CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 0−2 対読売 新人見殺し打線に物申す | main | 6−6 対中日 勝てなかったのか、負けなかったのか >>
5−2 対中日 気力一瞬
 球児のグラブに刻まれた言葉。
 見事それを現した今日の試合だった。

 苦手ヤママサに淡々と凡打を繰り返し、逆に中日は簡単に点を入れる。
 ウッズのHRの後の追加点の取り方なんて、イヤ〜な取り方だったもの。完全な中日ペースにはまっていた。
 対するタイガースは、相変わらず浜関にチャンスが廻り、そすて潰すという最悪のめぐり合わせ。

 以前ヒーやんが同じように、絶不調に陥った時も、これでもかって程チャンスがそこへ廻ってきたもんだ。
 こればかりは、自分で打ってなんとかするしかないんだけどね・・・・・。
 今岡の逆転打の後のヒットは、まさに気力一瞬。
 これをきっかけにして欲しいもんだ。

 後は、セッキーやね。
 どこまで続く泥濘ぞ。って感じだけど、明日はセッキーが気力一瞬で暗雲を振り払う番だ。きっと。

 最後の球児のピッチングはしびれたね。
 今日の試合は、そのグラブに刻まれた気力一瞬が繫がって、逆転を呼び、その締めくくりを気力一瞬の球児のストレートが締めた。
 これで、今年の中日と互角に渡り合える。そう確信させるストレートの輝きがあった。

 中日のピッチングスタッフが良いと巷では言われているけど、決してそんなことはないでしょ。
 マサの調子もイマイチだし、明日は長峰という新鋭に任せるしかないし、柱の川上と抑えの岩瀬がいるから、よさそげに見えるけど内情は結構苦しいと思うぞ。
 もっとも、福原・安藤・杉山を欠いているタイガースも同じだけどね。
 それでもジャンが使えそうだし、明日のボー、明後日の福原次第で、一気に明るさを取り戻すかも知れない。

 明日も気力一瞬。
 ぐぁんばれ!タイガース

 PS ジェフは、ベース踏んだとき大丈夫だったでしょうか?ちょっと心配。
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(3) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/137186

 勝率.778と驚異的なペースで勝ちまくっている首位・中日を迎えての 甲子園開幕戦。  タイガースの先発はジャン、ドラゴンズの先発はおなじみの山本昌。 天敵と呼ばれる相手が天敵と呼ばれる投手を立ててきただけに、なんと しても先制点の欲しいタイガースだった
虎のおしゃべり堂 | 2007/04/10 10:22 PM

甲子園に帰ったら気分も変わって打線が繋がるんじゃないかと、淡い期待をしていたところ、たった1イニングでしたが本当にそうなってくれました。5回、1番鳥谷から始まり、シーツの四球を挟んでの5連打。濱中にもヒットが出て、今季初打点を上げました。これがきっか
パイプの部屋 | 2007/04/10 10:38 PM

今日から今季最初の中日さんとの3連戦。 甲子園ですから勝ってもらわんといけません。 仕事が終わって帰ってきたら、5回表で1-2で負けてる。 また、ルール違反ドライバー使用ウッズに一発打たれたらしい。 しかし中盤でまだ1点差。試合にはなっている。 5回裏はジャン
ぜうピ!! | 2007/04/11 12:07 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。