CALENDER
<< September 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



7―1 対東京ヤクルト ブラゼルの残留への叫び
 今日の殊勲は、ブラゼル。
 スミ1で、押されまくっていた中盤から終盤へ入るところ。
 この硬直状態を打破する、豪快なゴルフスイング。
 低めの球を、思い切りすくい上げた一撃はライトポール直撃の、誤審を挟む余地がないHR。
 痛む足を引きずるながら、ブラゼルがダイヤモンドを一周した。
 実に大きな追加点となった。

 こっと、ブラゼルも必死なんだな。
 シーズン途中でタイガースに加わり、低迷するタイガースをその打棒で引っ張ってきた功績は大きい。
 だが、その裏腹で故障離脱もあり、その貢献度を薄めさせている。
 昨年の西武解雇を経験しているだけに、折角手に入れた日本での稼ぎ場所であるタイガースから、来季の契約を勝ち取らないとというプレッシャーは半端じゃないだろう。
 それは、明日をも知れない外国人助っ人につきものの不安との戦いなんだが、タイガースがCSに出るとか出ないとかを越えた戦いなんだと思う。
 思えば、秋風が吹く頃、急に打ち出す外国人選手が過去にも多くいた。
 その追い込まれた、執念が大事なんだよなぁ、今のタイガースには。
 だが、これで怪我してリタイアなんていうのは勘弁してな。
 まだまだ、ブラゼルの力が必要なんだから。
 しっかり、ケアしてやって欲しい。大事な、大事な戦力やで、ほんまに。

 今日も4番が機能して、最後は一方的になったが、まだまだスワローズとの決着はつかない。
 なんせ、4試合多く残してるSだから、逆にこれで1.5ゲーム差に詰めたくらいに考えていて調度良い。
 あっ、イカン、イカン。
 「あれ〜、勝っちゃたよ、ラッキー」「いつの間にか3位になってるよ、悪いねぇ。」くらいに思っていないとね。ブラゼル以外はね。
 さぁ、気楽に、果報は寝て待て状態だよ。

 ぐぁんばれ!タイガース

 PS
 しかし、キャッチャーを代えたときは危なかった。
 やっぱり、誰か真弓監督をベンチの柱に括り付けといてくれ!ホンマにやで・・・・。
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
8―2 対東京ヤクルト 気楽にやろうぜ!
 そんなプレッシャー感じなくてもいいんだよ。
 あれほどルンバを炸裂されて、3位になれって言うのが土台無理なはなし。
 まぁ、スワローズさんが、落ちてきてくれたから、棚から牡丹餅なんだよ。
 だから、3位になったらラッキー、CSで勝てたらマンモスラッキーってな感じでいいんじゃないの。

 そうやって、開き直れば、今日のような試合が出来る。
 スワローズは、相川も宮本も欠けていて、青木が四番を打たなくちゃいけないチーム。
 ピッチャーだって、トライアウトで拾ったユウキや4年目の高木某がローテに入っているチーム。
 普通にやれば、戦力的にも圧倒してしかるべき。
 それを、あ〜だ、こ〜だという雑音や、ルンバ采配で萎縮させられてしまうから、いいようにやられている。
 もう、昨日死んだと思って、あとはオマケのような気持ちで、個人記録だけを少しでも上げるつもりでやったらよろし。
 そうすりゃ、思いもよらない結果がでたるするもんよ。そりゃ、そうよ。

 ということで、今日は4,5番が機能して、久保も9勝目を手に入れて、万々歳。
 こんな感じで、明日からも頼んだぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―7 対東京ヤクルト 夢を見させてくれ
 まぁ、よくここまでがんばったtって訳じゃなく、スワローズの急激な失速に助けられていただいたチャンスだ。
 スワローズご底を脱したってことなんだろう、いつものようにやられただけだ。
 対戦成績どおりの結果が出ただけなんじゃないのか。

 福地の2盗、3盗なんて、真弓監督には出来ない芸当だわな。
 状況と相手をみての、ナイス判断。サインかどうかは、分からんが、真弓の闇雲なルンバサインと似ても似つかないもんなぁ。
 大体、この時期にスワローズに止めを刺されるのがシーズンの恒例化しちまってるもんなぁ。
 去年も、一昨年もヤクルト戦でしょ。終わっちまったのは・・・。
 加えて、審判の誤審が影響する。
 横浜戦でのファールチップをパスボールと判定された試合。今日のデットボール。
 大事な時に、いい仕事してくれちゃうんだから、審判さんは・・・。
 これで待遇改善なんて言っても、賛同しかねるよなぁ。その前にてめぇの技術を磨くほうが先じゃないのかって。
 やることやってから、要求しろって感じ。(ちょっと八つ当たり気味かな?)

 それもこれも、自分とこの、ここ一番の勝負弱さが悪いんだけどね。
 もっと、「あれ〜ぇ、いつの間にか3位になっちゃってる」「ラッキー、CSも勝っちゃたよ」「なんにもしてないのに日本シリーズへでられちゃうなんて・・、悪いなぁ〜」てな感じになれんもんかな。
 どうせ、真弓監督なんだから、采配で勝つことなんてありえへんし、そんな感じでしか行けないんとちゃうか?
 それを、変に意識して、「采配で勝とう」とか、「ここは負けられない」とか、余計なこと考えすぎ。
 このチャンスは、なかったもんなんだから。
 こんあ、負けててCS争いができるなんて、ラッキー、偶然以外のなにものでもないいだから。
 もっと、いい加減にやっていいやで。
 なんなら、全部選手に任せて、休んでいてもいくらいだよ、真弓さん。

 もう、後がないことは確かだ。
 最後まで、わずかばかりの夢を見せて欲しいんだが、どうだろう?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
8―2 対中日 井上一樹引退試合
 まぁ、試合のほうは勝たしていただいたから、セレモニーくらい付き合っておかないとね。
 オレ竜にとっては、井上の為の試合で勝敗は度外視。
 昨日の勝ちで完全に、井上の引退にはなむけの試合とすることができた。
 先発は、かってのキラー・ヤママサ。
 これも井上へのはなむけなんだろう。
 井上一樹選手、ご苦労様。

 対するタイガースはSとの直接対決を前に負けられない試合。
 岩田を中4日で持ってきた、必勝態勢。
 岩田は中日との相性の良さ、CSでの予行演習をふくめて収穫あり。
 チェンとぶつけるか、避けて確実に勝ちに行くか・・・・、なんて考えてる余裕はないはずなんだがね。

