CALENDER
<< April 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



4x―3 対読売 トリを舐めたらいかんぜよ!
 いくら1打サヨナラの場面で、ランナーが1死で3塁にいても、好調マートンと平野といえども、塁を詰めての鳥谷勝負。
 ずいぶんと舐めた子としてくれたもんだ。
 仮にもタイガースのクリーンナプを担う鳥谷だ。こういう真似をされて燃えないわけがない。

 まぁ、逆から見れば、外野フライでサヨナラだけに、マートンとは慎重なボールになる範囲での勝負になるのはしょうがない。
 これが四球となって平野だが、ゲッツーを狙うには、平野の足が邪魔だ。ボテボテのゲッツー崩れでサヨナラの危険性が頭を過ぎる。
 本当は、こういう場面であえてボテボテが打てるような選手であって欲しいのだけど、案外平野はゲッツーを獲りやすい選手なんだが、足が速いというイメージに支配されているGベンチは、ゲッツー崩れを恐れた。
 この判断は、しょうがないとも言える。
 塁を詰めて、ホースプレイにして確実にアウトを重ねるしか、次の回に勝負を持ち込める術がないのだから。

 このチャンスを作ったのが桧山。
 1死から球児の代打で起用された。今季の桧山の状態から、Gバッテリーは、少し軽く見た投球をした。
 この舐めた投球を見逃さなかったのが桧山の1打。
 あわやサヨナラHRかという当たりがセンターの頭を越す。
 実際は、ちょっと泳いだ感じだったけど、ちゃんとミートされた打球は案外伸びるもんだ。
 この打球で、桧山が必死に走って、3塁に達した。ここが2ベースで終わるか、3塁まで来るかは」、1死であるだけに大きかった。
 今夜のもう一人のヒーローだと言っていいだろう。

 今日は、中継を「フジテレビTWO」で見たけど、解説の田尾は、ちょっとひどいね。
 Gが強いという前提で物を言っている。そうとう刷り込まれているね。だから、真弓のも裏をかかれるのだろう。楽天の監督を失敗したのがわかる。
 結局、チャレンジャー精神に満ちたタイガースが勝利することになったのは溜飲が下がったけどね。
 ほんと、Gにチャレンジャーとして食い下がる意識が出ていて良かったと思う。この姿勢を大事にしたいもんだ。

 GWにあまりいい思いをしてこなかったタイガースだが、今年は3連勝スタートだ。
 うまく波に乗って、GWを乗り越え、交流戦に突入したい。
 それには、まず明日、能見でしっかり勝ってG戦の勝ち越しを決めたいね。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―4 対東京ヤクルト 桜井のやらかしを乗り越えて
 しかし、守備力っていうのがこれほどクローズアップされるかね。
 最初の場面は、1点を先取された後の宮本の打席。
 泳ぎながら打ち上げたライトフライに見えた。思ったより打球は伸びたが、桜井も打球を見ながらバックして、フェンス手前で余裕をもって振り返り、捕球体勢に入ったかに見えた。
 ところが、あろうことか打球は桜井の頭上を越えて、桜井も慌てて手を伸ばすも、その上を打球は越えて2点タイムリーのスリーベースとしてしまった。
 「あちゃ〜・・・、やらかしてもうた。」

 まずは、1死2,3塁でピッチャーを歩かしてしまう上園のピッチングが責められるべき場面を、次に満塁からサードゴロで併殺を取れなかった新井の守備が責められるところを、この桜井の守備がすべてを忘れさせてくれた。
 「毒をもって、毒を制す」って、ちょっと意味が違うか?
 お陰で、新井は挽回するチャンスをものにし同点打を放つことが出来た。
 それでも、レフトに入った狩野が同じ宮本の打球をトンネルで3ベースにしてしまう守備を見せ、あさっり追加点を取られることで、桜井の“やらかし”の印象を少し薄めてくれた。
 かたやタイガースは、再三のチャンスを物に出来ず、城島の1発による1点で終わっている。
 大体、こういうミスが続く試合は、流れが相手に行って、勝てないパターンなんだけどねぇ。

 それでも、今日は地道な攻撃で、バーネットの球数を稼ぎ、6回でマウンドを降ろすと、マートン、平野のタイムリーで追い上げ、新井の一打で同点に追いつく。
 これだけ、「タイムリーで点を取った試合って、あったっけ?」と思うほど珍しい得点の挙げかた。
 しかも、決勝点は併殺崩れで挙げるという徹底振り。こういう取り方が出来ると強くなると思うんだけどねぇ・・・。
 あやうく、桜井に決勝点も幻にされるとこだったけどねぇ。

 9回裏、満を持しての球児の投入。
 藤本が放ったっていうか、打ったレフトライナーを、途中からレフトに入った桜井が、バックしようか迷うような仕草の後、猛然と突っ込み、後ろに逸らす。
 これが3ベースとなり、無死3塁の大ピンチ。
 球児も無失点も今日まで、というか同点にされることを覚悟しなくてはならない状況に追い込まれた。
 この期におよんで外野守備の重要性が頭を過ぎる。
 やはり、早くに平野をセンターに据えるべきだし、レフトには守備固めが必要と心得た方がいい。
 レフト・藤川俊、センター・平野、ライト・マートンの布陣で最終回を迎えられるように起用法を考えておかなくっちゃいけない。
 
