CALENDER
<< May 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



1―5 対ヤクルト 4連敗5割悪循環へ
 みんな、あの負けを取り返そうと必死や。
 肩に力が入り、自分で何とか決めようと状況すら読めない。

 指揮官は、豪快に打ち勝つことで克服しようとしているのか、細かい、着実な方法を取ろうとしない。
 そんなこんなで、連敗が重なり、そのきっかけをつくった面々は益々力が入り、失敗を重ねる。まさに、悪循環。
 「流れ」がどうのこうのと言える段階を越えてしまった。

 レッド 責任を感じてる代表。
 矢野  責任をしょいこんどる。
 アニキ 4番としての責任を感じすぎてると違うか?
 オッキー 責任感じて、周りが見えてない。

 そして、中継ぎのハシケンは今日も出動。

 勝ちゲームと負けゲームの中継ぎの割り振りをちゃんとしようとした結果の、中日戦の藤川温存ではなかったのか。
 こんな使い方では、あの日がなんだったんだってことになる。
 今一度、中継ぎの割り振りをしっかりしてもらいたい。

 吉野にしても、1軍にいるなら、毎試合ワンポイントで登場してもおかしくない役割。(登板回数がトップでも不思議ではない。)そういう、使い方ができなければ、2軍に落とし、負けゲームに使える中継ぎ(例えば桟原)を上げるべきじゃないだろうか。現状、一番温存(?)されている。これじゃ、意味ないじゃん!

 一度あの負けを引きずっていないメンバーを大幅に起用する荒療治が必要かもしれん。特に、キッチャーは、矢野のリフレッシュに意味と野口のモチベーションを考え、代えて見るほうがいいのではないか。
 矢野もキャンプの故障以来、ここまでフルスロットルできた。正直バテがでてきてる気がする。(岡田監督は、交流戦からパを知ってる野口を使おうとしてるかも知れんが、ここは野口の試運転も兼ねて広島戦からの起用をお勧めする。)

 桜井は故障してしまったが、2軍でくすぶっている喜田、赤松、庄田やこの間上がってきた林などの若い力の思い切った起用をカンフル剤にしたい。
 彼らには1軍のこの状況は、またとないチャンスだ!

 交流戦前の広島戦。明日1日切り替えて、ぐぁんばれ!
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(2) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。