 打つほうも、岩田のタイムリー、金本の犠飛と効率よく得点し、5回は新井のタイムリーから狩野の満塁弾へ繋げセキーのこれでもかタイムリーで、一挙6点。
 例によってその後の攻撃が淡白だったのが気がかりだが、岩田にとっては充分な援護点だった。
 後は、最後のリレーがジェン、筒井と言ったわけだが、ジェンに最後まで任せても良かったのではないだろうか。
 それと鶴が昇格したが、どういう場面で使うつもりなんだろう?
 ジェンが2点失なわなかったら、鶴の登板があったのだろうか。

 まぁ、今日は不思議なベンチワークもなく、オレ竜に反撃の執念も薄かったので、勝利することができた。
 これで、CS出場は明日からの直接対決に懸かることになる。
 そうか、余計なことして流れを向こうにやってしまうような采配は無しにして欲しい。
 できれば、ベンチで居眠りでもしてもらっていたほうが助かるのだが・・・。
 Sも一時の不調から脱し、上昇気配。侮れないよなぁ。
 「捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」って言葉もあるからなぁ。
 どっちが「勝ちたい」という執念が強いかだろうけど、余り意識しすぎて硬直しないようにしないとね。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
7―10 対中日 僕笑っちゃいます
 無死でランナー 出た瞬間
 急にサインを 出し始めたんだ
 送った走者は釘付けで
 点にならないRUMBAを告げていた
 秋になったら球場で
 君を「名将」って呼びたかったよ

 僕 僕笑っちゃいます・・・君の笑顔を
 勝手に余裕と思ってたなんて
 僕 僕笑っちゃいます・・・こらえきれずに
 ああ、笑っちゃって ああ、笑っちゃって
 悔し涙をこぼします ああ

 ボケっとフリーズ その後ニアニア
 君の笑顔にむかついたね
 試合中 ベンチでにやけた
 あのつかの間も、今じゃもうコメディ
 秋の気配が漂う球場
 虎の勝利を綴りたかったよ

 僕 僕笑っちゃいます・・・負けが込むほど
 君がほんとき困ってたなんて
 僕 僕笑っちゃいます・・・逆転される度
 ああ、笑っちゃって ああ、笑っちゃって
 悔し涙をこぼします ああ

       By 欽ちゃんバンド(風見しんご)

 結局、真弓ではオレ竜に、いいように遊ばれちゃうってことなんだなぁ。
 シーズン前に言っていた「1年勝負、結果が出なければ、しがみ付かない」って言葉。有言実行してくれることを願うのみ。
 危機感も学習能力もない指揮官では、誰もついていかんとちゃうか?
 早いとこ、岡田さんに声かけとかないと、オリックスに持ってかれてしまうぞ。
 アホなフロントがボケボケしてると、「後悔先に立たず」ってことになりそうで怖い。
 なんか、監督を含めたベンチワークの力量差を感じざる得ない試合だった。
 選手の力だけでは、勝てない試合もあるんだから、せめて邪魔はせんといてや。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5−2 対中日 プレCSになるんかいな?
 今期はDに一度も勝ち越すことなく、ここまできた。
 中田という苦手は、ほとんど対戦しなしでもチェンという新たな苦手が出現。
 それでも、岩田が中日相手に好投したり、要素はあるんだけどねぇ・・・・。

 その中日だって、終盤読売に6連敗?して独走を許した。
 オレ竜としては、「死んだフリ」を狙いたいんだろうけど、そうはいかない。
 ちゃんと両目を開いて相手をみれば、勝てない相手じゃないことはわかるはず。
 ここでしかっり勝ち越して、へんな意識は払拭しておきたい。
 その意味でも、能見の好投と吉見を打ち崩した?のは大きい。

 平野がバントヒットという小技を見せたのがいい。
 こういうバリエーションがあると見せておくのは大事だからね。
 ブラゼルに復帰後の初ヒット、OK、OK、徐々に上げていけばいい。
 新井もタイムリーが出るようになったし、トリはお休みだったが形になってきたよなぁ。
 好調の浅井の故障が心配。何事もないことを祈る。

 まぁ、CSには今日勝ったSとの直接対決が重要なんだけど、この中日戦はその後のことのために重要なんだ。
 明日もしっかりした野球を見せて、しっかり勝ち越そう。
 なんせ、後半戦でGに勝ち越したのはタイガースだけといった状態だったんだから。
 オレ竜に遅れをとってなるものぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6―3 対横浜 虎の勝敗と秋の空
 期待すると裏切られ、諦めるとまた勝ちだす。
 女心と秋の空ならぬ。虎の勝敗である。

 確かに、ここ一番の横浜戦で連敗。
 こんなことじゃ、もうCS出場もおぼつかないとおもえる内容だった。
 ただ、ここでひとつ詫びなければならない。
 シルバーウィークと呼ばれる今週。
 昨日、一昨日は近場とはいえ出かける予定があったので、タイガースの試合を録画予約した。
 自宅に帰って、ビールでも飲みながらゆっくり勝ち試合を堪能しようという魂胆だった。
 ただ、今シーズン、そう思って試合を録画した時で勝ったためしがなかった。
 それなのに、相手が横浜であることで油断した。
 先の広島戦こそ負け越したが、このところの調子から、舐めていた。
 そして、結果連敗という現実が待っていた。
 お陰で、録画をしたまま、見ることもなく、消去した。

 ところが、昨日の夜、契約しているJ:COMのHDRがC−CASカードの読み取り不良を起こし、CATVの番組の視聴も録画も出来なくなった。
 これはすぐに電話して、金曜日に修理に来てもらう手はずにはなったのだけど、お陰で今日の試合の録画は不可能となった。
 今日はお彼岸で、墓参りに行く為、日中のデーゲームは、もともと見られない状態だった。
 したがって、もしHDRが故障しなければ、今日も録画していたかもしれない、いやきっとしていた。
 だが、幸いなことに故障をしたHDRのお陰で録画予約が出来なかった。
 そして、タイガースは勝った。

 こんとうに申し訳ない。
 どうも寅吉が欲こいて、夕食時からゆっくり勝利に浸ろうなんて考えて、録画した時は決まって、逆の目が出るらしい。
 それを、うすうす感じていながら、今週それを繰り返した愚行。
 それがこの横浜戦の負け越しに繋がったのと思う。
 だから、今日はテキスト情報のみでタイガースの勝利を知った。
 加えて、Gの3年連続でのセリーグ制覇もね。

 ここまで来たら、5割にも満たないチームが、3連覇のGを差し置いて日本シリーズへでてしまうというプロ野球史上例を見ない暴挙にチャレンジしてしまおう。
 それが、去年の「メークなんとか」への最高のリベンジになるんじゃないのか。
 そして、いまのCS制度の矛盾点を浮き彫りにしてしまえばいい。
 元はといえば、優勝の可能性が低いと思っていた読売から強く押されたCS制度なんだから、その読売がその一番の被害者になるのも一興かと思う。
 きっと、来年からの廃止を提唱するのと違うか?
 
