CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 4−3 対東京ヤクルト 泥臭くても勝てばよい | main | 3−4 対横浜 セ界のオアシスのオアシスになってどうする! >>
1−3 対横浜 満塁得点機会放棄症候群
 最低最悪の試合。
 満塁のチャンスをことごとく潰して、残塁の山。
 散々チャンスを逃した挙げ句、相手に位置も簡単にHRで得点を許す。
 これで、相手が最下位を独走する横浜というのだから、恐れ入る。

 先発の能見だって、やってられないだろう。
 味方の打線も完璧に抑えられているのなら、「絶対に先に点をやらないぞ!」と強い意志でがんばれる。
 そういう投手戦の雰囲気では全然なかった。
 いちでも大量得点が得られそうな雰囲気で、「この回こそ、援護がある。」「これで絶対先制してくれる。」そう思って見ているところ、見事に期待を裏切ってくれる。
 能見にしてみれば、「いじめかよ!」「なんかオレ、そんな嫌われるような事したか?」ってな気持ちになるだろう。
 それが、一発でキレてしまう結果になる。

 しかし、小宮山もノリへのリードで、あれはないやろ。
 自分では裏をかくつもりでの内角要求なのだろうが、自分の考えに酔っちゃいけない。
 この辺が、経験のなさなんだと思う。今日のような経験をちゃんと糧に出来るやな。そうせんと、能見もうかばれんわな。
 ノリもここは一発狙いで内だけに的を絞っていたところ、飛んで火にいるなんとやらというリードだった。 
 一発警戒で打ちはこないとノリが思っているという前提か、少々の事でも能見の球威なら押し切れるという判断かはしらんが、いずれにしても自分の考えに酔っているだけで、根拠は何もなかったと思う。
 
 しかし、各球団がお客さんにする横浜に、なんでタイガースだけがこんなに苦しまなあかんのかなぁ・・・・。
 こういう事してると、優勝なんて覚束なくなる。
 結局、モバゲーとの対戦成績がボディブローのように最終的に効いてくるんだよなぁ。
 2位に後退したし、明日はデーゲームが苦手のスタンリッジと、初顔に近い小杉だと。
 また、勝利をサービスしてしまう結果になるような、悪い予感がする。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。