CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 5−0 対東北楽天 上園の初勝利 | main | 1−3 対北海道日本ハム 結局、結局・・・・・・・・ >>
4−6 対北海道日本ハム 結果、実力差かな・・・・
 ダルビッシュと福原で始まった試合は、初回に大きな波がやってきた。
 無失点が続くタイガース投手陣の良い流れをあっさり崩してくれる福原だが、そのあとすぐ危険球退場。
 急遽マウンドに上がった江草が、点を取られ初回3失点。

 以前のいやな展開。
 先発が早々に崩れ、打線が沈黙という悪夢が蘇る中、ダルビッシュの立ち上がりを攻めた打線が、林のタイムリー、アニキの逆転3ランと一気に追い越した。
 悪い時は、追いついても追い越せない状態だっただけに、これは今日は番うと思わせる内容だったのだが・・・。
 その後立ち直ったダルビッシュに沈黙。(しかし、いいPになったよねぇ。こっちにも一人こういうPがいれば、全然違った展開になってたろうに。)

 タイガースは、早めにJFKをつぎ込み勝負をかけた展開だが、延長にもつれ込まれ、JFKの駒をすべて使い尽くしたタイガースは、ハシケンを投げさざる得なくなった時点で、負けに近かった。
 やはり、タイガースとしては、藤川が投げてる間にサヨナラにしておかねば勝ち目は薄い。
 それを、きちり抑え、武田久、マイケルへとの流れを作った、ダルビッシュのピッチングに負けたといっていい。
 これは、なにはともあれ、実力差と認めざる得ない試合だった。

 ファイターズ、交流戦優勝おめでとう。
 昨年のチャンピオンチームは、いい意味で自信をつけ、新庄の引退、小笠原、岡島の流失といったことが、適度な危機感と緊張感を生み、チームにチャレンジャー精神をもたらし、守りに回ってないのがいいよね。
 タイガースと逆のように見えたよ。

 ただ、明日は勝たしてもらうぞ。
 勝って、セリーグ同士の戦いに戻る。
 そういう勢いのつく戦い方に期待する。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。