CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2ー1対中日追いかけてオレ竜 | main | 1−0 対読売 白熱の投手戦を制す >>
2−4 対中日 主導権を握られる
 野球って言うのは、ある意味主導権の奪い合い的要素がある。
 今日の試合を見て、その意を強くした。

 ウッズの先制HR。
 ノーツーになって、内角へのストレート。
 ウッズがノーツーになった時点でほくそえんだのがTVに映った。これで完全にこの勝負の主導権はウッズが握ったと言っていい。
 あとは、ストライクを取りに来るストレートを待てばいい。内角にやってきたカモを軽くさばいて一丁あがり!って感じだろう。

 中田VS赤星
 完全に中田・谷繁バッテリー主体の駆け引き。
 相手バッテリーの思うがままに攻められ、その術中に落ちていく様がある意味哀れに見える。
 今夜赤星が、中田を打ち込むことは100%ありえない、そう信じさせるに十分だった。
 この相手に握られた主導権を取り返すべき術を赤星は持ち合わせていなかった。また、そのための工夫の一端も垣間見ることはできなかった。
 厳しい言い方をするようだが、そう見えた対決だ。

 中田VS金本
 これも、ず〜っと相手バッテリーに主導権を奪われていた。
 最後の打席で見せた、レフトの前へ落とすようなバッティングができるなら、もっと前からやっておくべきだったのではないか。
 初球の入り方は、いつも同じだ。
 外角高目へストレート。
 これを簡単に見逃してるから、ワンストライクをただでやり、組み立てを容易にさせている。この初球をレフと前にたたければ、その後の金本への攻めも変わらざる得なかったはずだが・・・・。
 4番の意地がそれをさせなかったのか?(内角を待って、痛打することで4番のプライドと役割を果たそうとしてるようには、見えたが・・・・。)

 安藤VS谷繁
 こういう場面では、もともと決め打ちするバッターだ。
 谷繁は、こう思った。(はず)
 「ここは1発狙っていい場面だ。相手は低目を突いてくる。多少低くてもホームベース上に来た球は、思いっきり救い上げて、放り込む!」
 果たして、安藤は真ん中低目へ、ストレートを投げ込んでしまった。
 「1発は避けたいから、低目だけを丁寧に攻めていこう。」
 そう思った結果だろうが、谷繁はそこまで心理を読み込んで、コースや球種よろ高低の山を張っていた。
 これも、発想の主導権を相手に奪われていた証だ。

 こうして、主導権をことごとく相手に奪われたタイガースだが、唯一主導権を手にすることができそうだったのは、6回の浜中が同点打を打った後だった。
 一気呵成に逆転できれば、試合そのものの主導権をコントレールできる。そういう場面だ。
 ここで、先ほど書いた金本が進塁打でランナーをサードへ送る。
 初球のカウントを取りに来る球をレフト前へ・・・・、って祈ってたんだけど。
 この後は、お決まりのサードにランナーがいると点にならない、得点嫌い病を発症。主導権はドラゴンズに渡ったままであった。

 しかし、この3連戦を勝ち越したのは、それまでのチーム状態を考えれば上等。オールスターまで、あと読売戦のみだ。
 これも確実に勝ち越して、1歩1歩中日に近づいていかなくっちゃ。(ついていくって事かも知れんが・・・)。そして、多く残してる直接対戦に賭けるしかない。そんな展開だ。
 実際、ペナントレースの主導権は中日が握っているのだから。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(3) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/98953

今、大阪環状線車内です〜。 今日の試合、あと一本のとこで、繋がらない。 岡田監督の思い切った代打攻勢はよくって、桧山も林も町田も、いい感じに繋がるんですが、、 次のタイムリーが出ない! 主軸が打てないっ! あれだけヒット打ちながらー。 それに先発中田は確か
つれづれなるままに〜Tigersなど〜 | 2006/07/17 3:12 AM

再三チャンスがありながら、なぜ1点しか取れないのか。外野フライでも1点という場面が何度もありましたが、ことごとく打ち取られています。何か皆が自分で決めないといけないと思い込んでいて、つなぎの野球が出来ていないように見えます。リリーフ陣はリリーフ陣で、
パイプの部屋 | 2006/07/17 8:49 AM

バイオラバー・・・意味が分からない{/kaeru_cry/} 昨日の試合見てるときは2連勝すれば3戦目は負けていいかな、2勝1敗で十分、と思ってたけど・・・ 今日も試合前、今日は負けても仕方ないかな、でも勝てる試合を落としたり、ミスで落としたらイヤやなーという程
阪神生活:ジョージの視点 | 2006/07/17 7:37 PM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。