CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 4―11 対読売 守りの野球の看板を下げよ | main | 2―3 対東京ヤクルト 結局、接戦に弱い >>
1―0 対読売 ノー・ノー、ノウミ
 この試合は、能見のピッチングに尽きる。
 こういうピッチングを見ていると、何故3勝しか出来てないのかが不思議になる。
 ただいえることは、この試合でリードしている場面でのピッチングがなかったって事だ。
 まさか。そんな能見を思って、わざと点をとらなかったんとちがうやろな・・・。

 7回2死までノーヒット・ノーランでもしでかしそうなピッチング。
 でも圧巻は、9回の裏、2死3塁から小笠原を三振に取った場面だな。
 このピッチングなんだよ。
 この思い切りがあれば、きっと2桁は勝てるPになるはずなんだ。
 だだ、2−1からのウエストはいけない。
 狩野のリードもだが、盗塁を気にするより、バッターオンリーでスッバといかんと。
 ここで、ウエストしたが故、後が厳しくなる。
 今日の経験で、狩野ともども、もう一段上がるといいね。

 しかし、能見にとっては、ここでノー・ノーの偉業を達成するより、もうローテ落ちはノーだといいたかったんだと思うぞ。
 今日のピッチングには、誰もがノー文だろうし・・・・。
 あとは後半戦で、2桁目指してゴー・ゴーだ。

 能見の好投に隠れて、決勝打の金本に脱帽。
 満身創痍で思うにならない体を引きずって、あのクルーンの速球をはじき返す集中力に感服した。
 後は、弟・新井待ちなんだが、これが深刻だ。
 金本の決勝打の後、ブラゼルが続き、2死1,3塁の場面。
 どうしても追加点が欲しい場面。
 新井に、代打高橋光をと思ったもの。

 まぁ、その前の桜井に代打・桧山の場面から、高橋ミッちゃんのほうがいいと思っていたから。
 早いストレートとファークのクルーンには、桧山の三振の可能性が高い。桧山は低めに外れるフォークを振る可能性が大だから。
 ミッちゃんは、選球眼がいいし、速球をミートし外野まで運ぶ術には長けている。
 右左のこだわりを捨てれば、ここでミッちゃんの選択肢は大有りだと思う。
 そして、新井のところで、桧山が正解の気がしたんだが・・・・。

 まぁ、いずれにしても久々のG戦勝ち越しだ。
 今度こそ、勢いに変えてくれ!ホント・・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。