 今日は球児のピッチングで、勝利を失わずに済んだが、ほんとうなら、完全な負けゲームになっていた試合。
 「勝ちに不思議の勝ちあり。」の不思議の勝ちだった試合だ。
 負けていれば、「不思議の負けなし。」の試合となるべき試合だった。
 GWのタイガースは、あまりいい思い出がないので、連勝スタートは喜ばしい限りなんだけど・・・・。
 明日からのG戦は、こんな訳には行かないと心得て、気持ちを引き締めよ。
 桜井は、一層守備練習に励まにゃいかんよ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
9―3 対東京ヤクルト フジテレビONEでワンダフル
 得意のHR攻勢で、石川を粉砕?した。
 我が家では、タイガース戦をJ:COMで視聴する。
 去年まで、神宮のS戦は、「フジ731」っていうチャンネルで独占放送だった。しかもこのチャンネルが基本チャンネル外の有料チャンネルで月¥1,000也だった。
 月にたった3試合あるかないか、まして月跨ぎの3連戦なんてあろうものなら、3試合で¥2,000也となる。しかもだ、昨日のような中止にもなろうものなら、一気に試合当たりの単価がアップする。
 なんとか、基本チャンネル入りしいないかと願っていた去年までだった。

 それが今年から、めでたく基本チャンネル入りしたんだ。
 しかも「フジテレビONE」というチャンネル名で、ハイビジョン放送と来た。ほんと、キッタ〜!って感じ。
 そんな放送を楽しみにしていたら、昨日の中止。残念だったねぇ。
 そして、今日は仕事を終えて、一所懸命帰って来たら、試合進行が事の他早く、帰宅した時には試合終了。
 まぁ、それは久保の好投に拠るところが大きかったわけだが、最近は試合のスピードがアップしてるよね。
 「レッツ!省タイム」なんてキャッチで、試合時間の短縮を謳っているせいもあるのかな。

 試合は、久保が好投し、前回の見殺し完投負け投手の貸しを打線が返したって感じで、久保は良かったね。
 初回にいきなりのトリの2ランで先制、3点の援護を貰い、6回までパーフェクトなピッチング。
 そりゃ、試合も早く進むよ。
 タイガースも、その後も石川を打ちまくっていたが、点が入らない。
 得意の1回限定攻撃かと思われたが、7回に不振を極めた城島が2ラン。
 金本にも12年ぶりの代打HRがでて、スワローズを突き放す。
 ここまでのタイガースのHRがすべて4号HR。相手の青木も4号を放って、珍しい4号HRラッシュ。
 これに逆らった、ブラゼルの8号HRも出て、駄目押し。久保の完投を大きく援護した。ワンダフル!!

 しかし、ライブで見られなかったのが残念。
 明日は、ちゃんと見るから、頼んだよ。
 こうして、意気込んでいると裏切られる確率が高い気がするのは、何故なんだろうねぇ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―8 対中日 安藤に安堵なし
 初回の3点で退勢が決した試合。
 確かに、今季のタイガースにとっては、序盤の3点はそれど大きな差ではない。
 しかし、それが開幕を委ね、仮にもエースの位置づけを与えようとしたPが失った点が大きい。しかも、これで何度目のことなんか?

 ここまでくれば、ローテに加えて、順番どおりに先発を任せるベンチワークの問題だとも言える。
 安藤が不調なら、早くし落として、ミニキャンプでも張らしたらどうだ。
 スタンリッジでも先発を試す方が良いと思うし、下で好調なPを挙げるのもいい。
 先のナゴドでの3タテを、返すことのできすチャンス。
 今日は中日の先発を見ても、是が非でも勝っていかなくてはいけに試合。
 それ故の安藤の先発であるとしたら、見誤った首脳陣の落ち度に他ならない。
昔、中込が急な減量で、球威もスタミナも失ってしまったことが頭を過ぎる。
 それほど、良いところがなかった。

 今日も、中日の山内に、プロ初勝利を献上。
 相変わらずの御人好し打線。
 伊藤についで、中日の若手にまたも初勝利を与えてしまった。
 一度、初勝利を挙げた球団の統計を取るといい。
 きっと、タイガースが一番多いよ。

 さて、終盤鳥谷の満塁弾で試合にはしたが、内容は一方的なもの。
 こうしている間に、Gは確実にCを3タテして、抜け出そうとしている。
 一度安藤を下に落として、ローテを再編しないと、追いつけなくなる。
 能見を軸にして、ローテを考え直して欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―1 対中日 大和、走る
 勝ち越しの一打、突き放す一打を新井が放つ。
 「お兄ちゃんが、戻ってくるまでがんばります!」そういった翌日に有言実行。

 元来、プレッシャーにそんなに強くはない新井のこと。
 タイガースの4番の座は、かなりの重圧になっていたんじゃないだろうか。
 しかも、憧れのアキキのりだつの後を受けての4番襲名だけに、生真面目な性格が逆の結果を呼び込みそうで心配していた。
 しかし、それも「お兄ちゃんが、戻ってくるまでがんばります!」という強い気持ちの方が上回っていたようだ。
 これは、新井にとって良かったかもしれない。
 金本のいない間をしっかり戦う。金本が戻るまでの暫定的4番。それでをしっかり勤めることがアキキへの応え。
 そういう強い思いが、プレッシャーを上回っていたんだろう。
 がんばれ!

 その新井の一打を導いたのが、大和の活躍。
 攻撃面での貢献は、初めてか?
 足を絡めた攻撃ができるのは、大和くらい。そして、それがいかに効果的であるかを証明した。
 1点、1点を取って、積み重ねる。そういう攻撃が出来たのも、今シーズン初めてじゃないのか?
 大和の足は大きな武器なんだよねぇ。
 これが、毎試合使えるようになるといいんだけど。
 そのためには、スタメンでいかに出塁出来るかが、大和の鍵だ。
 守備と足のほかに、小技を含めた打撃の向上。
 それが、レギュラーへの道であり、チーム貢献の道なんだよね。
 がんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
7―1 対中日 一歩、前へ、ひとつ先の塁へ
 ケーシー高峰、ケーシーのおっさん、ケーシー・オッサン、いや、ケーシー・ファッサム来日初勝利!オメッ!!
 ケーシー高峰ってとこに年齢を感じるね。グラッチェ!