 そのためにも、
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―7 対横浜 終盤の横浜戦で・・・・
 毎年だめを押される。
 連勝で追い上げた年も、横浜戦でファールチップを矢野のパスボールと判定された「ミスジャッジ」がもとで横浜戦を境に下降した。
 去年でさえ、終盤の横浜戦で苦杯をなめ、Gの逆転を許す。
 今年は、この横浜戦で3位争いから下降していく気配ありあり。

 大体三浦という苦手をいるまでもそのままにしているからこうなる。
 3連戦で三浦が登板すれば、残りの2試合を確実に物にしないと勝ち越せない。
 三浦が3戦目とかの登板ならまだしも、初戦で出て来れれると、残り2試合はあとのない状態。
 プレッシャーもマックス。
 こういうプレッシャーに弱いのがタイガースの常。
 かくして2戦目のPの調子がチョットでも悪ければ、今日の試合のようになる。

 やはり、岩田も故障出遅れで急仕上げのツケが廻ってきているんじゃないだろうか。
 横浜の先発は吉川と、あたかも谷間の先発状態で精神的には優位に立てるはずが、変なプレッシャーとここに来ての疲れで自分のピッチングができない。
 結局。横浜戦での負け越しと、この9連戦の負け越しが決まってしまった。
 CS出場の為の勝負所と考えた9連戦での負け越しは、本来、絶望を意味するところなんだが、Sの稀に見る失速で史上最悪の低レベルの3位争いの様相を呈しているだけに、まだ3位をキープしている。
 実際、今日のような試合を見せられると、よしんばCSに出ても、Dには相手にもされないだろう。
 もう一度、調子を上げる方法はないものか・・・・。

 まぁ、明日の久保は逆に変なプレッシャーがなくなってきた。
 その分、ここのところの自身のピッチングに対するプレッシャーの克服が多くを占めるんだろうけど・・・・。
 なんとか開き直って、いいピッチングを見出て欲しい。
 なんとか、SとCが潰しあっている隙にと思ったが、明日負ければ確実に4位に転落するわけだからね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―8 対横浜 三浦の餌食になったことは、置いといて
 ここまで、弱いともう飯の種というより、餌食。
 飛んで火にいる夏の虫。
 三浦は絶対にタイガースには来ないもの。こんなに楽に勝たせれくれる相手をミスミス失うほど馬鹿じゃないでしょ。

 ということで、折角CとSが潰し合う隙にと思ったんだが・・・・。
 トリは好調持続で、猛打賞。
 打率も2割9分を越えて来た。3割、20本も射程圏内に入ったんじゃないのか。
 他は、どうなんだろうか?
 昨日の広島戦で、復調気配を見せたとはいえ、まだまだ見ていて期待を持たせてくれる雰囲気にはないなぁ。
 もっと、野原とか使えばいいのに。
 特に三浦に対する苦手意識がなく、自分の結果を出すことに必死な存在は、案外打倒・三浦の切り込み隊長となる要素大有りなんだけど・・・。

 もう、今日のことはいいや。
 ちょっと、ドラフトのことに触れておきたい。
 タイガースが1位指名を公言した、花巻北の菊池君。
 なんとメジャーも視野に入れてるそうな。
 本当に、メジャー志望なら、それはそれで頑張ってもらいたい。

 しかし、寅吉的には、また読売がよからぬ事を考えているような気がしないでもない。
 ホンダの長野のドラ1指名を公言している読売は、菊池獲得に参戦ができない。
 そこで、菊池君に「メジャー挑戦」を公言させ、他球団の指名を控えさせる。
 その上で、ドラフト2位指名で獲得。(長野と入れ替えて1位かもしれない。)
 そこで、また武鼻か清武がこういう大義名分を発表する。
 「もう、これ以上優秀な人材がメジャーに流失することを、指を加えて見ていられない。日本プロ野球の存在意義の為からもジャイアンツは、菊池君の指名に踏み切った。¥
 まぁ、読売得意の独りよがりの手前味噌の論理なんだが、読売はそれで筋が通っているって思い込むんだから始末が悪い。
 江川の時も桑田の時も、そうだったでしょ。きっと今回もなんか企んでるよ。そんな予感がしている。
 だから、タイガースは、決して腰を引いちゃいけない。
 そういう姿勢を見せることが、読売に余計な事を考えさせないことになる。これは、菊池君を必要とする球団すべてにいえることなんだが。
 菊池君がそうかそんな人間でない事を強く望む。そして、タイガースは初志貫徹の意気込みを示すことを望む。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |
14―2 対広島 勝ち取れ!
 なにもこれだけ点を取れるなら、昨日、一昨日に分けてやればいいのに・・・・。
 そう思える打線の爆発。
 しかし、4,5番が打てば、得点になるようになってるんだね、野球っていうゲームは。

 それでも一番大きかったのは、3回裏の2死1,3塁から繋いだ平野のタイムリー内野安打。
 いつもの平野なら、力みかえってダボハゼ的になんでも手を出し、ボール球を振って三振かフライを上げてしまう場面。
 今日の平野は、打球を叩きつけるようにピッチャー返し。
 正直、こういったバッティングができるのかと驚いた。
 このバッティングができれば、もっと率も上がるし、いやらしい打者になれるはずだ。
 この一打が、好調トリへ繋ぎ、同点。そして金本の逆転スリーランへと連鎖した。
 寅吉は、この場面いつもの平野のバッティングなら、セーフティスクイズっていう作戦もありかと思ってたよ。
 グッド・ジョブ。

 ジェンは、来日初勝利。
 三度の一軍登録で、球速がアップしていた。
 中盤以降は少しバテたのか球速も落ちてきたが、スタミナつけて最初の球威を持続できればローテの中心に入ってくる可能性もある。
 まだまだ、ノビシロを感じさせてくれる。
 今年だけでなく、来季に繋がる若手右腕だけに大事に育てたいね。

 今日はブラゼルがスタメン復帰。
 即、爆発というわけには行かなかったが、6番にブレ、7番意に桜井と入ると打線に厚みを増すよね。
 1番に浅井、または野原というのを使いながら、ラストスパートの勢いを付けて欲しいね。
 途中でセッキーに代わったのは、大事を取ってのことだろう?
 頼むから、順調な回復をお願いしたい。

