CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 1−3 対横浜 満塁得点機会放棄症候群 | main | 11−3 対横浜 本来の形は、これやろ! >>
3−4 対横浜 セ界のオアシスのオアシスになってどうする!
 セリーグの他の球団は「はやくモバゲー戦がこないかな。一息できるのに。」
 モバゲーは、「はやく阪神戦がこないかな。勝てる試合は阪神戦だけだもの。」
 って、完全にモバゲーに舐めきられている試合展開やんけ。

 もうモバゲーのやりたい放題。
 一か八かは構わず、ランナーはホームへ走らせて見るし、エラーしたところで、おかまい無し。
 挙げ句、先発のPは今季初登板やと。
 どっちが最下位のチームやねんって感じだ。

 昨日の心配が当たってしまったような展開やったなぁ。
 しあし、タイガースの攻撃ぶりもへたれを絵に描いたような内容や。
 ランナーはコマ送りでしか進まんから、長打が出ん限り、なかなかホームには返ってこない。
 故に、得点圏にランナーが出ても、バッターは長打を打とうと、余計なプレッシャーを感じ、力む。
 チャンスが拡大すればするほど、プレッシャーが大きくなる。
 外野フライでもいいと言っているのに、力んでポップを打ち上げてしまう。
 難しい球を引っ掛けて、ゲッツーを喰らう。
 まぁ、その代表が4番の男・新井の新井さん。

 まぁ、走れる選手が少ないのがそうさせている。
 飛ぶボールだったころは、それでも長打が良くていたから、誤摩化されても、飛ばないボールになると長打が出る率が激減し、コマ送り状態が顕著になる。
 プレッシャーが低い、ランナー1塁とかで、長打が出る事を期待しとかないと、HR以外で得点ができんと違うか?
 
 まぁ、打順もあるわなぁ。
 一番プレッシャーに弱い新井さんが4番にいるのがどうかなぁ。
 5番にコマ送り走者の代表のブラゼルがいるのも大きいにと違うか?
 やはり、シーズン前に寅吉が言った、
  1番 セカンド 平野
  2番 センター 大和
  3番 サード  新井
  4番 ショート 鳥谷
  5番 レフト  マートン
  6番 ファースト  ブラゼル 
  7番 キャッチャー 小宮山
  8番 ピッチャー 
  9番 ライト 柴田
 これくらいせんと、繋がらんとちがうんかなぁ。
 赤星がいた、03年は、繫ぐ野球が機能していたんだが、その時はHRバッターは皆無だったんと違うか?、あっ、アリアスがおったか。なんせ4番を桧山が打っていたんやからなぁ。
 それでも、抜群の得点力があったが、あの打線は統一球の今でも十分通用するし、進塁の意識も高かったよなぁ。
 いまこそ、そういう意識を持ち直さんとイカンとちがうか。
 それが出来ん選手はスタメンから消えていただかんと。いつまでも、モバゲーに舐められてしまうぞ。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。