CALENDAR
<< July 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
4−1 対福岡ソフトバンク 希望の光、前川右京の満塁弾!
 いきなりの4点は、大きいわ。
 初回、1死満塁で飛び出した前川の一発。
 まぁ、見事だった。
 これで、レフトのレギュラーは前川当確でいいやろ。
 
 この4点は、才木にとって十分な援護点になった。
 心配は、こんな援護をもらったことがないため、慣れない余裕のあるピッチングに、ペースを狂わせてしまうこと。
 こういうことって、結構あるんだよなぁ。
 乱打戦になるのって、そういう場合が多いのと違うかな。

 ただ、才木のメンタルは、それほど柔じゃなかった。
 しっかり、いつも通りのピッチングを遂行していった。
 まぁ、才木のピッチングスタイルが確立しているというのもあるし、抑え方をわかっているのもある。
 球数が多少余計かかって、完投完封こそできなかったが、7回117球で、被安打5で失点1。 
 これで昨シーズンの勝ち星に並んだ。

 しかし、打線は相変わらずで、初回の満塁弾のあと、ヒットは、2本、初回の2本と合わせ4本だ。
 前川がホームランの1本、佐藤輝が2本、森下が1本きりだから、寂しい限りだ。
 本当いえば、中押し、ダメ押しという攻撃があって然るべし。
 ホークスもリードされている場面で出てくるピッチャーなんだから、レベルは落ちる。
 それなのに、最も簡単に抑えられ、まるで初回の4点で仕事が終わったかのように淡々と過ごしていく。
 結局終盤で3点さで、緊張する勝利となった。

 これで交流戦は、日本ハムとの1試合を残して、6勝11敗。
 まぁ、よく負けた。
 打線の低調ぶりからして当然でもあるが、残りの日ハム戦をなんとしても勝って、セリーグの試合の再開に備えないといかん。
 昨日も書いたが、やはり大山待ち。
 大山が戻って、反撃体制が整うまでは、耐える試合が続くだろう。
 できれば、交流戦明けに大山が戻ってくれることを願っている。

 まぁ、3タテは楽天戦だけにして、なんとか新庄ファイターズに一矢報いないといけない。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 17:32 | comments(0) | - |

コメント
コメントする