CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 0―5 対東京ヤクルト 怪奇虎蝕 2桁安打で完封負け | main | 8―0 対横浜 淡々と岩田の初完封を祝おうじゃないか >>
5x−4 対横浜 インケツ男の逆襲
 今日の試合をひっくり返して、サヨナラ勝ちを演出したのは、今日のインケツ男、新井・関本の二人であった。
 目の前で金本を敬遠されて、勝負を挑まれ、術中に陥っていた新井に関しては、今シーズン始まったときからの状態が続いているだけなんだが・・・。それでもクリーンナップの5番に据えたのが、良かったのか、悪かったのか・・・・。
 セッキーもチャンスでことごとく三振で、挙句最後は赤星を敬遠でセッキー勝負。
 もっとも、ここで打てるのが、セッキーが完璧に落ち込んでいない証だし、勝負強さを見せ付けた場面でもあった。

 今日の試合は、初回に3点を失い、これを追いかける展開。
 それでも、赤星が塁出ると、積極的に盗塁を仕掛け、決まりごとの、送りバントのワンパターンから脱却したかにも見えた。
 もっとも、3点のビハインドがそうさせたのかも知れないが、以前なら「コツコツ点ずつ」とかいってバントさせていたに決まっている。
 また、走塁もセカンドランナーがヒットで、ホームへ帰り、以前のワンヒット、一齣前進的な野球からも脱していた。
 やっぱり、こうして動きの中から勢いを出していかないといかんわなぁ。
 そうして、点ずつを返して、最終回の新井のタイムリーで追いつく。
 そし延長では、セッキーがサヨナラ打を放ち、今日のインケツ男二人が、憂さを晴らした格好だ。

 そして、一番のインケツ男、真弓監督。
 ここから、インケツ男の逆襲を見せんといかんねぇ。
 勢いを付けつとか、切り替えるとかいう決まり文句は聞き飽きたし、その通りになった験しがない。
 もう、残り試合は半分をきっているんだから、四の五の言ってもしょうがない。
 あとは、「インケツ男の逆襲」を見せるしかないんだよ。ホント。
 横浜相手だけじゃなく、次の読売戦もたのんまっせ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。