 キャンプのときは、フォッサムのフォームが昔の谷村を左にしたような感じだったがシーズンに入ると大きく変わってきた。
 腕が遅れて出てくる為、タイミングが取り図らいのかも知れない。あの遅いカーブの時に、フォームが緩む感があるのが欠点だが、それでもタイミングずらす効果はありそうだ。
 投球テンポは、あの江草より早いんじゃないかと思わせる、テンポ。
 城島もこれに応えて、サッサとサインを出して、テンポアップに、貢献する。
 5回で投球数と打順の関係で代打を送られ降板だったが、試合を作った。グッド・ジョブ!

 対して、天敵のチェンを攻略。
 特に逆転の場面では、鳥谷の内野安打が効いたね。
 「討ち取った、チェンジだ。」と思ったのが、内野安打になってしまうのは、堪えるよ。
 しかも、そこまでパーフェクトのピッチングをしてきたんだからね。
 その、ショックというか落胆が次の新井の2ベース、城島の逆転打に続く。
 これも、新井の一打で、一気にサードへ進んだ鳥谷の走塁と、それを見てセカンドを陥れた新井の走塁。
 逆に、それを許した見方の守りに、チェンの落胆は大きくなった。
 それを、ついた城島の逆転打だったと言えるんじゃないか。
 こういう、一歩前へ、ひとつ先の塁を目指した走塁っていうのは、いいよね。
 チームに活気を与える。

 いつもは、逆に中日にやられていること。
 途中競っても、最後に突き放される。
 それは決まって、四球や守備の隙を突かれて、中日の小技や走塁を絡められ、ミスを誘発される。
 今日は、まったくいつもの逆の展開だった。
 それは、4回に見せた、鳥谷・新井の積極的走塁に拠るところが大きい。
 これからも、ガンガン行って欲しいよね。
 今まで、一番見せてない部分だけにね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―2 対広島 悔し、久保完投負け
 こういう試合をとらんといかんのよ。
 そらそうよ、こういう試合を勝つことでチームの力がつくんやから・・・、そんなんこともわからへんの。
 いつまでも、同じPにやられてたらいかんてことよ。

 まぁ、8回の裏の1死満塁で無得点が勝負の分かれ目だね。
 「満塁恐怖症候群」はしっかり、城島まで伝染していたようだ。
 なんで、チャンスがピンチになってしまうんかんぁ・・・・・。

 ピッチングの内容では、勝っていた久保は、完投しての負け投手。
 悔しかろう。今日は野手に貸しを作ったってことで、確実に返してもらわんといけんよ。
 野手陣も次は、しっかり返してやらんと、ほんまに頼んだでぇ〜。

 しかし、Gが確実に抜け出そうとしている。
 みんなで束になって、しっかり止めないと、つまらんペナントになりかねん。
 今季はSがやるきになっているから、Bがなんとかしてくれんといけんよ。
 関東連合なんていってちゃいけん。
 対G包囲網敷かにゃ、ねっ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―0 対広島 狩野で不安を解消で、快勝が可能になり快笑や
 しかし、狩野の抹消から、2軍で外野を経験させ、戻ってくるまで短かったこと。
 金本の非常事態からかも知れないが、逆に狩野の抹消で矢野を代打でさえ使えなくなったことに、後かあら気がついたんと違うかなぁ。
 それでも、キャンプからオープン戦と狩野のバットは好調だっただけに、早いうちにチャンスを与えられてよかったんと違うか。
 外野へのコンバート無しに、スタメン起用はありえんかったんだからね。

 金本が1492試合連続フルイニング出場という記録を達成し、その枠がひとつ空いた。
 実際は、金本復帰までの一時的なものかもしれないが、本来空くはずのなかったレフトのポジション。
 ここは、大いに競争してもらいたい。
 2軍でくすぶる林威助、セカンドを争う平野、代打の切り札・ウォ−葛城、狩野との入れ替えの浅井。
 みんなに等しくチャンスはある。

 寅吉の望む形は。どうしてもセンターに平野をおきたい。
 守備範囲の広さを考えると、安心してセンターを任せられるのは平野だと思うんだけど・・・。
 これは、キャンプの時から言っているんだけど、平野はセカンドより外野だと思う。
 好調マートンは、慣れたライトへ。マートンだけは外野のポジションを確実に掴んでいるんじゃないかな。
 残るレフトを桜井・林・狩野で争う。

 理想的打順は、
 .札鵐拭次 (震
 ▲札ンド  大和
 ライト   マートン
 ぅ轡隋璽函 …暫
 ゥ機璽鼻  /薫
 Ε侫 璽好函.屮薀璽
 Дャッチャー城島
 ┘譽侫函  〆井・林・狩野
 ピッチャー
 守備力・機動力重視の打順だ。
 鳥谷の四番には賛否あるだろうが、打順が育てる部分もあると思えるし、いずれそうなってもらわなくてはならない部分もあるという期待込み。経験値を積んでもらう。
 レフトに狩野を入れる場合は、8番にピッチャー入れて、9番レフト・狩野でも可だな。
 なんか、ぐ〜んとバリエーションが広がった気がする。
 まぁ、あくまでも金本の故障が癒えるのを待つ暫定処置だが、近い将来ありえんことじゃない。

