう。

 しかし、ここで得点を挙げてからは、前半と逆にカープ・ペースの試合となった。
 中継ぎの林・大島にタイガースは苦しみ。久保田・球児と言うリレーを見せるも、攻撃が封じられ延長に突入。
 タイガースとしては、勝ちパターンのリレーを使い切ってしまい、延長戦のPは,不安一杯の安藤に託さざる得なくなっていた。
 これは、序盤での役割未確定のまま、西村や渡辺を使い続けてしまったツケが廻ったとでもいうことができる。
 案の定、安藤はキレもコントロールも無く、自信なさ気に置きに行く球を痛打され、広島に2点を献上、勝ち越された。

 ただ、この勝ち越しが、逆にカープを敗戦へと導くものだったとは・・・。
 抑えのPを欠く広島にとって、好投の大島に代打を出した手前、10回の裏は、上野に託さざる得なくなる不安一杯の継投。
 大島に苦しんでいたタイガースにとって、大島が代わってくれるのはありがたい。
 しかも、速球派の右の上野に、速球に強い林を使える。
 その林が先頭で、1点差に迫る今季1号を放った時点で、タイガースはこの試合は、「負けられない、負けない。」っていう気持ちになったことだろう。そういう勇気を与える一発だった。

 続くセッキーがしぶとく右打ちで繋ぐ。
 ホント、セッキーは、いまや右の代打の切る札だと思う。左の林と、左右の代打の切り札を任せていいよね。
 ここで、今日ノー感じの鳥谷。
 真弓監督のことだから、送りバントなんてことするんじゃないかと、ドキドキしていた。
 さすがにここでバントはなく、サインは「打て」
 速球派の上野に左のトリのバッティングは合う。
 「打て」のサインで雑念が無くなったトリのバットは外角のストレートに綺麗に反応する。
 逆転サヨナラHR。

 ミスで広島にチャンスを与えてしまった試合。
 相手のエース・マエケンを避けた試合。
 負けられないやね。

 あっ、藤原君、プロ初勝利おめでとう!
 これからも頑張ってや。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―0 対広島 スタンリッジ初完封で貯金がリッチ
 昼間の試合でGが勝った為、この試合を落とすとゲーム差が広がる。
 負けられない一戦。
 カープの先発はジオ。
 4回までパーフェクトにタイガースを抑える。
 こういうPにやられることが多いことは、過去の経験からしてやな予感。

 こういうPにやられる時は、逆に序盤でタイガースのPが打ち込まれ、相手のPが余裕を持って、タイガース打線は早く追いつこうと焦る心理状況から来ることが多い。
 しかし、今日の一戦は、タイガースのスタンリッジがジオに対抗するかのようなピッチングで投手戦の様相を呈した。
 これに焦ったのは、カープ側。
 ここ3試合とも相手Pに完封を許す、貧打状態。
 なんせ、赤松が3番を打つ打線だから、HRの恐怖も少ない。
 きっと、たいした援護を期待できないジオをタイガース打線を完璧に抑える以外に、自身の勝利を呼び込む術はないと思っていたのだろう。
 その結果が、4回までのパーフェクトと5回に襲った右肩の違和感なんだと思う。

 そのジオが急遽降板の余波から、これを繋いだ岸本の隙を突いた金本の一発。
 この2ランの2点を最後まで守りきったスタンリッジの好投。
 これで、6勝目だ。
 思えば、フォッサム、メッセンジャーの不振から急遽補強したPだった。
 ここまで6勝は、よくその期待に応えてくれている。
 メッセンジャーも先発転向で気配を出してきているだけに、この外人Pの2人は後半戦の鍵を握りそうだ。

 これで、貯金は今季最多の「12」。
 大分リッチにはなってきたけど、まだまだリッチなGがいるからね。
 後半戦に向けて、Gとの決戦には貯金は幾らあってもいい。
 明日からも満足せず、貪欲に勝ちに行って欲しいもんだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
11―4 対東京ヤクルト 投手戦を一転させたのは・・・
 6回裏のスワローズの攻撃。
 青木のセーフティが決まり、田中スネ夫がバントを失敗しているくせに、最後エンドランを決めた。
 2点を先制された後、ここで追加点を許せば、圧倒的にスワローズが有利となる。
 それでなくても、今日の由規は抜群の出来。
 初回のチャンスを逃してからは、手も足もでない状態が続いていた。それほど、球速・キレどちらをとっても、敵の寅吉から見ても、惚れ惚れするピッチングを続けていた。

 この試合の流れを左右したのは間違いなく、この6回裏のスワローズの攻撃。
 絶体絶命のピンチにメセンジャーは、力勝負を挑む。
 3番の飯原をショートフライ。トリがよく追っかけた。
 続く4番のホワイトセルがセンターフライ。これは、犠牲フライで追加点を覚悟した。が、浅井のチャージの勢い、プラス返球の勢いに、スタートを切った青木が途中で引き返すと言う、ファインプレーを演じた。
 結局、この浅井の返球までの無駄の無い動きと、ランナーを返さないと言うチャージ、圧力が、試合の流れを変えた。
 結局5番のガイエルがファーストゴロに倒れ、無死1,3塁のチャンスは無得点に終わった。

