CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3−1 対横浜 今日は、この辺で勘弁しといたらぁ、ってことかい? | main | 8−3 対横浜 両外人の復調が、交流戦の鍵 >>
1−2 対横浜 ノー・ノー逃れて、良しですか?
 またまた、「虎だけ番長」に苦杯をなめさせられた。 
 しかも、9回までノー・ノーで来て、やっと桧山が代打でヒットを放ち、逃れる事ができた。
 もう、終盤はそれだけ。
 岩田への援護とか言う前に、なんとか「1本のヒットを!」ってん感じ。勝敗なんてどうでもいい状態じゃ、なかったか?

 しかし、横浜に得点を上げられた場面も、どうでしょう?
 ラミレスを抑えて2死になったところで、ノリを敬遠。次の打者は、このところ当たっている、阪神戦に強い吉村。
 この間もあったけど、次がPなのに、その前のバッターに無理して勝負して痛打を喰らってきたのに、この場面では次がピッチャーよりこわいだろう吉村なのに、前のバッターを敬遠する。
 この、判断基準はどこにあるんだろう?

 まさか、タイガースにとって吉村はピッチャーの打撃より、怖くないのだろうか?
 逆に、よくピッチャーの前を打っているバッターより、ノリを恐れたのか?ノリへの恐れが、次のバッターのことまで考えが及ばなくなている状態だったのか?
 この辺が、よくわからんよ。
 きっと、チーム自体に方針等無く、場当たり的にその時の勘で判断しているんだろうねぇ。
 「ピッチャーの前で切っておけば、次はピッチャー体から楽になる、え〜ぃ、勝負や!」なんてね。
 「ノリは怖いから、歩かせちゃえ。今日は1点失うのも、2点も一緒や。一か八かで吉村勝負や!」
 そんな、感覚なんだろう。

 そういう、判断は大概逆の結果になる。
 歩かして、ピッチャー勝負が当然やろ。
 当たっている吉村に、2点目のランナー出してまで勝負する必要があるのか?
 後から、そう言われる結果になるんだなぁ。
 まぁ、今日のベンチは、1本のヒットを願っているだけだから、しょうがないか?(笑)

 しかし、これで三浦に45敗目だと。
 こうも、懲りもせず毎回、毎回やられ続けたのだからたいした物だ。
 三浦の選手寿命には随分貢献している。
 あっ、ヤママサの選手寿命にも多大なる貢献をしてるけどねぇ。
 ヤママサに、ノー・ノー喰らった事があっただけに、三浦にも喰らうかと思ったわ。
 これで、今年もそうとうモバゲーに苦しめられそうだわな。

 力の差を見せるどころか、またも負け越しになるピンチや。
 結局、モバゲーに取りこぼすチームは、優勝なんて口に出せない訳になるんだから、明日の試合はなんとしても勝っとかないと。
 交流戦へも、気分よく臨む事もできなくなるし・・・・・。
 ホント、いいかげん頼んだぞ!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。