CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6―4 対広島 得点を遠慮しながら・・・・・ | main | 2―3x 対中日 メッセンジャーで負けてんじゃ〜! >>
5―6 対中日 安藤は不安だど〜・・・
 3回に一挙5点を先制したときには、このまま押し切るかとも思えた試合。
 その慎重になりすぎたか、安藤が1点を返され時から、狂いが生じる。

 かって、7点差を井川でひっくり返されたこともあった中日戦。
 何点差合っても、ジワジワ追い詰められ、結局ひっくり返される中日戦。
 たった1点が、トラウマを呼びおこし、不安な状態に陥れる。
 それは、監督が代わっても、城島が入っても同じなんだ。

 しかも、5点取った後の打線は、さっぱり。
 なんで、大量点を取ると、その後追加点が取れなくなるのか。
 大差がつけば、相手も勝ち試合のPはだせなくなり、どちらかというと質が落ちる(失礼)Pが出てくるわけだから、もっと点がとり易くなってしかるべき。
 それが、もう安心してしまうんだか、打ちつかれてしまうんだか、その後は音無しの構えだ。
 そんな、状態で安藤は、1点取られて不安にさいなまれ、結局次の回に一挙5点を返上、しっかり取り返されてしまう。
 
 かやや俺竜は、慎重にPをつなぎ1点差をしっかり守りきった。
 9回はすぐに岩瀬に行かず、城島に浅尾を続投させるというところに、岩瀬への不安を見た気がしたが、それも慎重なるが故のことだったようだ。
 この采配にたいして、安藤の不安から慌てて筒井を投入し、傷口を広げたタイガースベンチの焦りと不安はどうしょうもなかった。
 いずれにせよ、中日戦は接線になるんだから、もう少し、どっしり構えて欲しかったね。

 それと、中日の継投で、一番付け入る隙があるのは、平井の時だった。
 ブラゼルが四球で出たときに、代走投入で、桜井にバント。
 代打・葛城で勝負という展開を見たかったのだが。
 トリにバントさせるくらいの采配を振るった今季の真弓監督なら、ここはバントでしょうに。
 取り敢えず追いつくことが優先じゃないのか。
 打線のスケールに惑わされ、点がいつでもとれるという錯覚に陥っているんじゃないだろうか。

 金本の状態も心配だし。
 打線は不調な者のところで、プッツリ切れるもんだから、心配だね。
 明日は、上園とチェン。
 不利な状態なときこそ、思い切って予想を裏切る試合を期待する。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。