 こういう攻撃の後は、必ずピンチになる。
 タイガースファンなら、何度その経験をしてきたことか。
 7回の表にブラゼルがヒットで出ると、もう流れはタイガースに向って、勢いよく流れ始めていた。
 それでも、寅吉がスワローズの監督だったら、金本の2ベースで無死2,3塁の状態で、城島をサードゴロに抑えたところで、代打・林は敬遠したね。
 ひとつは、林が速球に強いこと。
 また、満塁と塁を詰めることで守りやすくなること。(すべての塁がフォースプレーになるしね。)
 次のPメッセンジャーの打順に出てくる代打が桧山であることが確定している。速球に弱く、三振またはゲッツーが期待できること。
 ゲッツーに取れず、三振でもつぎの鳥谷がまったく合ってないこと。
 つまり、無死1,3塁のチャンスを逃して相手に行った流れを取り戻すには、相手にも同じような拙攻をさせる以外に無い。
 ここで、無死2,3塁のチャンスを潰させることで再び流れを取り戻す、そういう手に出たと思うのだが・・・。

 林への勝負が裏目に出て、同点打を喰らい、しかも青木の打球の追い方のミスから、打者走者の林をサードまで行かせてしまった。
 この場面では、いくらトリが当たって無くても、なんとかランナーを返すバッティングはする。
 こうして、逆転した後はもう流れはタイガースへ一方的なものとなっていた。
 マートンの2ランも、城島のHRも、大和の走者一掃もすべて、その流れがくれたものだった。

 昼間の試合でGが横浜に逆転満塁サヨナラ打を喰らって敗れた。
 横浜ファンには謝らないといけない。当たり前のようにGが勝ち越すと書いてしまって、ゴメン。
 しかし、ハーパーっていうのは、どういう外人なんだ。よくシーズン途中で取れたもんだ。
 まぁ、これで、再び0.5ゲーム差。G戦の前の状態に戻ったわけだ。
 明日からは、タイガースは広島相手。Gはスワローズ相手にオールスター前の最後の3連戦を戦う。 
 最後の最後で上に行っていればいいのだが、こういう節目でどういう状態でどういう位置につけているかっていうのは、結構重要だったりする。
 Dの動きも気になり始めた今日この頃。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
9―5 対東京ヤクルト 明日へと繋げろ
 平野が判定に不服で抗議。
 ヘルメットを叩きつけたのが侮辱行為で退場だと。
 これの抗議した和田コーチも審判に手を出したとかで退場。
 まぁ、審判の威厳を保つってことなんだろうけど、どうも最近の誤審の多さからすると、そんなことで威厳を保とうとしても無駄なような気がする。
 審判の威厳とは、判定の絶対的な正確さ、尤も人間が下す判定だけにミスもあるが、それがちゃんと理路整然としたものであることと、それを自信を持って行う態度によってのみ保たれるし、高められる。
 曖昧な判定や、コロコロ判定の基準を変えてみたり、怠慢に拠る肝心な場面の見逃しなんかが横行しているうちはダメだねぇ。
 審判自身の技術力の無さを、威厳で補うことなんてできやしないよ。

 まぁ、タイガースにとってはこれが起爆剤で、チーム一丸の雰囲気が出てくるといい。
 欲言えば、抗議に出て退場するのが、真弓監督なら、なお良しだったんだが・・・・。
 そういう、闘志を前面に出したり、チームを鼓舞するような態度を取ることが苦手・・・、っていうか、出来ない監督だけに、こういう時にそういう態度を取ると効果が上がると思うのだが・・・。
 負けている時でも、ベンチでエヘラ、エヘラしている(本人はチームの緊張感を和らげるとでも思っているのかもしれないが・・・)しているよりは、選手の信頼感を得ることが出来ると思うのだが。

 それでも先発の加藤を早々にKOし、苦手を作らず、リベンジしたのは大きい。
 後は、3戦目に勝利して勝ち越さないと、この勝利の意味は無い。
 そういういみで、平野・和田コーチの2人の退場を奮起の材料として、3戦目まで戦って欲しいもんだ。
 この3連戦は、勝ち越しが最低限のノルマだ。
 どうせGは横浜相手に、当たり前のように勝ち越すに決まっている。
 差を広げられないようにする為にも、3戦目の持つ意味は大きい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―3 対東京ヤクルト タンタン、淡白総理大臣
 金本のスタメン復帰の一戦。
 なんか、悪い循環の頃に戻ってしまったような気が・・・・・。
 初回に1点を先制するも、相手のくれたチャンスを生かせず、拙攻で得点ができない。
 そのうち、そのチャンスも過ぎていくと、あとはタンタンと相手に逆転をされるのを待つのみだ。

