CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 8―11 対広島 後手に廻ると・・・ | main | 2―4 対北海道日本ハム 守りの差を思い知る >>
4―3 対広島 いざ、交流戦へ
 交流戦を前に、最後の一戦。
 今日の勝敗は、いろいろ影響が大きい。
 明日から、2日間は試合がないので、今日負けるとその重苦しい思いを3日間も引きずらなくてはならない。
 加えて、負け越して交流戦を迎えることになる。
 Gを3タテしてから、中日・広島と連続して負け越すと、3タテの意味が無になるし、あれが最後の足掻きとも捉えれれかねない。
 それに、本来なら能見の登板のローテだけに、今日の負けは能見の離脱の影響がもろに表面化するすることになる。

 そんな、厳しい状況の試合の先発は、今季初、プロ入り2度目の鶴である。
 対するカープは、若きエースとして、すでに5勝を挙げているマエケンこと前田健太。
 思えばこの2人は、ボーイズリーグ時代に同じチームでプレーしていたという。
 学年がひとつ上の鶴がエースで、マエケンは2番手Pだったらしい。
 その当時から鶴の実力は注目の的で、鶴が近代付属へ進学後も、マエケンはPLを選んだもののづっと後を追いかけていたという。
 プロに入ってからは、立場が入れ替わったような状況になっているが、本来この投げ合いがあって当然ともいえるのだ。
 鶴は、初先発のロッテ戦で、1死も取れずに降板して以来の先発のチャンスだ。期するものが合ったと思う。

 試合は、鶴が緊張感を表しながらも、4回までを零封。
 マエケンは、ブラゼルだけにタイミングがどうしても合ってしまい、2発を喰らい2失点。
 こういう、どうしても特定の選手だけに合ってしまうってことがあるんだよね。ある意味相性ともいえるかもしれないが、それでもよく勝負してくれたよね。普通は避けるところだが、マエケンのプライドか、鶴の前だからか、そうはしなかたった。
 
 鶴は、この回を抑えれば、勝ち投手の権利が・・・、という5回までやってきた。
 この回は、先頭のピッチャーのマエケンの打球をブラゼルが窮屈な姿勢で取りに行って、後ろにそらす。
 続く東出のサードゴロは、狙い通りのサードゴロ。これでゲッツーと思った打球を、新井がセカンドへ送球を慎重になる余り、緩くした為、ファーストにランナーを残す。
 そして、梵のライト戦の当たりを桜井がクッションボールと戯れている間に、生還を許してしまい、1点を返され、尚1死3塁の同点のピンチとなった。
 ここで、栗原を討ち取ったかに見えたあたりが、センター前にポテン。同点となる。
 しかし、この同点で凌いだのがよかった。
 また、ここで代えなかった采配は、良しとしよう。
 鶴のステップアップに繋がるし、6回を投げきっての2失点は、次に繋がる経験値となるだろう。

 結局、マエケンは、ブレゼルとの3度目の対戦も、あわやのフェンス直撃のシングルヒットを喰らい、ここから2死1,2塁のピンチを招く。
 ここで、研究熱心なマートンは集中力を示し、2点タイムリー2ベースを右中間に放つ。
 これが、決勝点。
 8回から登板の久保田がピンチを招き1点を返されるが、球児の早期投入で逃げ切った。
 勝ち投手は、7回をピッシャリの西村。
 交流戦を前に、最後の試合を、圧倒的に不利といわれた試合を物にした。
 これは、一重に鶴が6回まで試合を作ったからに他ならない。グッドジョッブ!

 さぁ、いい形で交流戦に入れるね。
 いいPが向ってくる、2連戦方式の試合が続くだけに厳しいのは覚悟の上だ。
 ここを乗り切らずして、栄光はない。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。