CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2−0 対東京ヤクルト 飛車角落ちで・・・ | main | 2−1 対中日 競いかける >>
0−3 対東京ヤクルト 掻き乱されて・・・
 今季セリーグ相手の2度目の負け越し。
 しかも、それは両方とも対スワローズ。これで対戦成績も五分となった。
 なんか、スワローズペースに持ち込まれちまってる。
 試練の9連戦も負け越して、スタートとなった。
 新井を欠き、一転にわかに掻き曇りってところか・・・・・。

 9回の表。
 先頭打者への四球は言語道断。歩かせるくらいなら、打たれたほうが良い。追い込んでから、コースを決めようとして歩かせるのは、もっともまずいパターン。久保田なら、アバウトでいいから、ズド〜ンっと行かないと。
 宮本が送って、青木を歩かす。1死1,2塁。
 ここでの無警戒がたたってのWスチールを成功される。
 足を絡める高田燕が、ゲッツーを恐れ、か1点を取りにかかった作戦。
 昨日の金本の盗塁があるのだから、ここでのWスチールもありだろう。

 1死2,3塁。
 1点勝負につき塁を詰めて満塁策。
 ここは、三振かゲッツーが欲しいところ。
 逆に高田燕は、ゲッツーは絶対避けたい、そして1点を確実に取る。
 ということで、スクイズの作戦を取る。
 矢野もスクイズは警戒していたはずだ。ただ、満塁なだけにホームでのホースプレーになるゆえの油断も少しあったか? 

 久保田のフォークがワンバンになったことが幸いして、スクイズは失敗。
 田中が空振りをするのを見て「しめた!」と矢野も久保田も思ったはずだ。
 普通、スクイズの空振りを見ると、三塁ランナーは一瞬立ち止まる。
 そこで、三本間に挟まれ、アウトということになるのだが、福地は違っていた。田中の空振りなど目もくれず、あたかもホームスチールを敢行するがごとくホームに向って一直線だった。
 これには、矢野が逆に驚き、スクイズの失敗を喜んでいる間もなく、前に転がったボールを慌ててとりにいかねばならなかった。
 この、失敗を成功に変えた福地の走塁こそが今日のハイライトだった。
 一瞬にして攻守、明暗を分けたプレーと言っても過言ではないだろう。

 その後の結果は、知っての通り。
 ただ、勝負をあの場面に持っていかざるえない程、タイガース打線は打てなかった。
 昨日3番に入ったセッキーが今日は2番で、3番に浅井を据えた。
 新井を欠き、試行錯誤の打線の組み換えかとも思うが、今はセッキーを3番においた方が打線の繋がりをふくめ効果が高いと思う。
 平野は、左Pを苦にしないというか、むしろ左の方が合う。
 赤星・平野・関本という並びの方が得点能力が高くなると思えるのだ。

 残念ながら、高田燕にかき回され失った試合。
 9連戦を負け越してスタートし、これからD・Gと連戦が続く。
 新井は、まだ休ませて置かなくてはならない。
 試練の後残り6戦だ。
 みんなで、力を寄せ合い、凌ぐ時がきた。
 オリンピック期間中の予行演習でもある。
 もう一度、タイガースのチーム力を見せてくれ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | - |


こんにちわ、車バカです
車の知識ならあるけどPCの知識はからっきしw
ブログ初めてまだ間もないんですが、
凄く文章とかこだわってますよね、伝わってきます^^;
また遊びに来ます、これからも楽しい記事よろしくです♪

車バカ | 2008/07/18 6:04 PM














バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。