 この9連戦の前には、投打の歯車がかみ合ってきたかのような状態だったが、初戦おG戦を接戦で落とし、雨で2試合中止。
 Gの勝ち逃げを許すと、シーズン序盤のタイガースに戻っていた。 
 スワローズが好調のせいもあるが、この3連戦は危険が一杯だ。
 下手すると、この9連戦(2試合中止)を負け越しかもしれん。
 なんせ、もう2敗。残り5試合を4勝1敗でいかないと勝ち越せないってことだからね。
 先のG戦と今日のS戦の初戦を落として連敗したのは大きい。
 とてもじゃないがオールスター前に首位なんて言ってられない。

 そういえば、オールスターの最後の1議席にブラゼルが当選。
 まぁ、当選と言えば当選の結果だが・・・。パの田中賢も同様に・・・・。
 どうせなら、ホームラン競争にも出してほしいなぁ。
 キャンプの打撃練習で拍手喝采を受けるほど飛ばすブラゼルだ。
 今時、打撃練習で銭の取れる選手はそうはいないぞ。
 2試合とも城島・阿部という変わらぬ顔ぶれなら、どちらか1試合にブラゼル・ラミレスでも出してはどうなんだろう。
 投票の結果と言いながら、その時点ではブラゼルは候補に入れてもらえなかったのだから・・・。
 ブラゼルのホームラン競争、見たい人一杯いるはずだぞ。

 と、今日の試合に関係ない話題に逸らし、明日から、明日からと転換を図るのだが・・・。
 どうせなら、金本を4番で使ってしまったほうが、打線が機能するんじゃないの?
 新井のいらぬ力みも解放してやりたいし・・・・。
 またm、下柳を見殺しにしちゃったね。
 次はしっかり援護してやらないと・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6―7 対読売 激しく、悔しい
 なんで同じバッターに何度もやられるのだろう。
 敵は、ローテを崩して、東野をぶつけてきた。対中日の3連敗と引き換えに・・・。
 ここで、タイガースが勝利すれば、Gのダメージは底知れない。
 タイガースもスタンリッジが好投し、2点を先行されるも、すぐ逆転。
 このまま逃げ切りを図りたいところだった。

 逃げ切る時の態勢。勝利の方程式。
 すべてをつぎ込んで、7回からを戦う選択肢はなかったか?
 Pを一番調子のいい中継ぎへ代える。例えば渡辺かた高橋由のところで藤原、8回を久保田というような構想を出来なかったか?
 守備は藤川俊がレフトに入ったが、ライトではなかったか?
 ファーストもブラゼルからセッキーに代えてもよかったんじゃないか?
 こうして、絶対逃げ切る、守りきるという姿勢を見せるべきところじゃなかったか。

 結局同点に追いつかれて8回裏。
 平野・新井がでて、1死1,2塁。
 この打席があるから、代えられなかったんだろうけどブラゼル。
 でもPが山口だっただけに、セッキーを入れていれば、久保の投入が早まって、どうだったんだろうか?
 しかし、ここで、ブラゼルに一打が出て勝ち越し、続く城島が併殺でこの回が終了してしまったら、そうしたのだろう?
 9回は球児だけに、裏の攻撃がなくなる、金本を使わずに試合が終わる可能性があった。
 まさか、9回の守りにつかせたのだろうか?

 この、どうしても使わなければいけない選手がいる窮屈さが確かに有る。
 その打撃に期待と言うより、どうしても記録の為、出場しなくてはならない。連続試合出場の記録を継続させなくてはいけない。
 これって、なんか矛盾している。
 成績がよく、出場し続けた結果としての記録ではなく、はなから衣笠選手の記録を抜く為に、無理やり出場させ続ける。
 逆に言えば、そういう配慮さえしてもらえれば、誰でも連続試合出場の記録を作るチャンスがあるってことなんだ。
 まぁ、それまでの金本の残してきた実績があるからこそ、そういう配慮をしてもらえるものだとはわかっているが、なんか腑に落ちない。
 あの場面だって、結局無得点で、9回の裏の攻撃があり、金本を代打でだせることを喜んだ人間がいたんだと思う。
 チームの勝利より優先されるって、そんなこと喜んでよいのだろうか。
 寅吉的には、あそこで決めてもらいたかった。
 やはり、勝利優先である強い意志を見たかった気がする。

