CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< はじまる! | main | 4xー3 対横浜 サヨナラは、冗談じゃないよ、Joe弾だよ! >>
7―3 対横浜 開幕勝利だジョー!
 とうとう開幕したね。
 不安と期待が入り混じるなか、安藤が不安いっぱいの立ち上がり。
 男・村田にHRと2ベースとことごとく打ち込まれ3点を先取され、暗雲が立ち込める。
 三浦の不調で先発は、曲者のランドルフに、最初の一回りは手も足も出ないって感じ。

 このランドルフを攻略するきっかけになったのが、鳥谷の四球だろう。 
 コントロールへの不安と、金本の後に続く右の新井・城島の強打者が脳裏をかすめ、順調そうに見えたピッチングを一挙に不安定なものへ豹変させた。
 結局、この開幕戦の先発メンバーの野手で唯一のノーヒットとなった鳥谷だが、この四球を選んだのは、グッド・ジョブだ。
 クリーンナップとして、こういう渋い活躍も大事だ。
 今季、どこがクリーンナップかわからないような打線のなかで、こういった活躍が出来るのは、鳥谷と平野、後は控えになっているセッキーくらいだろう。
 重量打線のなかのアクセントだ。

 さて、課題の中継ぎ陣は筒井・久保田・メッセと取り敢えずお披露目。
 開幕第一戦で経験させることが出来たのはよかった。
 しかも、筒井が堂々と抑え、久保田も復活を期待させる内容だった。
 最後の球児にセーブがつかなくなってしまったのは、開幕戦ということで許容範囲かな。

 今日は、いいことばかり目に付いたかもしれないが、ランドルフから鳥谷が選んだ四球。
 それがなくって、ランドルフに順調にピッチングをさせ続けたら、どうなっていたか分からない。
 良い方向に廻る時は、見過ごしがちだが、オープン戦から続く、先発投手の不安定さは課題として残っている。
 もっとも、それでも勝ち投手になる安藤の開幕戦との相性の良さは特筆もんだがねぇ・・・。

 この開幕戦の勝利を、意味あるものにするには、明日が大事。
 今年のタイガースは違うぞ!っていうところを見せ付けないといけない。
 鳥谷も明日は、一本でるだろう。
 新井はHRを一本損したから、明日取り返せばいい。
 
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。