CALENDER
<< February 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

Google



正田の正体?
 多分、このキャンプで投手陣の期待の一人に正田樹の名は間違いなく挙がってくるだろう。
 なるほど、ブルペンでは長身から角度のある球を投げ下ろしている。これに、得意の大きなカーブがあるのだから、いやがうえにも期待は高まる。
 甲子園の優勝投手であり、新人王を取った経歴もある。
 でも、何故金沢とのトレードに応じられたのだろうか?

 故障がらみで伸び悩んだとはいえ、新人王を獲ったトラ1の左腕だ。
 今季、金村とのトレードでヤスを獲ったことでも、日ハムが左ピッチャーを必要としていたのは明白だ。
 それが、かくも期待の持てる左腕を金沢とのトレードで出していいものなのか?
 それは、故障以上になにか訳でもあるのだろうか。
 この間の、ヤクルトとの練習試合での失点の仕方をみると、なんとなく見えてくるものがあるんだろうか。

 そういえば、「猛虎キャンプレポート」で、正田を移してた時、福家さんと中田良だったか湯舟だったかが彼のフォームで気になることを言っていたのを思い出す。
 つまり踏み出す足(正田は左だから、右足になるね。)のつま先が開き気味だというのだ。
 つまり、つま先が開くと、膝が開く、これは体が早く開くことにつながり、腕が早く出てきて、球の出所が非常に見やすくなる(バッターかから見てね。)ということを指摘していた。
 なるほど、良く見るとつま先が開き気味に入っているのが分かる。
 隣で投げてた、江草のつま先が内側を向いて入っているのと対照的だった。俗に言う、「球もちが良い」って言うのはこういうところからも着ているのかと妙に感心してしまったのを思い出す。

 そして、正田の場合。
 ブルペンでの投球は眼を見張るものがあり。あの角度から振り下ろされるストレートの威力からして、ヤクルトの若手に簡単にはじき返されるようには見えないのだが、あるとすればやはり、球の出所が見やすいって事なんじゃないかと思える。
 これが、正田の正体とすれば、なんとなく分からんじゃないけど、でもそんな誰もが気づくようなフォームの欠点を指摘されてない方がおかしいと思わない?
 散々指摘されても、それを直すことが出来ないという部分に彼の欠点があるのかも知れない。故障を直すこと優先でそこまで行ってないのかも知れないけどね。

 いずれにしても、正田の素質がこのまま埋もれては忍びない。
 筒井が伸び悩み、小嶋がまだまだ、本格派左腕として期待されるのは彼と岩田くらいだろう。
 井川以来の左の本格派としての希望をもてるだけに、このままではいけない。
 直すところは直し、押しも押されぬローテションピッチャーとして飛躍することを願うばかりだ。
 正田の正体は、もっと次元が違うところにあると信じたい。
 がんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 選手 | comments(0) | - |
練習試合 対北海道日本ハム
 練習試合たのでスコアは置いといて・・・と。
 先発の岩田。
 結果はまぁまぁ、この時期としては合格だが、もっと荒々しさがあった方がいいのでは・・・。
 どうもタイガースのPは、年を経るごとにこじんまりとまとまりたがる。
 この後投げた、太陽や筒井なんかもそうでしょう。

 太陽は、あのが体でゆったりとしたモーション(2段モーションだったけど。)で投げ下ろしてくる、そのピッチングが魅力だったはず。それゆえのポテンシャルの高さを感じさせてくれたが、スリークォーターかなんかに変えたフォームで、何とかしようという姿勢を示しているのだろうが、どうも魅力が半減してしまってるようでならない。ちっとも、怖くないもの。

 筒井も、サイドに変えたりまた腕を上げてみたり、迷っているよね。
 彼も大学時代は、ゆったりと振りかぶって、真っ向から振り下ろすフォームで勢いのある球を投げていた。そこに惚れての自由枠指名だったはずだが、今やこじんまりしてしまって、見る影無いもの。