 天気がおもわしくなく、この3連戦はいくつできるか不明なこともあり、今日の試合は絶対に取りたかった。
 8勝4敗が、9勝4敗になるのと、8勝5敗になるにのでは、なんかイメージ的に苦手意識が薄れていく気がしてよくない。
 もう1試合、確実に勝っておかないと、後半戦の戦いに影響が出てくる。
 内海が、ゴンザレスがなんて言ってられない。打ち勝つのみだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
7―3 対横浜 前半戦の天王山に向う
 昼間の試合でGが敗れた。
 ここへきて、Gを3タテし対戦成績も5分にしたDもちょっと不気味な存在になりつつある。
 特にDとの対戦成績において分が悪いタイガースにとっては、尚更なんだが今はそうも言って言っていられない。
 明後日からのGとの直接対決は、文字通り前半戦の天王山となることになった。

 その前の横浜戦。
 大体、中日の次に対戦成績がよくないのが横浜戦というのが腑に落ちないのだが・・・・。
 今日だって、ブラゼル・城島の連続HRの後、3回の4得点もすべて横浜からの頂き物。
 メッセンジャーのどん詰まりをスレッジが落とす。
 1,2塁からの平野のPゴロをショートへ悪送球。
 新井のセカンドゴロを併殺に取れず、ファーストへ悪送球。
 結局、3つのエラーが重なり、4点をプレゼントしていただいた。
 まぁ、これだから横浜が最下位に低迷しているのだけど・・・、そことの対戦成績がこれで6勝4敗。
 中止もあって、2連戦になったせいもあり、昨日の清水と言う苦手を作ったせいも有る。
 一昨年のV逸には、横浜戦の影響も大きかった。
 今年は、これから後半戦にかけて、対横浜戦の成績が鍵になるかもね。

 さぁ、0.5ゲーム差でのG戦だ。
 ここは、総力戦でも勝ちに行きたいところだが、その後のSとCとの連戦を含めて9連戦となるだけに、G戦後の戦いに充分注意を払って貰いたい。
 Gに勝ち越したはいいけど、その後に連敗なんてことがないように。
 そういう意味では、メッセンジャーに目処が立ったのが大きい。フォサッムよりか何ぼか期待できるっていうもんだ。
 もう一人、先発が出てきてくれんとイカンのだけど、安藤でもいいんだけど・・・、ちょっと難しそうだしねぇ。
 いっそ若竹当たりの抜擢か、江草か筒井を一か八かで試すか?
 Gも必死でくるだろう。ローテをタイガース用に東野を温存したりして組みなおしているし。
 まずは、スタンリッジがナイターでの強さを発揮してくれることを期待する。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―4 対横浜 セッキーを余して負ける
 G後援会の総長の座は、三浦から清水に引き継がれたようだ。
 日本シリーズの初戦でやられて以来、清水は余り得意ではないらしい。
 なんとか三浦が攻略できるようになったら、こんどは清水だもんあぁ。
 その清水を9回まで持たせてしまったのが大きな敗因だったね。

 初回のチャンスで、新井が外野フライでも上げられれば、展開は大きく変わった。
 新井の4番は、どうなんだろうか?
 昔、新井が広島で4番を打ち始めた時、タイガースでは濱中が4番を任され始めた。
 若き4番は、どちらも背番号が「25」で、当時はよく比較されていた。
 お互い、経験が浅いのと、その重責に中々結果です、苦しんだことを覚えている。
 先に結果を出し始めたのは、濱中の方だった。
 故障で離脱するまで、だんだんと4番らしさを見せ始めた濱中と対照的に、新井は低迷を続ける。
 それでも、当時の広島・山本浩二監督は、新井を4番で使い続けていた。

 新井は、当時の広島の状況が産んだ4番だ。
 新井意外に4番はいない、新井が打てなけりゃしょうがない、そういう状況だからこそ、最終的にその重圧を振り払い、4番として務めを果たせるようになった。
 今は、そうじゃない。
 新井の前後を打つバッターは、マートンもブラゼルも、好調だ。
 その後ろには、メジャーリガーの城島もいる。
 それなのに4番を打たせてもらっている。
 これは、簡単に開き直れない状況だろう。
 しかも、優勝争いをしてえいるタイガースの4番だ。
 どこで、新井が開き直れるか、4番を追われるのが先か、これからが勝負だね。

 しかし、最後の9回のチャンス。
 あそこの代打は、セッキーでしょう。
 1点返して、2死1,3塁。
 相手Pは、速球派の山口。
 桧山では、あの速球についていくことは難しい。
 日本記録こそ逃したが、10打席連続出塁で、記録が途切れた後の昨日もヒットを打っているセッキーこそ、現状の「代打の切り札」だと思うのだが・・・。
 速球派のPから、いかにして点をとるか、どんなに汚い格好でもヒットにする姿勢は、セッキーが一番だと思う。
 あそこで、セッキーを使わないと、結果余して負けることになる。
 桧山は、延長に持ち込んでからでも出番はある。
 まずは、同点を狙わないで、どうする。

