CALENDAR
<< July 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
3 −2 対広島 カープに、床田に、今季初勝利!
 しかし、随分とかかった初勝利だなぁ。
 普通にキッチリした野球をやっていれば、今日のように普通に勝てるチームなんだがなぁ。
 それを、雑な野球をするから、ここまで勝てってないってことになる。
 それを、再認識させてくれた試合じゃなかったか。

 それは、4回の逆転の一打になった山本泰の打球処理。
 あれは、完全に小園のエラーだ。
 ベース寄りの打球を安易に処理しようとして、センター前に抜かれた。
 結局、それが決勝点になるんだから、野球はこわい。

 そもそも、先制されたのは、2回表の中野のエラーから。
 これも、前に出ないで、下がって取ろうとしたためのミス。
 こういうのは良くないな。
 言わば、消極的ミスの典型。
 この後、すぐに坂倉に2ランを喰らうのだから、本来なら致命的なミスとなるはずだった。
 この2点で、西がいつもなら、相手が床田だし、勝負を読んで、切れてしまうところ、この試合は、珍しく、辛抱強く立ち直って見せた。

 そういう姿に打線が呼応したわけじゃないかもしれないが、それが4回の逆転につながり、強いては、チームの勝利、西の勝ち投手に繋がっている。
 満塁で出た、北條のどん詰まりのポテンヒットから、前述の小園のエラー同然のプレーでの逆転打と、幸運も大きな要素だった。

 その後西は、7回のマクブルームを討ち取ったところで、お役御免。
 坂倉、小園に渡邊雄大を当てる。
 こう言うリレーも今までは見られなかった。
 坂倉との相性、渡邊雄大が左の変則で、こういう場面こそ、彼を獲ったことの意味がある場面。
 思えば、開幕戦も村上に渡邊雄大を投入していれば、と未だ考えてしまう。 
 だが、シーズンを折り返して、やっと、タイガースベンチもこう言う使い方を考えられるようになった、って遅すぎないか?

 この後、湯浅、岩崎がカープ打線を抑え込み、やっと、やっと、やっと、カープに勝つことができた。
 これで苦手意識が払拭されたとは思わないが、借りた借りは、しっかり返さなくてはいけない。
 カープであってもミスをすれば負ける、それを肝に銘じて、しっかりした野球、「俺たちの野球」じゃないかもしれないが、しつこく、泥臭く、1点を取る野球を確実にやれば、借りは返せていける、そう言う思いは感じたはずだ。

 まず、次の試合に勝つことが重要。
 雨天中止で2試合になったから、1勝1敗では、意味がない。
 桐敷にプロ初勝利をプレゼントするためにも、しっかり援護してやらなくてはいけない。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 22:33 | comments(0) | - |
3 −0 対中日 才木が戻ってきた!
 才木が、T J手術から復帰した、1軍での初登板。
 2019年の5月に中日戦で先発して以来の1軍マウンドだ。
 2016年のドラフトで、大山1位、小野2位に続く3位で指名された才木。(ちなみに4位は浜地、5位が糸原、7位が長坂)
 1年目から1軍での登板を経験し、2年目の2018年には、ローテで回って、6勝10敗と成績を残し、将来のエース候補と言われた。
 
 その長身から投げ下ろすストレートは、150Kmを超え、フォークボールも良く落ちる。
 ピッチングが熟成してくれば、間違いなく勝てる、エースになれる器のピッチャーだった。
 2019年は、ローテの中心として期待されたが、キャンプでの調整遅れ?から2軍で開幕を迎えたが、1軍に戻ってすぐ連勝し、3試合目の中日戦で打ち込まれ、2軍調整となり、2軍での試合で右肘の故障が発覚して、このシーズンを終えた。

 結局2020年シーズンは、登板がなく、どうしたのかと思っていたら、TJ手術を受けて、育成契約となることが発表された。
 これで2021年は、全てリハビリに充てられ、登板する姿は見られなかった。
 才木が勢いよくデビューした時、藤浪、望月と長身の速球ピッチャーが揃ったことから、タイガースの先発投手陣をこの3人(トリプルタワーと呼んでいたけど)が担っていく未来がはっきり見えていたんだけどね。

