CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2−0 対中日 シモヤンの輝き | main | 6−3 対横浜 祝2000&1000=3000本安打 >>
1−2 対横浜 変わらぬ苦手意識は・・・
 新井が加入して長打力がまして、平野が加入して機動力を使えるようになって、安藤が復活して、先発陣ががんばって、今年のタイガースは違うと言われて・・・・、でもやっぱり、三浦は打てなくて・・・・。

 結局、今日も5安打。
 今までは、先発のPが頑張って抑えていたからいいようなものの、貧打に陥っているのは紛れも無い事実だ。
 幾ら、1,2番が塁にでても、クリーンナップが打てなくては、得点にならない。
 一度クリーンアップで切れた打線は、6番がチャンスメークしても、下位打線で得点に結びつかない。
 結局、昨年の12球団一の得点力の無い打線が再び表にでてきた。
 
 だからこそ、今年はこういう状態でいかに戦うかがポイントになる。
 順調そうに見えた開幕から初めて訪れる試練だ。
 これは何より、2000本を意識する金本の停滞とそれを意識する周り、特に新井の力みが、クリーナップの得点力を奪うことになっている。

 一昨日のシモヤンのように、金本の記録に勝利で」華を添えることを力にすることが出来ればいいが、逆にプレッシャーとしてしまう選手もいる。
 それでも安藤は良く頑張った。
 復活は間違いないとの確信を得たが、逆にそれを見殺し状態としてしまたった打撃陣は猛省を促したい。

 今日は三浦だからで済ませられるか?
 いつまでも同じPを苦手にしていてはいけない。
 こういうことをきっかけに、連敗地獄にはまることは、去年も経験済だ。
 明日、岩田の先発。
 自分のことで精一杯の岩田が、余計なプレッシャーを感じずにすむか、金本のメモリアルの試合の勝利と言うプレッシャーにつぶされるか、岩田の精神力と力が問われる。がんばれ!

 この状態から、いかに脱するかで今年のタイガースが真に強くなったか、そうかわかる。
 できれば、こういう状態でこそ、赤星・平野がかき回し、打者へのマークをはずしながら、攻め立てる。そんな野球で脱して欲しい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。