CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 3―7 対東北楽天 試練の交流戦になる予感 | main | 3―9 対福岡ソフトバンク 決まりごとのまつりごと >>
4―2 対福岡ソフトバンク 走り勝ち、守り勝ち、競い勝つ
 輝流ラインのビジターユニ、いいねぇ〜。
 薄いブールー地に黄色と黒のギザギザラインが映えるもの。
 このユニ見てると、田淵やラインバック・ブリーデン、東田・池辺なんかの打線が蘇るもの。
 シーズンに戻っても、これで行ったらいいのに。

 さて試合は、久保・小椋の投げあいで、緊迫した接戦が続いた。
 小椋にまったく合わなかったタイガース打線は、9回の馬原の登板で逆に奮起した感じだった。
 ヒットの城島に代走の大和といった思い切った起用。
 この起用に大和が応え、2盗を決める。ホークスの機動力のお株を奪う見事な盗塁。
 今日のヒーローは、10回の2点目の犠牲フライを含めて、大和で間違いないだろう。
 最後は、代打・桧山のライト前(ポテンぽかったけど・・)の見事な同点打。

 試合は延長に入った。
 この延長に入っての布陣。
 前から寅吉が提案していた布陣に近かった。
 レフトにマートンが廻り、センターに平野が入る。セカンドには大和という万全な布陣。ただ、ライトが藤川俊に代打・桧山を送った為に、桜井が居残るという、大きな穴が開いていた他はね・・・・。
 それでも、穴だらけの布陣が、サードとライトだけに不安が集約されたので、大分安心して見ることができた。
 この安心感が、10回の2点を呼んだのかもしれんなぁ。

 10回は平野がヒット。
 塁にランナーがいないと、良く打つね。
 トリはバントの構えをしたりして、追い込まれる。ここでサインが変わったか1,2塁間を破る。
 どうも、真弓監督にとって、3番鳥谷は信用度が低いのか、こういう場面で必ずバントをさせようとする。かって1回成功したことに味をしめているのか?
 トリは、自由に打たしても、平野がランナーだし、ダブルプレーの確率は低い。尚且つ、状況に応じたバッティングもできる。
 自由に打たして正解だと思うけどね。
 まぁ、事実上このトリの一打が1,3塁のチャンスをつくったことで試合は決まった。

 今日の試合は、今シーズン見せたことのない戦いかただった。
 攻めの盗塁、攻めの守りの布陣。
 タイガースの別の一面を見せた試合。
 それが、DH制のあるパの主催試合だったからできたことなのか、これからの戦い方を示唆するものかはまだ不明であるが、できれば後者であって欲しい。
 今日のような戦い方ができてこそ、本当の強さに繋がっていく。そう思うんだがねぇ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。