 さて、9連戦も最後の横浜戦。
 あの、阪神戦だけ番長の三浦も出てくるだろうし、ここは打倒・三浦で一気に突き抜けて欲しいところ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―4 対広島 突き抜けられない・・・・
 本来、ここの広島戦で、が〜んっと突き放す予定だったのだが・・・・。
 どうも内のベンチは頭が廻ってないみたい。
 いつものように、ルンバで、本拠地での負け越しを決めてしまった。
 ていうか、明日負ければ広島に抜かれてしまうところまで来てしまった。

 あのCSを目指してSを追いかけ、勝ち越しを続けていたのが、3位になったとたん3連敗だもの。
 追われる立場になると、とたんに弱くなる。
 首脳陣も、早めの投手交代など仕掛けが早くなっていたのだが、このところ後手に廻っている。

 特に江草なんて、勝てっても、負けてても、無茶苦茶投げさせられて、疲れからかキレを失い、四球病になるととたんに窓際族へ。
 その間、アッチ・球児に2イニングを強いて、酷使状態。
 ちょっと江草が戻ったとおもうと、再び使いどころを選ばない起用で、潰す。
 渡辺も同じように潰した。
 中継ぎ酷使をやめる為の、先発を引っ張る起用に拘ってきたかと思ってたら、早めの継投が成功するとこれを失敗するまで繰り返す。
 挙句、先発も中継ぎもバテバテやで、これから肝心な時に・・・・。

 5番の新井が攻撃を切っている。
 そうしても、バッティングが戻ってこないなら、荒療治も必要かと思う。
 サードにセッキー、セカンドに平野でファースト・ブラゼル、ライト桜井、センター浅井なんていう布陣がしこまで来ている。
 もう、新井のプライドとかどうとか言っているレベルではない。
 ひとつずつ必勝を期して戦わなくてはならないのだから・・・・。
 新井の復活は来シーズンまで延ばしても致し方ないところだろう。

 明日、広島はルイス。
 ウチは、ジェンかな?
 不利だとかどうとか言ってないで、絶対に勝て。
 直接対決での3タテは、取り返しがつかんぞ。絶対に勝て。
 勝つまで絶対に笑うな!真弓。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4―5 対広島 追われるもののトラウマ
 追いかけているうちはいいんだけど、いざ追い越すと今度は逃げようと守りに入ってしまう。
 去年のトラウマが、Sを抜き去った瞬間に襲ってきたって感じ?

 能見も少しバテてきたんだろうか。
 本来そのキレの良さでボール球を振らせてきたピッチングスタイルだけに、キレが鈍れば見逃され、それが四球に繋がる。
 つまり、去年の能見に戻ってしまうってわけだ。
 カープも散々能見にやられてきただけに、研究もしているのだろう。
 能見も初めてローテを守って、2桁勝利を挙げてきただけに、バテもあって不思議じゃない。
 うまく、リフレッシュさせてやってくれ。(って無理な注文だね。)

 打線も新井で切れる。
 どうも5番を任せられる状態にないのは確か。
 ブレゼルが戻ったらどうする?
 新井もリフレッシュが必要なのかもしれない。
 というより、ここに至るまでにどこかでリフレッシュを兼ねて調整する時間を与えておきたかった。
 これじゃ、2割4分の15本の並かそれ以下のバッターになっちまう。
 トリが巻き返してきただけに、新井が深刻だ。

 でもね、四の五の言ってられないのが、この終盤。
 目先の勝利を追い求めるしかないんだよね。
 明日は、上園の先発が言われている。
 持ち前の度胸と本番に強いピッチングで救世主とならんことを願うばかりだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―4 対読売 3タテするのは、お嫌いですか?
 今日の試合を取れば、G戦の勝ち越しが決まる。
 後々のことを考えても、勝っておきたい試合。
 先発は、これも勝ち越しを賭ける久保。
 勝ちと負けが同じだけの、貯金が出来ない投手の汚名返上の為にも勝ちたい。

 そんな、「勝ちたい」オーラでまくりの試合なのに、どうも相手Pのオビスポの適度な荒れ方に腰が引けちまった感じだな。
 昨日の東野といい、今日のオビスポといい、抑えのクルーンといい、こうも荒れ球系のPを当ててくるのは、なんか意図があってのものかしら。
 こういう荒れ球系のPと当たると打者の調子が狂うことがある。
 トリは要注意。他は、元々狂っちゃてるから関係ないか?
 
 ということで、昨日の東野くらいに荒れちまってれば、攻略法っていうか、相手が投げさせ続けられなくなるからだが、今日のオビスポは適当に荒れてるから始末に悪い。
 こういうPは苦手なんだよ。うちの打線。
 できれば、球数投げさせて、5、6回くらいで御免こうむりたいんだが、7回まで持たししまっちゃ、いけないな。
 まぁ、唯一のチャンスが3回の満塁でのトリの場面。
 ここも、押し出し止むなしのピッチングで傷口の拡大を防がれた感じになった。
 トリの後の4,5番が機能してないと、こうなるんだな。同点どまりで終わってしまい、オビスポを立ち直らせちまった。
 やっぱり、倒す時に倒しとかないと・・・・。

 ということで、いいところがなかったタイガースは、それでもこの3連戦を勝ち越し。
 しかし、3タテって見てないよね、最近。
 よく勝ち越しているんだが、3タテしないから大型連勝もない。
 これじゃ、なかなか突き放せないし・・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
7―6 対読売 トリが羽ばたく
 しかし、ポンポンとぶつけてくれるやないか。トーノ君。
 人に危害を与えるような投球しか出来ないPは、1軍で投げる資格なんかないんだよ。
 金本と頭部に死球を投げてからの、先輩・木佐貫を見てみたまえ。
 ああなる前に、もっとコントロールを磨いといで。

 先制したのもつかの間、すぐにひっくり返されて、さらにリードを奪われる。
 岩田のキレが少し鈍ってきた気がする。
 思えば、後半戦から線列に戻って、完投勝ち、負け含め結構投げさせられているもの。
 こんなことで、バテちゃ困るんだけど、調度最初の疲れが出ることかもしれない。
 終盤の厳しい状況で難しいのは分かるが、どうか少し配慮したやってくれ。
 岩田には、CSの軸になってもらわなくてはならないのだから。

