CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3―8 対オリックス 沈滞ムードにどっぷり浸かる | main | 4―3 対千葉ロッテ 僅差逃げ切り、何年ぶり? >>
7―3 対オリックス ボーグルソンでは、あっち損。
 久々に7点取って、連敗に終止符。
 相手の小松が悪かった。
 ストレートは走らず、変化球は切れない、オマケにコントロールがバラバラ。
 タイガースのように連敗中の貧打に悩むチームでなければ1回の表でKO、試合を決めていたところだ。

 ポン、ポンと3連打で1点を先取すると、金本が歩いて無死満塁。
 ♪満塁なんて、大嫌いさ〜♪ だって得点取れたことがない。
 というお約束を守って、しっかりここから無得点。
 なんだ、結局今日も1点で終わるんかい、ってなこと思った1回の表。
 まぁ、近頃のタイガースらしい手言えば、タイガースらしいんだけど・・・・。

 でも、アニキのタイムリーや林の一発も出て、3点も取っちゃった。もう大繁盛って感じ。
 それでも好投の能見の足をフジモンが引っ張り、1点を失うと、フェルナンデスに同点の長打を食らう。
 やっばり、勝ちきれないのかねぇ、って思いがチラホラかすめる。

 でも、今日は違ったね。
 オリが小松を諦め、ボギー(ちょっと、懐かしかったりする?)に繋ぐと、タイガースも能見をアッチソンに繋ぐ。
 これまで継投策から、逆転されるまで能見を引っ張るかと思ったが、少しは学習しているようだ。
 これで逆転されたら、追い越されたら、もうそれをひっくり返す根性なんてない状態だからね。
 でもここで流れを変えないといけないところで、アッチが上手く繋いでくれた。

 そして、7回は突如崩れだすボギーの悪癖が顔を出す。
 平野が四球で赤星が死球。
 ここでたまらずPを交代。
 オリもよく分かっている。ボギーはこの状態から立て直すことはできない。♪まっ逆さまに燃えてデザイヤー♪炎上モードだもの。
 代わった清水から、セッキーが送りバントで、今日は代打を送られなかったトリが凡退。
 またもチャンスを潰すかと思われたときに、金本タイムリー。
 弟・新井が続いて、奇跡の5点目を取った。

 あとは、狩野のタイムリー(8回)と新井の犠牲フライ(9回)で7点も取れた。う〜ん、満腹?
 新井の犠牲フライは良かったね。
 こういう痞えが取れれば、犠牲フライくらいの仕事はできるってことでしょ。
 チーム全体の痞えも、下りた?
 多少の学習の跡も見えたし、これから巻き返していけるんだろうか?
 行ってもらわにゃ、困るんだけどね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。