 この辺の甘さが、最下位横浜に苦戦をする原因じゃないだろうか。
 ベンチワークの反省を望みたい一戦だったと思うぞ。
 今一度、勝つための最善策を考え直して欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6―5 対横浜 足で稼ぐ
 上本がデビュー2試合目にしてお立ち台に上がる。
 先に足を武器に売り出した大和と揃って、俊足の2人が今日のヒーローだ。

 G後援会の総長である三浦の先発に、苦手意識のないマートンが口火をきった。
 2点を先制するも、久保が横浜のハーパー、スタンリッジにランナーを貯めての一発を浴び5失点。
 しかし、今年の三浦は攻略できる。
 なんてたって、長年の「三浦苦手症候群」に汚染されていない選手がいるからね。
 そんでもって、2点返して1点差になって、三浦は降板。
 これは、簡単に逆転できるぞ、と思ったら大間違い。

 三浦を降ろしたことで、勝った気になったのか、2番手の加賀に抑えられてしまう。
 また、初顔苦手症候群で、ダメダメかいって思っていた。
 そんな中、加賀が降りた8回に待っていたのが、今日のヒーローの2人だ。
 
 まず、対ブラゼル用に出てきた加藤に、ブラゼルが技ありの一撃。
 もうちょっとで、HRかという当たり。惜しかったねぇ・・・、これがHRにならなかったのがあとあと響かなければいいのだけど、という心配をしたほどだった。
 だが、結果的にはこれがHRにならなくて良かったのかも知れない。
 HRになっていたら、同点でリセットされ、攻撃もそこで止まっていたかも知れない。
 これが、2ベースになったお陰で、その後の攻撃に繋がっていくのだから・・・。

 そのブラゼルに代走起用されたのが大和。
 城島のあわやのファーストゴロの間にサードに進み、代打・金本の見事なスクイズ(ってことにしておかないか?)のようなバウンドの大きいファーストゴロに、判断よくホームを突いて、フィルダースチョイスを誘い同点。
 この辺の思い切りの良さが大和の走塁の真骨頂だ。(平野も少し見習えばいいのになぁ。)
 そして、ファーストに残った金本の代走に起用されたのが、高校の後輩・上本。
 浅井の打席で、スタートを切るぞと、プレッシャーをかけながらタイミングを計る。
 そして、思い切ってスタートして2度目(最初のスタートは、浅井が打ってファールになる。)もいいスタートだった。
 横浜のキャッチャー橋本の送球が上本(?)に当たり、外野へ抜ける間に、一気にホームを駆け抜けた。ナイス・ラン!

 しかし、この後ろへ逸らした送球の追い方が隙だらけ。
 この辺に、横浜の最下位に低迷する理由がある。
 なんか、自ら負の方向に走り出すような・・・、まぁ、横浜でなければ勝てなかった試合かも知れない。
 そして、忘れてならないのが、7回に久保を継いで登板した藤原の好投。
 1回をピッシャリと抑えて、流れを引き込んだ。グッド・ジョブ!

何はともあれ、足を使って勝つなんて、このところのタイガースらしくない勝ち方。
 でもこれからは、大和や上本の出番が増えれば、珍しいことではなくなる可能性もある。
 そんな期待を抱かせる、2人の活躍だった。
 明日からも、ガンガン行っていいぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6―10 対東京ヤクルト 最悪のシナリオ
 しかし、今日の試合は安藤にとって、「ごっつぁん」の試合なんじゃなかったのか。
 相手は、プロ入り未だ未勝利の加藤。
 4番のホワイトセルは出てこない、3番に田中スネ夫、4番に畠山という、ありがたい打線。
 かたや、タイガース打線は好調で、最低でも5,6点の援護は見込める。
 今日のタイガースの先発に立候補したいPは、たくさんいるはず。それほどの「ごっつぁん」試合。
 安藤は、肩で風を切って、ピッチングできるはずだったのだが・・・・。

 今日のシナリオ
 
 最高のシナリオ
 安藤がスワローズ打線を、しっかり抑え、球児にダイレクトに繋ぐ。打線がよく援護して、安藤に開幕戦以来の白星がつく。
 Gが休んでいる間に、しっかりゲーム差を縮め、1.5ゲーム差。勢いをつけて明日からの横浜戦へ。

 普通のシナリオ
 安藤がなんとかゲームを造り、6回を3失点で凌ぐ。7回から渡辺・久保田・西村を繋いで球児へ。
 打線も苦労しながら、終盤の逆転で3連勝。Gと1.5ゲーム差で、横浜戦へ。

 最悪のシナリオ
 打線が初物に弱い、プロ初勝利貢献マシーンと化して、止めを刺せない拙攻続き。
 安藤は、接戦に打たれまいと慎重になりすぎ、ランナーを溜めては、長打を打たれる最悪の展開。
 序盤で大量失点で、ゲームを作れず。
 打線が、徐々に追いかけるが、序盤の失点が響いて、追いつけづ。