 しかし、トリのバッティングは凄いね。
 この東京ドームだと、余分な力入れんでもいいと思ってるせいか、余計そのバッティングが際立つ。
 藤田からの同点弾。野間口からの逆転弾も余裕ありありだもの。
 この調子で20本まで行って欲しいね。
 3割だって、まだまだ可能性あるんじゃないの?チャレンジ!チャレンジ!
 今年トリがクリーナップとして羽ばたくのは大いに意義があることなんだからね。

 でも今日のヒーローは、筒井と江草の両左腕。
 読売の攻撃をピッタっと止めて、タイガースの反撃、逃げ切りの流れを作った。
 筒井は、確実にワンステップ上がった。
 このオフは、江草とどちらが先発へいくのか、争ったらいい。
 同点の場面で、読売相手に好投した今日のピッチングは、大いに自身にしたらいいし、江草は悪夢を払拭する材料にしたらよろし。
 二人とも、終盤の貴重な戦力なんだから。

 それと、山脇。
 また、やっちゃったようだね。
 もういい加減、配置転換を考えたれや。
 壊れた信号機は、今シーズン中は直らんぞ。交換あるのみ。
 誰か適役はいないのか?和田さんはどうなん。

 さぁ、これでG戦の負け越しはなくなった。
 この際、勝ち越してCSへの自信にしたいもんや。
 もう一丁、行っとく?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―3 対読売 劣勢での戦い方
 東京ドームでGとの戦い。
 先発は安定感抜群のゴンザレスと5回3失点を計算しなくてはならない安藤。
 中継ぎ抑えに、山口・越智に加え豊田、クルーンに木村なんていうのも使えるようになってきているG。
 対して、江草・渡辺のリハビリがすんでおらず、アッチと藤川頼みのタイガース。
 どう考えても劣勢だ。

 先制はG。
 だが、トリの2ベースと新井の内野安打の間のナイスランにより同点。
 しかし、味方が点を取ってくれると、必ずすぐそれを吐き出す安藤スタイルは今日も健在。
 無死から亀井に四球。エンドラン・犠飛でまたもリードを許す。
 これをトリのHRで追いつき、金本・新井の連打とセッキーのタイムリーで逆転。
 それも、またもの安藤スタイルで阿部に同点HRを喰らう。

 最近、早めの仕掛けに凝っている真弓監督だけに、リードした6回から安藤を諦め、アッチ・球児で得意(というか、ちょっと味をしめている)の2イニングづつの継投で逃げ切るを図るかと思ったよ。
 だが、ここは安藤スタイルの危険予知より、エースとしてのプライドに拘ったってわけかな?
 寅吉的には、4回の矢野のヒットの後、送りバントなんかさせずに、一気に代打で勝負という早仕掛けを予想してたんだけどなぁ・・・。

 7回のチャンスで、野原に桧山の代打は?だったね。
 ここは、思い切ってチャンスをやって欲しかった。
 今、乗ってきて、ラッキーボーイの臭いプンプンだっただけに、このチャンスに賭けてもよかったと思うんだけど。
 桧山を代打で使うなら、次の平野のところでしょ。
 得点圏での平野は、力が入りすぎて、ダボハゼになっちゃうから、代打勝負ならここなんだと思うよ。
 野原、残念だけど明日があるさ。ガンバ!

 試合は終盤から延長へと持ち込まれ、投手層の厚さからもタイガースが不利なのは分かっていた。
 それでもアッチ、球児の奮闘で表向きは互角の状態を築いてくれていた。
 その不利を覆したのはドームランってことだろう。
 矢野の下手すりゃポテンかというような当たりがフェンスを越える。
 逆だと悔しくて仕方がないが、味方になると心強いよね、ドームラン。

 劣勢を耐えて、勝った試合。
 SもCも、負けたみたいだし、できればこの3連戦を勝ち越して、対Gの対戦成績を5分以上にしたいところだね。
 それには、明日、岩田に頑張ってもらわんと。
 もう一丁、行っとくれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―1 対横浜 不思議の勝ちあり
 しかし、サードコーチの山脇。
 一回、懇々と問い詰めたい。
 「あなたの判断基準は、どこにあるのかと。」小一時間かけて、問い詰めたい。
 昨日のトリが突っ込めで、今日のトリはストップ。
 普通は逆の判断を下さんか。
 昨日は、センターへの大飛球。フェンス際で捕球の恐れが有る当たり。当然トリはハーフウェイで打球がどうなるかを見てからのスタート。
 絶対ホームは、無理なのは誰でも分かる。
 しかし、山脇は、「壊れた信号機」と揶揄され、よくサードでストップさせて批判されていたから、昨日はその反動でゴーをかけた様に見えた。

 そして、今日は昨日の逆。
 ライト線、獲られる獲られないは関係なく、ファールかフェアかという当たり。
 当然トリはスタートを切っている。
 フェアになたった段階で、長打は確定。トリが長躯ホームインする確率は高い。
 だが、昨日の今日で山脇が弱気の虫に負けてのストップというふうに見えた。
 例え、無死であることで後続期待という意図が働いたとしても、そうは見えなかった。
 それほど、山脇の前科は多い。

 しかし、昨日もそうだが、黙ってれば自らこけてくれるチームなんだよ、今の横浜は。
 昨日もそうだが、余計なことせずじっくり攻めればとろし。
 ちゃんと、得点をくれるんだから、焦って変な策を講ずる必要はない。
 それを、動きたがって、策を指示するから、2点しか入らない。
 その2点も、いただいた2点だし・・・・。
 策が功を奏して勝ち得た得点ではないわな。
 
 勝ちに不思議の勝ちあり。
 まさにそういう試合。
 しかし、3位浮上とはいえ、チーム状態は決してよくない。
 桜井・ブラゼルを欠き、貧打線、得点能力が著しく欠如している。
 そういった中で、野原裕の存在は大きい。
 こういった、怖いもの知らずの存在が起爆剤にならんといかん。
 
 しかし、なんか持ってるかもね。
 本来、桜井との入れ替え予定だったのだろうが、赤星の故障で一気にスタメンまで射止め、今日はマルチヒットでその存在感をアピール。
 バッティングスタイルは、スイングの遠心力で叩くタイプ。
 押し込む形の金本より、林に近いスイングだろう。
 これで変化球などに対応していくには、出来るだけ早いスイングスピードが必要。
 林と同様な柔らかそうなリストがそれを可能にしている。がんばれ、チャンスはまだまだあるぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―4 対横浜 今日は愚痴らせてくれ!
 大体試合開始を50分近く遅らせても強行した試合やろ。
 なんで、もっと必死に勝ちにいかんのかい。
 先発の福原は、相手の下位打線にビビッて四球で塁を埋め、一番怖い内川と勝負せざる得なくなって、ワンヒットで3失点やん。
 3回、1安打、3失点でKOされたPを始めて見せてもらったよ。(珍しいもん見せてもらった〜・・・)
 しかし、他に先発させるPがおらんかったんか?
 これじゃ2軍から上げた、若いPがメッタ打ちに合った方がましや。まだ、納得がいく。
 福原に捨て試合挙げてやれるほど裕福とちゃうやろ。