 今日は、狩野が1発で答を出した。
 しかし、その1発がなければ、どうだったのかな。
 この外野のポジション競争が、思わぬ活気を呼び起こすかもしれない。また、そう願いたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
8―4 対横浜 来るべき時が来た・・・
 ついに、その時が来た。
 タイガースのスタメンから、4番レフト金本の名が消えた。
 その、スタメン発表に横浜スタジアムからなんともいえない雰囲気が漂う。金本の連続フルイニング出場の記録が1492試合で途絶えた瞬間だった。

 いずれ、こういうときが来る、そう思ってはいたが、実際目の辺りにすると、やはりなんともいえない感慨深いものがある。
 それは、本人の申し出によるもの。金本自身の決断によるものだという。
 まぁ、暴言で退場とか、どうにもならない怪我による途中退場ではなかったのが、ある意味救いだが・・・。
 でも、右肩の故障という、本人の力の衰えという部分でなかったのは、本人にとって悔しい思いだろう。
 なんせ、少々の故障はその気力で乗り越えて来た結果、今があるのだから。
 まぁ、今回それが出来なかったっていうのも、ある意味衰えなのかもしれない。

 しかし、金本がこれを機に、適度な休養と守備固めの起用などにより負担の軽減を与えられるようになる、より長く現役を続け、力を発揮できるようになることが可能になったんじゃないだろうか。
 そう願わずには入られない。
 連続1492試合連続フルイニング出場は、金本だからなしえた金字塔であることに代わりはないのだから。
 余計な心配かもしれないが、このファイテンの1500試合連続フルイニング出場記念版のRAKUWAなんか、どうなるんだろう。他にも、いろいろ進行中の記念グッズがあったと思う。
 是非、「1492試合」を記念して発売してもらいたいね。1500という区切りの良い数字には、どうしても無理やりというイメージが付きまとう。逆に「1492」の方が正真正銘の記録らしさが伝わってくると思うんだ。

 さて、試合は金本の代わりの4番に新井を据えて戦ったタイガースが、ブラゼルの逆転3ランで勝利した。
 今日の試合は、負けられない、そういう気迫に溢れた戦いぶりだったんじゃないのかな。
 それでも4点差リードで球児を投入っていうのは、止める気がないんやろうか。
 今日は、リードされてる場面で西村を使って勝ち投手になっていたから、ここでは使えないにしても、ここで使えるPをつくることもしておかないと・・・。
 金本の記録は止まったが、真弓のルンバ采配はいつ止むんだろうかなぁ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―7 対横浜 ブレた采配がブレを呼ぶ
 先のG戦で、西村を投入してからブレた投手起用は、今日新たなブレを生んだ。
 鳥谷の2ランで1点差に迫ったあと、最終回の攻撃を残しての久保田の投入。
 確かに、ここでピッシャリ抑えて、最後の攻撃に期待するのは、間違った考えじゃないと思う。
 だが、ここで久保田なら、先のG戦の西村の場面で久保田だったんじゃないのか?

 その前のS戦から言っていることだが、4点差の最終回を任せるPが球児しかいないというところから、間違っている。
 結果論でなく、あそこで西村を使い、G戦の7回を西村に任せていれば、今日の場面も西村で行けた。
 球児、久保田の酷使伝々を言われていることに気を使って、投手起用がブレまくることもなくなっていたんじゃないのか。
 
 今日も、結果G戦の3戦目に久保田を使わずにすみ、昨日の雨天中止に助けられ、2日間間を空けたから久保田でいいやろ的な発想での起用に見える。
 もっと、勝ち試合、リードされている場面での投手の持ち場を明確にしないと、行き当たりバッタリの起用が続くんとちがうか。
 まぁ、それも去年の先発を引っ張っての失敗から、終盤、アッチ・球児に頼った継投の成功と、今シーズンの最初で早目の継投の成功で味をしめていただけなんだろうけど。
 だから、失敗するまで同じことを繰り返し、挙句失敗すると慌てふためくことになる。
 方針とか信念がないから、、こういう状態になると、その場しのぎの策しかなく、ブレまくる。
 悪循環。

 金本の守備の状態も気になる。
 ここ一番での守備は、どうするのだろう。
 正直、相手はレフトを狙ってくる。
 すごく難しい判断を強いられては入るが、何かの犠牲のために成り立っている記録に、そんなに価値があるのだろうか。
 1500試合という区切りの為より、誰もが認める14**試合までの記録の方に価値があるんじゃないだろうか。
 それにこだわり、試合を落としている間に、Gが走り出してしまえば、それで終わりやモンなぁ。

 ブレまくるベンチと金本の記録。
 大きな問題をははらんでタイガースは試合を続けなくてはならない。
 どこかで、決断しないと、手遅れになるんとちがうかなぁ。 
 まぁ、それを補うだけの選手の力、打線の爆発があればいいんやけどね。
 明日は、三浦やで、なんとかせいや!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2−5 対読売 信念なき采配の末路
 今日の試合に背負ったハンディは、確かにあった。
 昨日の試合で、移動日を挟んだとはいえ、球児・久保田が4連投だ。しかも、6連戦の途中。
 先のヤクルト戦の終盤、4点差ありながらの球児の投入の是非が言われ始めた。
 中継ぎの、久保田・筒井は、そのほとんどの試合に登板し、早くも酷使伝々を言われ始めてる。
 
 しかも、先発はフォサッム。
 前回の登板でKO食らった小嶋は、中継ぎ降格?
 もう1回くらいチャンスあたえてもよかったんじゃないか?
 それでもフォサッムを選んだのは、半ば捨てゲームに近い感覚だったんじゃないか。
 間違って、好投してくれればもうけもの、って感じかな。

 しかし、そのフォサッムが予想を裏切る好投。
 内海との投手戦となり、リードは1点で終盤に突入と、真弓監督にいは一番難しいシュチュエーションが与えられることとなった。
 そうして、魔の7回がやってくる。

