CALENDER
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 6−3 対中日 殻の中の懲りない面々 | main | 3−8 対広島 力負け、復刻ユニが泣いている? >>
2−2 対広島 送りバント中毒の和田采配
 送りバントのサインが出せないと、禁断症状がでるらしい。
 もう、そうなると打順が3、4番でも関係ない。時として点差も関係なく、送りバントのサインを出していまう。
 こうして、得点圏にランナーを送ると、和田采配のすべての目的が終わる。
 その後に、得点に結びつくかどうか等、この中毒患者には関係ない。
 送りバントのサインを出していれば、自分が采配しているという自覚に酔うことができるのだから。

 その中毒症状が、延長の10回に出てしまった。
 鳥谷が2ベースで、打順は4番の良太。
 ここは、打つ打たないより、良太にすべてをかける場面。
 良太を4番に据え続けている以上、ここは打たすべき。
 そういう経験が、来期以降の良太をさらに飛躍させる。
 大体、目先の1勝に拘るような成績ではないのだから、明日のタイガースに、もっと拘って欲しいもんだ。

 それを、例の禁断症状のため、バントのサインを出してしまった。
 こうやって、選手を殻に閉じ込め、縮こまらせていることの自覚なんてあったもんじゃない。
 そのくせ、「殻に閉じこもっている」って選手が悪いように言うが、「お前が閉じこもっているだよ!」という外からの声は届かないのだろうか。
 ここまでくると「厚顔無恥」としか言い表せない采配ぶりだ。

 まぁ、この良太へのサインが、すべてで、これでは勝てないと、和田以外のすべての人が思ったに違いない。
 和田が心の中で、どう腹をくくっているかはしらんが、若い目を摘むような、下らん采配だけは勘弁してくれ。
 その中毒症状を抑えられなうなら、一刻も早く治療に専念してもらいたい。
 それに苦しめられるのは、自分だけにせい!ファンを巻き込むのだけはご免被りたい。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。