 それと、山脇コーチの判断をなんとかせい。
 ここまで、彼の判断で失った試合も多いで。
 金本の当たりは、ハーフウエイで抜けてからスタートするトリに、一気にホームへは無理やろ。
 1点返して、1死2,3塁でいいやん。なに焦ってんねん。
 相手は最下位の横浜や。じっくり攻めてりゃ、勝手にこけてくれるねん。
 一度、山脇コーチの適正をちゃんと判断したらよろし。
 CSなどの短期決戦じゃ、それが命取りになるやも知れんぞ。(今日の試合のように・・)

 また、7回の無死1,2塁での平野のバント失敗。
 ここは、バント方向などの細かい指示が必要。
 いただいたチャンスなんだから、平野任せでセーフティなんかやらせたほうがうまくいったんじゃないの。
 大体こういったワンアウトとミスミス与えることで流れが切れる。
 トリの打球が抜けなっのはこの流れのせいだと思うわ。
 誰か、真弓・岡・山脇を縛り上げて、ベンチの柱にでも括り付けとけばいい。

 まったく、数々のルンバ采配にめげず、ここまで持ち直してきたのは選手の力や。
 選手は、黙っていてもAクラスに入る戦力も力もあるんや。
 これ以上、余計なことして邪魔すんなや。
 今日は、赤星まで欠く事になったやないか。
 収穫は野原のプロ初ヒットだけや。
 これで、桜井の代わりの降格は多分赤星になるやろうから、まだまだがんばりや。

 しかし、今日の試合は勝って、一気にスワローズを抜き去らねばいかん試合や。 
 最下位・横浜には1試合も取りこぼせんっと言っていたのにこの様や。
 今日は、中止の広島に一番利が合ったってことで、混戦に拍車がかかった。
 どうか、もう采配で選手の邪魔はせんといてくれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |
2―1 対横浜 先発の読み違えから
 起用された浅井がHRを放つ。
 横浜の先発が左腕のランドルフと思っての起用だったんだろうが、この読み違えが吉とでたか・・。
 なんせ得点は、この回の金本の一発とこの浅井の一発。
 桜井・ブラゼル離脱の後、元の貧打線の戻りつつあるタイガースにとっては大きい誤算だったね。

 能見は、完全ローテの中心Pに成長した。
 援護の期待できない、貧打線に耐えよく試合を作った。
 これで自身初の2桁勝利を挙げる。これは、能見自身が過去4年間で挙げた勝利数を、今年1年で挙げたと言う事だ。
 
 今年の能見を見てると、マイク仲田を思い出すんだよね。
 あのヤクルトと優勝を争った92年に、突如開花したマイク。
 この年14勝を挙げ、一気にエースにのし上がった。
 しかし、この後マイクは、エースとしての活躍をすることなくロッテへ移籍。
 まぁ、能見の確変が1年こっきりでない事を願うばかりなんだけど・・・。
 そうはいっても、CSを射止めた暁には、その中心Pとなることだけは確かだ。

 野原裕が初打席。
 思い切りいいスイングを見せるも、三振に倒れる。
 相手が加藤という左腕に交代したのも不利ではあったが、残念。
 ただ、その構えに柔らかさと力強さがあり、期待できるオーラが出まくりだった。
 まぁ、桜井が戻ってくるとその交代要員になるんだろうけど、交通事故でもいいから1本欲しかったな。
 がんばれ!

 さぁ、燕を0.5差まで追い詰めた。
 あとは、いつ上へ行くかだ。
 出きるだけ早く、一気に行ってしまいたい。
 それには、明日の試合が大事。
 こんどこそランドルフなんだろうけど、浅井、ワンモアだぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−4 対中日 久々の負け越し
 いや〜、熱いねぇ・・・広島。
 スワローズを9回のスリーランで逆転。3タテしちまった。
 これでタイガースと並んで、1.5ゲーム差に3チーム。
 ブラウン監督続投条件は、CS出場だという。きっと選手が続投を願っての奮起なんだろう。 
 今、一番熱いチームなんじゃないだろうか。

 タイガースは、中日に負け越し。何カード振りやろ。
 この間の下柳早期降板、AFの2イニングの継投に味をしめたか、2匹めのドジョウを狙うも、うまくいかず。
 アッチが2イニング目に失点。球児につなげず桟原がダメ押しの失点で裏目の続投となった。
 う〜ん、どうせなら乗ってる金村でイニングを稼ぐのも手じゃなかたかな。(天敵・和田はさえ避ければ中日には強いPだったはず。)
 どうも、うちの指揮官は、一度成功するとそれを失敗するまで繰り返す癖があるらしい。
 
 CSのためにも、今日はしかり勝っておきたかった試合。
 中日も勝ってくれってポロポロやってくれたんだが・・・・。
 トリがエラーの出塁の後の金本の一撃がもう少し伸びてればねぇ。(と死んだ子の歳を数えてみる。)
 中日への苦手意識の払拭のためにも勝ち越すことが重要だったのだけど・・・。
 うちの選手たちは、指揮官をみて、どうも苦手意識を持っちまってるんじゃなかろうか。
 落合と真弓。
 同級生なんだけど、なんか遊ばれてる気がするのは寅吉だけなんだろうか。

 明日からの横浜戦は取りこぼしが許されない。
 三浦が苦手とかどうとか言ってられないもの。3タテあるのみ。
 ここでしっかり取り返しとかないと、SもCも上位チームとの対戦だけに、一気にまくっておきたいね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4―0 対中日 岩田が自ら娘の誕生を祝った
 見事な3安打の完封勝ち。
 昨日、チェンに喰らった完封をそのまま返した形だ。
 惜しむなくは、打線が初回の4点で安心して追加点が取れなかったこと。
 いっそのこと7点とって、昨日のお返しとしたかったんだけどね・・・・・。
 でも岩田は完全に、一皮向けた、今期の出遅れもひとつの経験、逆にいまになって調子が上がってきている。
 対中日のCSに目処がたったともいえるよね。
 そういえば、今日第二子の女の子が生まれたんだって。おめでとう!
 今日の完封は、自ら娘の誕生を祝った勝利だったんだね。

