CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−0 対東北楽天 下柳の意地 | main | 4−6 対北海道日本ハム 結果、実力差かな・・・・ >>
5−0 対東北楽天 上園の初勝利
 更新が1日遅れてしまった。
 昨日は飲み会で、帰ってから更新する気力がなかった。
 タイガースの勝利と、上園の初勝利をつまみに酔ったまま就寝。今日になってしまったわけだ。

 改めて、上園投手、プロ入り初勝利おめでとう!
 中央では無名の武蔵大の出身。(無名って言うのは野球のほうで、学校自体は無名って事も無いよね。)
 高校は東福岡高校で、現在横浜の吉村の控え投手。
 ある意味、雑草だよね。

 大阪の有力大学で鳴らし、逆指名で球団選べていた上原の、「似非雑草」とは違い、ほんまもんの雑草かもしれん。
 さして速い球があるわけじゃなく、その度胸とコントロール、キレで勝負するタイプ。これから、壁にぶつかるんだろうけど、乗り越えてローテの座を掴んでもらいたい。

 しかし、この上園の生きのよさを見るにつけ、オスギはどうしてるのかと思う。
 どうしたって、ピッチャーとしてのスケールでいえば、オスギが上だろう。プロ入りしてからのキャリアもある。
 なのに、いまも2軍でくすぶっているのは何故なんだ・・・・。(太陽にも同じことが言えるかな?)

 オスギに、上園のような度胸と勇気があれば、相手を見下ろして、バァ〜ンと投げ込むことができれば、絶対エースの座を射止めてるはずなんだが・・・。
 奥ゆかしいというのか、遠慮深いのか、上園にその座を追われても悔しさが表に出ないんだろうか・・・・。
 もうそろそろ、一皮剥けても良さそうなんだが・・・。
 この上園の活躍がオスギの闘志に火をつけることになれば、それは大きなきっかけとなると思う。

 ありゃ、いつの間にか上園からオスギの話に変わってしまた。
 ただ、こういう新戦力の台頭が、眠っている戦力を呼び起こすことみある。狩野の出現が、桜井、庄田と続いたように。
 これが、オスギ、江草や岩田、小嶋等へ波及していくことを願って止まない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。