 まさに、最後の最悪のシナリオになってしまった。
 安藤に次のチャンスは、あるのか?あればG線なんだが・・・・・。
 今日の収穫は、若竹に2イニングの経験を積ませた事。鶴に負けずに追いかけろ!
 上園が、ナイスピッチング。安藤との配置転換もありかと思うが・・・・。
 そして、上本のデビュー。
 惜しむらくは、最後に桧山の代打より、上本にもうワンチャンス与えて欲しかった。
 
 これで上本が使えるようなら、
 8平野 4大和or上本 6鳥谷 7マートン 3ブラゼル 2城島 9林 5新井
 なんていう打線が組めるんだけど・・・。
 上位は機動力あり、小技が利く打線になるし、ピッチャーによって、林を浅井に代えてセンターに配し、平野をライトにすることで守りもグッと締まるでしょ。
 絶対、行けると思うのだが。
 是非、後半戦にでもお試しあれ。

 ぐぁんばれ!タイガース

 PS セッキー、残念だった。いいバッティングだったよ。また次、がんばれ!
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―2 対東京ヤクルト セッキーの結婚祝いは・・・
 下柳の結婚発表後の初勝利を祝ったのは、セッキーの代打HR。
 しかも、6回を2失点で投げきった後の打席での代打指名がセッキーだった。
 ここで、セッキーの一発がなければ、下柳の結婚後の初勝利は、さらに先に延びたわけだ。
 聞けばセッキーは、下柳への結婚祝いをまだ贈ってなかったという。(本人談・笑)
 この一撃が、何にも増しての結婚祝いとなったことだろう。

 キャンプ中継で解説の広沢氏が言っていた。
 タイガースで一番勝負強いのが関本。短期決戦で一番力を発揮するタイプだと。
 まさに、このところの代打での活躍はそれを裏付けるものが有る。
 代打での連続打席出塁の日本記録にあとひとつで並ぶと言う。セッキーには是非、日本記録を更新してもらいたいもんだね。
 勝負強く、選球眼もよく、小技もできる。セッキーの出番が少なく、寂しい思いをしていたし、本人も辛い状態だったに違いない。
 それに耐えて、訪れたチャンスに結果を残す、まさに仕事人のセッキーに、ひとつくらいご褒美の勲章があってもいいでしょう。

 対照的に、8回に代打・起用された林。
 将来のクリーンナップを嘱望されていた林は、今も併用・控え・代打に甘んじている。
 この打席、優位に進めてカウントは1ストライク、2ボールでの場面。
 ここで、外の高めのボール球に手を出し、ファールで2ストライク、2ボールとなってしまった。
 結局、次の外角低目への際どいボールにハーフスイングを取られて三振してしまう。
 5球目のボール球に手を出さなければ、1ストライク3ボールとなり、追い込まれたピッチャーに対し、ストライクゾーンを狭くして待つことができ、際どい球にハーフスイングなどすることもなく、見逃せただろうし、甘い球を思い切り叩くことも出来ただろう。
 あそこで、ボール球に手をだすことが、林の甘さ。
 ああいうことをしていると、所詮「台湾の4番」「未完の大器」と呼ばれるだけで終わってしまう。
 もったいない。

 これで、スワローズに勝ち越し。
 欲を言えば、明日安藤で3タテして勢いに乗りたい。
 オールスターまでの連戦で、いくつ貯金を延ばせるかで後半戦の展望が開ける。
 スタンリッジの代わりのメッセンジャーも試さなくてはならないし、出来るだけ貯金をしておきたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6―1 対東京ヤクルト G戦後の初戦に勝利する
 大体、G戦直後の試合を落とすことが多いんだ。
 必死にGに勝ち越して、これからと思わせて、すぐズッコけるタイガース・スタイル。
 何度、やられたことか。
 これから、Gを追いかけるには、直接対戦で勝利するのは元より、その直後の試合を大事にすることだ。

 その大事な試合。
 先発は、3連勝中のスタンリッジ。
 かれは、いつも立ち上がりにピンチを招く。こんなんで何回までもつんやろ?と思うような投球でスタートする。
 今日も、1,2回はスワローズの拙攻にも助けられ、なんとか持ちこたえているという風に見えたもんだ。
 それが、終わってみれば、あわやチーム初完封をやってのけようかという好投。
 それでも2桁安打を許しているんだけどね・・・・・。

 スタンリッジは、立ち上がりからエンジンがかかるまで時間がかかるタイプ。
 馬力型のPだけに、一汗かいてからのほうが、調子が出てくる。俗に尻上がりにようなるというタイプなのかも知れない。
 それでも、100球を越えるあたりからバテているみたいで、相手がスワローズでなければ、終盤に捕まっていたかも知れない。
 この辺が難しいPなんだよね。
 今日は7回に4点の援護があり、余裕が出来たから完投で来たが、普通は7回から継投に入るところだ。
 それでも先発が足りない中、4連勝してくれたのだからありがたい。
 暑い夏場に、スタンリッジの馬力が必要となるだろう。頼んだぞ。

