CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 8−7 対中日 やれば、できるやん | main | 8−0 対横浜 完勝の後は気をつけろ! >>
5−3 対横浜 吹っ切れた先に見えるもの
 今日は、デーゲームだったんだね。
 夏休みも終わって、また土日のデーゲームをやる季節になったってことか。

 さて、中日戦で“虎の意地”の片鱗をみせてくれたが、その反動が怖い、この横浜戦だ。締めてみれば、結局たいしてかわらなかったなんて結果になりやしないか、ちょっと心配だった。
 今日の杉山、明日は?とピッチャーの名が浮かばない状況。なんせ安藤を中継ぎでつぎ込んでしまっているからね・・・・・。
 でも、明日は安藤しか思い浮かばないもの、ホント。
 
 杉山はこの状況で、自分が少しでも長いイニングを投げて、中継ぎの負担を減らすという役目をよく果たした。
 昨年の実績にすがり、「こんな、はずじゃ・・・」ってづ〜っと思ってきたピッチングが、なにか吹っ切れて、目の前の試合で1イニングでも長く投げる、他のピッチャーの負担を減らすという役目に没頭した結果、いい方向に向かったってわけだ。

 そして、最後を締めた、吉野。
 「おかえり」っていってやりたいね。
 貴重なワンポイント左腕である役割に、より多くの期待をされ1イニングを任される中継ぎになろうとした。
 ここで、球威を上げるという選択をしたのが、裏目に出て、ボールのキレを無視し、球威(球速って言ったほうがいいかな。)だけに走り、故障や失敗を繰り返してきた。
 今日の吉野は、ほとんど矢野のリード通りに、コースに、決めていた。
 これが吉野の持ち味だ。
 
 やはり、ワンポイントの左腕って役割は、絶対必要だと思う。 
 吉野がそれで、1枚加わることは、中継ぎの厚みが何倍にも増すことだ。
 今日は、スットーパーのような役割を任されたが、ここぞの場面で左打者を確実に仕留める。そんな活躍を期待している。

 しかし、今日は何故、最後に藤川ではなかったのか。
 中日戦での連投を思っての温存なのか?
 だが、昨日は移動日で休みが入っている。従来なら、確実に藤川だったはずだ。それを、吉野でいくって言うのは、結果オーライなのだが、藤川の調子、体調が気になる。
 もう、今年は大事に行くといった方針の徹底だと思いたいのだが・・・。

 しかし、気にすまいと思っていても、気になる中日は、今日も勝ってしまった。調子落ちの現状だから、読売・内海に期待してたんだけど、甘くはないわな。
 もう少し、接近していれば(負け数の差が、いまより10少なければね。)、大変なプレッシャーでどういう展開になっていたかわからんのに・・・、とタラレバしていても後の祭りか・・・・・。

 まぁ、いまのまま、目先の試合に全力を尽くせばよい。
 そこから、生まれてくるものもあるはず、だと信じたいもの。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/106947

■2006/9/2 試合結果対横浜 19回戦 横浜 神|030 200 000|5 横|000 200 100|3 勝:杉山2勝4敗0S S:吉野0勝0敗1S 敗:那須野3勝7敗0S HR:鳥谷ツーラン12号/矢野ソロ13号/石井ソロ5号 神:杉山-ウィリアムス-吉野 横:那須野-牛田-川村-山北 ――――――
アナフレ猛虎会 | 2006/09/03 12:09 AM

 今日は出かけていたので、ケータイのちっちゃい画面で断続的に テレビ観戦。帰宅後、エンタの神様とか見てたので、デーゲーム だったというのに、更新がこんな時間になってしまった。対中日戦の 後、横浜相手にどんな試合をしてくれるのか、注目の二連戦である。
虎のおしゃべり堂 | 2006/09/03 1:02 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。