 藤浪が制球難から、ハマってしまい成績を落とし、望月が伸び悩み(今は才木に代わって育成契約)、才木がTJ手術と、トリプルタワーが崩壊してしまったことが残念でならなかった。
 その中、去年の秋季キャンプから才木の姿が見られるようになり、今年の2軍キャンプから、投げる姿を見ることができるようになった。
 まぁ、リハビリが順調であることがわかり安心するとともに、順調にいって来年の戦力だになればと思っていた。
 それが、ことの他早く、実戦復帰、ファームで成績を残し、こんなに早く1軍で復活星を挙げることができるなんて、驚きの他はない。

 大体、TJ手術からの完全復活には3年かかると言われている。
 スアレスも球児も、実戦でパフォーマンスが復活するには、3年かかっている。
 それを才木は、2年で済まそうとしている。
 それは、才木自身の若さという要因もあるかもしれないし、周りのフォロー、バックアップも大きいかと思う。
 
 才木が勝利インタビューで涙したのも、そういう周りの方への感謝が表に出たのだろう。
 2年で短いと書いたが、本人にすれば投げられない期間は、それは長く感じたんだろう。
 それを支えてくれた、周りの方への感謝を忘れないこと、それは才木が、一回り大きなピッチャーへ成長する礎となるはず。

 今日のピッチングは、初回からエンジン全開で躍動してみせた。
 本人曰く、2回からもうバテていたっていうけど、その気迫でドラゴンズ打線を抑え切理、5回を零封して勝利投手の権利を手にした。
 援護は、大山が通算100号となる2ランをバックスクリーンに柳から放ち、中野がライトへ一発を入れて追加点を奪った。
 中野の一発は、またスィングが大きくなりすぎないか心配はあるけど、前回の失敗を糧に、しっかり調整することだ。
 
 この3点を、才木の後、岩貞が左を2人(溝脇、大島)を抑えると、2アウトから加治屋へスイッチ。
 7回は、才木の同期同じ年の浜地、8回はケラーで、9回を岩崎が締めて、完封リレーを完成。
 今まで見ることはなかった、万全を期した投手リレーで才木の復活星をアシストした。

 これで、才木が戦力になるべく1歩目を歩み出した。
 才木が目指す、タイガースへのエースへのチャレンジが再び動き出す。
 これが、藤浪や望月に刺激を与え、またトリプルタワーの復活となるような状況になれば最高なんだが。
 
 今週はベイに3タテされて、結局2勝4敗の負け越し、交流戦後も5割で進歩がなかった。
 来週は、カープとの試合がある。
 読売も落ちてきて、1協5弱の争いで、2位までは完全に狙えるんだから、そろそろカープに借りを返さんといかん。
 まずは、床田を攻略し、カープから勝ち星を挙げることだ。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 17:53 | comments(0) | - |
5 −2 対中日 権藤さんのいう通り!part2
 今日のJスポーツの中継は、解説権藤博さん。
 現役時代は、権藤権藤雨権藤と言われる酷使に耐え、新人で35勝、2年目も30勝を挙げ、イニングも新人で400イニングを超え、2年目も360イニングを投げる。
 この酷使が祟り、3年目から記録を落とし、3年目10勝(200イニング)、4年目6勝(100イニング)、5年目に野手転向、9年目に再度ピッチャーに戻るが、結局この年で引退した。
 指導者としては、自分が酷使で潰れた経験から、「投手の肩は消耗品」との考え方から、投手の分業制を推し進め、中継ぎのローテション化など、酷使しない起用を心がけた。

 その権藤さんの解説は、辛口ではあるが、的をついたことが多い。
 何年か前、試合の終盤セカンドが糸原から植田海に代わったことがあった。
 その際、権藤さんが「下手を下手に代えても、守備固めにはならないんですよ。」って痛烈が一言があった。
 だが、その後植田海がセカンドライナーで飛び出したランナーを刺そうとセカンドに悪送球を送って、サヨナラのお膳立てをしてしまった。
 あの時もこのブログで、「権藤さんの言う通り!」っていうタイトルで記事を書いた覚えがある。
 タイガースの守備の下手さ加減、キャッチャーのリード、かなりキツイ言葉をいただいたが、どれもが言い得て妙であった。

