CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−3 対埼玉西武 腑に落ちん! | main | 2x−1 対千葉ロッテ 得点の狭い間口は通らない >>
9−9 対千葉ロッテ 得点の間口を広げる
 千葉ロッテの守りの拙さも有り、同点の引き分けに持ち込めた。
 タイガースにしてみれば、マリーンズの手助けはあったものの9得点と最近にない多くの得点を挙げる事ができた。
 これは、偏にマリーンズに大量リードを許してしまった賜物だったといっていい。
 いつもの「1点しか取りに行かない野球」が通用しない状況に追い込まれてこそ、それを捨てて「得点の間口」を広げる事に成功したんだと思う。

 4回のマリーンズの攻撃は、タイガースのそれと違い、「2点目、3点目を見据えた攻撃」。
 それ故、変に縮こまらずに思い切って攻撃してくる。
 この勢いにのまれると一気に大量失点に繋がる。
 いつかの日本シッリーズもそうだった。
 
 今江が無死からヒットで出る。
 タイガースなら、間違いなくバントで2塁に送るところ。
 しかし、打者が大松であるから、マリーンズはヒッティングにでる。
 グライジンガーこそ送りバントを行うが、バッターの岡田もヒッティング。
 多分、タイガースなら、スクイズという作戦をとる。(そうして、これが失敗してチャンスが消える。)
 こうした積極的な攻撃が、井口のグランドスラムを産んだともいえるんじゃないか。

 そうして6点差になってしまたタイガースは、その裏マートンが無死から出塁しても、得意の送りバントのサインを出せない状況になった。(もっとも、ブラゼルには出さないだろうがね。)
 でも、藤井のときは、スクイズなんて手を取るかも知れない。僅差だったらね。 
 そうして、アウトを簡単に与え、相手を喜ばし、自身の得点の間口を狭くして行ったのが昨日までだ。
 それが出来んようになって初めて、得点の間口が広がったのは、ある意味皮肉な事なのかもしれんなぁ・・・。

 まぁ、少しは自ら得点の間口を狭めていた事に気づいてくれれば、今日の引き分けの価値は出ると思う。
 それに気がつかず、また同じような野球をやるようでは、この先の浮上はない。
 あれだけ貧打と言われたタイガースが、あれだけ得点力がないと言われた打線が、相手のエラーがあったとは言え、9点を挙げて追いつくのだから、いかに今までの「拘り」が無駄であるかわかるだろう。
  「1点に拘る」「1点を取りに行く」事は大事だが、一事が万事ではない。
 その状況と展開によりもんだ。
 それを読むのが指揮官の勝負勘っていうやつなんだなぁ。
 そのへんのとこ、頼んますよ!和田監督。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。