CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 4―0 対オリックス ブラジルまで飛ばせ!ブラゼル | main | 4x−3 対福岡ソフトバンク マハリク マハリタ ヤンバラヤンヤンヤン♪ >>
7―0 対オリックス 繋いで、打って、兆しが見えたか
 相手が、パの最下位オリックスといえでも、昨日の試合、その前の楽天・マー君に浴びせた4連打。
 そして今日の試合、5連打で3点を挙げた、4回裏の攻撃。
 大嫌いな満塁も、Pの福原が前進の内野の頭をこえる、2点タイムリー。
 なんか、あんなに得点を挙げるのに苦労していたのが嘘のような攻撃。

 その攻撃の起点はいつもクリーナップの終わったあとからだった。
 まぁ、今日は新井さんが起点だったんだけど、主役はその新井から繋がったブラゼルの巧打。
 こういうバッティングが出来るんだぁ。
 ある意味、違った驚き。
 これが出来ると、案外パワーと同居する脆さを克服してくるかもしれない。
 収穫ありだね。

 福原も久々の完封。
 球速表示以上にストレートはキレて見えたし、緩いカーブとのコンビネーションが絶妙。
 不振のオリックス打線とは言え、完封は大きい。
 こういうピッチングができれば、勝ち星も付いて来るんだろうけど・・・。
 3打点はオマケだけど、グッド・ジョブ。

 マー君4を攻略して以来、少し上向きの打線。
 問題は、鳥谷・金本・新井。
 シーズン当初のクリーンナップの3人の当たりが戻ること。
 そうすれば、もっと得点力は上がる。
 なんとなく戦える形になってくる。

 これで、逆襲の兆しは見えたか?
 次の好調・ホークス戦である程度の答がでる。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。