 打線は、トリが先制打。
 満塁から、葛城が倒れ、まとも満塁嫌いが出たと思われたが、ブレゼルに代わって登録された林が走者一掃のスリーベース。
 ここでしっかりアピールしとかな。
 まだまだ、桜井に負けてはいられない。チャンスを逃すなよ。
 思えば、林の状態がよければ、ブラゼルの代わりにファーストに入っていたかもしれないんだ。
 その力を余すことなく、今発揮して欲しい。

 これで1勝1敗。
 明日に連続勝ち越しが懸かる。
 久保もそろそろ、勝っておかないとイカンし、対中日に通用するとこを見せておいて欲しい。
 ヤクルトが負けて、1.5差。
 後ろの広島は気になるけど、前だけ見ていこう!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0―7 対中日 毎度同じPに同じように・・・
 しかし、タイガースというチームは、いつまでも苦手を苦手のままにしておくチームだ。
 打たれるバッター、抑えられるピッチャー、それで10本の指を折れるもの。
 今日のチェン、確かに力のある左腕だけに攻略は難しいのだろうけど、こう毎度、毎度抑えられると、スコアラー等の情報はどう伝わっているのだろうと疑問に思う。

 初回にトリの内野安打と金本の四球で掴んだチャンスを新井のサードファールフライで逃すと、あとは2回の矢野の内野安打だけ、手も足も出ず。
 完敗ですよ。
 円陣組んで、なに指示していたんでしょうか。
 もっと球数を投げさせるとか、セーフティで揺さぶるとか、なんか策を指示したんかいな。
 いつ、ノー・ノー喰らってもおかしくない内容だった。

 こうして対中日に苦手を作っておくと、よしんばCSに出られても、例年のごとく中日に日と一蹴されて終わってしまうんじゃないか。
 きっと中田も出てくるだろうし・・・・。
 こういう試合は、先発が頑張って投手戦にもちこんで、少ないチャンスを物にして、とにかく苦手Pに負けをつけること、それが苦手の払拭に繋がるのだが・・・。
 安藤も調子よく立ち上がったが、そういうときこそ細心の注意が必要なんだ。
 ブランコに一発喰らったのは痛かった。
 こうして中日戦は、いつも一方的に流れだしてしまうんだよね。
 
 幸いスワローズも負けたので、3チームのダンゴ状態が続きそうだ。
 連敗しない為にも、負け越さない為にも明日の試合は大事だ。
 ブラゼルを欠いている今が踏ん張りどころだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
4―1 対広島 江草、アッチ、そして下柳
 なんか、1戦毎にモチベーションというか、プライドというか、そういうものの配慮の欠如が浮き彫りになるような戦いが続く。
 今日は、下柳が、1回2/3で交代させられ不満を顕わにした。
 そりゃ、そうだろう、2回で1失点で交代なら、先発させんなよ、ってことになる。
 多分、昨日福原を引っ張って失敗したことの反動があるのだろうが、そう見えてしまう采配が疑問なんだ。
 一度球児のイニング跨ぎで成功すれば、きっと失敗するまでやりかねない恐怖があるもの。

 それでも、昨日の不満を押し殺したアッチと球児が2イニングづつがんばってくれて、勝利した。
 途中、中継ぎの金村に勝ちがついて、タイガース移籍後の初勝利。やっとだね。まぁ、これはよかった。
 その経験をいかした投球で、中継ぎをうまいこと転がしてくれたら、それはそれで大きな戦力になるだろう。
 また、急遽2番手でマウンドに上がった桟原は無敗記録の試合数を伸ばした。結構悪運の強さをもったいるのかもしれん。それは、ひとつの武器だよね。
 桟原が戻って、SHEのSが戻ってきたってこと。Eがどん底で、Hはロッテへ行ってしまったけど・・・。

 スワローズと2.5ゲーム差。
 充分射程圏内だが、一番当たっている桜井・ブラゼルの離脱。
 投手陣に蠢く、不満というか不信感というか、モチベーションの低下を呼ぶような采配。
 2軍で発生した新型インフルの影響。
 一概に結果だけで、勢いづいたとも言い切れん問題も有る。
 どうか、うまいやりくりと采配を頼む。
 燕の背中を捉えているだけに、ここからが大事なんだからね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―5 対広島 ルンバ蔓延す
 昨日のルンバは、球児の頑張りで帳消しにしてもらった。
 しかし、試合後の真弓監督の談話がいただけない。
 「厳しいところだから、信頼できる球児でいった。」って、アッチを飛ばした理由を聞かれて答えたと言う。
 これで、今日ビハインドの試合で投げさせられるアッチソンは、荒れるわけだよなぁ。
 昨日のルンバで、江草・アッチソンという中継ぎの柱を2本失った。球児丸裸って感じかな。

 今日もルンバは止まらない。
 福原の先発あはしかたがないとしよう。(本当は2軍でもっと、調子のいいPがいなかったのか?って気がするけど・・・)
 ただ、福原に先発を委ねる今日の試合のプランをどうたてていたのかということだ。
 まさか、福原が一世一代のピッチングで完封勝利なんていうのを描いていたわけじゃあるまいに。
 5回乃至6回を1,3失点でというのが本音じゃないのか。
 そういう意味では、福原はそこそこ期待通りに投げた。
 だったら、4点から5点取らないと勝てない。そういうプランがあるべき。
 それを、試合の序盤や点差に関わらず、出たランナーをアウトひとつ与えて、送る。1点を取りに聞く意味があるのか。
 
 結局、昨日のルンバで流れを渡したツケが今日に跳ね返っている。
 広島を勢いづけて、逆に5位の目も出てきてしまった。
 明日、どうしても勝たないとCSどころじゃなくなるぞ。
 ルンバ厳禁!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―0 対広島 真弓のルンバを球児が救う
 もう、無死あるいは1死ランナー1,2塁の時は、誰かベンチで真弓監督を羽交い絞めにでもしておいてくれ。
 何度、ルンバなサイン出して、流れを相手に渡したか分からんぞ。いい加減学習してくれよ。まったく。
 ということで、お約束のルンバ采配が炸裂。
 トリがサードで刺されて、ブラゼルが歩かされ、葛城が討ち取られる。
 シュルツが自滅モードだっただけに、見事に助け起こしちまった。

 今日、一番振れているブラゼルに、いかにチャンスで気持ちよく打たせるかを考えないといけないのに、よしんば成功してもファーストベースが空けば、ブラゼルとボール球で勝負できると考えられるってことわからんかなぁ。
 ここは、ランナーをつめたまま、じっくり勝負の場面やろ。
 それで、ゲッツーならしょうがない。それが原因で流れが相手に行くことはないよ。

