CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 11−5 対広島 竜虎決戦にむけて | main | 1−10 対中日 中止の願いかなわず >>
1−0 対中日 虎の子を守る
 薄氷を踏む勝利。
 文字通り、虎の子の1点を守りきった、スタンリッジ・球児の完封リレー。
 試合的には、タイガースが押しまくった試合。だが、挙げた得点はたったの1点。8,9回の球児が攻めたれられ、あわやのシーンを乗り越えての勝利だ。

 思えば、もう少しうまく攻めれば、もう少し楽な展開になってたかもしれない。
 3回と7回のチャンスでの4番の凡退。
 なんか、チャンスだと新井のバットは、ビビって湿る。最近、ここ一番での打撃を見たことがない。
 ここは、どんな汚いあたりでも、どんな不格好なスイングでも、打球が内野の頭を越せば勝ちなんだから、そんなバッティングを見せてほしい場面。
 次は、頼むぞ、タイガースの4番なんだから・・・・。

 そして、問題の4回裏。
 まず、無死満塁で上本。
 7回からの守りで、大和を使うなら、最初からチェンキラーの大和の先発起用もありではなかったか?
 きっと、ここで大和っていうのは、チェンもいやだったろうに・・・。
 逆に2番にセッキーを入れといて、ここの藤川俊でもよかったとも思う。

 そして、その満塁を演出した城島のバント。
 そりゃ、悪い策ではないが、打順が下がって、上本・Pと続くのだから、バント・ヒット狙うより、決めに行くバッティングをしに行くべきではなかったか?
 あそこのバント・ヒットは、2死満塁でマートンという状況を期待してのものの他、考えつかん。
 それなら、Pのスタンリッジには、「振るな」のサインを出しておかないと。
 あれで、打たしてゲッツーっていうのは、最悪も最悪。
 すべてが台無し、水の泡って感じだもの。絶対にやってはならないことだ。
 果たして、ベンチは、何を考え、どう動いていたのか知りたいもんだ。

 今日の試合が、ナゴドだったら、確実に逆転されている。
 そういう流れになっていた。
 それを、防いだのは、球児でなく、ビジターで別のチームのごとく勝てなくなるDの今年の傾向なのだろう。
 この試合をものにできたのは、大きい。

 明日の中止を見越してなのか、球児の2イニング投入。
 これは、これで、今日の最善策だったかもしれないが、そうしてしまったのは、上で書いた試合運び故だな。
 球児は、なんかバタバタ、せわしなく見えた。
 それが、緊張からなのか、不慣れなマウンドからなのかどうかはわからない。
 ただ、体の異変が原因ではないことを祈るのみだ。
 
 さぁ、どうせなら甲子園で能見でもうひとつ。
 欲はかかないほうがよいけど、ここは突き放すチャンス。
 少しは、勝負強いとこ、見せてくれよ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。