 3回の山下斐紹のセカンドへの内野安打。
 これはセカンドの山本が、ボールを持ちかえず、グラブトスをして、ランナーを生かしてしまったもの。
 権藤さんは、これを山本が下手なだけ、実質エラーだと断じた。
 確かに、山下斐紹の足を考え、そんな焦ることもないし、ボールをグラブから持ち替えて送球すれば、充分間に合った。
 それを、グラブトスしてしまうのは、単なる横着、それもちゃんとトスできていない。
 これは、エラー、下手なだけと言われても仕方がない。
 
 島田の外野守備についても言っていた。
 フェン直に近い打球を、適当にジャンプしているだけだからダメだと、逆にクッションボールに備えるように追わなくては行けない。
 確かにその通りだと思う。
 ただ、島田がキャンプからライト守備が中心で、レフトには不慣れな点も考慮しなくては行けない。
 そう言う練習、ライトに佐藤輝を入れるなら、島田はレフトになるのだから、キャンプの時からそう言う備えをして、ちゃんと両方の練習をさせておかなくては行けない。
 試合で急にレフトに入れって言われても、レベルの高い守備は見せられんだろう。

 また、8回の湯浅に対する梅野のリードにも苦言。
 なんで、そんなに変化球に頼ったリードをするのか?
 湯浅の持ち味はストレートなんだから、それを生かしたリードをしないといけない。
 確かにその通りです。

 試合は、3回に島田がタイムリーで先生した後、満塁から大山の一打をセンターの大島が後ろに逸らし、これが3点タイムリーとなり4点を先取。
 大島も突っ込んで勝負をかけたのだが、打球が急激にスライスしており、ワンバンドした後、体で止めに行ったのを避けるように抜けていった。
 これは、大山の当たりがラッキーだった。
 それでも久々の大山の打点だから、これで勝利には大きく近づいた。

 また、2点差に迫られた、8回の攻撃では、ヒットの近本が盗塁と根尾のワイルドピッチで3塁へ送り、1死1、3塁から山本にスクイズを敢行し、追加点を挙げた。
 そう、こうやってヒットが出なくても得点を挙げるってことが大事だ。
 この追加点は、不安いっぱいの抑え・岩崎に大きな勇気を与えるとともに、ドラゴンズを諦めさせる効果があった。
 やっと、こういう点の取り方をし始めたのは、今後のためにもいいことだ。

 さて、やっと連敗を止めたタイガース。
 明日は、T J手術から復帰した才木が久しぶりの先発となる。
 相手は、柳だけど、今日のような1点をもぎ取る野球で、なんとかいい形で援護をしてやりたい。
 野手陣の更なる奮起を望む。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 18:24 | comments(0) | - |
1 −3 対中日 交流戦後、借金が増えとるやないか?
 交流戦を終わって、借金が「6」。
 これは、オールスターまでに5割も見え、最終的にCS へ進出し、スワローズに一泡吹かせて、日シリへ進出。
 そんなシナリオが描けるところに来たかと思っていたが、ここにきて4連敗で借金は「8」。
 なんだ、セリーグ同士の対戦になったら、また借金が増え出しとるやないかって感じ。

 この試合も、大野が背中の張りとかで、急遽先発を藤嶋に代わったのに、そのドラゴンズの緊急ブルペンデーに牛耳られ、山下 斐紹に喰らった一発の1点をなかなか返せないで、8回まで来てしまった。
 その8回に佐藤輝の2ベース(前の試合のエスコバーから放ったHRで、高めの球の捉え方がわかってきたように感じる。)と、糸原のタイムリーでやっと同点に追いついた。
 それでも8回の湯浅が、Aマルチネスに2ランを喰らって、ジ・エンド。
 ドラゴンズのブルペンデーにしてやられた。

