CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−2 対福岡ソフトバンク 見ていなくてもわかる展開 | main | 0−2 対埼玉西武 もう、いい加減変わったらどう? >>
1−0 対福岡ソフトバンク 怪我の功名、結果オーライ
 8回の裏、虎の子の1点を奪い?(もらい)逃げ切る。
 岩田とホークス・山田、両左腕の息詰まる投げ合いだった。
 勝負を分けたのは、またもタイガースの稚拙な作戦と、それを読みながらランナーを刺す事にミスを犯したホークスの守りだった。

 回も詰まった8回の裏。
 先頭のブラゼルがライト戦に2ベース。
 ここで良太だが、100%バント。
 まあ、これは回から行って1点勝負だけに、しょうがない。良太の感じは悪くなかったので、打たせて見たいところだが、「1点取れば勝てる」状況だけに、バントは正攻法だろう。
 良太も調子がいいせいか、このバントをしっかり決める。

 1死3塁。
 ここで、スクイズっていうのが、今年の和田作戦。
 相手も重々承知で警戒のアンテナがバリ3で立っている。
 代走の田上はサインが出ると、スタートをあせって、飛び出しが大きくなる。
 ストライク・スクイズだったのだろう、関本が見送ると、スタートを切りかけた田上の飛び出しが大きい。
 それを見逃さなかった、ホークスの細川が3塁へ牽制の一投。
 
 普通なら、これでランナーが刺されて、チャンスは消える。
 そう言う場面だったのだが、この細川の送球が田上に当たり、ファールグランドへ。
 この間に田上が、生還し、ついに1点を挙げる事ができた。
 チャンス消滅の危機が逆に得点に繋がった。まさに結果オーライ。

 しかし、ベンチは勝ったからといって、自分らの作戦の失敗を忘れてはならない。
 この場面のスクイズは、相手が一番警戒してくるところ。
 塁も空いているので、1点勝負と見れば、ボール球で様子を見て歩かしても構わない。
 その中で、スクイズのサインを出す事の危険性をどこまで考えていたのか?
 今日の勝利は怪我の功名と自覚すべしやな。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。