 ここでの選択は、
 ゝ綽瑤鮓て、フォサッムの続投。8回久保田、9回球児。
 ▲侫サッムにいいイメージを残し、継投策へ。
 この二者択一となる。
 真弓監督は後者を選んだ。
 久保田、球児の連投状態を考えれば、前者が得策だろうとおもうが。よしんばフォサッムが7回に打たれれば、久保田・球児を登板させないですむし、8回のリードを持ち越せれば、必勝パターンに迷いはなくなる。
 しかし、後者を選んだために、真弓監督は7回を誰に任せるかという重い課題を背負うことになる。

 ここで出した答えは「西村」。
 これは、いい答えだった。後者を選択したからには、ベストの選択だったんじゃないのか。
 これで、西村のステージが一段上がったというアピールにもなる。
 惜しむらくは、ヤクルト戦の4点差リードでの終盤を任せる訓練を与えておきたかったのだが・・・。
 しかし、真弓監督の中では、西村のステージは、上がってはいなかったらしい。
 西村を選択した時点と、1死1塁で亀井を迎えたときで、そのステージや信頼感がブレてしまったようだ。
 阿部から始まるこの回に、敢えて右の西村を選択し、託したのに、ものの数分で、左の亀井に左の筒井を選択してしまう。
 もう、動揺しまくりで、自分のなかの尺度が狂ってしまったことに気づいていないんだろう。
 
 ココで、西村を続投させることにメリットは大きい。
 抑えれば、西村のステージが1段上がる。
 また、打たれればそのまま負け試合リレーに転じ、久保田・球児を休ませられる。
 しかし、自分の采配に自信がないがためか、後からの批判を気にしたせいか、バタバタとわからないリレーに転じてしまった。
 西村の選択という金星をフイにするバタバタリレーに。

 お陰で、出てくるPの信頼感が、だんだん下がるという最悪のリレーになり、止めの満塁弾を坂本に食らうことになる。
 きっと真弓監督の頭は、真っ白だったんだろう。
 わけのわからんうちに試合をひっくり返され、負けてしまったと思っているかもれない。
 また、最初から勝てればラッキーと思っていたから、しょうがないとでも能天気に思っているのかも知れない。
 今日の敗因は、先のスワローズ戦で、4点差に球児を投げさせたことによるもんだとは気づいていないだろう。
 あそこで、西村に経験をつませて置くべきだったんだという後悔は、しないんだろうなぁ。

 唯一の収穫は、久保田と球児の登板を避けたことか?
 スタンリッジとの入れ替えは、フォサッムでなく、メッセンジャーになるということに気づかせたこと。
 それくらいかな、真弓監督にとってだけどね。あくまで・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―2 対読売 競い勝つ!
 乱打戦の翌日は、打って変わって投手戦。
 こういうことって、ホント良くあるわけで・・・・・。
 セッキーの1発からトリのヒットと続いた時は、昨日の流れで一気にいくのかと思ったが・・・。
 ここでゴンザレスを潰せず、生き返らせてしまうのが、“御人好し打線”といわれる所以か。

 対して久保も、この投手戦を受けて立つ。
 強気の攻めのピッチングを要求する城島があっているのかもしてない。
 7回を1失点の好投。
 これは大きいよ。
 なんせ、先発壊滅状態の中で、上園以外にもう一枚。
 今日のようなピッチングが出来れば、不安定な安藤に取って代わって、右のエースの座を射止めるんだけどね。
 グッド・ジョブ。

 相変わらず三振は多いけど、ここというところで今日のような打撃が出来るのがブラの進歩。
 やっぱり、率の低さでライオンズを解雇になったのが悔しかったのだろう。そこの部分が修正されれば、これほど怖いバッターはいない。
 昨日の1発で復調気配の桜井と合わせ、恐怖の7,8番を形成。
 山口には、ここという場面でことごとく抑えられたイメージしかないので、今日のぶらの巧打は、溜飲を下げるのに充分だったかな?
 再び、山口に中継ぎをさせる7Gの台所も結構苦しい。
 
 これで、グッと上位の差が縮まって、CやBもどん底からは抜けてきて、これからもっと混戦になる気がする。
 混戦になると、打撃のチームでも、なんとかなる可能性が出てくる。
 マッチレースやどこかが抜け出すような展開だと、打撃だけのチームは厳しくなる。
 まぁ、できるだけ混戦になることを祈ろう。
 85年のように・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
9―7 対読売 逆転!TとGの野球スタイル
 しかし、この東京Dは、怖いわ・・・・。
 なんでもかんでもスタンドまで行ってしまうぞ。セーフティリードなんてあったもんじゃない。
 ここをホームにしていれば、打撃タイトル争いは随分有利だろう。Pは逆だけどね。
 鳥谷なんかも、Gに入っていれば、3割30本なんて、とうに達成していたかもね。

 そんな、恐怖の東京D。
 ここでいつも、いつ1発やられるかの恐怖は、タイガース側に強かった。去年までは・・・・。
 HRは、ソロならいい。ランナーを溜めてガツンというのさえ食らわなければ勝負になる、そういって戦ったきたもんだ。
 逆に甲子園では、その広さを生かし、赤星の機動力を駆使して、固い守りと、強固なJFKのリレーにささえられ、Gの重量打線を凌駕したもんだった。
 それが、今夜、試合の結果のように逆転した。

