CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

Google



<< ユニホームも一新して | main | 能見の下半身 >>
いつまでも期待の若手でいられない
 キャンプが始まったねぇ。
 初日から腕振りまくりの太陽のピッチングを見た。
 思えば、野村監督時代の目玉として、逆指名で入ってきた藤田太陽は輝ける期待の星であった。
 あれから幾年すぎたんだろうか。
 太陽もいつまでも期待の若手じゃいられない。今年は瀬戸際、地平線上の太陽だ。沈むか登るか、勝負の年やね。

 こうした素材がことのほか多いのが、井川の穴を埋めるべき若手左腕グループだ。
 ドラフト自由枠(希望入団枠)の江草、筒井、能見、岩田、そして今年の小嶋。
 加えて、新人の時に、1軍キャンプ抜擢の中村泰、故障復活を賭ける三東。
 これに、安芸にいる吉野と田村がいるのだから頭数は多いよね。

 み〜んな、期待の若手左腕って言われ続けてる選手達だ。
 中には、ずいぶんとうが立ってしまった選手もいるんじゃないか。
 この中では、小嶋、岩田くらいを除けば、みんな今年が勝負の年になる。
 タイガース投手陣の1軍メンバーに確固たる地位を築くか、淘汰されてしまうのか。
 キャンプレポートを見ていて、彼らのピッチが上がっているのも頷ける。もう、故障とかを恐れてる余裕はないはずだからね。

 でも、この中で寅吉は、岩田に期待したい。
 なんか、スケールの大きさを感じるんだよね。
 小嶋なんかを見ていても、キレはありそうだけど、ド〜ンっと相手を抑え込んでしまうような、力強さというか、スケールといったものは、感じないんだよね。能見もしかり。三東、中村泰も・・・・・。
 あのイガーが出てきた時のような、ズッド〜ンと決められたら、手も足もでないと思わせるような球を投げるスケール。
 それを感じさせるより、キレで勝負ってタイプが多過ぎって感じ。
 だから、岩田のスケールに期待したくなっちゃうだよね。

 このいつまでも期待の若手じゃいられない左腕達のサバイバルもこのキャンプの見所だろうね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | タイガース | comments(1) | trackbacks(0) |


本当、讀賣って奴は・・・(怒)
まあ活躍しない事を祈りますわ。
西武はナカジがヤンキ−スと決裂して西武に残留するみたいで面白くなるんじゃないですか?
阪神は新旧交代して讀賣を倒して欲しいですね。

http://www.basket-comminge.fr | 2014/12/30 4:35 PM














http://happyhills.tblog.jp/trackback/128684




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。