CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 0−4 対読売 すっかりお休みモードの阪神打線 | main | 1−2 対読売 不甲斐なさに熱くなっちまった >>
2−1 対読売 筒井の仁王立ち
 今日のヒーローは、間違いなく筒井。
 8回の無死満塁の状況でリリーフに立ち、由伸、谷という絶体絶命のピンチを救った。
 球のキレ、球威、コントロール、どれを間違えても失点するところ、どれもが完璧な状態でのリリーフだった。
 グッド・ジョブ!

 さて、その筒井を出すまでの過程がどうだったのだろう。
 もう、前回のピッチングを見ても、筒井の方が榎田より現状は上である事はわかっている。
 せかっく岩田が、耐えながら7回まで持ってくれたわけだ。
 同じ左なら、回の頭から筒井でいく方を選択すべき場面でなかったか?
 
 実際満塁で筒井とう状況で、四球さえ許されない状況で、去年までの弱気な面がでて、一気に自信喪失なんてことになるんじゃないかと心配した。
 四球を許されない状況で、ストライクを取りに行き痛打を喰らうという、去年までの筒井でなく、開き直り思い切り腕を振れるようになっていた姿を見て、頼もしくすらあった。
 これで、8回は筒井でいいんじゃないか?
 球児の調子次第では、最後を任す練習を積ませてもいいと思う。いまは、それほどのデキだ。

 打線は、相変わらず低調。
 トリだけは、自分のペースがしっかり守れる。そのトリを1番に据え。初回にチャンスを作り得点。
 本当は、これで皆のプレッッシャーが除かれ、後は勢いをつけて続くのが普通なのだが、そういう状況にも無いようだ。
 昨日は、クリーンナップを外れ新井さんが、今日は5番に。
 さすがに、6番はひどいと思ったのか、クリーンナップ入りしたお陰で、久々の1発を放つ。
 プレッシャーを4番の金本が引き受けてくれるからか、思い切ってスィングができる。5番らしいバッティング。
 後は、マートンが機能してくれれば、もう少し点を取れる良いになうのと違うか。

 マートンは、自分に長打を求められていると思っているのか(4番とか、5番6番とか打たされたことで、そう解釈したか)、メジャーに認められる為には、もっと長打が必要と考えているのは、異様に強引なバッティングが目立つ。
 来日1年目の、ボール球は振らず、ストライクゾーンに来た球をコースに逆らわず広角に打ち返すバッティングができていない。
 それをもう一度やらす為にも、良く話し合った上で、1番か、3番を打たすべきだろう。 
 新井さんが今日のバッティングがいつも出来れば、5番でいいような気がするが、本当は3番で繫ぐバッティングをお願いしたい。
 そうすると、やっぱり鳥谷を4番に据えるしかないと思うのだが・・・・・。
 金本では、昔の名前ででています的な面はわかるにしても、チームの4番が終盤に守備固めをだされて、居なくなるっていうのはいかがなもんか?4番で出るなら、守備固めがいらない状態で勤めて欲しいと思うんだよなぁ。

 まぁ、ひとつ勝ったことでどう変わって行くかが問題だが、打線が急激に回復していくもんなのだろうか?
 榎田・球児が戻ってくるとも思えん。ここで通用するのは、筒井と、もう一人、育成のザラテだと思うんだけどなぁ。
 ザラテ上げて、榎田を調整させる。(先発起用も考えるほうがいいと思うが?)
球児は、案外緊張しいだから、7回くらいを任せる役割の方が合っているんじゃないか?
 今なら、そういう再編も可能な時期だと思う。
 どうせ、0からのスタートに」なるんだから、思い切ったことしていこうよ、和田さん。
 とにかく明日はどんな事をしても勝って、勢いをつけんとイカン試合やぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。