CALENDER
<< March 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



いよいよ開幕間近!
 あさってに開幕を控え、てぃぶろぐにトラバってみようかと。
 テーマは「タイガースの開幕オーダーは!?」。

 まずは、理想から、
 1番SS鳥谷 2番CF赤星 3番1B関本 4番LF金本 5番3B今岡 6番RF桧山 7番2B藤本 8番CC矢野 9番PC井川

 ほんとは、鳥谷が十分1番に抜擢されるくらいの成長をみせてくれるのが理想。セッキーは去年赤星の後を打った経験から、一昨年の金本のようなつなぎの3番を期待。純国産打線。理想やなぁ〜っ!

 では、現実を、
 1番CF赤星 2番2B藤本 3番1Bシーツ 4番LF金本 5番3B今岡 6番RFスペンサー 7番SS鳥谷 8番CC矢野 9番PC井川

 まぁ、こんな感じでしょう。スペンサーも岡田監督が買って獲ってきたのだから開幕からしばらくは使うでしょう。腐らせないためにも。(まぁ、最終的にはヒーやんが定位置を確保してる気がしますが。)
 あまり、夢がありませんが、戦っていける打線でしょう。桜井、喜田、林の台頭が待たれるところですね。
 それと、前評判を覆す、スペンサーの爆発、鳥谷の躍進。これが今年のカギを握るといってよいでしょう。

 なにはともあれ、ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(6) |
ぐぁんばれ!SHINJO
 セ・リーグより一足先に開幕したパ・リーグの野球中継をみた。
 試合は、北海道日本ハム対西武。なんたってSHINJO(新庄)が出てるもんね。

やっぱ、寅吉は新庄が好きですよ。どこへいってもね。
彼ほどファンに野球を楽しんでもらおう、球場へきてもらおうと考えてる選手はいないんじゃないかな。(いや、いるとしても行動に現せるのは彼だけだろう。)

92年、あのヤクルトとの優勝争いの年。彼はオマリー(怪我で欠場)の穴を埋めるべく、颯爽と登場した。最初はサードでのデビュー。(当初は、2軍でショートを守っていたはず。)
その年ブレークした亀ちゃん(今と違い、スリムで足が早くファイト剥き出しの選手だったよ。)との亀新コンビの活躍に沸いた年だった。

 あの年、優勝していれば、その後は変わっていただろうか。(レバタラ話だね。)
 でも、優勝したヤクルトは、その後常に優勝争いに絡み、野球がうまくなり(ノムさんのお陰でもあるが、優勝したことがノムさんを受け入れる大きな要素となり得たはず。結果が出なかった阪神はノムさんの考えが浸透しなかった。)一皮剥けた大人のチームになった。対照的に阪神は、暗黒時代に突入。

 あっ、話が逸れちまった。新庄君の話だよ。
 メジャーから、帰ってくるって言うとき、寅吉は、阪神へのカンバックを望んだね。
 えっ、守るとろこがない?センターでもライトでも、赤星との兼ね合いで考えてやればいい。きっと守備面で赤星の刺激になるよ。ヒーやんにはわるいけど、変な外人をライトに当てこむより絶対いいよ。
 まぁ、死んだ子の年を数えてもしかたないか。

 今年は交流戦もあるし、甲子園での新庄もみられるね。レッドも負けずに頑張れよ。

 阪神が失った貴重なものは、新庄と先代トラッキー(横浜のブラックホッシーを経て今年、楽天のマスコットにヘッドハンティングされた。)だよね。

 昨日は不振だったけど、新庄には華があるよね。また、交流戦で見せてくれって、複雑な心境だよ。新庄が活躍して阪神が勝つ。このパターンでお願いします。
 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
2―1対広島
 オープン戦最後の試合は勝利で終えられた。

 まだ、チェックしきれないところや、内野連携など不安な部分も多く、決して万全な状態で開幕を迎えるというわけにはいかない現状が見受けられる。

 今年もかなりの苦戦が予想される。
 ひとつ自信を持っていいのは、中継ぎから終盤にかけての投手陣の厚みだろう。この強みを前面に打ち出した戦い方が望まれる。

 それと、前に厳しいことをかいた杉山投手が、かなり良くなっているようだ。チャンスは与えられるものでなく、掴み取りにかかるものだ、ということがわかったのか。だとすれば、この2軍落ちは彼にとって大きなターニングポイントになったのではないだろうか。今の若手投手たちに一番欠けてる部分なのだから。

 伊達に、18番を背負ってるわけじゃあるまい。寅吉は杉山に期待する!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
妻に裏切りの兆候
sainnbo-ru
 写真のサインボール、誰のだと思います?

