CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4−1 対東京ヤクルト 鶴と梅で恩返し | main | 6−3 対中日 梅野の大仕事、和田の大チョンボ >>
1−13 対東京ヤクルト ユウヘイに何度もボコられて
 しかし、タイガースほど同じ打者に何度も打たれ、同じPに繰り返し抑えられるチームはないんやないか。
 相手キャッチャーの中村悠平には、この3連戦で12打数8安打?ってサービスし過ぎやろ。
 雄平でも今日の2ホーマーで、通算4号なのに3本はタイガース戦や。
 挙げ句に荒木にも2ホーマーで、プロ入り後いままで1本しか打ってない選手なのに、新たな苦手を育成しいようとしている。

 しかし、この期に及んでセカンド・大和って、キャンプでセカンドに入っているの1回も見た事ないで。
 こういう準備も無い、付け焼き刃的な起用をするから、和田に一貫性が無いって言われる。
 今成も外野守らせられたし、そんならキャッチャーで使って見ろや、ってことになる。

 しかし、勝負どこで勝負に行けない。
 7回の2死満塁。 
 どう考えても、大和に代打やろ。
 この回で点を取らんかったら、この試合は終わりや。この時点で1−7やから、3点くらい返したら、またわからんようになる。
 八木も一杯一杯の感じが出ていたが、大和はここのところ低調であり、今日はノー感じ。
 チャンスで強いという面もこの3連戦では影を潜め、打率も急激に下降中。
 こういうバッターは、決まってボール球に手を出す。打ちたいという過剰の意識がせ選球眼を狂わせる。
 結局。2ボール1ストライクから、高めのボール球に手を出しポップで終わる。
 この試合の敗戦が決定した瞬間だった。

 ここで、セッキーでも代打で出せば、結果はどうか解らんが、納得は行く。
 ここが勝負どこと思ったからこそ、新井兄を代打に送ったんじゃないか?
 2死満塁だ。
 ノー感じの大和より、セッキーで勝負が当然。
 セカンドの守りも、守るだけなら坂も荒木もいる。
 絶対に点をとるんだという姿勢を見せる事が大事。
 大和にそのまま打たせる事で、この試合を捨てた。9割方捨てて、大和の奮起待ちってとこか?
 そんな余裕があるんかいな?

 序盤の山場の9連戦。
 勝ち越してスタートしたいが為に、能見とメッセをつぎ込んだ。
 結局その2人の試合を落としたんだから始末が悪い。
 毎年GWの成績は、芳しくないのがタイガースだ。
 これから、ナゴドで中日、甲子園で読売と厳しい戦いが続く。
 余裕ぶっこいている暇なんかないのと違うか?
 GWが終わったら、下位に飲み込まれていたなんてことにならんよう頼むで、ホンマに。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。