 さて、トリの打率が2割8分を越えて来た。
 今日は久々の猛打賞。
 でも、本当に3割を打とうとすると、今日の最後の打席がもったいない。
 あそこで、もう1本打てるかどうかが、最後に効いてくる。
 今年は、不調の期間が例年より早めに終わったから、チャンスなんだが、今日のような最後の詰めが甘いと、また3割目前にて未達ということになりかねない。
 最後まで貪欲に、打てるときは徹底的に打っておけ。

 さぁ、G戦後の初戦を取った。
 だが、先のスワローズ戦も初戦を取ってから連敗し負け越した。
 初戦をいい勝ち方で油断をすると、足元をすくわれかねない。くれぐれも油断はするな。
 明日も、しかっり戦おう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―10 対読売 遅すぎた、フォッサムの見限り時
 今日の試合、フォッサムを先発させた時点で捨て試合なんだろう。
 大体、前から言っているよう、素人の寅吉でさえ、ファッサムのフォームを見て、ストレートと変化球の別を100%に近い確率で見極められる。
 変化球の時は、フォームの始動から緩むのだから、見分け方は簡単だ。
 それを、プロのバッターが見逃すわけがない。
 緩い変化球を待って、思い切溜め込んで叩くなんてことは、プロのバッターであれば、朝飯前だろう。
 打者1巡目さえ持たずにつかまっても、全然不思議じゃないもの。

 今日の試合での勝ちパターンは、
 .侫ッサムの奇跡的好投。連敗の焦りからG打線がフォッサムの球を打ち損ない、それが5回まで続く。
  5回までを2失点くらいで行けば勝機あり。
 ▲侫ッサムが打たれたら、即降板し、繋いだPがしっかり抑えて、勝負を終盤に持ち込み。
  1,2回でも危ないと見るや即降板、上園や若竹が好投し、1,2回の失点のみで勝負を終盤に持ち込む。
 再びノーガードの打ち合いに持ち込む。Pを小刻みに継投し、乱打戦に勝負を賭ける。
 以上の3パターンくらいしかなかったはずだ。

 Gの先発が東野で、うまく立ち上がってしまったため、はなくなった。
 フォッサッムが1回から失点し、2回で4失点になった為、,眩瓠垢砲覆なる。
 結局△離僖拭璽鵑靴勝機はないのだが、3回もフォッサムを続投させた。
 この時点で、勝つという目的は、なくなり、「捨て試合」が決定したと言っていい。
 寅吉的には、フォッサムの先発時点で「捨て試合」なんだけどね。

 しかし、真弓監督の恐ろしいところは、一度「捨てる」と決めた試合なのに、ちょっと味方が点を取って、8点差が6点差になると、また「拾おう」とするところなんだよね。
 もっとも、フォッサムの後に上園を投げさせてる時点で?なんだが・・・。
 ここで、渡辺を使ってしまう。
 ほんと、いくつ体があってもたまったもんじゃないよ。
 3回と持たないフォッサムは中5日とか6日を与えられて、かたや渡辺や西村は、勝っていても負けていても、投げさせられ、挙句6点もビハインドの試合でも投げさせられるんだから。
 これで、タイガースの中継ぎは夏場を越せるのだろうか?

 このフォッサムの降板後、つまり7点差が付いた時点で、若竹を試してみてもよかったんじゃないの。
 こういう試合を、若手にくれてやらんと、意味のない中継ぎの無駄遣いの試合に成り下がるんやでぇ。
 まぁ、そんなことは、全然見えてないのが真弓スタイルなんだけどねぇ・・・・。

 これで、フォッサムも見限ることができるだろう。いっくら優柔不断な真弓監督とは言え、これで見限れんようじゃ、ホントのアホやで。
 フォッサムを左と言うことだけで、先発に使っていたのなら、早くに江草か筒井に先発の準備させとかなぁ、アカンやろ。
 フォッサムより、随分期待が持てるはずなんやけどなぁ。
 今日の試合もそうだが、シーズンをみても、フォッサムを見限るのが遅すぎまっせ。
 Gに対タイガースの苦手意識を植え付け損なったしなぁ。

 まぁ、フォッサムの代わりのローテを真剣に考えてや。真弓さん。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |
8―2 対読売 鶴の羽ばたきの音は聞こえたか?
 鶴がG相手にナイス・ピッチングを見せた。
 打線もこのところの好調さで、鶴を援護し、G相手に連勝。

 鶴のピッチングを見ていて、昔、山崎一玄投手がG戦で完投勝利を挙げた試合を思い出した。
 その試合の解説の江川氏が、「なんで山崎投手がここまで持っているのか不思議でしょうがない。球自体はいつKOされてもおかしくない球を放っているんですがね。」とやら言っているのを尻目に完投勝利を挙げた。
 その時の山崎投手のピッチングを思い出させる内容。
 決して速い球があるわけでもなく、キレのよう変化球があるわけでもない。
 一発の怖い東京ドームで、失投とも思える球も少なくはなかった。
 それでも、6回途中まで2失点で過ごしたのは、向っていく気持ち、攻め込んでいく気持ちがあったからだろう。

