CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6x−5 対東京ヤクルト 4点以上取られても、なお・・・ | main | 9−1 対中日 試練の9連戦、白星スタート >>
0−2 対東京ヤクルト 初の負け越しの味
 しょっぱいなぁ〜。
 いつかはこういう日が来るとは思ったけど、ここでくるかねぇ。
 大体、打線は金本と一緒に下降線をたどっている。
 先発投手陣の健闘により、少ない得点で勝ちを拾ってきた。今日のように館山の荒れ球に苦戦すると、逆な結果になるって見本だね。

 しかし、金本は膝に疲労がたまっているか、痛みが再発しているじゃないだろうか。
 ドッシリ地に根を生やしたような構えが、ふらついて、うわっついて入るように見えるのは、寅吉だけなのだろうか。
 心配だ。

 5月は黒星スタート。
 しかも、今シーズン初の同一カードでの負け越し。
 Sはしぶとい。いい野球をやる。
 絶対的な投手不足とも思われたが、村中や今日の館山など出てくるし、押本や林などの中継ぎ抑えも揃ってきた。
 これから、結構やな相手になる。
 元々、Sには苦手意識があるチームだけに、今後の課題をいただいた。

 ボギーは初先発もまずまず、次回のチャンスを得られると思う。
 このヤクルト戦に能見の登板が無かったのは、この後のD・Gと続く戦いの中で先発のチャンスがあるのか?
 5月は、この辺の先発の再編と金本の復調待ちで厳しい戦いが続く予感。
 6月になれば林が戻ってこれると思うし、その時に再加速できるよう貯金はしっかり維持したい。
 それには、まず苦手のGWの克服なんだが・・・。

 今日の負けは仕方が無い。
 だが、次のD・G戦には許されない。死に物狂いで勝ちに行かないと、一気に突き落とされかねない。がんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。