CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 8―4 対埼玉西武 石井一をKOで溜飲を下げる | main | 8―9x 対千葉ロッテ 問題点浮き彫りの最終戦 >>
4―2 対千葉ロッテ 交流戦勝ち越しまで、あとひとつ
 なんとか、格好になってきた。
 今日の試合も、得点は、ソロHRが3本とタイムリーは1本だけ。
 最後の球児にセーブは付くものの失点あり。
 それでも、何とか勝ったのは、久保の好投と金本・ブラゼルの気迫だと思う。
 肩の故障を圧して、4番DHに入る金本と先の試合で自打球を顔面に受け6針縫ったって言うブラゼル。
 二人がHRを放つ。気迫以外の何者でもないよね。

 久保は、岩田・能見・安藤と柱と見込んだ3人がことごとく離脱する中、しかっりローテを守り、安定したピッチングを続ける。
 「松坂世代最後の大物」と言われた面目躍如だ。
 しかし、今日の相手のマリーンズはよく、この久保をトレードしてくれたものだ。
 今年、久保がいなかったらと思うとゾッとする。
 城島との呼吸も合っているみたいだし、終盤に突如崩れる癖も、ここのところ克服している感がある。
 
 今日で交流戦も11勝11敗1分けで調度5割。
 この前の残念な引き分けの為、あすの勝敗で、勝ち越しか、負け越しとなる。(勿論、引き分ければ5割だけどね。)
 ここまで来たら、なんとか勝ち越したいもんだ。それが人情ってモンだよねぇ。
 岡田オリックスが交流戦優勝に大手をかけていることだし、負けられないよ、真弓さん。

 明日は、この球場での悪夢を払拭する「鶴の恩返し」登板を期待していたんだが、抹消されて可能性はないんだよね。
 まぁ、正攻法でスタンリッジだと思うが、投げてみないと分からないのが玉に瑕。
 ホークス時代はロッテとの相性はどうだったのだろう。
 今日はGも負けて、3ゲーム差になったし、明日はホークスが杉内だけにゲーム差を縮めるチャンス。
 いずれ訪れるだろう、どうしても勝たなくてはいけない試合の予行演習だ。
 是が非でも勝って、勝ち越しを決めたいね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。