 正解は、ヤクルト・スワローズ五十嵐亮太投手。
 
 なんで、寅吉が五十嵐のサインボールをって・・・・・。
 実は、これは妻が知り合いに頼んでもらってきたものらしい。どうも昨シーズンあたりから、おかしいと思っていた。

 野球中継でヤクルト戦になると、妙にわくわくしてたり、五十嵐がキムタクに似てるとしきりき言ってみたり。阪神ファンの夫に隠れて、ひそかに五十嵐を通してヤクルトファン化している兆候が見られる。

 もっとも、パでは新庄が好きで、この点は寅吉と同じなんだけど・・・。

 まさか、勝手にサインボールを頼むほどファン化してたとは、・・・・
 ひそかにオークションで売ったらいくらかななどどいらぬ考えが頭をよぎる寅吉だけど、なにはともあれ寅吉の家では、以前紹介した「井川投手のサイン入りTシャツ(IRON NERVES)」、「松坂投手(西武)サイン色紙」「潮崎投手(元西武)サイン色紙」に次ぐお宝となったのは事実だ。

 なんか、五十嵐が憎めなくなってしまいそうで、怖い!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
2―4 対横浜
 まったく、絵に描いたような負けゲーム。

 開幕間近の臨戦態勢のはずが、こんなゲームしてて大丈夫ですか、岡田さん。

 なんにもするまもなく、なんとなく負けてしまう。これって、結構去年みましたよねぇ。ほんと、競争ってあるんですか。危機感がある選手が少なくない?(そう見えるだけでも問題だよ!)

 この間の、オリックスなんか、危機感ていうか、やる気というか、みなぎってるって感じだったもの。星野監督就任1年目のタイガースを見るようでしたよ。結局4位に終わったけど、オープン戦から勝利に飢えて、ギラギラしてるって感じだったもの。
 オリックスも近年の成績と合併問題などで悪役化してるから、その負のエネルギーを勝利への執念みたいのに変えようと仰木マッジク炸裂って感じだし。

 それに、比べると我タイガース。まさに一昨年の優勝の意識から抜けきらず、チャレンジャーという精神に欠けてるようなのですが・・・・。

 やはりここが、先発投手陣より内野の連携より打線の繋がりより、大きな問題ではないだろうか。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
ブログのトップをカスタマイズ!
 ブログのトップをオリジナルにカスタマイズしてみました。

 昨日のオープン戦では、同リーグの広島にやっと競い勝ち。こういう戦いに強くならないと、タイガースに明日は、ないね。

 でも、ここへきて故障者が相次いでいるのは気がかりだぞ。

 アニキは、今は無理せんといてくれ。いずれシーズンでは、連続フルイニング出場の記録もあるし、無理の連続になるのだから万全にしてシーズンインして欲しい。

 片岡は、残念。今年の巻き返しに期待も、ベテランがここへ来てダウンか。アニキと違ってレギュラーを約束されてる立場じゃないだけに、ダメージも大きい。

 今岡 まだまだ鍛える年齢なのに、少しやるとすぐ故障。打撃技術は壁を越え、安心できる域に達したけど、故障もちなのが難点。まぁ、なんだかんだで開幕までには、なんとかするでしょう。(コンバートされた内野の連携に不安を残す。)

 的場 こう毎年故障に陥るのは、やはりなんかあるよね。故障がなければ、いまごろショートのレギュラーはこの男だったかもしれない。ハマちゃんといい、寛一といい、最後まで化けそこないで終わってしまうかも・・・。

