CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−6 対読売 貧打ここに極めり | main | 0−2 対読売 新人見殺し打線に物申す >>
4−3 対読売 勇気、凛々、林 威助
 読売のPが久々の右投手ということもあって、満を持しての林のスタメン起用。
 今年の林は、こういうチャンスをみすみす逃すようなレベルではない。
 もらったチャンスは確実に物にするだけの、勇気も実力も付いている。
 かくして、今日は林に勝たせてもらったような試合となった。

 これで確実にハマちゃんの尻に火が付いたというか、火事ボウボウだ。
 打線の並びからして、今岡の後に左の林が入る並びのほうがベターだ。ハマちゃんが入ると、今岡以下が右ばかりになる。
 最も、フジモンが今日のようなチャンスを物にすれば、左を加えられるのだが、今だ「勘違い病」は完治してないことを暴露してしまった。

 今日の無死でランナー2塁に矢野の場面。
 ネクストとフジモンは、バントのサインが出ることを予測しつつも、バントのサインが出ないで欲しいと祈っていたことだろう。
 もとより、打ちたがりの性格。バントは苦手。
 どうしたって、バントを失敗して詰られるより、打ってヒーローになるほうを夢見がちなんだなぁ。
 何で、ポジションを関本に奪われたかというと、それは2番を打てなかったからなんだよね。そこをしっかり見つめ、反省しないとレギュラーはなくなるよ。ホント。

 ということで、林一人が虎(孤)軍奮闘するなか、よってたかって接戦へと持ち込んでしまった。
 球児は、限定1イニングのはずが、8回途中から登板しなければならないシチュエーションを作ってしまった。
 これじゃ、球児を抑えにした意味が無いっていうの!
 能見ももう少し長いイニングを任せられる投球をしないと、福原・安藤・杉山らが出て来た時に、真っ先に先発ローテからはずされかねない。
 
 明日は、小嶋の登板だ。
 打線の奮起を期待する。
 特にGは、高橋尚だけに、不振を囲っている右のハマちゃん、セッキーの同期コンビの逆襲に期待せざる得ない。林に勇気と尻の火をしっかり貰ったはずだしね!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/136761

濱関の不調に業を煮やしたか、それとも単に今日の先発が右の門倉だったからなのか、真意はわかりませんが、今日は6番ライト林、8番セカンド藤本のスタメンでした。能見は初回いきなり2失点。得点力がないだけに先制点を与えてしまうのは痛い。中継を見ていられなくな
パイプの部屋 | 2007/04/08 12:34 AM

今日は用事があって試合を観れなかったのですが、9回にすごい追い上げをみせてくれたみたいですね。 林威助人気ブログランキングへ 家に帰って嫁さんに「阪神どうだった?」と聞いたら、「1対8で負けてたよー」って言ってたので、ダルビッシュだしじゃあ絶対負
林威助(りんうぇいつぅ|LIN WEICHU)の軌跡。林威助応援ブログ。 | 2007/06/03 7:15 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。