 ところがみゃってはいけない采配で、流れは広島。
 次の回に先頭の石原にヒット、1死から東出にセーフティを決められ、完全に流れが相手に行った。
 いつもなら、ここであわてて、便利使いの江草をだして傷口を広げ、アッチが痛打を喰らう図式が思い浮かぶ。
 ところが、江草が昨日の体たらくで、信用を失っているから、ここで投げさせるわけにはいかない。
 もう、球児に無理してイニングまたぎをしてもらうしかなかったのが実情なのだろう。
 寅吉的には、球児でこのピンチを凌いだら、9回はアッチでいってもいいと思ったのだが・・・・。

 まぁ、ここからの球児の気迫のピッチングがルンバ采配が招いたピンチを救った。
 ちょっと前までは、球児が出る前に逆転されて、出番無しに終わっていた試合パターンだった。
 球児も気合が入ったことだろうが、真弓監督は救われたよね。
 こういう失敗は、経験として活かさないといけない。同じ過ちを何度も繰り返すのは罪になるぞ。
 今日は、球児に感謝して、明日からまた、がんばろう。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―4 対東京ヤクルト 詰めを誤る
 今日の試合は、絶対に勝たねばならない試合。
 残り試合を考えると、ここの勝ち負けはCS出場に直結する。そりゃ、2ゲーム差と4ゲーム差じゃ、天と地の違い。
 ただの1勝、1敗と違って大きな意味を持つ。

 そんな、プレッシャーのかかる試合を任されたのは、S・石川とこっちは久保。
 Sのエースに名乗りをあげるも、なかなかその認知度が低い石川だったが、この試合に賭ける意気込み、気力が伝わってくる。
 対して、久保は10勝すると10敗するPという評価通りの、ここで踏ん張ればというところで踏ん張れない。
 低めの制球に神経質になるあまり、自分の向っていく気力みたいな面が隠されちまった。
 
 そんな中、4回に先制を許すと、毎回に失点を許し、6回を3失点。
 きっと、久保的には及第点かもしれないが、今日のような試合を任すことは出来ない印象を与えた。
 まぁ、ヤクルトの攻めもうまかった面もあるんだけどね・・・・・。

 残念なのは打線。
 特に、先制を許した後の、4回裏。
 金本の2ベースの後、新井のヒットでホームへ返れない走塁。
 なんか、ハーフウエイかタッチアップの構えでもしてたんじゃないかというくらい・・・・・。
 その後もブラゼルのピッチャー強襲。
 ここもランダンプレーになって、ホームで憤死。
 ゴロ、ゴーでいけばホームでセーフだったんじゃないの?(金本の脚を労わった、サードコーチの判断なんかなぁ?)
 この辺の走塁の甘さ、判断の鈍さが今期のタイガースが乗り切れない要因じゃないか。
 確かに、いいときはワンヒットで2コマとれる走塁をしているし、それが勢いを生む場面を嫌というほど見てきている。
 やはり、勝負所の詰めを誤ると勝てないやね。

 このところの江草は、使い方(使われ方)の部分で不満があるんじゃないか。
 投げていて粘りがない。
 どんな場面でも使われて、疲労もあるんだろうが、ストライクが入らなくなるのは心配。
 一度、リフレッシュさせて、持ち場を決めてやりたいけど、そんな余裕はないわな。
 筒井と役割を代えてやり、ワンポイント的に使ってやれば・・・・。
 
 燕の尻尾をつかみかけたのに、スルリとぬけちゃた感じだね。
 まぁ、石川がそれだけワンステップ上がったって事なんだけど、願わくばタイガースの選手にそうあって欲しかったな。
 これで、再び明日から、燕への挑戦権をかけてカープと戦わなくちゃいけなくなった。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
9―4 対東京ヤクルト ツカミカケテル
 これで3ゲーム差。
 燕の尻尾をツカミカケテル。
 明日勝って、2ゲーム差になれば完全に掴んだといっていい。
 負けて4ゲーム差になれば、振り出しに戻るじゃないけど、ちょっと苦しくなるよね。
 それほど、明日の勝敗は重要。

 トリが確変中。
 3試合連続のHRを含む2安打で284まで率を上げる。
 なんか、ツカミカケテルんじゃないの?
 このまま3割20本まで持っていって、掴んじゃっていいよ。

 そして、桜井が故障で抹消。
 折角、ポジションをツカミカケていたのに。
 3割をキープし、HRを二桁に載せれば、来季に向けてレギャラーの座をキープできたはず。
 かえすがえすも故障は残念。
 やはり怪我に強い、故障しない頑強さは武器なんだよなぁ。
 この桜井や林、かっての浜中なんか見てると、今ツカミカケのトリとの対照的なこと。
 絶対的なチャンスを掴んでるだけに、この故障抹消は残念でならない。
 軽症で早期復帰できることを願うばかり。

 ということで、今日は「ツカミカケテル」のお話。
 明日は、しっかり燕の尻尾を掴んでくれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
6―1 対東京ヤクルト ぐちゃぐちゃな勝ち方で
 しかし、5点差で江草かな?
 大差でのリリーフの役割に金村を持ってきたのは、わからんでもない。
 でも江草の位置づけって、金村といっしょなの?それじゃ江草のモチベーションはどうなの?
 そのくせ、僅差の厳しい場面でも江草、なんでもどこでも江草っていってると、肝心な時には江草の抜け殻しか残っていないよ。

 普通、そこは筒井で行くべき場面。
 最終回に阿部で行くなら、ここでもいいんじゃないか。
 そして最後は、西村。
 アッチ、球児は、本当にもしもの場合。江草は休ませる。
 そうした勝ち方をしてこそ、この3連戦の目処をたてることができる。
 なんか、投げるべきでないところで、投げさせられた江草が、アッチの起用を呼んじまって、最後を阿部でとおもったら、球児までつぎ込まなくてはならなくて・・・。
 スワローズだって、負けたけど江草・アッチ・球児を使わせたから、良しとしようという、いい気分を与えてしまった。
 なんか、明日以降が怖いよ。

 これで何とか4ゲーム差。
 射程距離に入ってきたね。
 ここに来て、トリが好調。新井が立ち直りの兆し。
 今日は金本にも一発出て、クリーナップが揃って活躍。
 特に、トリは280まで打率も戻し、HRも出ており、3割20本もあながち無理な数字じゃないんじゃないの?
 思い切って、狙ってみるがいい。
 さて、明日も一発いってみる?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。