 そういえば、去年自由契約になって千葉ロッテに拾われた田村も同じようなことがいえるよね。井川の再来とまで言われていたのに・・・・。
 確かに、なかなか結果が出ないと、何かを変えなけりゃという思いでフォーム変えたり、欠点を修正しようとするんだけど、どうもそれが小さくまとまろうとするように映ってならない。
 自分がプロに認められ、期待されてる姿を失うのはもったいないとおもわないのかなぁ。

 だから、岩田には本来のスケールの大きさを失ってほしくはない。
 力で相手を押さえ込むようなピッチングを追及して欲しい。そういう先発Pが足りないからこそ、岩田に期待しているのだから。
 
 そうそう、玉置も不運で失点したけど、確実に階段を上がってきてるのは確かだ。彼にも小さくまとまらず、スケールを感じさせるピッチングを期待したい。今日の結果に拘らなくていい。この時期としては、球は来ていた。今日投げたPの中じゃ、一番だったんじゃないだろうか。

 打者は、総じてまだまだ。
 相手の話題の中田翔ほど期待を抱かせる選手は見当たらない。
 しかし、彼は凄いね。
 あのスイングスピード。大きな構え。
 落合の全盛期を思わせる。きっとそういう打者に育つ可能性がある。やはり、十数年にひとりのバッターだと思うよ。

 明日の一面は、みんな中田翔の場外弾に奪われるんだろうなぁ。
 ちょっと、寂しいぞ。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |
キャンプ注目の選手は、
 いよいよ、キャンプが始まった。
 いろいろ忙しく、スカイAスポーツプラスの「猛虎kキャンプレポート2008」もライブ、といってもその日の夜の再放送分だがも見ることが出来ず、ビデオでチェックと言う状態だった。

 さて、新井、ルーといった新加入があった打撃陣と金村しか補強がなかった(ゴメンね阿部君)投手陣の先発ローテ争いって言うのがひとつの注目ポイントとなっているのだが、昨日の放送を見てると、正田の状態が良さそう。フォームもダイナミックに戻っているし、力強い。久しく左の本格派が消えていたので、なんとか物になって欲しい。
 そういえば、筒井もフォームをサイドから元に近い形に戻していたね。
 岩田も含めて、左の本格派の出現は請われるところであるから、頑張って欲しい。

 さて、寅吉の注目は大和の存在だ。
 その守備力を買われて、入団3年目のショート。昨年はプレ5輪の代表としても選ばれる。
 ある意味、成果を出さなければいけない年に差し掛かってきた。
 ファームでは、ショートの定位置を獲り、シーズンを通して経験も積んだ。課題の打撃も発展途上とはいえ、成果を出しつつある。
 そこへ、高卒ルーキーでの高濱の入団だ。
 同じく、名門横浜高校のショートのポジションを1年の時から獲得し、数々の修羅場を潜り抜けてきた、期待の星だ。
 その柔らかいバッティングと強肩を生かした守備も魅力があると言われる。当然ファームでの試合は、彼に経験を積ませることにシフトしていくことになることは想像に難くない。

 さて、じゃ大和はどうする。
 今回1軍キャンプに選ばれたように、1軍ベンチ入りして上での経験を積みながら力を発揮していかなくてはならない。
 1軍には、頑丈な鳥谷がいるが、その守備力でアピールし守備固めでもかまわないから控えのポジションを獲りにいかないと、ファームでの居場所がなくなると思われるだけに、背水の陣といっていい。
 そうでもないと、鳥谷→高濱という路線の元、ショート以外のポジションへのシフトが待っている。
 今年は、結果を問われる年だ、がんばれ!

 そして、もう一人。
 今年から外野手登録となった浅井に注目。
 寅吉は、彼に「代打の切り札」たる存在になる匂いを感じる。
 川藤、八木と続いた路線に浅井の名が続くのではないかと思うのは、その思い切りのいい打撃だけではない。
 キャッチャーの経験からの配球の読みや投手心理の読みが、ここ一番の代打として生きてくるのではないかと期待している。
 今年に、そのポジションを掴んでくれることを期待しながら、これから先を見て生きたい。

 まだまだ、見所はあるが、それはまた後ほど。
 やっぱり、キャンプが始まると野球を見たくなるねぇ。
 はやく試合が見たいよね。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。