 金沢 このピッチャーもいいところまでいっていて、故障で振り出しに戻るタイプなのかなぁ。中継ぎから、先発へ本人もその気になっていたんだろうけど、いい経験積んできてたんだけど・・・・。太陽のように強い気持ちで戻ってきて欲しい。

 矢野はなんとか間に合いそう?でも今年はうまく、野口と併用して(優勝した年のように)、適度に休ませながらがんばって欲しい。いまのところ、矢野を越える人材がいない以上、故障はこまる。

 もう、わずかで開幕だ!がんばれ、タイガース!!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
6―4 対読売
 まぁ、オープン戦とはいえ、読売戦の勝利はうれしいよね。

 だいぶいいところが出てくるようにはなったけど、やはり投手陣は不安だよね。若手投手陣で首ひとつ抜け出てくるような人材がみあたんないよねぇ。しいていうなら、故障上がりの太陽、新人の能見ってことになってしまうものなぁ。
 
 井川なんかが出てきたときのような、グイグイ突き抜ける感じがないもの。まぁ、これからの変わり身に期待するか。

 そうそう、寅吉は「路地裏の中年」のブログを見てもらうとわかるとおり、ここしばらくiPod shuffleと格闘していてここへの記事の投稿がおろそかになってました。
 これから、オープン戦も終盤。シーズンに向けて、応援にも力が入るというものです。

 PS 選手のヒッティングマーチが変更になったのですね。また、着メロかえなくっちゃ!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |
Do you 能見?
 なんて、見出しが躍りそうな、新人能見投手の活躍。

 本番でも、そうあって欲しいと願うファン心理。きっと、オープン戦だけだ。新人を計算にいれちゃいけない。と悲観論を口にする阪神ファンの心理。(あんだけ、裏切り続けられるとそうなるんですよ。阪神ファンを永くやってる人はわかります。)

 でも、能見は高校時代、井川(エース)、川口(平安―オリックス)と並んで「高校左腕3羽ガラス」といわれた逸材だった。
 もっとも、川口は、甲子園で優勝したけど、プロ入り後鳴かず飛ばずで引退。入れ替わりに、能見がプロ入りという皮肉なめぐり合わせではあるけど。

 能見のフォームや見た目を見て、星野や阿波野を連想することが多いらしいけど、寅吉はあくまでも井川のライバルとして存在してくれればと願う。
 今は、新人とエースだけど能見が目指すのはそこしかない。そういう気持ちがなければ、川口になってしまうだろう。
 がんばれ!能見。

 あと、今岡が怪我(膝の故障)らしい。
 ここへきての離脱は痛いよね。キャンプ中サードへのコンバートにも関わらず、あまり特守をしなかったと聞くけど、やはり自覚症状があったのだろうか。膝の持病が慢性化するようだとサードもつらいかも・・・・。
 いずれ、ファーストへ再コンバートもあるかも知れない。
 (足があれば、外野なんですが、いかんせん遅すぎます。)
 
 何とか、開幕へ間に合ってくれることを祈るのみ。
 チャンスだぞ!関本 健太郎。
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(1) |
いよいよ実戦モード、その中で・・・・
 杉山投手がフォームを改造中だそうだ。

 いまごろ?
 ????だらけの記事を読んだ。いったい秋季キャンプ、このキャンプにかけて何をやってきたんだ。

 なんとなく、去年の延長でやっていけば、今年は少しはレベルアップする。普通にやれば、ローテにもチャンスがあるなんて甘い考えでやってきていなかったか。今一度考えてみたらいい。

 結局オープン戦緒戦で通用しないことを思い知り、あわててフォームの改造かい。そんなことは、秋季キャンプでやって欲しいよ。このキャンプはフォーム固めと実戦にむけての鍛錬の場。ローテ入りをかけて熾烈な競争を繰り広げていなくっちゃ。話にならんよ。

 これは、杉山だけでなく、タイガースの若手投手陣すべてにいえるきがする。素人目でみてもそういう覇気が感じられなかったもの。

 結局、実績型の投手(井川、福原、下柳、安藤?)と故障明けの太陽、あたりに頼らざる得なくなりそうな予感。

 たのむよ、そろそろ誰か突き抜けてきてくれ!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(0) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。