 タイガースは、6点を先行されながら、鳥谷2ラン、ブラの2ラン、桜井の3ラン、新井、マートンのソロと5発のHRを、狭いドームに架け、9得点を挙げる。
 今日の得点のすべてがHRという、恐ろしい結果だ。
 逆にGは、松本が内野ゴロの間にホームに突っ込むという機動力を擁しての防戦を繰り広げた。
 確かに、小笠原や亀井のHRは、あるものの、過ってのタイガースのごとく、大技、小技を織り交ぜての攻撃だ。
 タイガースは、過っての堀内Gの時のように、1発頼みの野球で今日の試合を逆転した。

 球児が、移動日を挟んだとはいえ、3連投。
 しかも、今日はイニングを跨いでの投球。
 なんだかなぁ。
 こういう使い方するなら、ヤクルト戦でセーブがつかないのに球児を連投させた意味があるのか?
 4点差で1イニングを任すことができる、期待できるPがいないんかい?
 こういう場面で鍛えるっていう手もあるんだがね。
 まぁ、かなり臆病風に吹かれている、今の首脳陣は、なんでもかんでも球児ってことで、逃げているんだろうけど。
 シーズンは長い。
 いつかツケが廻ってくることになるんやで。

 しかし、この1発打線は、今後どうなっていくのだろう。
 大波を乗り越えて、機能するのか、波だらけで安定せず結局5割の過ってのGの二の舞を踏むのか。
 それも、これも、これを操るベンチの技やで。
 しっかり頼んますわ。まず明日・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
7―3 対東京ヤクルト ビデオ判定と審判の技量
 金本の先制2ラン。
 ビデオ判定にて、HRになった。
 一時は、2ベースで先制点は1点。去年まではこれでプレーを続行されていたところ。
 今日の下柳の出来を考えるに、ここで1点で終わっていたら、その後の展開が大きく変わっていたかもしれない。

 これで、ビデオにより、判定が覆ったHRは、何本目になるのか。
 今シーズンから導入されたHRの可否をビデオで判定されるものが、こんなにも多く使われてえいる。
 確か、開幕シリーズでガイエルが放った一打が2塁打からHRに覆ったこともあったと記憶する。
 開幕して、たった十数試合の現在で、これだけ起こっている事象が、過去全くなかったとはいえないだろう。
 それだけ、誤審により左右された試合が多くあり、それによってペナントの行方すら左右されたことさえあったのではないか・。
 それは、審判の技量のなさを表してしてもいる。

 HRの判定だけで、これだ。
 過って、矢野が地団駄踏んで悔しがった、安藤のWP。ビデオでは完璧にバットに当たっていたし、アウト・セーフの問題は枚挙に暇ない。
 そうした、誤審や審判の技量不足に左右された試合やペナントがあったことを実証している。
 まぁ、それも含めて「野球」っていうスポーツなんだという部分もあったんだろう。
 誤審は、味方になったり、敵になったりするんだからね。
 でも、審判の技量不足では、試合を左右されたくはないよね。
 そういう部分をクローズアップし、審判の技量アップにつながれば、このビデオ判定導入の意義は上がると言うもんじゃないのかな。

 試合は、その後逆転されるも、ブラ砲の3ランで再逆転。
 一発攻勢が複数のイニングにまたがったのは、いつ以来か?
 加えて金本の駄目押しタイムリーも出て、Sに勝ち越しを決め5割に復帰。
 これも、金本の先制打が、タイムリーでなく、2ランになったからだといえるんじゃないか。
 対戦が1巡して、5割だから、ここからまた開幕と思って、修正するところは修正してね。
 
 まずは、東京DのG戦で開幕だ。
 開幕Pは能見で行こう!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―1 対東京ヤクルト なんでだろう・・・
 なんで1回に5点もとって、それっきりなんだろう? 
 なんで、セーブもつかない場面で球児なんだろう?
 なんで、上園は好投できるんだろう?(ヘロヘロ球って自分で言ってたね。)
 最後のなんでは、いい意味なんだけどね。

 珍しく真弓監督が“熱い抗議”をした。
 前回の、抗議に行こうとして引き返した態度に批判が集まったことを気にしていたのか?
 まぁ、悪いことじゃない。
 どうせなら、思いきっり退場になるくらい抗議をしたらいい。
 退場になっても“選手だけでも勝つ”姿勢でやっているらしいからね。

 しかし、攻撃が1回きりで終わってしまうのは、考えもんだね。
 この傾向は、今シーズンの初めから続いているよね。
 中日には、見事にそれをひっくり返されたから、今日もヒヤヒヤもんですよ。
 追加点が取れないっていうのは、何に起因しているんだろうか。
 一気に獲るのは選手の力で、追加点が取れないのはベンチワークのせいとでも言うきなんだろうか。

 上園は、今シーズンの初勝利。ホント、おめでとうだね。
 二神だ、白仁田だ、小嶋だって、キャンプから騒がしたが、結局新人王を獲った実績って言うのが大きいかった。
 それだけのモンは持ってるってことかね。
 あの新人の時の輝きを取り戻してくれればいい。がんばれ!
 
