CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 9―4 対東京ヤクルト ツカミカケテル | main | 2―0 対広島 真弓のルンバを球児が救う >>
2―4 対東京ヤクルト 詰めを誤る
 今日の試合は、絶対に勝たねばならない試合。
 残り試合を考えると、ここの勝ち負けはCS出場に直結する。そりゃ、2ゲーム差と4ゲーム差じゃ、天と地の違い。
 ただの1勝、1敗と違って大きな意味を持つ。

 そんな、プレッシャーのかかる試合を任されたのは、S・石川とこっちは久保。
 Sのエースに名乗りをあげるも、なかなかその認知度が低い石川だったが、この試合に賭ける意気込み、気力が伝わってくる。
 対して、久保は10勝すると10敗するPという評価通りの、ここで踏ん張ればというところで踏ん張れない。
 低めの制球に神経質になるあまり、自分の向っていく気力みたいな面が隠されちまった。
 
 そんな中、4回に先制を許すと、毎回に失点を許し、6回を3失点。
 きっと、久保的には及第点かもしれないが、今日のような試合を任すことは出来ない印象を与えた。
 まぁ、ヤクルトの攻めもうまかった面もあるんだけどね・・・・・。

 残念なのは打線。
 特に、先制を許した後の、4回裏。
 金本の2ベースの後、新井のヒットでホームへ返れない走塁。
 なんか、ハーフウエイかタッチアップの構えでもしてたんじゃないかというくらい・・・・・。
 その後もブラゼルのピッチャー強襲。
 ここもランダンプレーになって、ホームで憤死。
 ゴロ、ゴーでいけばホームでセーフだったんじゃないの?(金本の脚を労わった、サードコーチの判断なんかなぁ?)
 この辺の走塁の甘さ、判断の鈍さが今期のタイガースが乗り切れない要因じゃないか。
 確かに、いいときはワンヒットで2コマとれる走塁をしているし、それが勢いを生む場面を嫌というほど見てきている。
 やはり、勝負所の詰めを誤ると勝てないやね。

 このところの江草は、使い方(使われ方)の部分で不満があるんじゃないか。
 投げていて粘りがない。
 どんな場面でも使われて、疲労もあるんだろうが、ストライクが入らなくなるのは心配。
 一度、リフレッシュさせて、持ち場を決めてやりたいけど、そんな余裕はないわな。
 筒井と役割を代えてやり、ワンポイント的に使ってやれば・・・・。
 
 燕の尻尾をつかみかけたのに、スルリとぬけちゃた感じだね。
 まぁ、石川がそれだけワンステップ上がったって事なんだけど、願わくばタイガースの選手にそうあって欲しかったな。
 これで、再び明日から、燕への挑戦権をかけてカープと戦わなくちゃいけなくなった。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。