CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Google



<< WBC総括 わかった事が・・・・ | main | オープン戦を終えて >>
さぁ、話を戻して、レッツ虎っくばっく!!
 WBCにもひと段落つけて、タイガースの話にもどりますか。

 おっと!こんなところにいいお題が転がって・・・・・・、
 “てぃぶろぐ”からのトラックバックのお題は、
 「今年のタイガースをオープン戦から占う」だ。
 タイガースの話題に戻るのに丁度いいので、即レッツ虎っくばっく!!

 さて、皆さんはオープン戦のたたかい方見てどうでしょう?
 ここ数試合、開幕メンバーと見て取れるスタメンで試合してるが、こうなったとたんに打てなくなってるとおもいませんか。
 競争と騒いだ挙句、ライトは桧山で決まりっぽい。しかし、この年になって最高の仕上がりを見せるって、桧山って選手は・・・・?
 濱中・林もチャンス大有りだったんだが、桧山がこの調子じゃ、なかなか難しいことになったもんだ。
 セカンド・2番の座も藤本が射止めたようで・・・・、結構岡田監督が買ってるね。さて、開幕してからもこの調子を維持できるか。欲と無心の戦いとなるだろう。

 こうして、競争が段落ついちゃうと、妙に落ち着いて覇気がなくなっていくような気がしませんか。

 ピッチャーも、ジェフの穴埋めと先発5,6番手の争いに目処が立つと、その座を狙ってのギラギラしたものが、急速にしぼみつつあるように見える。
 実際、藤川・久保田の2人が抜けていてこれだから、彼らが戻った今、もうそのギラツキを見せる機会もなくなってしまったんだろう。

 なんか、みんなが競争の中でギラギラしてたときのほうが、チームに活力があった気がする。今は、妙な落ち着きがあるだけだ。
 チーム状態としては、いつも競争があったほうがチームに活力が出やすいのだろう。その活力が、連覇へ導く原動力になると思うのだが・・・・。

 今季、「補強」より「増強」の道を選んで連覇へ向かうタイガースにとって、競争を呼ぶ底上げこそが、なによりの補強となるはずだ。
 もう、勝負付けが済んだと思ってガッカリすることはない。
 常に、上を目指して、準備することだ。(メキシコがアメリカを破ることもあるんだから。)
 最後まで、競争を挑め!
 
 開幕メンバーは、大枠決まったのかもしれないが、それイコール、レギュラーではない。シーズン通して活躍したものが、レギュラーとなるのだ。
 チャンスは、まだいくらでも巡ってくる。
 そいいった気持ちで、底から突き上げてくるものがいれば、今年のタイガースは強いだろう。
 しかしながら、今現在レギュラー取りに白旗を揚げてるものばかりなら、連覇はない。
 
 ここ数試合の低調は、ベテランのエンジンのかかりの遅さ(開幕に照準)とキャンプからの疲れ(開幕までに上がっていく)からだと思いたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | - | trackbacks(0) |

http://happyhills.tblog.jp/trackback/79109




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。