 こういう試合は追加点とって、上園を楽にさせて、完投でもさせてやらなくっちゃいけない。 
 せいぜい最後の1イニングを球児でなく、メッセンジャーでも投げさせられる状態にしておかないと。
 なんとか、せいよ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
3―8 対東京ヤクルト 愚痴ってもいいですか
 所詮、この程度のチームなのか?
 ベンチと選手が上手くいっていないせいなのか?
 寅年、リベンジ、日本一が目標のチームじゃなかったのか。 
 「選手だけでも勝つ」つもりでやるんじゃなっかのか。

 これで対戦が一回りする。
 結局、去年の上位チームには苦戦して、下位チームだけにしか勝てない。
 これでは、結果去年と同じだろう。
 
 今年やろうとしたことにブレはないだろうか。
 ベンチ、選手の間の相互理解の下、共に戦っているのだろうか。
 なんか、個々が試合していて、チームで戦っているように見えないのは、寅吉だけだろうか。
 
 ガイエルのHRは、防げなかったのだろうか?
 衣川のHRの防げなかったのだろうか。
 果たして、被弾することを防ぐ術を細心の注意をもって行っていたのか。

 メッセンシャーは、敗戦処理型のPの役割を与えているのだろうか。
 2軍でさして結果を残していないジェンを江草に代わって上げた意図はなんなんだろうか。
 狩野の抹消は、それにより矢野を代打で使えない、または浅井を残さなくてはいけなくなるということまで考えて行われたのであろうか。
 狩野に外野の練習をさせるのか、また何故今までさせてこなかったのか。
 
 壊れた信号機の山脇コーチのサードコーチは、上達しているのだろうか。
 今日も、城島のヒットで金本をストップさせたことで、城島がアピールしていたが、あれは単に「金本に遠慮して」だけの為のストップじゃなかったのか。
 去年から、金本だけは、すべてスットップをかけていた山脇コーチの条件反射的制止行為じゃなっかたのか。

 なんか、バタバタ慌てているだけで、方針が見えない。
 そんなところは、去年とかわっちゃいない。
 これで、本当に戦っていけるんだろうか?真弓さん。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5−8 対読売 打ち負ける
 やはり、ノーガードで打ち合っちゃ、まずいか・・・・。
 今季初先発の小嶋は、立ち上がりから4失点。
 点を取られた後のピッチングは見るべきものがあっただけに、その後の満塁のチャンスで代打を送られたことが残念。
 どうせ、打ち合いに持ちこむのなら、このチャンスを捨てる気で代打を送らず続投させてきるのも面白かったと思う。
 案外、その後ピッタと抑えることも考えられる兆しがあっただけに残念。

 なんか、1回に点をまとめて取ってあとは、知らん顔っていうスタイルが続いている。
 今日も一挙4点を返したら、そっれきりだもの。
 まぁ、チャンスで一発が出なけりゃ点が入らないチームだからしょうがなのか・・・。
 1点を取りに行くのが苦手なチームになっているからなぁ。

 読売が原から堀内に代わったときのGとよく似ている気がする。
 取るときは大量点だが、1発がでないと点が入らない。 
 結局、小技のチームを苦手とし、接戦に弱い。

 これで5割を割って、スタートダッシュも不発に終わった。
 ここいらでもう一度足元を見つめなおし、戦略の建て直しが必要。
 なんせ、小嶋登録で狩野を抹消してしまたチームだから・・・。
 これで矢野は、ベンチ固定。代打にも使えない。
 これでいいんだろうか?

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
0−3 対読売 木村拓也追悼試合
 今日は、勝っちゃいけない試合だった。
 ユーティリティプレーヤーの代表選手だった。

 広島時代も読売時代も、いいところでやられた印象が強い。
 あまり若すぎた・・・、合掌。
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―4 対読売 アニキの応え
 数々の批判を、いろんな思いを、すべて払拭する為の一振りだった。

 チームのため、休めという声は多かった。
 せめて打順を下げろとか、終盤に守備固めが必要だとかも言われていた。
 だが、金本は一切それには答えず、黙々と4番目の打者として打席に入り、レフトの守備位置に就いた。

 実際、肩の故障の具合を推測するに、守りの面からレフとは多いな穴になっていた。
 赤星が抜け、不慣れなマートンがセンターに入り、守備が課題といわれる桜井がライトに入る布陣に不安尽きない。
 それでも金本は、自らフルイニングに終止符を打つことはしなかった。

 きっと、これが金本の戦いなのであろう。
 この戦いに敗れたとき、そのときはきっぱり引退してしまう、そんあ覚悟で臨んでいたんじゃないだろうか。
 右肩の故障を抱え、尚且つ試合に出続ける。
 打撃で、守備で結果が出なくチームに迷惑がかかると自分で判断したなら、潔く自ら身を退く。
 それ故、自分が納得するまでは、自分からギブアップはしない。
 故障と重圧と、批判と非難をすべて受け止めて、タイガースの4番として試合に出続ける。
 それが、金本の覚悟。

 「選手だけでも勝つつもりでやる。」という一連の言動からも、ここでは退けない。
 痛む右肩をおしての決勝2ランは、金本の応えだった。
 ただ、救いは前回の広島の片手打ちのHRではなく、しっかり両手で振り切ったHRだったこと。
 少しでも右肩の痛みが消えて、快方に向っているのならありがたい。
 紛れもなく、金本はタイガースの心棒であるのだから。
 
 そして、寅吉は金本の出す答えを黙って見守るしかない。心から応援をしながら・・・。

 ぐぁんばれ!金本
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
1―6 対中日 ベンチと選手の乖離が心配
 結局、打たなけりゃ勝てないチーム。
 1点を争う試合で、その1点をとりにいくことが出来ないチーム。
 過ってのGがそうであったように、1点の積み重ねでなく、一挙に大量点で相手の戦意を喪失させてしまわない限り、競った試合は苦手だから、勝ち味はない。

 初回に、トリの犠牲フライで先制した後、追加点を奪って、一挙に伊藤を潰してしまわなかったのが敗因。
 この1点で終わったことが、1点を争う苦手とする展開に持ち込まれることになる。
 なんせ、競られると横浜にさえ劣るチームなんだから、この時点で勝負は見えている。
 後は、作戦いらずの一発を待つだけの野球。
 昨日は、その1発が出たんだけど・・・、今日はお人よしの初勝利献上マシンのタイガースが発動された。

