CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3−1 対東北楽天 「1点の拘り」=スクイズ? | main | 3−1 対オリックス 勘の悪さか、屁の臭さ >>
3−8 対東北楽天 もう、いいところを見ようか?
 まぁ、完全な実力差。
 1点を取るのに、汲々としているチームと、エースのマー君を立てて勝ちに来ているチームの差。
 昨日の繰り返しじゃないけど、美馬あたりに序盤からスクイズで点を取りに行くようなチームなら、マー君がいくら本調子でなくても、抑えるのは容易いことなのだろう。

 それでも、そのマー君から3点を取ったのだから、少しは良いところも見てみよう。(っていうか今のチームをみて、批判するのにも疲れたわ。)
 まずは、今成。
 バッティングだけを見れば、十分合格点。
 今のタイガースのどのキャッチャーよりレギュラーを張っておかしくない。
 あとは、リード面。インサイドワークが問題だけど、こういうときこそ有田ヘッドがしっかり教育して欲しい。
 やはり、打てる捕手は魅力であり、十分な戦力になる。

 久々の猛打賞の鳥谷。
 この打撃の波がなければ、十分に4番を任せられる存在なんだが・・・・。
 マー君の名前に負ける事無く、ちょっとでも調子が悪ければ、行っちゃうよ的なバッティングを見せてくれた。
 このまま、上昇気流に乗って、一気に4番を獲ってもらいたいもんだ。

 あとは、・・・・・。
 今日は目立たんけど、良太。
 中日時代も落合に目をかけられ、強化選手にもされていた。
 その元気と思い切りの良さは、兄貴浩に無いものを持っている。
 勝負強さもあるので、もっと出番を増やしてやって欲しい。
 きっと、結果を出してくると思うぞ。

 あと、・・・・。あと・・・。
 う〜ん、思い浮かばん。
 柴田や俊介、田上と行った、昔の少年隊と呼ばれた選手を思い出す面々は、どれもどんぐり状態だしなぁ。
 それなら、無視してでも隼太を使って欲しいし。 
 投手も、楽天の釜田のような、生きのいいのがでてくればいいのだろうが・・・・。
 どうも鳴尾浜で球速を10kmほど下げて来てしまうピッチャーだらけで、鶴にしても躍動感を感じない。
 なんとか、歳内あたりが、突き抜けてくれんと、詰まらんよなぁ。

 あっ、また愚痴が多くなってしまった。
 えっ、試合?
 もう、今日は触れんとこ。また。愚痴になるわ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。