 ひとつだけ残念なのは、その6回の先頭の小笠原へのピッチング。
 この日、小笠原へだけは攻め込むより、慎重にコーナーを突くことを主眼にしたピッチングをしていた。
 多分、ピッチャーの六感として、「小笠原はヤバイ」って言うのを感じていたんだろう。
 それでも、この6回は、もっと長いイニングを投げるつもりなら、歩かせてはいけない場面。
 四球で出すくらいなら、HRを喰らった方がなんぼかましだと言う場面だ。
 無死から四球でランナーを出して、ランナーを溜めるきっかけを与えるくらいなら、ソロHRで1点の方が傷は浅い。
 この四球があったればこそ、鶴はこの6回での降板を余儀なくされた。

 もっとも、山崎投手のように、一世一代のピッチングをすると、それで燃え尽きてあたは、抜け殻のようになってしまいかねないので、鶴にとっては良い戒めとなったかもしれない。
 ちなみに山崎一玄投手は、現在タイガースの打撃投手として裏からタイガースを支えてくれている。
 今日の6回の降板を糧として、大きく羽ばたいてもらいたい。
 がんばれ!

 打線はこの球場に来ると、ブラゼル・鳥谷がよくHRを放つので、Gの打線に互して戦える。
 今日も3回のピンチを凌いだ後、ブラゼルの天井に当たる大きな2ランとトリの3ラン・ドームランにて、一挙5点。
 この2人のHR数は、ここを本拠地にしていたら、1.5倍から2倍の本数を打っているんじゃないだろうか。
 まぁ、心強い限りなんだけどねぇ。
 
 今日勝って連勝したことで、明日の試合は重要。
 Gのタイガースへの苦手意識を持たせるには明日勝つことが一番。
 ゲーム差も「3」と「1」とでは、受けるプレッシャーも大違いだし。
 その明日の試合・・・、先発がいない・・・・、あっGもか?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
10―8 対読売 ノーガードの殴り合いでは、負けられない
 最初はGの攻勢。
 本拠地のドームランを生かした攻撃となんとかガードを下げずに守ってきた。
 それが、7回に疲れからか、少しガードを下げるとタイガースのパンチが的確にヒット。
 一気に6得点で逆転だ。

 元より、東京ドームでは、ラッキーパンチが多く当たる。
 甲子園では定位置の外野フライでさえ、ここではHRとなる。
 最初から、ガード下げ気味できたタイガースが、逆転に転じた攻撃で、さらにガードが甘くなった隙に、再逆転を許す。

 そうして、お互いがガードを下げての殴り合い状態になったからには、負けられない。
 この東京ドームをホームにしていれば、ブラゼルは60本くらいのHRを打てるだろうし、鳥谷だって3割30本をクリアしているんじゃないかと思われる。
 その2人が8回、9回に2ランを放ち、GをKOした。
 
 これで、対G戦に4連勝。
 セリーグで唯一Gに牙をむける相手。
 他チームが、Gとのノーガードの殴り合いになりことを恐れ、アウトボクシングで逃げ回り、結局つかまり倒されてしまうのと違い、タイガースは積極的に殴り合う戦法をとり、かつ殴り勝って来た。
 Gもタイガースとの殴り合いが分が悪いと思ってくれれば、こっちのモンなんだが・・・。
 お互い先発に人材を欠き、苦しいローテが続く。
 序盤はGの中継ぎ陣の頑張りや、移籍の藤井のローテ入りなどのプラスがあったGが抜け出したが、実態の苦しさは変わらない。
 なんか、タイガースと似たり寄ったりの状況。
 それを打力でいかに補って、勝っていけるかが両チームの課題だ。
 再び言う、ノーガードの殴り合いには、負けられない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―1 対中日 勝ち越して、良かったね
 この試合を落として、2カード連続で負け越してG戦に臨むのと、今日勝って勝ち越してG戦に臨むのとでは天と地程の違いが有る。
 大概こういう試合を落として来たタイガースにとって、今日の試合を取れたのが大きい。

 安藤が久々の1軍で好投。
 元々、試合を作ることができるPなだけに、夏場を迎える前に戻ってきたのは助かる。
 お帰り!っていえるのは勝ってからだろうが、ひとまずは安心、安藤。

 試合は詳しく見てないので、いろいろいえないけど、今日のような試合を取れるようになったのはいろいろな意味で大きい。
 明日からのG戦に期待を持たす一戦だたっと想像する。
 ここで勢いに乗って、Gとの差を詰めとかんと・・・。
 まずは、明日の一戦に全力を尽くせ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。