CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6−4 東京ヤクルト 秋山踏ん張る | main | 3−4 対広島 1点に拘るはずが・・・・ >>
5−9 対東京ヤクルト つかの間の逆転劇
 2点のリードを許した5回表。
 タイガースの猛攻が幕を開ける。
 安藤自らのヒットを皮切りに、トリの同点打、新井の逆転打。
 良太のヒットを挟んで、浅井の犠飛、大和のヒットで小宮山のショートゴロの間に5点目。
 正に怒濤の攻撃で、久しく貧打に悩まされた鬱憤と、初戦の逆転負けの憂さを晴らすかのようだった。

 この逆転で、安藤が5回裏を1点に抑え、2点のリードを保った状態で、勝ち投手の権利を得た。
 これで、交代してと思ったが、6回も続投の決断をベンチが行った。
 確かに安藤は勝ち運に恵まれず、好投しても援護がなく、勝ち投手になれない試合も多々あった。
 だからこそ、今日は早めに繫いで勝ち投手にしてやりたかったところだが、筒井が初戦で信用を失っている。加藤、渡辺も連投している。福原は居ないとなると、繫ぐ投手がいない。
 ここは、ロングができる久保田と行きたいところだが、まだ信用は回復していない。
 そういう事情での続投は、裏目に出る。

 結局安藤がピンチを作り1点差になってから加藤の投入。
 ランナーを置いての加藤は、信用度が薄いはずなのだが、加藤しかいなかったのだろう。
 結局スネ夫こと田中に逆転スリーランを喰らってジ・エンド。
 もう、タイガースには、ここから反発する力は残っていなかった。

 まぁ、いままでがんばって来た投手陣が、打線が少し上向きになると、崩れ出す。
 よくある噛み合わせの悪さやなぁ。
 ピッチャーも少ない援護でがんばって来た疲れがでるころやし、球児は居ないし、しょうがない部分がある。
 弱い時は、投打の噛み合わせも悪い、逆にそれが悪いから弱いのかもしれない。
 結局、今年のタイガースはそういう状態であるってことなのか、そういう状態にしてしまったのか。
 今一度、ベンチはよく考えて、対策を練って欲しいもんだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。