CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2−5 対読売 信念なき采配の末路 | main | 8―4 対横浜 来るべき時が来た・・・ >>
3―7 対横浜 ブレた采配がブレを呼ぶ
 先のG戦で、西村を投入してからブレた投手起用は、今日新たなブレを生んだ。
 鳥谷の2ランで1点差に迫ったあと、最終回の攻撃を残しての久保田の投入。
 確かに、ここでピッシャリ抑えて、最後の攻撃に期待するのは、間違った考えじゃないと思う。
 だが、ここで久保田なら、先のG戦の西村の場面で久保田だったんじゃないのか?

 その前のS戦から言っていることだが、4点差の最終回を任せるPが球児しかいないというところから、間違っている。
 結果論でなく、あそこで西村を使い、G戦の7回を西村に任せていれば、今日の場面も西村で行けた。
 球児、久保田の酷使伝々を言われていることに気を使って、投手起用がブレまくることもなくなっていたんじゃないのか。
 
 今日も、結果G戦の3戦目に久保田を使わずにすみ、昨日の雨天中止に助けられ、2日間間を空けたから久保田でいいやろ的な発想での起用に見える。
 もっと、勝ち試合、リードされている場面での投手の持ち場を明確にしないと、行き当たりバッタリの起用が続くんとちがうか。
 まぁ、それも去年の先発を引っ張っての失敗から、終盤、アッチ・球児に頼った継投の成功と、今シーズンの最初で早目の継投の成功で味をしめていただけなんだろうけど。
 だから、失敗するまで同じことを繰り返し、挙句失敗すると慌てふためくことになる。
 方針とか信念がないから、、こういう状態になると、その場しのぎの策しかなく、ブレまくる。
 悪循環。

 金本の守備の状態も気になる。
 ここ一番での守備は、どうするのだろう。
 正直、相手はレフトを狙ってくる。
 すごく難しい判断を強いられては入るが、何かの犠牲のために成り立っている記録に、そんなに価値があるのだろうか。
 1500試合という区切りの為より、誰もが認める14**試合までの記録の方に価値があるんじゃないだろうか。
 それにこだわり、試合を落としている間に、Gが走り出してしまえば、それで終わりやモンなぁ。

 ブレまくるベンチと金本の記録。
 大きな問題をははらんでタイガースは試合を続けなくてはならない。
 どこかで、決断しないと、手遅れになるんとちがうかなぁ。 
 まぁ、それを補うだけの選手の力、打線の爆発があればいいんやけどね。
 明日は、三浦やで、なんとかせいや!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。