CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 11―4 対東京ヤクルト 投手戦を一転させたのは・・・ | main | 5x―4 対広島 負けられないやね! >>
2―0 対広島 スタンリッジ初完封で貯金がリッチ
 昼間の試合でGが勝った為、この試合を落とすとゲーム差が広がる。
 負けられない一戦。
 カープの先発はジオ。
 4回までパーフェクトにタイガースを抑える。
 こういうPにやられることが多いことは、過去の経験からしてやな予感。

 こういうPにやられる時は、逆に序盤でタイガースのPが打ち込まれ、相手のPが余裕を持って、タイガース打線は早く追いつこうと焦る心理状況から来ることが多い。
 しかし、今日の一戦は、タイガースのスタンリッジがジオに対抗するかのようなピッチングで投手戦の様相を呈した。
 これに焦ったのは、カープ側。
 ここ3試合とも相手Pに完封を許す、貧打状態。
 なんせ、赤松が3番を打つ打線だから、HRの恐怖も少ない。
 きっと、たいした援護を期待できないジオをタイガース打線を完璧に抑える以外に、自身の勝利を呼び込む術はないと思っていたのだろう。
 その結果が、4回までのパーフェクトと5回に襲った右肩の違和感なんだと思う。

 そのジオが急遽降板の余波から、これを繋いだ岸本の隙を突いた金本の一発。
 この2ランの2点を最後まで守りきったスタンリッジの好投。
 これで、6勝目だ。
 思えば、フォッサム、メッセンジャーの不振から急遽補強したPだった。
 ここまで6勝は、よくその期待に応えてくれている。
 メッセンジャーも先発転向で気配を出してきているだけに、この外人Pの2人は後半戦の鍵を握りそうだ。

 これで、貯金は今季最多の「12」。
 大分リッチにはなってきたけど、まだまだリッチなGがいるからね。
 後半戦に向けて、Gとの決戦には貯金は幾らあってもいい。
 明日からも満足せず、貪欲に勝ちに行って欲しいもんだ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。