 作戦いらずのチームを作ったのは、ある意味今の首脳陣の方針なんだろう。
 それほど、今の首脳陣の指導力は選手から信頼されてない。故に、作戦いらずのチームを作るしかない。
 「選手だけでも勝つ」そういう野球を標榜した、問題を内包したチームなんだからね。

 そんなチームに、下手な作戦や小細工をさせても裏目に出るのは分かりきった入る。
 ここで見られる、関本のバント失敗。
 それに懲りてか、浅井に代役をやらせて、さらに失敗。
 真弓監督は、失敗するまで同じことを繰り返すが、一度失敗すると、すぐ別の方向に向ってしまう。
 セッキーのバント失敗だって、何十回のうちのひとつがでただけかも知れないのに、もうそれに懲りて、本来セッキーの出番なのに、浅井を使ったりする。
 これで、セッキーも浅井も、両方潰したことになるってことわかっているんだろうか。

 Pも同じく。
 昨日の久保田の無駄使いが、今日に影響したといえないだろうか。
 ここでも、江草・久保田両方潰したし、メッセンジャーも同様だ。
 85年の吉田監督は、打たれた福間を翌日の同じ場面で使ってきた。悪い思いは、はやく払拭しておくべきだという考えと、中継ぎにおける福間のプライドや役割を重んじた采配だった。
 そんな、熱い思いが詰まった采配を振ることはできないのだろうか。
 それ故、選手が離れていっているんじゃないだろうか。

 今の状況は決して良くはない。
 選手とベンチが離れてしまっている。
 そんな状態を知りながら、何の手も打たなかった球団の上層部にも大いに責任がある。
 ベンチを選手が一体になりえないところに勝利はないのだろう。
 ここを改善せずして、逆襲はない。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
2―3x 対中日 メッセンジャーで負けてんじゃ〜!
 う〜ん、9回の裏は球児で行くべきじゃないのかね。
 9回の裏を抑えないと10回の攻撃はないのだから、ここは球児でいて欲しかったんだが・・・。
 
 城島のHRでリードを奪った7回。
 ここで上園を代えるなら、一番信頼の置けるPで行くべき。
 今の状態なら、久保田。
 リードを奪った直後の回は、ビッシっといかないと、付け入る隙を与える。
 05年強かった理由は、ここに球児を使えたからだ。
 本当に勝ちに行く気なら、現状久保田しかないのだろう。

 同点に追いつかれてからの久保田投入では、もったいない。
 ていうか、完全な無駄遣い。
 それなら、9回に取っておくか、明日のために温存した方がよろし。
 前の横浜戦でも、久保田の無駄遣いがあったよね。
 こういう無駄遣いは、後々響くよね。
 これで、明日は久保田が3連投になるため、使いづらくなる。
 踏んだり蹴ったりだ。

 メセンジャーも、緊迫した場面では、使いづらいことが明白になった。
 やはり、空振りがとれる球がないと苦しいやね。
 負けゲームでないと使えんと違うかな。
 これで、出だしが良かった分はすべて吐き出した。

 レフト金本の状態から、中日のようないやらしいチームは、狙ってくる。
 守備固めの名目で、センターやライトを代えるけど、本当に守備固めをしたいのはレフトなんだよね。
 金本の肩の状態が良くならない限り、徹底してここを狙われるだろう。
 センター、ライトの守備固めなんて無意味になる。ノーガードで打ち合って勝つしか道はないいんや。
 明日の3戦目、3タテだけは、勘弁して欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |
5―6 対中日 安藤は不安だど〜・・・
 3回に一挙5点を先制したときには、このまま押し切るかとも思えた試合。
 その慎重になりすぎたか、安藤が1点を返され時から、狂いが生じる。

 かって、7点差を井川でひっくり返されたこともあった中日戦。
 何点差合っても、ジワジワ追い詰められ、結局ひっくり返される中日戦。
 たった1点が、トラウマを呼びおこし、不安な状態に陥れる。
 それは、監督が代わっても、城島が入っても同じなんだ。

 しかも、5点取った後の打線は、さっぱり。
 なんで、大量点を取ると、その後追加点が取れなくなるのか。
 大差がつけば、相手も勝ち試合のPはだせなくなり、どちらかというと質が落ちる(失礼)Pが出てくるわけだから、もっと点がとり易くなってしかるべき。
 それが、もう安心してしまうんだか、打ちつかれてしまうんだか、その後は音無しの構えだ。
 そんな、状態で安藤は、1点取られて不安にさいなまれ、結局次の回に一挙5点を返上、しっかり取り返されてしまう。
 
 かやや俺竜は、慎重にPをつなぎ1点差をしっかり守りきった。
 9回はすぐに岩瀬に行かず、城島に浅尾を続投させるというところに、岩瀬への不安を見た気がしたが、それも慎重なるが故のことだったようだ。
 この采配にたいして、安藤の不安から慌てて筒井を投入し、傷口を広げたタイガースベンチの焦りと不安はどうしょうもなかった。
 いずれにせよ、中日戦は接線になるんだから、もう少し、どっしり構えて欲しかったね。

 それと、中日の継投で、一番付け入る隙があるのは、平井の時だった。
 ブラゼルが四球で出たときに、代走投入で、桜井にバント。
 代打・葛城で勝負という展開を見たかったのだが。
 トリにバントさせるくらいの采配を振るった今季の真弓監督なら、ここはバントでしょうに。
 取り敢えず追いつくことが優先じゃないのか。
 打線のスケールに惑わされ、点がいつでもとれるという錯覚に陥っているんじゃないだろうか。

 金本の状態も心配だし。
 打線は不調な者のところで、プッツリ切れるもんだから、心配だね。
 明日は、上園とチェン。
 不利な状態なときこそ、思い切って予想を裏切る試合を期待する。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。