 まぁ、相手が大野でなく、ブルペンデーで、タイガースはエース青柳を立てての敗戦だから、ショックは大きい。
 これが、大野のそのまま投げていて、こういう結果であれば、納得いくし、切り替えも容易だ。
 だが、そうでなく、青柳で勝って当然という状況で負けたのだから、きっと引きずってしまうんじゃないか。

 それにしても青柳は、毎年この時期になると1ヶ月くらい勝てなくなる期間ができてしまう。
 今年もそうならないか心配なところ。
 できればこの試合でしっかり勝ちをつけてやりたかった。
 毎年、課題を克服していく青柳が、シーズン中に勝てなくなる期間が夏場にひと月くらいできてしっまうことをどう克服していくのか。
 はたまた、克服できず、同じ結果になるのか。
 これは、援護の絡みもあり、自分だけではどうにもならない部分はあるが、どうなるのか。

 まぁ、青柳に限らず、ピッチャーがシーズンを通して、1年間フルに調子がいいってことはない。
 タイガースが誇った先発投手陣の充実も、西純矢、ガンケルに続いて、ウィルカーソンも登録を抹消されることになった。
 代わりは、才木、桐敷、藤浪となるらしい。
 代わってローテに入るピッチャーは、チャンスだし、下での調整を図るピッチャーは、上手く調整して戻ってきて欲しい。
 それでも、このメンバーに、秋山と高橋遥がいないのが寂しいなぁ。
 高橋遥は、TJ手術のため致し方ないが、秋山はどうしてしまったんだろう。

 そういえば、及川もどうしたんかな。
 もうすぐ1軍復帰かと噂された直後から、また下での登板がなくなている。
 故障を再発してしまったんかな?
 これで左の中継ぎ候補が、島本へと移ってしまったようだ。

 まぁ、先発6本のうち3本が代わっても、遜色ないピッチャーが揃っているのがタイガースの強みでもあり、中継ぎ候補も、次々に出てくるだけ充実はしている。
 それだけの投手陣を持ってしても、援護がなければ勝ちはつかない。
 大山の確変が終わって、打線が通常モードの貧打へ戻ろうとしている。
 ここで踏ん張らないと、結局ドラゴンズ、ベイスターズなんかとBクラスを争わなくていけない羽目になる。
 今一度、野手陣の奮起を願わざる得ない。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 23:24 | comments(0) | - |
5 −6x 対横浜DeNA 岩崎の抑えを考え直さなくてはいけない
 折角いい形で逆転できた試合だけにもったいなかった。
 7回に佐藤輝の久々の一発で同点に追いついた。
 8回には、ノーヒットで勝ち越し点を挙げると言う、今までのタイガースには、見せたことがないような攻撃。
 こう言う点の取り方をしないといけないんだよねぇ。

 この試合勝っていれば、この回の攻撃を褒め上げるところなんだが、9回の抑えに登場した岩崎がどうも、いけなかった。
 それも、9回の表の攻撃が、あっさり終わりすぎたのも要因としてある。 
 クリーンナップの近本からの打順。
 ここで追加点があれば、ベイスターズは完全に諦めモードに入る。
 
 それが、あっさり三者凡退で終わると、「ヨッシャー!逆転しようぜ!」と言う機運をベイスターズに与えることになる。
 まして、9回裏は、タイガースとの相性が抜群の桑原から始まり、大田、佐野と続く打順。
 これは、8回を投げた湯浅が、3人で終わらず、打順をピッチャーまで回してしまい、9回の先頭を桑原からにしてしまったこともある。

 寅吉的には、9回の頭を岩崎から行くのは不安しかなかった。
 9回表に追加点が取れてればよかったが、あっさり三凡で流れが相手に行く中、このところ調子がイマイチの岩崎が、相性が悪い桑原から始まる打順に対応できるのか?
 本当なら、桑原と大田に加冶屋で、佐野から岩崎と言う手を考えるべきじゃなかったか?

 このところの岩崎は、力むとコントロールが定かでない。
 力で抑えようとすると、カウントを悪くして、ストライクを取りに行く甘い変化球を痛打されるのが目立つ。
 これは、9回の抑えの役割を担うがゆえ、点をやれないと言うプレッシャーが、余計な力みを与えていると考えられる。
 これが、従前のやり慣れた8回で有れば、もっと飄々として、投げられる可能性がある。

 ここは、岩崎と湯浅の役割を入れ替えるか、このところピッチングが本来の姿に戻って来た感があるケラーとの配置転換を考えるべきなのかもしれない。
 逆に、相手の打順や相性を考えて流動的に対応するのも手かも知れない。

 相性がいいベイスターズに、3タテして、一気に借金返済へ突き進むかと思われた3連戦は、逆に3タテを喰らって終わった。
 これで、交流戦以後の試合は、負け越して、逆に借金が増えている結果になった。
 まぁ、期待するとこうなるのはいつものタイガース・スタイルだ。

 ただ、次のドラゴンズ戦も甘くはない。
 大野、柳と言う前回3タテを喰らったリベンジを期するエース級が向かって来る。
 タイガースの投手陣が全体として下降気味な中、どうしてもある程度の援護が必要になる。
 それができなければ、また元の最下位に戻るしかなくなる。

 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 23:41 | comments(0) | - |
2 −4 対横浜DeNA 大山の確変が終了し、タイガースの確変も終わる
 またも、ベイスターズに敗戦。
 前の試合と同様、初回に先制しながら、逆転を許す。
 前の試合の西といい、この試合のガンケルといい、調子は下り坂にはいっているようだ。
 
 無理もない、ここまでタイガースが持ち直してこれたのは、少ない援護点で耐えながら、勝利へ導いた先発投手陣の踏ん張りによるところが大きい。
 もうそろそろ、調子が下降期に入るのは、致し方がないところ。

 その投手陣が調子を維持する中、大山の確変が起こり、援護点が増えるとタイガースの成績も同様に大きく浮上した。
 ここへきて、大山の確変も終わり、通常モードに戻り始めたものだから、タイガースの成績も同じように通常モードとなってきた。

 好不調の波が大きく、また不調な期間が長い大山の成績に左右されてしまうから、タイガースの成績も大きくは浮上できず、一進一退をくりかえす。
 大山も好調時を確変と言われているようでは、まだまだだ。
 今絶好調のスワローズの村上は、今の状態を確変と呼ばれることはない。
 ある意味通常モードということなんだろう。
 大山も、不調の時を、異変と言われ、打っている時を通常モードと捉えられるようにならないといけない。
 大山と村上の差がイコールタイガースとスワローズの差といってもいい。

 投手陣に疲れが見えてきている今こそ、打線の援護が必要になる。
 幸い、近本が好調で、島田も頑張っている。
 大山が通常モードに戻った今、佐藤輝の打棒に期待せざる得ない。
 同時に、大山の後を打つ、下位打線の奮起が必要。

 今、5弱の中から、抜け出そうと思うなら、打線が奮起するしかない。
 次の次の試合のウィルカーソンも、調子は下降気味。
 出来るだけ多くのえんごが必要だ。
 初回に点を取って、もう役目は終わったとでも言うように、後はピッチャーに頑張って抑えてもらうしかないと言う野球は通用しない。
 大山が打てなくっても、点を取らなくては勝てない。

 3タテを目論んだベイスターズ戦が、逆に3タテを喰らってしまう危機に陥った。
 大概、期待は裏切るのがタイガース・スタイル。
 今日は、期待しないで、どいせ、また負けるさって思って見た方がいいかもね。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 11:57 | comments(0) | - |
2 −6 対横浜DeNA 西に火曜日を任せる意味は?
 火曜日の先発は、6連戦の頭を任されるってことでもある。
 週の最初の試合だから、勝って勢いをつけたいのはもちろん、それもできるだけピッチャー使わずに、中継ぎを温存しながら勝ちたい。
 それには、先発ができるだけ長いイニングを投げる、イニングイーターであることが求められる。
 そういう意味では、西はイニングイーターである点は、合格を与えられるかも知れない。

 ただ、西に合格点を与えられるとすれば、イニングイーターであること、その点だけである。
 勝って勢いをつけるという意味では、西は10勝しても10敗してしまうピッチャーであることは、FAで獲得する前から言われていた。
 それでも、101勝87敗の通算成績だから、5割以上は勝利しているんだろう。
 それでも、この試合のように5回そこそこで降板していては、勝ち投手にもなれず、イニングイーターの役目も果たせない。
 まぁ、早い回に逆転され、追加点を取られたおかげで、余計な中継ぎをつぎ込むことなく、負け試合の中継ぎである、石井大智と齋藤友貴哉で残りのイニングを賄えたことくらいが良かったことか。

 こうやって、折角2点の援護をもらいながら、逆転され突き放されてしまえば、6連戦の最初に勝って勢いをつけることも、イニングを稼いで中継ぎをできるだけインゾンすることも叶わない。
 西に火曜日の先発を任せる意味が薄れてしまう結果になる。

 元来西が勝ち切るには、そこそこの援護がいる。
 この試合は、初回から2点をいい形で援護することができたが、その後相手の大貫が立ち直りを見せて、追加点が難しいという状況に、西のピッチングが微妙に影響されることになった。
 3回の2死1、3類で、佐藤輝が倒れて無得点の終わったところから、西は完全に2点を守り切ろうというピッチングに切り替わった。

 こういう僅差を守り切ろうと、狭いピッチングをするようになると西は要注意だ。
 狭っ苦しいピッチングは自分を追い込み、より苦しいピッチングとなる。
 3回の裏は、ソト、嶺井に連打を喰らい、無死2.3塁のピンチを招く。
 それでも大貫、蝦名を討ち取り、ピンチを無得点に切り抜けられるかと思ったが、楠本に代わった桑原に同点の2塁打を許してしまった。
 まぁ、他では打てない打者でもタイガース戦にだけはよく打つ、そういうバッターである桑原だから、もっと慎重に攻めるべきだったが、2アウトをとって、ピンチを切り抜けられると思った心の隙が、桑原の一打を浴びることになる。

 5回には、この日西に合っているソトに勝ち越しの一発を喰らう。
 3回以降は大貫にヒットすら打てなくなった味方に、西の気持ちも、「これは今日は勝てない。」そういう方向に傾いてしまったのだろう。
 6回には、佐野、牧に連打を喰らい、宮崎を敬遠して大和と勝負。
 大和もタイガース戦だけ3割バッターの典型だ。
 この満塁のチャンスでセンター前へ追加点のタイムリー。
 この一打は、西の気持ちを完全に切るのに十分だった。
 続くソトの2ベースでさらに2点を追加され、西は降板となった。

 まぁ、ベイスターズもタイガースと同様、ヒットが出なけりゃ点が取れないという、大雑把な野球しかできないチーム。
 まぁ、石井琢朗が入って、その辺の意識改革はしようとしているんだろうけでど、長年培ってきた野球は一朝一夕には変わらない。
 この試合は、ベイスターズが打てたので点が入って、タイガースは、打てなくなって、負けた、そういう分かりやすい試合。
 まぁ、そうなったのは西のピッチングのせいでもあるんだけど。
 あのまま、西がリードを守り切るような粘りのピッチングができれば、少ないチャンスを物にしたタイガースが、機動力を生かして2点をもぎ取った試合として残ったかも知れない。

 本当は週の頭、火曜日の試合は、エース青柳で行きたいところなんだが、今の巡り合わせが西になってしまってる。
 これは、オールスターブレイクに入るまでしょうがないんだろうが、オールスター後は、青柳が火曜日の試合に投げることにあんるだろう。
 西は金曜日あたりが適正となるんじゃないかな。
 まぁ、青柳も毎年夏場に1ヶ月くらい勝てない期間ができるのが気掛かりなんだけどね。

 西が期待通りのピッチングができなかったことをいつまで悔いてもしょうがない。
 今のベイスターズの負け越していたは、今後の浮上もおぼつかない。
 しっかり、切り替えて次試合をしっかり勝てるよう、頑張れ!

 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 22:33 | comments(0) | - |